コントロール 怒りに関するニュース

爆発寸前の「怒り」に最適!ガマンできない怒りも消えるアンガーマネジメントって?

ANGIE / 2016年03月26日19時00分

みなさんも怒りを感じることがあれば、冷静な採点者に変身して、怒りを上手にコントロールしてみてはいかがでしょうか? 参考:アンガーマネジメント 怒らない伝え方 [全文を読む]

良好な人間関係のために大切な怒りの感情をコントロールする方法

JIJICO / 2016年11月20日09時00分

怒りはどうして生まれるのか? 人間関係を良好に保つためには、怒りの感情をコントロールすることが非常に重要になってきます。 感情に任せて怒ってしまい、人間関係がダメになったことは誰にでも経験があるでしょう。 怒りがどのようにして起きるかを考えることは、怒りをコントロールする上で大切です。 怒りは何もないところからは生まれません。 心の底にあるネガティブな感情 [全文を読む]

「怒り」が炎上する人・しない人の差ってどこにあるの? 『日本アンガーマネジメント協会』さんに聞いてみた

ガジェット通信 / 2016年10月25日21時00分

そんな「怒り」を上手にコントロールする為に1970年代のアメリカで誕生した『アンガーマネジメント』。日本でも『日本アンガーマネジメント協会』が2011年に発足し、受講者は20万人を超えています。 今回『日本アンガーマネジメント協会』が“怒り”つながりで、映画『アングリーバード』とコラボレーション。オリジナルの「アンガーマネジメント診断」が公開中です。 ht [全文を読む]

介護をする人に学んでもらいたい「アンガーマネジメント」

JIJICO / 2017年01月08日09時00分

アンガーマネジメントとは?皆さんは「アンガーマネジメント」という言葉をご存知ですか?アンガーマネジメントとは1970年代にアメリカで自然発生的に始まったアンガー(怒り、イライラ)の感情を上手に分散してコントロールしていくための心理教育です。「教育」ですから、「怒りのメカニズム」について正しく理解し、コントロールする方法を学べば、誰でも怒りに振り回されて自分 [全文を読む]

ドッカーンってなる前に…6秒カウント!プロ直伝の「怒りの感情」コントロール法

WooRis / 2015年10月16日09時00分

『WooRis』の過去記事「怒りの感情をぶつけちゃダメ!保育士が実践する“子どもを上手に叱る”コツ3つ」で子育てにおいて“感情をコントロールすることが大切”とお伝えしましたが、なかなか難しいことですよね。そこで今回は、アンガーマネジメントファシリテーターの久木田園美さんに、“子育てにおける怒りをコントロールするコツ”についてお聞きしました。■まずは6秒待っ [全文を読む]

キレないために! 怒りを鎮める3つの方法

オトコクラス / 2016年11月05日11時00分

怒りをコントロールする術を専門家の意見をもとに学びましょう。20代男性からの相談:「ちょっとしたことで怒ってしまう自分を変えたいです。」『最近、ちょっとしたことでカッとなることが多くなり困っています。以前はそうでもなかったのですが、仕事が忙しくなってきてから、後から思い返すと大したことではないようなことでも、つい声を荒げ人に当たってしまうことが増え、後から [全文を読む]

イラッと感情から卒業!モットーは「負けるが勝ち」の感情コントロール法

BizLady / 2015年10月11日17時00分

その日の気分によって態度が違ったり、怒りや妬みの感情をコントロールできず、周りから煙たがられている人、あなたの周りにもいませんか? そういう人が近くにいると本当に大変ですが、つられてこちらも感情的になっていてはこちらのレベルも下がるばかり。今そういう状況にある方は、“反面教師”だとわりきって、自分自身の成長につなげたいところ。そのためにはどうすればよいので [全文を読む]

イライラしたら●●を思い浮かべて!? 怒りに「支配されない」3つのコツ

It Mama / 2014年09月03日19時00分

子育てをしていると、イライラして、怒りの感情のコントロールが難しいことって多いですよね。“子供に対して”というよりも、“子育てにあまり協力してくれない夫”や“意見の合わない義両親”などに対してお怒り気味のママは多いのではないでしょうか?人間にはいろんな感情がありますが、“怒り”はコントロールするのが最も難しく、怒りに任せて相手を責めたり、罵ったり、ものに当 [全文を読む]

日本初!職場の理不尽への怒りを解決する本とYouTubeのメディアミックス!

@Press / 2016年09月20日10時30分

今回は出版業界の初の試みとして、さらにYouTubeで著者自らの「怒りのコントロール方法」の解説を受けることが可能です!書籍と連動した、さらに理解が深まるコンテンツを無料で視聴することができる、メディアミックス企画となっています。■出版記念講演もYouTubeで同時公開!書籍が生まれるきっかけとなった著者の過去の体験を熱く語った、出版記念講演の動画「怒りを [全文を読む]

ドラマがヒント 「母子密着」「母が重い、しんどい」の4つの解決方法とは?/内藤 由貴子

INSIGHT NOW! / 2017年03月30日06時29分

最近、「母が重い」なんて言葉も聞きますが、斉藤由貴さんの母親役 顕子が、娘をコントロールして縛っていく姿に驚いて、「あんなお母さんいるのかな?」とのコメントも見たことがあります。でも現実には、番組の掲示板には、ドラマを見た視聴者からの共感の声がとても多く載っています。(番組が改編される時期なので、いつまで見られるか、わかりませんが) さらに、娘の美月役の [全文を読む]

怒りをコントロールしてストレス減!「アンガーマネジメント」実践法

BizLady / 2016年11月17日11時30分

日本アンガーマネジメント協会理事・安藤俊介氏の著書『自分の「怒り」タイプを知ってコントロールする はじめての「アンガーマネジメント」実践ブック』によると、<怒らなくなることが目的ではなく、怒る必要のあることは上手に怒れるようになる一方で、怒る必要のないことは怒らなくてすむようになる>という状態が、アンガーマネジメントの目標です。怒りを感じるのは、人間として [全文を読む]

24時間「怒らない日」をつくれば、人生が変わる?

citrus / 2017年05月26日16時00分

自分でも怒りをコントロールできるんだという実感を初めてつかむことができたのです。この実感、手応えをみなさんにもぜひつかんでもらいたいのです。実は、これにはコツがあります。もともと怒るなといっても、怒り自体が感情のひとつなので無理な話です。イライラするなといっても難しいでしょう。コツというのは、こういうことです。たとえ頭に来ても、表情に出さないことです。出さ [全文を読む]

わいせつとは?日本の性表現の問題点は?川奈まり子・ろくでなし子が激論

しらべぇ / 2016年11月11日11時30分

そして女性の体を男性(権力)がコントロールしようとしている。私は、そういうのがおかしいと思ってやってきました。自分のカラダは自分のもの。AVに出るのも出ないのも個人の意思なはずなのに、わかっていない人が多い。私の作品がメディアにのるときは、必ずモザイクがかかるんです。取り締まる側が、むしろ「モザイクをかけたい」んじゃないか、「かけたほうが猥褻に見える」から [全文を読む]

夏目三久、『怒り新党』卒業! 番組ファンからは継続を望む声が殺到

メンズサイゾー / 2016年03月29日17時10分

基本的にはふたりの主張に肯定も否定もせずにうなずくシーンが多いものの、トークが偏り始めれば、「それは違うと思います」とコントロールしてきた。まさに"猛獣使い"として番組には欠かせない存在だったワケだ。 そんな夏目の卒業を知ったネット上の番組ファンからは、「なんで?」「意味不明」「夏目ちゃんの後釜なんていない」と、継続を願う声が殺到。夏目が出ないなら見ないと [全文を読む]

イライラ募って我が子に暴言、心の健康を害す危険

JIJICO / 2015年05月29日14時00分

大人が感情をコントロールすることが健康な心を育てるカギ 子どもの健康な心が育つには「安全で安心できる居場所」が重要です。イライラや怒りの感情が自分に向けられる、あるいは、兄弟など、その他の家族に向けられる家庭では「安全感、安心感」を持てません。幼い子どもは「自分が悪いから」「自分さえいなければ」と自分を責めたり、他者に対して不信感、恐怖感を持ったりするよ [全文を読む]

「イラッ」を抑える必要はない? 感情美人デザイナーに聞く、怒りに振り回されない方法

ウートピ / 2017年03月08日20時15分

怒りに振り回されず、感情を上手にコントロールする方法を柊りおんさんに聞きました。衝動的な怒りは、たいていくだらない——ちょっとしたことでイラっとしていると、慢性的にストレスがたまります。怒りを抑える方法を教えてください。おおまかに二つの方法があります。一つ目は「衝動を抑える方法」。反応しない、ということですね。怒りってものすごく根本的な感情で、どうしても湧 [全文を読む]

「怒り」の感情とどう上手に付き合う? 6タイプから知る、自分の「怒りの癖」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月18日09時00分

日本のアンガーマネジメント第一人者が怒りの感情をコントロールする技術を教える『自分の「怒り」タイプを知ってコントロールする はじめての「アンガーマネジメント」実践ブック』が2016年9月10日(土)に発売された。 「あのとき、あんなことを言わなければよかった…」「なぜ、いつもこんなにイライラしてしまうのか…」「もう、つまらないことでいちいち腹を立てたくない [全文を読む]

あぁ…イライラがMAX!子どもへの怒りがスッと静まる魔法のテクニックとは

WooRis / 2015年10月20日09時00分

子育てでイラッとしないということはなかなか難しいと思いますが、イラッときたとしてもそれをコントロールする方法はあるようです。 そこで今回は、教育コンサルタント嶋津良智さんの著書『子どもが変わる怒らない子育て』を参考に、子どもに怒らないですむ“ポジティブフォーカス”のすすめ、を紹介します。 一体、“ポジティブフォーカス”とは何なのでしょうか? さっそくみて [全文を読む]

【対談】山本シュウ vs 日下由紀恵 「怒りは、しなやかに受け流せ!」

まぐまぐニュース! / 2017年06月02日17時06分

あと怒りをコントロールするっていう「アンガーマネジメント」ね。 日下:すごい。ビジネス書みたいですね。 山本:全然ちゃうねん(笑)。僕の場合、全然そんな高尚なものやなくて。ただただシンプル。単に「そんな怒ってても自分が損するだけやで」ってことに35歳で気づいたんよ。それまでは僕もめっちゃ怒ってたけどな。クルマ乗ってて割り込まれたらようキレてました。(笑) [全文を読む]

睡眠は音楽で変わる!|「よく眠れる」音楽の特徴

Fuminners / 2017年04月19日17時00分

※延髄:呼吸、血液循環など、生命活動をコントロールするための中枢となる部位。※聴覚連合野:大脳の側頭部にあり、感知された音を記憶や他の情報と照らし合わせる部位。 これは、電気信号によって睡眠をコントロールする「脳波」の状態からも見て取れます。心地よい音楽を聴いて副交感神経が優位になると、心身が安らいでいるときに見られる脳波「α波」が高くなることがわかってい [全文を読む]

フォーカス