写真集 栗山千明に関するニュース

Daft Punkやアントニオ猪木を撮りながら、問題作を発表し続ける異能の写真家 梅川良満が語った半生

NeoL / 2016年11月21日14時55分

特徴あるポートレート撮影で知られてきた梅川だが、2012年には自身の創作活動にも力を注ぎ、ステッカーとポスターという特殊な形態の1st写真集「LEAVE ME ALONE」、路上の吐瀉物を撮影した2nd写真集「DRIP BOMB」をたて続けに刊行。この二冊の問題作で人々を驚かせた。そんな梅川がこのところ力を入れている「Incarnations」シリーズが欧 [全文を読む]

栗山千明、カンニング竹山のせいで“エラ削りが際立つ”事態に! 不倫妻役には“神話少女ヌード”以来のエロスを期待する声も

日刊サイゾー / 2016年04月01日21時00分

栗山といえば、97年に、篠山紀信撮影による写真集『神話少女~栗山千明~』(新潮社)で、オールヌード姿を披露し話題に。しかし、撮影当時の栗山の年齢が13歳だったため、児童ポルノ法に抵触するとされて現在では絶版となり、ファンの間ではすっかり伝説と化しています。その後は脱ぎ惜しみをしているのか、14年に発売した写真集『羽化 -Emergence』(朝日出版社)で [全文を読む]

闇に葬り去られた「発禁本・発禁マンガ」(4)元AKB48メンバーの写真集が…

アサ芸プラス / 2016年05月03日17時58分

○「とものこと、好き?」河西智美 AKB48のメンバー・河西智美のファースト写真集として発売が告知されたが、表紙に河西のバストを少年の手で隠している絵柄が問題化。表紙を入れ替えて発売された。○「water fruit」樋口可南子 91年2月に発売された、日本初の本格的な完脱ぎ写真集。警察から口頭で注意を受けたが、回収に発展することはなく、事実上の“密林”部 [全文を読む]

自ら触り心地よさそうと自慢の胸で挑発!のグラビア超新星・寺田安裕香「もっとエッチな体を作りたい」

週プレNEWS / 2015年07月10日01時00分

あと写真集を出したいです…って、なんかわりと現実的すぎてすみません(笑)。 ―いやいや(笑)。それほどグラビアが好きと。 寺田 大好きです。後はやっぱり女優業をやってみたいです。ハリウッド映画とか見ると、メインキャストにひとりくらいアジア人がいるでしょ。『キル・ビル』の栗山千明さんみたいな。ああいう活躍をすることが目標です。 ―ハリウッド女優とは夢がでかい [全文を読む]

日本ツインテール協会発アイドルの作曲家は あの大物だった!

週プレNEWS / 2014年07月28日06時00分

『日本一美少女に詳しい団体』と称され、写真集を出せばそのすべてがベストセラー。現在売り出し中のグラビアアイドル佐野ひなこをはじめ、同協会の協会モデルを経て人気タレントへの階段を駆け上がっていく女のコたちも多数輩出しています。彼らが手がけた写真集には栗山千明、有村架純など全国区の人気女優たちの名前もずらり。今や日本中の少女たちが憧れる“タレントの新たな登竜門 [全文を読む]

衝撃ヌードの噂が流れる女性芸能人は?

アサ芸プラス / 2014年01月14日09時58分

実はすでに、映画のプロモーションを兼ねた連動企画として写真集を出そうと、大手出版社がオファーを出しています。ヘアは未定ですが、バストトップの公開は交渉中のようです」 映画での濡れ場といえば、直木賞作品が原作の映画に、「キル・ビル」で好演した栗山千明(29)が、“和服絡み艶技”に挑むという。 「すでに内定を取り付けています。彼女は映画の内容を理解して、ヌード [全文を読む]

倉科カナ、激しいラブシーンで「Fカップ巨乳解禁?」と期待の声 “ちんこ”連呼にファンは大興奮

おたぽる / 2016年11月25日12時00分

「倉科は、2006年の『ミスマガジン2006』でグランプリに選ばれるなど、デビューした頃はグラビアモデルとして活躍していたのですが、09年後期のNHK連続テレビ小説『ウェルかめ』のヒロイン役に抜擢されて以降は、本格的に女優業へとシフトしてしまい、翌年に出版された、今のところ最後となっている写真集『ワタシハココニ』(ソニー・マガジンズ)では、露出が激減。1 [全文を読む]

橋本マナミ、13歳デビュー直後にパンツ脱いだ...その気にさせた巨匠・篠山紀信の「手法」とは

メンズサイゾー / 2015年07月17日19時00分

昨年、同社から出版した写真集『MANAMI BY KISHIN』が大ヒットしており、それに続く再タッグだ。 ライブ当日、橋本は胸元を大きく開いた真っ赤なロングドレスで登場。「スリルとドキドキ感が味わえる」という理由で下着を全くつけずに臨み、会場に集まった人々を魅了した。 これだけでも衝撃的だが、それよりも人々を驚かせたのは篠山氏との秘話だ。 今でこそ「愛人 [全文を読む]

フォーカス