自宅 ファンキー加藤に関するニュース

2016年しらべぇ重大ニュース!世間を騒がせた「ゲス不倫」を振り返り

しらべぇ / 2016年12月27日09時00分

男性国会議員初の育休取得を宣言し、「イクメン議員」で知られていた宮崎謙介元議員が妻の出産入院中に、グラビアアイドルの女性を自宅の部屋に連れ込んだのだ。その後、宮崎元議員は謝罪会見を開き、議員辞職。一時は妻である金子恵美議員との離婚の噂もささやかれたが、離婚はしないと後に発表した。▽元記事はこちら■イクメン議員が不倫スキャンダル炎上! 裏の顔に引いた人は?■ [全文を読む]

ファンキー加藤のW不倫 和尚となったDJケミカルに聞いた

WEB女性自身 / 2016年06月16日06時00分

本誌は、ある人物の自宅を訪ねてみた――。 13年に『ファンキーモンキーベイビーズ』が解散すると同時に芸能界を引退。東京・八王子市内にある実家の寺で副住職になった、元メンバーのDJケミカル(34)だ。 ケミカル和尚 は、かつての仲間の乱倫をどう見るのか。 加藤が頭を下げた2日後の6月8日。DJケミカルの自宅から出てきたのは、本人と奥さん。ほしのあき似の美人な [全文を読む]

バッシングの一方で急増! 不倫する女性たちが告白する本音と日常とは? 逆に家族円満になったケースも

リテラ / 2016年06月15日12時00分

「私は仕事しながら、とにかく走り回って暴れる息子たちの育児を引き受けて、夫よりも稼ぎ、コーヒー1杯飲む時間もなく、ママチャリ漕いで保育園・クリニック・自宅の三角内を走り回っている。それなのに、夫は育児を手伝うこともせずどこかの女と......自分でコンドームを用意するってことは、相手の家に行っているわけでしょ......恋愛を楽しんでいる。もう何なのよ! [全文を読む]

ファンキー加藤”W不倫”の情報源?アンタ柴田”ひとり勝ち”の舞台ウラ

デイリーニュースオンライン / 2016年06月10日19時05分

の矢口真里(33)が俳優・中村昌也(30)との婚姻中、自宅不倫していたことが明るみになった時も同様で、”被害者”の立場を持つ中村の所属事務所が主導してリークを行っている。これは自社の所属タレントを守るための防衛策のようなもので、芸能人同士のスキャンダルの場合、落ち度がない側が進んでリークする傾向にあります」 結果的にアンタ柴田の株は急上昇し、”ザキヤマ”こ [全文を読む]

既婚者なのに口説く男の特徴 「ファンキー加藤予備軍」に注意

しらべぇ / 2016年06月10日11時00分

何の気なしに聞いていたが、じつは先輩は自分を誘っていたらしく『女がここまでアピールしてるんだから、男なら察してよ』と言われた」(20代男性)「既婚の上司が2人で飲みに行くと必ず酔いつぶれて、一人暮らしをしている私の自宅に来たがる。ものすごく迷惑だが、上司なので強く断れずに困っている」(30代女性)ストレートな歌詞を綴った楽曲で人気だったファンキー加藤だが、 [全文を読む]

ベッキーの次はファンキー加藤...でも不倫は芸能人だけじゃない! CMを打ち切るスポンサー企業も社内不倫だらけ

リテラ / 2016年06月07日17時30分

さらに、最近になってベッキーの自宅に7000万円の根抵当権が設定されたことが報道された。不倫騒動勃発直後、それまでベッキーのCMを打ち切ったスポンサーへの違約金5億円を補填するためだという。 タレントにとって、不倫というのは想像以上のダメージとなるわけだが、しかし、では、「不倫をしているタレントなど起用できません」とCMを打ち切ったスポンサー企業の側はどう [全文を読む]

「不倫された妻」小倉優子と三田寛子の明暗

日刊大衆 / 2016年12月29日20時30分

後日、長男を連れて都内の自宅を出たことが分かり「離婚間近か」とも騒がれたが、これはどうやら出産準備のため静かな環境に身を寄せただけのよう。しかし、2016年11月に久々に小倉が更新したブログには、夫のことは一切書かれておらず、夫婦関係が修復できたのかは定かではない。 菊地氏の報道が出てから約1か月がたった9月。またも“文春砲”により世間を騒がせたのが歌舞伎 [全文を読む]

【ぷりんと楽譜】新譜~2/12『僕はペガサス 君はポラリス/MISIA』『CLICK/ClariS』『リスタート/ファンキー加藤』ほか、ダウンロード発売開始!

PR TIMES / 2014年02月12日10時38分

自宅のパソコンで欲しい楽譜をいつでも購入、お持ちのプリンターですぐに印刷いただけます。 プリンターをお持ちでない方も、全国のコンビニエンスストア(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)や、ヤマハ特約店楽器店に設置されているMumaにて購入・印刷いただける便利なサービスです!(※一部ご利用いただけない店舗がございます。) 最新J-POPから定番曲 [全文を読む]

フォーカス