ファンキー加藤 モン吉に関するニュース

ソロ活動は頭打ち状態だった?”W不倫”ファンキー加藤の断末魔

デイリーニュースオンライン / 2016年06月10日07時05分

お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣(40)の元妻との“W不倫”で世間を騒がせているファンキー加藤(37)。2013年6月の東京ドーム公演後にファンキー・モンキー・ベイビーズを解散して以来、ソロ活動を始めたもののファンの反応が悪かった。また、ファンキー加藤はW不倫が発覚した現在は謝罪に徹しているが、その炎上っぷりは元メンバーのモン吉(37)や映画『サブ [全文を読む]

ファンモン解散から2年…モン吉がフリーター生活を送る理由

WEB女性自身 / 2015年06月03日06時00分

ボーカルのファンキー加藤(36)はソロに転身し、現在は初の全国ツアー真っ最中。また5月13日のブログでは、2月に第一子が誕生したことを発表している。そして、DJケミカル(33)は東京八王子市内にある実家の寺を継ぐべく修行に励んでいるという。それぞれが、次のステージへと歩き始めている――。 でも、ちょっと待って。もう1人のボーカル・モン吉(36)だけは解散以 [全文を読む]

「“メンバーが住職に”は本当か」ファンキーモンキーベイビーズ解散理由に疑問の声

日刊サイゾー / 2012年12月01日12時00分

そもそも住職をやりながら音楽活動を続けることも可能ですし、以前からささやかれていた2人のメンバー(ファンキー加藤、モン吉)の方向性の違いのほうが、解散理由として大きいのではないか。ファンキー加藤とモン吉は性格的に水と油といわれていて、何かとぶつかっていましたから。後輩であるDJケミカルはグループの潤滑油的な存在で、今回の解散理由も、後輩としてかぶったのでは [全文を読む]

“ファンモンロス”の空気ゼロ!?モン吉ソロ復帰に「もう手遅れ」のシラケ声

アサ芸プラス / 2016年02月01日09時58分

また、世間的にはもう一人のボーカルであったファンキー加藤がしゃべり倒すイメージしかありませんから、グループ時代から自己アピールが上手ではなかったモン吉がソロで輝くのは難しいかもしれません」(エンタメ誌ライター)“ファンモンロス”の空気がまだ残っていた14年からソロ活動しているファンキー加藤も同年8月発売の2ndシングル「輝け」で週間売上5位を記録したのを最 [全文を読む]

ケツメイシ新譜ジャケ写に柴田英嗣を起用でファンモンファンの複雑心情!

アサ芸プラス / 2017年06月23日17時59分

それをただ真似るだけなら面白みはありませんが、柴田といえば、昨年6月に当時の妻(現在は離婚)がファンモンのボーカル・ファンキー加藤とダブル不貞をしていたことが発覚。しかも柴田の元嫁とファンキー加藤の間に子供も生まれている。ある意味、因縁の組み合わせですから、それを遠回しにイジったようですね」(エンタメ誌ライター) このジャケ写にケツメイシファンからは「さす [全文を読む]

ファンキー加藤「モン吉、ケミカルとはただの友達に戻れた」

WEB女性自身 / 2014年12月01日08時00分

今回は、’06年にデビューし瞬く間に国民的グループとなり、’13年に解散したファンキーモンキーベイビーズのリーダーだった、ファンキー加藤さん(35)。解散から1年少々、今の思いを語ってくれた。中山「ソロになってからの1年と少しを振り返るとどうですか?」加藤「10年分くらいのいろんな感情をギュッと詰め込んだような感じがして、生涯忘れることのない1年だと思いま [全文を読む]

ファンモン最後の全国ツアー開幕! 2月にはラストシングルも

リッスンジャパン / 2013年01月15日12時00分

オープニングで修行僧のような姿のDJケミカルの映像が流され会場がいきなり大爆笑に包まれると、映像と同じ姿のDJケミカル、ファンキー加藤、モン吉が登場。序盤から「LIFE IS A PARTY」といったアッパーな曲が次々と投下されボルテージは急上昇。その後もヒット曲「あとひとつ」や最新シングル曲「サヨナラじゃない」、昨年12月26日にリリースしたラストオリジ [全文を読む]

ファンキー加藤、DJケミカルの寺で除夜の鐘

日刊大衆 / 2017年01月16日23時00分

歌手のファンキー加藤(38)が、2013年6月に解散したファンキーモンキーベイビーズのDJケミカル(34)が住職を務める寺で、除夜の鐘をついていたことをツイッターで明かした。 ファンキー加藤は、「お寺で鐘をついて、友達の住職(元DJ)にご挨拶。というわけで、明けましたね。今年もよろしくお願い致します」とツイッターを更新。インスタグラムには、ライトに照らされ [全文を読む]

EMTGが音楽アーティスト事務所11社※と資本・業務提携電子チケットのスタンダードを目指す

PR TIMES / 2016年03月01日11時46分

今回の資本・業務提携により、EMTGは音楽アーティスト事務所各社と音楽コンサートにおける電子チケットの有益な導入方法や新機能などを企画検討していき、電子チケットの普及を目指していきます■業務提携の目的と概要EMTGはUVERworld、コブクロ、ゴスペラーズ、サカナクション、THE YELLOW MONKEY、back number、ファンキー加藤、吉井和 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ファンキー加藤が『いいとも』のタモリストラップを公開。“一流芸能人”の証にファン騒然。

TechinsightJapan / 2015年08月07日10時40分

ファンキー加藤が『笑っていいとも!』にFUNKY MONKEY BABYSとして出演した時にもらった“タモリストラップ”をツイッターで公開した。「一流芸能人ですね。これ持っているとは!」とも言われるほどのレアアイテムにハイテンションとなったファンから「懐かしすぎる」「お宝ですね」などさまざまなコメントが寄せられている。 FUNKY MONKEY BABYS [全文を読む]

ソロになったファンキー加藤の迷走が止まらない!

アサ芸プラス / 2014年08月11日09時59分

元ファンキーモンキーベイビーズのボーカル、ファンキー加藤が、9月3日に初のソロアルバム「ONE」を発表する。ところが、肝心のアルバムそのものよりも、初回特典についているドキュメンタリー映画のほうが話題になるという皮肉な結果となっている。 「もともと、ファンモン時代からライブには定評のある加藤ですが、CDの売上枚数は数万枚程度といつも低迷。今回もあまり売上が [全文を読む]

ライブでのあのふたり(モン吉、DJケミカル)の偉大さというのをつくづく感じてますね。

@Press / 2014年01月14日17時30分

ファンキー加藤はソロ・デビューまでの葛藤を綴ったロング・インタビューを掲載。 その中で、”率直に、ひとりライブの実感は?”との問いに、「やっぱり、楽曲制作以上にライブでのあのふたり(モン吉、DJケミカル)の偉大さというのをつくづく感じてますね。って(笑)」と回答しました。 その他B'z、ポルノグラフィティ、aikoをはじめ、82組のアーティストが、201 [全文を読む]

FUNKY MONKEY BABYS、10年の活動をまとめたベスト盤発売

リッスンジャパン / 2013年02月26日14時00分

Disc2の「メンバーBEST」はファンキー加藤、モン吉、DJケミカルの3人がそれぞれに思い入れのある曲を持ち寄り選曲した。Disc3の「シングルBEST」はラストベストに相応しくデビュー作から大ヒット作まで余すことなくシングル楽曲を収録。さらに初回生産限定盤のDVDには、投票結果をもとにメンバーが映像作品としてお気に入りのミュージッククリップ11曲が収め [全文を読む]

ファンモン、解散ライブは6月東京ドーム2days

リッスンジャパン / 2012年12月21日14時00分

<メンバーコメント>■ファンキー加藤東京ドームは僕達とBABYS(=ファンモンファン)の約束の場所でした。本来なら2011年の7月に行う予定でしたが、中止になってしまいました。だからこそ、最後の最後にみんなと一緒にその夢を叶えられる事が出来る事になって本当に嬉しく思っています。ファンキーモンキーベイビーズの全てを歌に乗せてみんなに届けます。■モン吉全力で頑 [全文を読む]

FUNKY MONKEY BABYSが解散を発表

リッスンジャパン / 2012年11月29日13時00分

FUNKY MONKEY BABYS - アーティスト情報FUNKY MONKEY BABYSは、ファンキー加藤、モン吉、DJケミカルによって2004年に結成された3人組グループ。2006年にメジャーデビューし、若者を中心に人気を集めてきた。11月21日に20枚目のシングル「サヨナラじゃない」をリリース、年末にはNHK紅白歌合戦への4年連続出場が決定したば [全文を読む]

ファンモン人気の理由 DJケミカルと八王子出身にあると評論家

NEWSポストセブン / 2012年04月21日07時00分

震災後、彼らのまっすぐな思いが曲となって、被災者や落ち込んだ多くの人を励ましたと思います」 ファンキー加藤(33)、モン吉(33)のふたりのボーカルと、DJケミカル(29)の3人で2006年メジャーデビュー。当初、DJケミカルはライブDJとして参加していたが、のちに正式メンバーとして加入。テレビ番組でケミカルはDJプレーはほとんどせず、ふたりの後ろで手を上 [全文を読む]

フォーカス