母親 中田翔に関するニュース

文春野球「コミッショナーだより」5月号

文春オンライン / 2017年06月06日07時00分

91年川崎球場でのデビューから27年、ボーリックナイト、パグリアルーロ、05年初芝清引退試合での「涙ぐんでいた疑惑」の真相も然ることながら、学生時代に母親に「スコアブックをつけても、なんの役にも立たないからやめなさい」と言われ続けた少女が、いまや球界を代表する名プレイヤーとなったことは、これから野球界を目指す若い人たちのいい教科書となる名文でした。最優秀候 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】秋野暢子、日ハム大谷投手に「結婚相手にどうですか」 娘の写真見せる

TechinsightJapan / 2016年12月07日13時38分

この行為にネット上では「ガチで娘を紹介w」「そりゃ紹介したいわなあ」「秋野はカープファンだろ?」などと呆れながらも、母親としての娘を思う気持ちには理解を示す声が目立っていた。 自分の娘とは縁が無くとも、大谷投手に「頼むから変な女の子に引っかからないでね」とお願いする秋野。この言葉は日本中の大谷ファンの声を代弁していたのではないだろうか。 出典:http:/ [全文を読む]

日ハム・中田翔もバトル勃発!プロ野球「観客vs監督・選手」の抱腹「ヤジバトル」が続発中

アサ芸プラス / 2016年07月07日05時56分

昔は観客に文句を言っている映像がニュース番組などで流されると、『みっともないからやめなさい』と母親からたしなめられていたんですが」 ヤジを飛ばされたのがDeNA戦だったことが、特に中田を敏感にさせた要因でもあると、このデスクは続けて説明するのだ。「WBCなど日本代表の4番は俺だ、という自負があり、侍ジャパンで4番を争うDeNAの筒香嘉智(24)には強いライ [全文を読む]

中3で球速146kmも 大阪桐蔭の今期の新入部員は逸材揃い

NEWSポストセブン / 2016年02月24日16時00分

井上氏が母親に聞いた話によれば、医師不足で診察に駆け回る両親に代わり、診察を受けたお年寄りたちに根尾投手は面倒をみてもらったという。中学時代をオール5の成績で過ごし、生徒会長も務めたという。プロ野球選手になる夢をはっきり口にしたのは昨年のことだった。 「プロになるために一番レベルの高い学校でやりたい。その思いから大阪桐蔭進学を決めたようです。部内競争も覚悟 [全文を読む]

プロ野球名物記録員が目撃 金田正一氏が土下座した相手は?

NEWSポストセブン / 2014年04月20日07時00分

私も自分の母親が、鈴木家の親類と同級生だった縁があり、永福町にあった鈴木邸によく招いてもらっていた。 正月ともなればお年玉がもらえるので、喜んで馳せ参じたものだ。そんな時も、家にはもちろん河野がいることが多かったのだが、ある年の正月、球界を代表する選手が、年始の挨拶に鈴木邸を訪れたことがあった。国鉄の金田正一である。 金田は応接間に入ると、いきなり鈴木の前 [全文を読む]

フォーカス