心理学 怒りに関するニュース

健康と仏教の関係(6)「怒り」と禅における「私」の関係

アサ芸プラス / 2014年10月16日09時59分

「怒りだ」 多くの自己啓発本や、心理学者たちは「怒り」について「怒りをためこまずぶちまけるべきだ」「怒りは発露すべきだ」と語る。 しかし、多くのアメリカメディアにコメントを寄せる、アイオワ州立大学のブラッド・ブッシュマン教授は米科学誌「今日の心理学」で、こんな実験結果を発表している。 <怒りを表わすと、実際には攻撃性が増す> ブッシュマン教授は、被験者に [全文を読む]

DVD『アンハッピーを大逆転 怒りと向き合い、人と仲良くなる方法』が、Amazon DOD(ディスク・オン・デマンド)で発売!!

DreamNews / 2016年12月09日15時30分

ハピネス心理学の考え方は、「ほめて認めて勇気づけ」を基本にして、怒りの発生を抑え、トラブルを収束して、相互の喜びと希望を生み出すことを目指すものです。このDVDで怒りを意欲に変える方法を紹介しています。あなたの怒りだけでなく、周囲の怒りを鎮めていただきたく思います。 【宮崎英二 プロフィール】 自動車メーカー研究開発部を経て広告代理店勤務後、販売促進事務 [全文を読む]

男は「すねる」生き物?突然の無視・無言…その心理とトリセツ【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年11月30日10時15分

心理学的には、怒るのもすねるのも、同じ「怒りの感情」から来ていると言います。ただ、表現方法が少し異なり、それを比較して平たく言ってしまうと、・怒り=相手に「怒り」の解決を求めて詰め寄る・すねる=相手に「怒り」の理解を求めて黙りこむということ。男性がケンカの最中に黙りこむのは、多くの場合、無言で自分の感情と向き合い、頭の中で整理しているから、と言われています [全文を読む]

イライラしたら●●を思い浮かべて!? 怒りに「支配されない」3つのコツ

It Mama / 2014年09月03日19時00分

■3:怒りを“あるがまま”受け入れ、落ち着くのを待つ心理学を学んでいくと『森田療法』という言葉に出会います。 精神科医の森田正馬氏が創始した心理療法で、感情のコントロール法について以下のように言及しています。<感情は、その自然発動のままに従えば、 その経過は山形の曲線をなし、 ひと昇りひと降りして、ついに消滅する」>どうにもやり切れなく腹の立つことがあって [全文を読む]

失敗こそ評価UPのチャンス!DaiGoに学ぶ「得する謝り方」の極意

BizLady / 2016年07月11日22時00分

』を参考に、心理学を利用したミスをチャンスに変える“謝罪作法”をご紹介します。■ 大袈裟に謝るミスを犯した時に人は大抵、過小報告したり平謝りで終わらせようとしてしまいがちです。しかし心理学的にはその逆で、大袈裟に謝った方が許しをもらえるのです。<人間には、怒っているとき、相手に「ここまでは謝ってほしい」という基準ライン(=相手が考えている過失レベル)が存在 [全文を読む]

相手のエネルギーを活かして優位に立つ! カウンター行動心理学4選

i無料占い / 2016年04月10日20時30分

そこで、今回はそんな相手のエネルギーを逆手にとって、上手にいなすためのカウンター行動心理学を紹介します。 ■テクニック1 聞き役に徹することで相手の怒り疲れを待つ クレーム処理は、クレームが持ち込まれてから30分で勝負が決まるとされています。ここで対処できれば丸く収まるのです。ここで相手に反論すると、さらなる怒りに火をつけることに。というのも、感情が理性に [全文を読む]

怒ったら負け! 彼が元カノを褒める発言をしたときの正しい反応

恋学 / 2016年03月19日09時30分

参考文献 「恋愛心理学」 植木理恵 青春出版社 Photo by V∆NESS∆ GERL∆CH [全文を読む]

謝るときの手みやげに海外スイーツはNG? 専門家のおすすめは…

anan NEWS / 2015年08月24日22時00分

■取引先の会社に、打ち合わせに行くときの手みやげ <心理学的解説> お世話になる、あるいは一緒に働く仲間として、仲良くなって仕事の流れを良くしたい、というのが、この場合の主な目的。「受け取る側の心理としては、思わぬ贈り物をもらったわけですから、“嬉しいな、この人、私(たち)のことを考えてくれているんだな”と思い、好意を抱き、“何かお返ししよう”という気持 [全文を読む]

やる気を引き出す「最強ルーティン」をつくる

文春オンライン / 2017年06月02日07時00分

好意の返報性といって、人は、好意的に接してくる相手には好意を抱く傾向があるという心理学的な原理があります。 周りにやる気を出させるという意味では、残り時間などを示すというのも有効な方策だと考えられています。たとえば、理化学研究所の水野敬氏(※8)の研究によると、45分間の作業記憶課題をやらせ、脳の活動を記録する実験を行ったところ、時間経過と共に脳は疲労を示 [全文を読む]

カトパンが番組でピリピリ!? 芸能美女「激怒した瞬間」

日刊大衆 / 2017年05月21日07時05分

5月3日放送の『ホンマでっか!?TV』で、脳科学者の澤口俊之氏は、ある心理学を用いたうえ、カトパンに「一晩限りの関係が多いでしょ」と指摘した。「本来、この手の下ネタには笑顔で対応するカトパンが珍しく、“ないですよ”と、やや低い声で言い返したんです。予想外の本気モードに場は一瞬で凍りつき、司会の明石家さんまも“本人がないと言っていますから”と必死に、その場を [全文を読む]

離婚寸前から円満夫婦へ?「産後クライシスをチャンス」にする方法

It Mama / 2016年10月18日22時30分

山本 ユキコ心理学博士。子育てフィロソフィ代表。2,000人以上の親子を指導。2児の母親。著書「出産・育児ママのトリセツ」、「赤ちゃんがぐっすり寝てくれる奇跡の7日間プログラム」 「破局」に向かう喧嘩とそうでない喧嘩source:http://www.shutterstock.com/産後クライシスの時期の目標は“離婚しない”こと。あまり高望みしないで、 [全文を読む]

毎日が生きやすくなる「アドラーの日めくり」

PR TIMES / 2016年04月22日18時43分

(『性格の心理学』より) [画像4: http://prtimes.jp/i/18219/8/resize/d18219-8-862958-1.jpg ] 「誰かから聞いた言葉が、自分の中で生きた力となって働き、その言葉を知る前と後とでは人生が変わることがあります。人生を変えるようなアドラーの言葉は、どれもシンプルなものです。ここに選んだ言葉が、それを日 [全文を読む]

【書評】なぜAmazonの返品ハードルは低い?答えはアドラー心理学に

まぐまぐニュース! / 2016年03月15日12時00分

今回はメルマガ『★セクシー心理学GOLD ~最先端の心理学技術★』でおなじみのゆうきゆう先生が書かれた、アドラー心理学をわかりやすく、そして楽しく理解できる1冊の登場です。 『マンガで分かる心療内科 アドラー心理学編』 ゆうきゆう・原作/ソウ・作画 ヤングキング・コミックス(少年画報社) 今回も、お客さま対応、クレーム対応をおこなううえで、どの本が参考にで [全文を読む]

人々を惹きつけるアドラー心理学 原因ではなく目的を考える

NEWSポストセブン / 2016年03月11日07時00分

「アドラー心理学」に関心が集まっている。『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』(ダイヤモンド社)が大ヒットしたことを契機に、書店では特設コーナーが組まれたり、企業や教育現場でもアドラーに関するセミナーが開催されたりする大盛況ぶりだ。なぜ、ここまで人々を惹きつけるのか。 アドラー心理学において最も重要な考え方が「目的論」である。アドラーは欧米では [全文を読む]

◆期間限定セール実施中◆iPhone,iPad電子書籍アプリ『なぜ、あの人の話に人はうなずくのか』が4月末まで120円にてセール中!!

DreamNews / 2015年04月03日18時00分

本書では心理学にもとづき、職場での人間関係に応用できる理論や学説を「武器」と呼び、その数は全部で17種類存在する。どんなシーンで、どの武器を、どう使うか。そして、その効果は!?―――――――――――――――――――――― ビジネスで自分優位な関係を築くための本―――――――――――――――――――――― 本書で登場する17種類の武器を使いこなせればビジネス [全文を読む]

失恋の哀しみを乗り越える心理学…「踏み出す一歩」となる行動とは?

ココロニプロロ / 2017年01月21日18時30分

このような喪失の受容は、心理学的に5つの段階があります。1)否認2)怒り3)取引4)抑うつ5)受容まずは、現実を受け入れたくないという「否認」です。続いて「どうしてこんな目にあうんだ!」と、納得がいなくてもんもんする「怒り」状態になります。さらに「努力不足だったんじゃないか」「正しい努力をすれば別れを回避できるんじゃないか」と、なんとか状況をくつがえそうと [全文を読む]

すぐにカッとなる、いつもムカムカしてしまう人へ… 怒りの感情をプラスの力に変える9つの習慣

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月01日06時30分

アンガーマネジメントはそうした怒りに対する理解を深め、うまくつきあっていく心理学の手法だ。同書では、怒りを味方にして能力を最大限に伸ばすアンガーマネジメントの手法を、「カウントバック」「ストップシンキング」「グラウンディング」など「9つの習慣」として紹介。日常生活の中で怒りをコントロールしていく方法を解説している。 【習慣1】カウントバック:怒りのピークは [全文を読む]

イクメンなんて大ウソ!? ママの怒り爆発寸前の「仮面育休」の実態

It Mama / 2016年11月22日07時00分

山本 ユキコ心理学博士。子育てフィロソフィ代表。2000人以上の親子を指導。2児の母親。著書「出産・育児ママのトリセツ」、「赤ちゃんがぐっすり寝てくれる奇跡の7日間プログラム」ママが怒りをつのらせる男性の“仮面育休”source:https://www.shutterstock.com/男性の育休。ほとんどの場合は、きっと家事と育児をママとチームでこなして [全文を読む]

ガマンして「夫の飲み会許可」を出すと大爆発に!【新米ママのトリセツ】#3

It Mama / 2016年10月28日22時30分

山本 ユキコ心理学博士。子育てフィロソフィ代表。2000人以上の親子を指導。2児の母親。著書「出産・育児ママのトリセツ」、「赤ちゃんがぐっすり寝てくれる奇跡の7日間プログラム」 「どうせ、私がガマンすれはいい」は大爆発につながりやすいあなたが夫を気遣って「たまには飲み会に行ってきていいよ」と言う時、その気持ちの裏に「どうせ、私がガマンすれはいいのだから」 [全文を読む]

ドラマに見る心理学の言葉/内藤 由貴子

INSIGHT NOW! / 2016年06月03日21時16分

ストーリーが「ちゃんと心理学の背景を抑えているな」と思うドラマは、結構深みがあって見応えがあるものが多いです。 そして、最近は、精神科医や臨床心理士が登場するドラマも、たびたび見かけるようになりました。 心理学の言葉と書きましたが、その中でも時々取り上げられている「陽性転移」と言う言葉をご存じでしょうか。 現在進行形は、「ラヴソング」(フジTV系 月9ドラ [全文を読む]

フォーカス