リバイバル 怒りに関するニュース

「新大久保ドラマ&映画祭」スピンオフ企画、「大森スパイシーアジアン映画祭」の開催決定!!

スポーツソウルメディアジャパン / 2014年09月10日10時03分

去る 3 月 21 日(金)~30 日(日)にかけて開催された「新大久保ドラマ&映画祭」で日本初公開されたレアな韓国映画 4 本に加え、「新大久保ドラマ&映画祭」会期中に実施した観客アンケートでリバイバル上映のご要望が高かった韓国映画 3 本、合わせて 7 本の韓国映画を、開館 30 年の節目を迎えたキネカ大森(東京都品川区南大井 6−27−25)で上映す [全文を読む]

韓国で学ランが復活?制服デザインリバイバルの動き=韓国ネットは猛反発「昔の制服は日帝の名残だ」「自由と民主主義の概念自体がなくなるのか」

Record China / 2016年03月06日07時00分

外国人が見たら共産国家と思うだろう」 「また日本式に戻るのかい、朴槿恵(パク・クネ)さん?」 「いっそ日帝時代に戻ろうと言っちゃえば?大学生にも制服着せて」(翻訳・編集/吉金) [全文を読む]

映画野郎が「ここ10年の名作映画で打線組んでみた」異論は認める

まぐまぐニュース! / 2017年03月16日15時21分

あと追加の候補作として、客観性もありつつ、個人的にはコメディ代表で2008年の『ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!』、あとジャンル映画のリバイバル的な好企画『グラインドハウス』、そしてそのスピンオフながら2010年の『マチェーテ』もメチャクチャ面白かったんで映画野郎読者にはおススメしたいです。あとミニシアター系では画期的な見せ方で驚かせたPOV・SF [全文を読む]

アニメ“僕街”の藤沼悟に土屋太鳳&満島真之介

Walkerplus / 2015年12月03日08時00分

リバイバル能力を持ち、過去を変えられる藤沼悟に土屋太凰と満島真之介を抜擢。土屋は10歳の藤沼悟、満島は29歳の藤沼悟を演じる。2人は揃って声優初挑戦だ。 伊藤智彦監督によると、「僕だけがいない街」を単なるアニメ化に終わらせない、よりリアルな作品にしていくためにオーディションを重ねた末に出会ったのがこの2人だったという。少年らしさを感じる土屋と、落ち着きな [全文を読む]

「セーラームーン」再ブーム ベテランファンからは違和感も

NEWSポストセブン / 2015年02月22日07時00分

かつてのセラムンファンである女性Aさん(26歳)は「基本的に、セーラームーンのグッズがリバイバルすることは嬉しい」と言いながらも、「作られた再ブーム」に違和感を覚えているという。 「私もコスメや文房具、変身グッズを購入しました。ただ、アニメ放映当時に幼稚園や小学生だった女性が20代半ばを迎え、経済的にも余裕が出てきたところを狙って再ブーム化させているように [全文を読む]

【レビュー】クロエ・モレッツの魅力が大爆発した傑作『キャリー』 (杉山すぴ豊)

AOLニュース / 2013年10月23日11時28分

この作品、最近では「午前十時の映画祭」でもリバイバルされたぐらいですから、いかに名作にして傑作だったか、それだけでもおわかりになると思います。しかし76年版も、そして今回の素晴らしいリメイク版『キャリー』も、いわゆるホラー映画ではない。決して『恐怖の超能力少女キャリーの復讐:地獄のプロム・ナイト』的な、怖がらせ映画ではないのです。『キャリー』は、たまたま超 [全文を読む]

フォーカス