コンサート ファンキー加藤に関するニュース

EMTGが音楽アーティスト事務所11社※と資本・業務提携電子チケットのスタンダードを目指す

PR TIMES / 2016年03月01日11時46分

今回の資本・業務提携により、EMTGは音楽アーティスト事務所各社と音楽コンサートにおける電子チケットの有益な導入方法や新機能などを企画検討していき、電子チケットの普及を目指していきます。音楽アーティストのファンサイト運営や電子チケット、オークション対策を手掛けるEMTG株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:冨田 義博、以下EMTG)は、株式会社イドエンタ [全文を読む]

「“メンバーが住職に”は本当か」ファンキーモンキーベイビーズ解散理由に疑問の声

日刊サイゾー / 2012年12月01日12時00分

今年のNHK紅白歌合戦にも出場する3人組ヒップホップグループ・ファンキーモンキーベイビーズが、来春のコンサートツアー終了をもって解散することを発表。メンバーであるDJケミカルが実家の寺を継ぐことが理由というが、一定の人気を保った状態での解散劇に、音楽業界では驚きの声が上がっている。 「ファンモンは、CDセールスは落ちているものの、抜群のコンサート動員力を持 [全文を読む]

ファンキー加藤 ソロへの切り替えは「めちゃくちゃ苦しかった」

WEB女性自身 / 2014年12月01日08時00分

2日間のコンサートを終えて、6月3日に日付が変わった瞬間に、すごく怖くなりました。社会のシステムから突き放されたような感覚というか、まったく地に足が着かない世界が、それでも淡々と回り続けていることに非常に恐怖心を覚えて」中山「なんとも言えない、無性な怖さにおそわれた」加藤「自分が忘れられてしまいそうな不安に耐えられなくなって、リゾート地と呼ばれる海外での休 [全文を読む]

金曜夜8時が楽しみで仕方なかったプロレス黄金時代を過ごした人たちには胸アツな一冊。

ガジェット通信 / 2017年04月14日12時00分

その対象はリング上だけに留まらず、コンサートに出演直前のももいろクローバーZ、世界陸上でウォーミングアップをするウサイン・ボルト、日比谷野外音楽堂のステージに登場する細野晴臣など……何でも実況してしまう“特殊実況”を得意とする。 ―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』 (執筆者: Rの広報ガール) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆して [全文を読む]

“国立最後”は嵐でもAKB48でもなかった! Perfume、ラルク出演「JAPAN NIGHT」開催で騒動に終止符

日刊サイゾー / 2014年04月16日20時30分

「昨年9月に開催した嵐のコンサート『アラフェス2013』が、“国立最後のアーティスト”を大々的にうたっており、メンバーもライブ中に『国立で歌う最後の人になるんだね』『国立の最後の人。カッコいいよね。素敵だね』などと感激していた。しかし、同年12月、AKB48やももいろクローバーZが立て続けに3月の国立ライブを発表。多くの嵐ファンが、『悲しすぎて立ち直れな [全文を読む]

フォーカス