伝説 中田翔に関するニュース

【プロ野球】「神ってる」だけじゃない! 「プロ野球流行語大賞2016」発表!! <下半期編>

デイリーニュースオンライン / 2016年12月05日17時05分

■「北の国から2016伝説」 1996年、最大11.5ゲーム差を大逆転し、「メークドラマ」という言葉を生み出して流行語大賞を受賞した巨人の長嶋茂雄監督(当時)。あれから20年、同じように最大11.5ゲーム差を大逆転して優勝を果たした日本ハム・栗山英樹監督が生み出した言葉こそ、「北の国から2016伝説」だ。 特に6月19日から始まった球団新記録の15連勝は [全文を読む]

【プロ野球】球界の七不思議?西武・栗山巧はなぜオールスターに出場できないのか

デイリーニュースオンライン / 2016年06月10日17時05分

もちろんファンとしては出場してほしいが、しない方が、後々伝説化するかもしれないし、ファンの記憶に残る覚えていてもらえ……というのも、後ろ向きな理由なのだが。 最近では、昨年のオールスターゲームに中日の平田良介が10年目で初出場を決めた。栗山が今年出場できれば、それを上回る15年目での初出場ということになる。 ちなみに今年のファン投票は、中間発表で約4万50 [全文を読む]

センバツ高校野球、通なら知っている甲子園は“春夏”でここが違う

週プレNEWS / 2015年03月20日06時00分

(取材・文/キビタキビオ 取材協力/寺崎 敦) ■週刊プレイボーイ13号「総力特集13P 春のセンバツ 伝説の瞬間」より(本誌では、センバツ高校野球の伝説的名勝負や小ネタを厳選紹介!) [全文を読む]

今こそ伝説の80年代パ・リーグを熱く語れ! いまや絶滅した“鬼野球人”ベストナインはこれだ

週プレNEWS / 2014年12月22日06時00分

やはり本来は肉食か いや、監督は大沢親分!、代打の高井も…など異論反論百出のはずだが、年末年始の宴会シーズンに上司や旧友、親戚のおっさんらと大いに盛り上がってみては? (取材・文/パシフィック・リーグ1980研究会) [全文を読む]

2014ドラフト直前、あの巨人“ドラ1”辻内崇伸が語る運命の1日

週プレNEWS / 2014年10月22日06時00分

数々の“伝説の瞬間”を生み出してきたその歴史のなかで、2005年、大阪桐蔭高から高校生ドラフト1巡目で巨人に入団した辻内崇伸(つじうち・たかのぶ)氏に、“運命の1日”を振り返ってもらった。 ■「実は、なぜか巨人用とオリックス用のカンペが用意してあったんです」 ―辻内さんは大阪桐蔭高時代の2005年に夏の甲子園4強。150キロを超える豪球左腕で話題になりまし [全文を読む]

【プロ野球】妄想「格闘技」対決! 60発男・バレンティンの突進を止める日本人選手、出てこいや!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月14日17時05分

さながらそれは、1990年2月10日に東京ドームで行われた、スタン・ハンセン対ビッグバン・ベイダーが繰り広げた伝説のど迫力マッチを彷彿とさせる。大注目の頂上決戦だ。 嫌いな先輩を頭から洗濯機にぶち込んだという武勇伝もささやかれる中田。その逸話にちなんだ必殺技「洗濯機式パワーボム」が炸裂すれば、中田の勝利が近づくはず。しかし、シーズン60発を放ったバレンティ [全文を読む]

ますだおかだ・岡田圭右のWBC大胆予想!侍の変則投手陣に外国選手が“WAO!”

Smartザテレビジョン / 2017年03月03日22時03分

今大会には出場しないが、過去のWBCで伝説的な名シーンを生み出したイチローとの親交についても告白。「ご存知の方もおられるとは思いますが、実はわたくし、ジュニアオールスターゲーム(現フレッシュオールスターゲーム)で活躍し、一軍で花開こうかという頃のイチロー選手に何度か取材しているんですよ。いや、あの頃が懐かしい」。 その伝手を使って、さぞかし有益な情報を握 [全文を読む]

【プロ野球】「神ってる」鈴木誠也(広島)も仲間入り!? 高卒4年目で飛躍を遂げた名選手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年09月29日16時05分

■松井秀喜(巨人) 星稜高時代は甲子園で5打席連続敬遠という伝説を残し、1992年のドラフトで4球団競合のなか、長嶋茂雄監督(当時)がクジを引き当て巨人に入団。ルーキーイヤーの8月下旬からスタメンに定着し11本塁打を放った。 2年目には開幕から3番に座り、FA移籍で巨人に入団した落合博満と3、4番を形成。20本塁打でリーグ優勝、日本一に貢献した。翌199 [全文を読む]

【サザエさん】知らないほうが良かったアナゴさんの秘密13選 / 唇の厚さ13.5センチ

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年09月17日06時00分

結局、穴子夫人のタカコさんが家を出て行ってしまうという内容で、穴子さんが死ぬことはなかったのですが、弱った穴子さんがマスオさんに「フグ田くんには責任をとってもらおう」「一緒に暮らしてくれ~」などと際どい発言をしたり、この放送回はある意味伝説となっています。 憎めないキャラクター 知っているようで意外と知られていない穴子さん。今後サザエさんを見る際には、ぜ [全文を読む]

志村が本音トークで浜田に頭をたたかれる心境を告白

Smartザテレビジョン / 2016年01月05日07時00分

数々の“ヤンチャ伝説”を持つ中田選手が「気に入らない先輩を洗濯機に入れていた」といううわさの真相について、「本当は洗濯機じゃなく乾燥機」と語ると、一同は大爆笑。プロ野球選手の年棒の真相や'15年に行われた「世界野球WBSCプレミア12」の準決勝・韓国戦敗退の知られざる裏話も明かしていく。 ほか、人気映画「バイオハザード」の続編でハリウッドデビューを果たすロ [全文を読む]

大阪桐蔭式のフルスイング野球を早実・清宮幸太郎がやったら

NEWSポストセブン / 2015年08月01日07時00分

そんな彼が「振り切る」大阪桐蔭の野球に触れたら、さらなる「怪物伝説」が実現したのではないか──野球ファンの夢は尽きない。 球界関係者はどう見ているのか。 「確かに清宮には図抜けた才能があるが、全国のリトルやシニアリーグには、同じく才能にあふれた素材はたくさんいる。特に大阪桐蔭はそんな選手の集まりになっている。西谷(浩一)監督自らがフットワーク良く、全国に [全文を読む]

清宮幸太郎 甲子園全試合観戦続ける「ラガーさん」の評価は

NEWSポストセブン / 2015年07月28日07時00分

プロでも、有数の長距離砲であると同時に、稀代のアベレージヒッターにもなれるバッターです」 「清宮伝説」はまだ序章に過ぎない。 撮影■渡辺利博 ※週刊ポスト2015年8月7日号 [全文を読む]

現役プロ野球選手が発表!“最強のベストナイン”とは!?

Smartザテレビジョン / 2014年12月28日11時43分

当時、ベンチでプレーを見ていた里崎氏も大爆笑だった伝説のシーンを公開する。 [全文を読む]

2014ドラフト決定、豊作年とは無関係? 歴代“重複指名”ランキング

週プレNEWS / 2014年10月25日06時00分

【複数球団が競合した選手たち】 8球団 1989 野茂英雄(新日鉄堺) → 近鉄が引き当て入団 1990 小池秀郎(亜細亜大) → ロッテが引き当てるも入団拒否 7球団 1995 福留孝介(PL学園高) → 近鉄が引き当てるも入団拒否 6球団 1979 岡田彰布(早稲田大) → 阪神が引き当て入団 1985 清原和博(PL学園高)→ 西武が引き当て入団 [全文を読む]

「セ・リーグを背負ってほしい」ダルビッシュが“マエケン”前田健太に託した想い

日刊サイゾー / 2014年07月18日15時00分

何年も伝説として語り継がれるような大会の輪の中に、自分は参加できなかった。その悔いはずっと残りました。『この悔しさを消すには、自分がプロに入って活躍するしかない』心の中でそう誓いました」(前田健太『エースの覚悟』光文社新書) 悔しさだけが残った夏から8年。前田は、押しも押されもせぬ広島カープのエース投手として活躍をしている。現在セ・リーグ3位と、昨年の勢い [全文を読む]

WBCは夢の「メジャー戦士総結集」で3連覇だ(3)

アサ芸プラス / 2012年08月09日10時56分

【関連記事】 WBCは夢の「メジャー戦士総結集」で3連覇だ(1) WBCは夢の「メジャー戦士総結集」で3連覇だ(2) 伝説の引き分けの舞台裏!(3)高校野球 「早実VS駒大苫小牧」「三沢VS松山商」 名勝負は「美少年×田舎の大将」が生む! 阪神VS巨人「ベンチ裏3位争い」オフレコ舌戦(4)報道で知ったフィールズ獲り プロ野球 逆境に勝った男たち(3)内川 [全文を読む]

古田敦也氏 日ハム大嶋について「守備は苦労するだろうな」

NEWSポストセブン / 2012年03月09日07時00分

※週刊ポスト2012年3月16日号 【関連ニュース】ソフト出身・日ハム大嶋に田中コーチ「ん?と思うことある」ハム大嶋育てた早大ソフト部監督「育成枠ならお断りだった」元巨人広澤克実氏「ドームランは都市伝説。原因はボール」中日ドラ6の宋相勲 韓国LGからの指名を拒否して日本球界へ渡米直前のダルビッシュ有 子供たちとの面会時間は90分 [全文を読む]

「小学生がブラックカードを......」清原和博・亜希夫妻 事務所倒産でも家計は超安泰か

日刊サイゾー / 2012年02月21日08時00分

何か大きなトラブルがない限りは、一家の将来は安泰でしょう」(週刊誌デスク) 清原の"伝説"もグラウンドで終わることなく、今後さらなるエピソードが次々と築かれていくことになりそうだ。【関連記事】・妻・亜希が"お受験のカリスマ"に......清原和博夫妻の夫婦間格差が拡大中・「食うに困った」"番長"清原和博が次々とバラエティー番組出演 さんまに明かした窮状・「 [全文を読む]

プロ野球選手の「女王妻」ランキング(2)

アサ芸プラス / 2012年02月08日10時59分

約8000万円もの借金を作ってしまったが、宇野は文句一つ言うことなく、その借金を全て肩代わりしたという伝説にもなっている。 阪急などで活躍したブーマーと巨人・小笠原の共通点は、あまりにも少なすぎる小遣い。億単位で稼ぐプロ野球選手は、後輩に食事をオゴる機会も多い。だが、それすらできないほど金欠の有名選手もいる。 「ブーマーの小遣いは1日2000円でしたし、小 [全文を読む]

フォーカス