安倍総理 安倍晋三に関するニュース

安倍晋三首相 森友騒動収束と米国への“お土産”で稲田防衛相をチェンジ?

アサ芸プラス / 2017年03月27日05時55分

「自民党は憲法改正の発議に向けて、具体的な議論をリードしていくのが歴史的使命だ!」 3月5日に開かれた自民党の党大会で力強く挨拶した安倍総理。自民党関係者がこれに驚く。「久しぶりに安倍総理の口から『憲法改正』という言葉を聞きました。肝煎りだった安全保障関連法を成立させて以降、憲法改正の優先順位は低くなっていた。それが突然、強い意欲を見せたので、次の衆院選の [全文を読む]

森友学園問題、参議院の議事録に記録されていた「安倍総理の動揺」

まぐまぐニュース! / 2017年03月14日00時05分

そして、これ大阪の財務局の立場でいえば、安倍昭恵夫人が名誉校長に就任している小学校を、手続ができないからといって先送りなんかして開校を延長したら、それは昭恵夫人に恥かかせたのか、安倍総理に恥をかかせたのか、近畿財務局だって財務省だってそんたくするでしょう、それは。私的か公人かなんて関係ないんですよ、私人か公人かなんて。そして、その日に、名誉校長に就任され [全文を読む]

【アベノミクス失速】支持率低下で自民党総裁選に異変アリ!?

デイリーニュースオンライン / 2015年06月15日07時50分

消費増税の延期を発表した安倍総理は、国民に信を問うとして衆議院を解散。総選挙に打って出た。 結果は周知の通りだが、安倍総理は消費増税先送りを発表した際に景気条項を削除している。つまり、安倍総理は2017年4月1日に消費税率10%を確定させたことになる。 安倍晋三総理大臣は就任以来、“金融緩和”“財政出動”“成長戦略”の3本の矢を掲げてきた。これらは俗に“ア [全文を読む]

支持率急落でも超強気“安倍晋三”が裸の王様状態?「支持率急落にポツリと…」

アサ芸プラス / 2015年08月17日17時55分

礒崎首相補佐官の発言? 総理が気にしていないといったら、ウソだろうな」 その言葉は、第二次政権誕生以来、初めて安倍総理が窮地に追い込まれていることを意味していた。政権運営で最大のネックになっているのは、集団的自衛権の行使などが可能になる「安保法案」である。「批判もあるが、確固たる信念と確信があれば政策を前に進めないといけない」 衆院での採決を前に、強い口調 [全文を読む]

<総理は辞めると啖呵?>「安倍晋三記念小学校」国有地払い下げ問題

メディアゴン / 2017年02月23日07時30分

もしかしたら、この学校の教育方針に対する思いは安倍総理も昭恵夫人と同じなのかもしれません。もしそうだとしたらかなり怖ろしいことと感じる方も多いのではないでしょうか。【参考】安倍国会答弁で「安倍晋三記念小学校問題」の事件化は必須その怖れには現実味があります。森友学園の籠池泰典理事長は日本会議の役員もしくは大阪代表・運営委員と報道されています。日本会議は憲法改 [全文を読む]

小池百合子 欲望と裏切りの永田町「にんげん相関図」!(1)安倍総理が発した「小池ブームはすごいね~」の意味

アサ芸プラス / 2016年11月07日12時55分

10月16日、衆院東京10区補選で立候補した若狭勝氏(59)の街頭演説に、小池氏と安倍総理が駆けつけた。JR池袋駅前には約5000人の聴衆が集まり、「百合子コール」が起こる中、安倍総理は小池氏と固く握手を交わす。 それから1週間後の投開票では、民進党の候補者に3万票近くの差をつけて若狭氏が当選。同日に行われた福岡6区でも、小池氏が応援演説を行った、鳩山二 [全文を読む]

総理夫人・安倍昭恵が夫より心酔する5人の男(1)「本当に知らない」と激怒!

アサ芸プラス / 2017年03月22日12時55分

自由党の山本太郎共同代表(42)からは3月2日の参院予算委員会で、田中角栄元総理が逮捕されたロッキード事件と、昭恵夫人の愛称「アッキー」をかけて「アッキード事件」と名付けられ、安倍総理は「きわめて不愉快だ!」と語気を強めたものだった。「森友の件に関して、安倍総理は『本当に知らないんだ』と周囲に話し、昭恵夫人のせいで尻拭いさせられている状況に怒り心頭なんです [全文を読む]

ウルトラ右翼に手玉に取られた?首相夫妻、財務省、国交省、大阪府

メディアゴン / 2017年03月07日07時30分

昭恵さんは友人の女性(安倍総理国会答弁)を通じて園長が経営する幼稚園を知ります。園長は、神とか神道とかに強い興味を持つ昭恵さん(月刊文藝春秋3月号・石井妙子氏論考)を園に招き、自身の強烈な愛国教育に賛同させることに成功します。昭恵さんは園長の教育方針のすばらしさを夫・安倍晋三氏にも伝えます。園長はさらに深く安倍夫妻の懐に入り込み、安倍晋三議員にも講演を依頼 [全文を読む]

【テキスト速報】籠池理事長、証人喚問で昭恵夫人からの寄付や政治的関与に言及

まぐまぐニュース! / 2017年03月23日12時09分

昭恵夫人が(瑞穂の國記念小學院の)名誉校長を断ったのか、との質問に、籠池理事長は「即断していただいた」「(安倍晋三記念小学校の名前を使うことは)5ヵ月後に断られた」と、昭恵夫人や安倍総理の発言との食い違いが見られた。その後、質問は国有地売却について助力を頼んだ議員の名前に及び、小学校の認可の規制緩和について誰かに頼んだかとの質問には「ある、東徹議員(維新所 [全文を読む]

森友学園“極右”理事長は教諭を次々と失踪させていた!(2)「安倍総理の要請で出馬する」

アサ芸プラス / 2017年03月12日17時55分

当然ながら、籠池氏と昭恵夫人の「深い関係」は、安倍総理にも飛び火。瑞穂の國記念小學院が「安倍晋三記念小学校」の名前で寄付を募っていたのだ。安倍総理は国会答弁で、籠池氏とは「会合やイベントで何度かご一緒したことがある」と語ると同時に、塚本幼稚園を訪れたことは否定。ところが籠池氏は、月刊誌「致知」15年4月号で〈安倍総理には当園に足を運んでいただいたこともあ [全文を読む]

小池百合子 自民党との「都議選ゲリラ暗闘」一部始終!(3)自民党本部を敵に回しても離党はない?

アサ芸プラス / 2017年01月25日12時55分

その冒頭で小池氏は、東京五輪のエンブレムバッジを安倍総理のスーツの胸元につけ、友好ムードを報道陣に見せつける。20分ほどの会談では、東京五輪での連携や都議選の話題も出て、意見交換をしたという。 会談後、満足そうな表情だった小池氏とは反対に、安倍総理はご機嫌斜めの様子。政治部記者は振り返る。「小池さんからエンブレムバッジをつけられた時、ムッとした表情をして [全文を読む]

稲田朋美 ネトウヨ萌えな「メガネっ娘」素顔を先生調査!(1)経歴から見える素顔

アサ芸プラス / 2016年09月05日05時55分

「中谷元前防衛大臣を続投させる声が強かったのですが、安倍総理の一声で稲田氏に決まりました。防衛大臣の重責を任せることで、後継者として育てる意思がハッキリと表れた人事でしょう」 05年に行われたいわゆる「郵政選挙」の落下傘候補から当選4回を重ね、たちまち大臣と党三役を経験するスピード出世ぶりに「初の女性総理」の呼び声も高い稲田氏。そもそも大臣就任は本人にとっ [全文を読む]

拉致問題を「政治利用」してのし上がった安倍総理の罪と罰

まぐまぐニュース! / 2016年01月19日20時00分

メルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』では本書の内容を引きつつ、拉致問題を利用しのし上がった安倍総理の不誠実さと外交戦略の稚拙さを厳しく糾弾しています。 波紋呼ぶ蓮池透氏の「安倍晋三と冷血な面々」への告発 蓮池透の12月新刊『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』(講談社)が大きな波紋を呼び起こしている。 蓮池は、言わずと知れた拉致被害者= [全文を読む]

安倍晋三 「大義なき解散」の裏にあった政権大暗闘(1)ある記事がきっかけとなった

アサ芸プラス / 2014年11月25日09時56分

仕掛けたのは他ならぬ安倍総理と菅官房長官だという。一向に好況感を生まないアベノミクスの信を問うことが今回の選挙の裏争点だが、今、ここで解散する“大義”とは何なのか。そこには長期政権を狙う安倍総理と、それに伴う政権内部の暗闘劇があった! 以前の記事で「来年7月解散」の可能性に触れ、政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏は安倍晋三総理(60)の性格を解説しながらこう語 [全文を読む]

安倍晋三 「政権ドミノ崩壊」がすぐそこに…(1)スキャンダルまみれの改造内閣

アサ芸プラス / 2014年11月11日09時56分

安倍総理の後悔と焦りは今、頂点に達している。内閣改造は大失敗に終わり、次から次へと閣僚の醜聞、疑惑をたれ流して袋叩きに。発足からわずか2カ月で「ドミノ崩壊」の危機を迎えている安倍政権からは、断末魔のもがきが聞こえてくるのだ。 思えば9月3日の内閣改造直後から、ドミノ崩壊の兆候は出ていた。山谷えり子国家公安委員長(64)が、ヘイトスピーチでトラブルを起こして [全文を読む]

金正恩にミサイル暴走させた安倍との「モンゴル極秘交渉」決裂の夜(3)クーデター誘発の工作打診

アサ芸プラス / 2013年04月24日09時58分

去る3月30日、安倍総理はモンゴルを訪問し、エルベグドルジ大統領と会談。石炭やレアアースなどの資源開発で協力、あるいは尖閣諸島問題を巡って中国を牽制、包囲網形成のためだった、などと報道された。 確かに資源外交、対中国政策の意図もあったろう。ところが安倍総理はこの地で、北朝鮮側の密使とひそかに接触、極秘会談を行ったというのである。前出・北氏が声を潜めて明か [全文を読む]

金正恩にミサイル暴走させた安倍との「モンゴル極秘交渉」決裂の夜(2)「実権掌握」を見せつけたい

アサ芸プラス / 2013年04月23日09時58分

去る3月30日、安倍総理はモンゴルを訪問し、エルベグドルジ大統領と会談。石炭やレアアースなどの資源開発で協力、あるいは尖閣諸島問題を巡って中国を牽制、包囲網形成のためだった、などと報道された。 確かに資源外交、対中国政策の意図もあったろう。ところが安倍総理はこの地で、北朝鮮側の密使とひそかに接触、極秘会談を行ったというのである。前出・北氏が声を潜めて明か [全文を読む]

長嶋と松井“4番の遺伝子”継承までの21年間「ナベツネが持ちかけたW受賞」

アサ芸プラス / 2013年04月16日09時59分

車内で松井の引退の報に接して、年明けの渡米を控えていた安倍総理は「(松井が)日米の絆になれば」と提案した結果の受賞と言われている。 だが当初、安倍総理の周辺では「(松井の受賞は)まだ早いのでは」という声もある一方、「師匠に当たる長嶋と一緒ならばいいのではないか」という意見も、官邸内に上がり始めていた。 だが、最終的に「松井と長嶋のW受賞」を後押ししたのは、 [全文を読む]

安倍昭恵「別居生活」と「偽装ツーショット」の修羅現場!(1)スキャンダルにミツバチ騒動も

アサ芸プラス / 2017年05月06日09時55分

安倍政権切り崩しのために、野党は理事長に続き、昭恵夫人の国会証人喚問を要求しました」 みずから「私人」と称する昭恵夫人に代わり、矢面に立たされているのが安倍総理。予算委員会をはじめとした、場を選ばない野党からの集中攻撃を受けるや、「きわめて不愉快だ」「公共の電波で私と妻を侮辱した」と語気を強めていたのだ。「安倍総理は騒動当初から『本当に知らない』と、側近た [全文を読む]

<批判は思想の違い?>安倍昭恵夫人のズレた感性と軽率さ

メディアゴン / 2017年03月22日07時49分

安倍総理は、自分たち夫婦は今回の問題に関わっていない、という答弁を続けました。しかし、国有地払い下げや認可に直接かかわってはいなくても、昭恵夫人は森友学園にかなり深く関わり、新設する小学校の名誉校長に就任したことは事実です。安倍首相ご自身も、総理の身でありながらここへ講演に行くつもりだったと言っています。安倍総理は首相夫人が名誉校長だからと言って、役人が印 [全文を読む]

フォーカス