立候補 三宅洋平に関するニュース

<都知事選>泡沫候補だけを集めたテレビ討論会の可能性

メディアゴン / 2016年07月13日07時50分

【参考】<AKBな都知事選>石田純一という「軽い神輿」を誰がかつぐのか?筆者がこのような時に、誰を選ぶかの判断をする基準にするのは「前の仕事が行き詰まって立候補したのかどうか」である。前の仕事が行き詰まって立候補した人にろくな者はいない、というのが筆者の考えだ。4人の出馬表明者のうち、誰が「前の仕事が行き詰まって出馬表明した人か」はここでは言及を避けておこ [全文を読む]

<選びようがない都知事選>76歳の記者・鳥越俊太郎、クールビズ・小池百合子、単なる官僚・増田寛也

メディアゴン / 2016年07月15日07時30分

保科省吾[コラムニスト]* * *東京都知事立候補の告示前のテレビ公開討論会を見て、筆者が感じたことについて書いたみたい。そしてこれは多くの都民が共通して感じることであるように思う。76歳の鳥越俊太郎氏について、ジャーナリスト(毎日新聞社)時代の特別な業績を筆者は知らない。討論を見ていても、東京都政への具体的な施策は皆無である。何のための立候補なのかがわか [全文を読む]

京都精華大学アセンブリーアワー講演会に、くるりの岸田繁や参院選での「選挙フェス」が話題になった音楽家の三宅洋平らが登壇

@Press / 2014年04月11日10時30分

デビュー時よりライブやネットを通じて社会に対するメッセージを発しており、2012年の衆議院選挙で立候補の打診を受けた事をきっかけに、「政治に参加し、政治をアート」する姿勢を明確に打ち出す。「日本社会の価値観を多様にひらく」必要を感じ、2013年7月に行われた参議院選挙へ立候補。17万票を得るも落選する。現在も日本全国でライブ活動を続けている。 ●岸田繁(き [全文を読む]

総理夫人・安倍昭恵が夫より心酔する5人の男(2)「元カレ」を自民党に紹介

アサ芸プラス / 2017年03月23日12時55分

怒号が飛び交い、10分ほどでその場をあとにはしましたが‥‥」(地元記者) 暴動が起きても不思議ではない現場で、そばに寄り添いエスコートしたのは、16年の参院選で東京都選挙区から立候補した歌手の三宅洋平(38)だった。「昭恵夫人は沖縄に訪問する2週間ほど前、池袋のバーで三宅と知り合った時、沖縄問題などで共感しました。沖縄で実際に何が起きているのか、三宅の熱い [全文を読む]

窪塚洋介はオワコン?参院選で三宅洋平を応援するも不評だったワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年07月14日12時05分

参院選・東京選挙区に立候補した社会活動家の三宅洋平(37)の選挙活動が多くの波紋を呼んでいる。都内各地で大勢の若者を集めたにも関わらず落選した三宅を「支持する」として立ち上がったのが俳優の窪塚洋介(37)がその張本人。窪塚は檀上に立って演技さながらの迫真のスピーチを展開したが、予想以上に不評も多かった。 ■三宅のサポート演説…動画は低評価上回る 参院選・東 [全文を読む]

ソーシャルグループウェア、『都知事選立候補者のソーシャルメディア調査』を発表

PR TIMES / 2014年01月29日12時43分

立候補者のうち、いわゆる保守系ネットコミュニティに属する田母神氏とIT起業家コミュニティに属する家入氏は立候補表明時のツイートが他候補に比べ1000リツイート以上の差が出ていた。Twitter口コミのネガティブ/ポジティブ調査では、田母神氏、家入氏がポジティブな口コミを50%近く集めている一方、舛添氏は70%近くがネガティブな口コミだった。ネット上での影響 [全文を読む]

山本太郎代表を直撃! 自由党に党名変更で「なかまたち」はどーなる!?

週プレNEWS / 2016年10月28日06時00分

もし、議席が取れても自由党でやるということはすでに言っていますから」 ―ちなみに「山本太郎となかまたち」の仲間って誰なんですか? 自由党名で立候補者を出さないということは、自由党は仲間ではない? 「いや、仲間です。仲間は僕らを支援してくれる人全員です」 これは山本新党の布石なのか? 次の衆院選後には本当の「仲間」がわかるかも。 [全文を読む]

<高樹沙耶逮捕>大麻合法化の旗手が「私のモノではない」と否認する愚

メディアゴン / 2016年10月26日07時20分

それと平行して、大麻の法規制に反対し、2016年の参院選には医療用大麻の合法化を訴え、新党改革から立候補し、落選したことは記憶に新しい。知名度の高い女優であっただけに、高樹容疑者はいわば「大麻合法化の旗手」だったと言えよう。そんな高樹容疑者だけに、その逮捕に、それほど驚くべきものはない。むしろ、大麻の法規制に反対していた人物が、大麻を所持していないことの方 [全文を読む]

安倍政権の“中和剤”?昭恵夫人、沖縄の反基地テント村、真珠湾を相次ぎ訪問

Record China / 2016年08月27日18時40分

三宅さんは7月の参院選東京選挙区に無所属で立候補し、落選した。選挙ポスターには政権批判の急先鋒でもある山本太郎参院議員が一緒に写っていた。突然の来訪に市民らは戸惑いを見せたが、地元紙の取材に昭恵夫人は「映画『標的の村』を見て、実際何が起きているか自分の目で現場を確かめたいと思った」と話したという。 昭恵夫人は同県名護市辺野古の新基地建設にも批判的。昨年6 [全文を読む]

モーリー・ロバートソンが警告「扇動に乗ってデタラメを検証しないのは知的怠慢。自分の脳を使って物事を考えろ!」

週プレNEWS / 2016年08月07日06時00分

つい先日の参院選では、東京選挙区から立候補したミュージシャンの三宅洋平氏が“選挙フェス”で大群衆を集め、いろいろな意味で注目されました。彼は昔からユダヤ陰謀論、EM菌、ホメオパシー、サイエントロジー、反医療、反マスコミ……など、数々のカルトまがいの言説を発信あるいは擁護してきた“陰謀論の総合商社”のような人物です。 もちろん選挙で誰を支持しようが個人の自 [全文を読む]

<無知か?暴論か?>続出するテレビに出る人たちの「びっくり発言」

メディアゴン / 2016年07月16日07時30分

元SPEEDのメンバーで沖縄出身の今井絵理子さんは立候補するまで沖縄の問題にあまり関心がなかったことを恥ずかしげもなく堂々と発言。三原じゅん子さんは、神武天皇を神話上の存在ではなく実在した人物とした上で、神武天皇が建国したときからの歴史を受け入れた憲法を作りたい、と発言。まだまだあるのですが自民党は大丈夫でしょうか。【参考】<三宅洋平氏落選>実態なき支持層 [全文を読む]

フォーカス