グッズ 中田翔に関するニュース

【日本ハム】斎藤佑樹の「623日ぶり勝利Tシャツ&タオル」受注販売!

ベースボールキング / 2017年06月01日16時45分

日本ハムはダイジェストグッズ第12弾として、5月31日のDeNA戦で、2015年9月16日以来、実に623日ぶりの勝利を手にした斎藤佑樹の「623日ぶり勝利Tシャツ&タオル」を受注販売する。 5月31日、今季2度目の一軍マウンドに上がった先発の斎藤佑。初回先頭打者に出塁を許したものの、粘りのピッチングでスコアボードに「0」を刻んだ。するとその裏、中田翔の適 [全文を読む]

楽天と80年代『少年ジャンプ』のコラボに注目。次に期待するのは『すすめ!!パイレーツ』と…

週プレNEWS / 2016年05月18日15時00分

子供時代から変わらず、球場に行くとつい手が出てしまうのが球団のオリジナルグッズ。昨今は各球団ともコラボや限定アイテムを増産、あの手この手でファン心をくすぐってくるが、こちらもパ・リーグが個性的なラインナップで充実している。 そこで、『週刊プレイボーイ』19・20合併号ではそんなパ・リーグ各球団のコラボ&限定アイテムやチアリーダー、選手プロデュース弁当まで [全文を読む]

【プロ野球】「神ってる」だけじゃない! 「プロ野球流行語大賞2016」発表!! <下半期編>

デイリーニュースオンライン / 2016年12月05日17時05分

関連グッズもよく売れ、9月に公式イラストブックが発売されると瞬く間にベストセラーとなり、一気に「パート3」まで刊行されるという人気ぶり。これでオリックスの成績も上向けば、「おりほー!」「んほー!!」といったポンタの口癖も人気を呼ぶことになるかもしれない。 ■タフな試合 球団初となるクライマックスシリーズ出場をかけ、シーズン終盤まで熱戦が続いた今季のDeN [全文を読む]

球団カレンダー 移籍交渉の説得材料に使われることもある

NEWSポストセブン / 2016年11月01日11時00分

「数ある球団関連グッズのなかでもトップクラスとなる億単位の額を稼ぎ出す商品です。阪神電鉄をはじめ関連企業が営業で使うため、確実に部数が出る。あの弱くて勝てなかったタイガースの暗黒時代でさえ、観客動員は減ってもカレンダーの販売部数だけは大きく減らすことはなかった。ずば抜けた優良商品なんですよ」 注目が集まる商品だけに悩みの種も多いわけだ。「人気選手でカレンダ [全文を読む]

過熱するボブルヘッド人形、“似てない?”問題の真相とは

週プレNEWS / 2016年04月29日06時00分

ところが、実はパ・リーグは野球以外もすごい! というわけで、発売中の『週刊プレイボーイ』19・20合併号では各球団のコラボ&限定アイテムやチアリーダー、選手プロデュース弁当まで紹介しているが、その中で12球団ファンクラブ評論家の長谷川晶一氏が、大人気のこのグッズについても紹介、解説している。 *** 球場来場者へのプレゼントだったり、ファンクラブ会員への [全文を読む]

【プロ野球】日本ハム・レアード、寿司ポーズで2年目の飛躍へ

デイリーニュースオンライン / 2016年03月07日16時00分

球団はレアード人気にあやかり、寿司にちなんだTシャツなどのグッズを発売。また、昨季後半戦のスタンド内には、巨大な寿司のクッションを持つファンも増えた。 オープン戦も始まり、飛躍の2年目もいよいよ本番。今年もレアードが本塁打を打って、好物の炙りトロに舌鼓をうつのを期待しよう! 文=サトウタカシ (さとう・たかし) 【関連記事】 [全文を読む]

日ハム・大谷に年俸1億の価値はあるか? ネット上で議論勃発、海外からも熱視線

AOLニュース / 2014年10月23日01時08分

やはり投手として日本人投手最速の162キロをマークするなど話題性も高く、客が呼べる選手という観点からも球界随一の存在といえる大谷、さらにグッズ販売でもいまやチーム内で中田翔を抑え一番人気ということで、もはや必要不可欠の選手といえる。 最終的に議論は「今後の大谷翔平の伸びしろ」についてだ。 来年も順調に成長し「毎年1億円から2億、2億から4億」と倍々で増え [全文を読む]

フォーカス