バット 怒りに関するニュース

【プロ野球】バット、ヘルメット、グラブ…ボールじゃないものを投げた実例を検証

デイリーニュースオンライン / 2016年01月14日11時00分

野球はボールを投げ、バットで打つスポーツ。プレー中で投げるのは基本的にボールだけだ。では試合中にボール以外を投げたらどうなるのだろうか…!? ■バット投げ かつてはプレーの中でよく現れたバット投げ。中村紀洋や新庄剛志、現役では新井貴浩などホームラン確実の当たりをぶっ放したときに見せる華麗なバット投げは、ファンを熱くさせるひとつの技でもある。 しかし、このバ [全文を読む]

【プロ野球】10月3日に考える、シーズン終盤の醜い敬遠合戦事件簿 ~怒りの逆さバットに10連続四球~

デイリーニュースオンライン / 2016年10月03日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■【1965年10月3日】野村とスペンサー「怒りの逆さバット事件」 南海の野村克也と、阪急のダリル・スペンサー。ふたりの強打者がこの年、本塁打王のタイトルを巡って熾烈な戦いを繰り広げた。 かたや、前年まで4年連続でパ・リーグの本塁打王を獲得し、この年は三冠王も狙っていた野村。かたや、外国人 [全文を読む]

【プロ野球】緒方伝説、誤審、大瀬良…カープファンの行き場のない“怒り”はどこへ!?

デイリーニュースオンライン / 2015年10月14日10時00分

思い返せば、昨季は菊池涼介らのバットが火を噴き、さらにオフには「男気」こと黒田博樹の加入もあった。本拠地のシーズンシートも売り切れ、「今年こそは」と期待が集まるなかの大苦戦。 失意、もどかしさ、怒り…。カープファンにとっては、複雑な思いがこみ上げてくる悔しいシーズンとなった。 誤審騒動が再燃する迷走っぷり 敗戦から一夜明け、ネットメディアにはこんな活字が [全文を読む]

【ゴジラ】 松井秀喜の凄さが分かる動画ベスト10

AOLニュース / 2013年08月01日01時50分

観客怒りの大ブーイング&メガホン投げ&「帰れ」コール炸裂! <関連動画はこちら> 2、世界のホームラン王、王貞治氏と、ダルビッシュ有投手とのアツい舌戦でも注目を集めるいまや毒舌御意見番の張本勲氏が語る、プロ1年目の松井の魅力と改善点を語る!(20年前のワンちゃんとハリーさんの若々しい姿にも注目) 「バットのしなりで言えば高校時代の清原より上!」(王) 「掛 [全文を読む]

国民のイライラが大爆発。いま中国で急増する「路怒症」とは?

まぐまぐニュース! / 2017年06月04日09時48分

ナイフで刺す、バットで殴り殺す…「路怒症」事件簿 例えば今年4月5日、江蘇省昆山市の道路で傷害事件が起きた。その経緯はこうである。2人の男が乗用車で鉄道の駅へ急ぐ途中、渋滞の中で前方に1台のトラックが横から割り込んできた。それに怒った乗用車のドライバーが信号で停止中に車から飛び出しトラック運転手と口論の末、用意していたナイフで相手を刺した。幸い、致命傷に [全文を読む]

【悲報】イギリスのデパート「超ディスりTシャツ」を販売!差別的すぎて大炎上!

秒刊SUNDAY / 2017年02月28日14時58分

デパートのディスプレイに飾られていた野球のバットとTシャツ。そのTシャツには”Eeny Meeny Miny Moe”と書かれている。それはジェフリー・ディーン・モーガン演じる、ドラマ中で一番残酷と囁かれているニーガンというキャラクターが、バットを握りながら主人公たちを殺そうとするときに言うセリフだ。いわゆる「どれにしようかな、神様の言うとおり……」という [全文を読む]

禁断の「密着&激白」清原を知りすぎた男・野村貴仁(4)クスリの見返りにサイン入りバットをもらったが…

アサ芸プラス / 2016年03月20日09時57分

「巨人時代、クスリを調達したお礼のつもりか何か知らんが、ロッカーで自分のサイン入りバットを2本渡してきたことがあったわ」 当時、巨人の花形選手であった清原容疑者の愛用品であれば、ファンならずともノドから手が出るほど欲しい代物だ。しかし、野村氏の目には“無用の長物”としか映らなかったようだ。「欲しくもなかったから2週間ほど、ロッカーに放置しとった。そしたら清 [全文を読む]

【清原】現役時代は凄かったんだぞ! 清原和博・9つの名エピソード

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年02月25日06時00分

2. 22歳にして大乱闘事件 制裁金30万円 3学年年上にあたるロッテ・平沼投手からのデットボールに激高し、バットを放り投げて大乱闘を起こす。当然退場処分となり、制裁金30万円と2日間の出場停止処分を受けた。これにより、490試合続いていた連続試合出場がストップしてしまうことに。 3. 秋山・清原・デストラーデの最強打線 9年間で8度のリーグ優勝、6度の [全文を読む]

清原和博 勝手に「保釈申請・入院」に後見人が怒りの警告!(1)クスリと手を切る約束をしたが…

アサ芸プラス / 2016年04月02日09時57分

かつてはバット一振りで球場を沸かせたスーパースターが、警視庁から保釈後は、世の視線から逃れるように病院へと直行。今後の動向が注目されている。だがこの行動は、シャブ地獄であえぐ「闇番長」を陰から支え続けた後見人の思惑を無視したものだった。 清原被告の「後見人」が感慨深い様子で語る。「ああ見えてキヨは小心者なんだよ。外見では右足と左胸から肩にかけて昇り竜の刺青 [全文を読む]

元プロ野球・駒田徳広がドラマで見せた現役さながらのフォームと動きに称賛の声

AOLニュース / 2015年11月04日12時00分

5sどどう違うんだ!」と怒鳴りながら携帯電話をバットで叩き割るというシーンがあった。その際に披露した駒田のフォームが現役時代を彷彿とさせたため、現役当時を知るプロ野球ファンからは「坂道ダッシュのシーンが昔のキャンプ映像みたいで懐かしかったわw」「種を投げつける姿が完全に一塁のスローイングで草w」「つかバット構えた姿もそのまんまやんけw」「これは横浜時代のフ [全文を読む]

殺人事件の証人として出廷したラブラドール・レトリバー!! 冤罪を生む危険性は!?

tocana / 2014年04月09日11時00分

方法は、獣医に付き添われて証言台に立つタンゴちゃんを、バットで脅すよう被告に命じ、その時の反応を調べるというものでした。また別のラブラドールも出廷し、同様の体験をさせた時の反応と比較したといいます。 獣医の観察結果はというと、2匹のラブラドールとも「バットが振り上げられた時、著しく怯んだ」というもの。常識的に考えれば当たり前のようにも感じられますが、記録は [全文を読む]

【衝撃動画】ネット史上最もセクシーで怖いガールフレンド達 メール攻撃、ハッキング...

AOLニュース / 2013年07月17日16時20分

「あなたにとっての私って、何なの?」と飼い殺し状態に嫌気がさしたこの女子は、彼氏が友人と遊んでいる部屋に乱入し、Xboxをテレビもろともバットでブッ叩く! しかもその一部始終を撮影! 怖すぎ...。 【動画】ゲーム中の彼氏(と友達)にキツい一撃 <関連動画はこちら> 4.ネズミ捕りでイタズラ 豪華なディナーをごちそうしてくれない...という彼氏にブチ切れた [全文を読む]

【プロ野球】楽天に喜怒哀楽をもたらした男・ウィーラーが復活。昨季交流戦リーグ本塁打王の一発が交流戦を制す!

デイリーニュースオンライン / 2017年05月31日16時05分

3月、4月と本塁打を量産した2番・ペゲーロの一発が止まったタイミングで、それを補うかのごとくウィーラーのバットが火を噴く。 5月11日のロッテ戦、14日のソフトバンク戦、23日のオリックス戦では初回に先制本塁打。23日のオリックス戦では金子千尋から2打席連続で一発を放つ勝負強さも披露した。16日の日本ハム戦では逆転の3ランをかっ飛ばした。 ■昨年は交流戦 [全文を読む]

「文春対新潮」情報入手のどこが悪いのか

プレジデントオンライン / 2017年05月26日15時45分

その時の気持ちを彼は、「またこいつらと一緒にバッターボックスに入って、フルスイングできるのかと思ったら、やる気がみなぎって、そこへ絶好球が来たので思い切りバットを振った」と語ってくれた。 それが2016年最初の号の「ベッキーのゲス不倫」である。以来「美智子さまが雅子さまを叱った」「巨人軍の黒い霧 野球賭博元エース候補 笠原将生(25)の告白」「福原愛結婚へ [全文を読む]

米メジャーは今年限りで、帰国後は地元・中日? 古巣・オリックス? イチロー日本球界復帰の可能性

日刊サイゾー / 2017年05月20日19時00分

大リーグ・マーリンズのイチローのバットが一向に火を吹かず、打率が1割台を低迷。いよいよ“カウントダウン”が現実的なものとなってきた。 今シーズンで大リーグ17年目、プロ野球選手生活は26年目を迎えたイチロー。すでにこれまで数々の記録を打ち立ててきた日本の至宝だが、今シーズンはこれまで33試合に出場し、打率.167(5月19日時点/以下同)と、一向に打撃はふ [全文を読む]

プロ野球「事件だらけのキャンプ」ダークサイド報告書!(1)梨田監督が激怒した楽天・オコエ瑠偉のオフ生活

アサ芸プラス / 2017年02月20日05時56分

ブクブクの体でまったくバットが振れないため、めったに怒ることのない梨田監督が『何やってたんだ!』と、どなりつけました。しかも、治療もしていなかった右手薬指は、打球に詰まって痛めたという自業自得のケガ。チームメイトから総スカンですよ。オフに誰からも自主トレに誘ってもらえず、遊びほうけていたのが原因ですが、チーム内からは『恋人とハワイに行って、芸能人気取りして [全文を読む]

鬼畜すぎる!! 同級生に小便を飲ませてスマホで撮影した高校生に懲役4年の実刑判決

日刊サイゾー / 2017年02月19日17時00分

2015年に韓国で起こった、教え子をバットで暴行したり、排泄物を食べさせるなどの凶行を繰り返した通称「人糞教授事件」では、教授に懲役8年の実刑判決が下されたが、そんなトンデモニュースを彷彿とさせる事件が起こきた。2月16日、同級生を暴行して小便を飲ませるなどした17歳の高校生Aに、懲役4年の実刑判決が下された。 事件は昨年3月23日、京畿道(キョンギド)の [全文を読む]

打撃指導を完全無視、ハワイ旅行でハメ外し……楽天・オコエ瑠偉“開幕絶望”で大ヒンシュク

日刊サイゾー / 2017年02月08日23時30分

今年もバレンティンそっくりのバットを小刻みに動かしてタイミングを取るフォームでキャンプに臨んだのですが、全くダメ。監督からは『下半身が使えていない。腕力に頼りすぎ。ちゃんと練習してきているのか』と怒られてしまったというんです」と明かす。 さらに、私生活での行動も怒りを買っているという。キャンプ前の今年1月の週刊誌で、吉高由里子似の恋人とのハワイ旅行が写真付 [全文を読む]

【プロ野球】《日本シリーズ事件簿》誤審? 波紋を呼んだ歴代日本シリーズ“微妙な判定”列伝

デイリーニュースオンライン / 2016年10月26日17時05分

バントを試みようとした巨人・加藤健は胸元を突かれ、バットを引きながら倒れこんだ。 球審の柳田浩一は一度ファウルの判定を下したが、加藤健はなぜか頭を押さえて痛がり、原辰徳監督が「頭部死球ではないか?」と抗議。すると判定が一転。多田野は危険球退場となった。 しかし、テレビでのリプレイ映像は紛れもなく頭部死球にはあらず。退場になった多田野は「騙す方も騙す方。騙さ [全文を読む]

広島カープ「25年ぶりV」へのイケイケベンチ裏肉声!(3)2位巨人は内部に亀裂が…

アサ芸プラス / 2016年09月11日17時56分

おまけに8月28日にDeNA戦で先発した際、雨の中での試合続行に対して不満を爆発させ、バットをへし折ったり、ベンチを蹴飛ばしたり、問題行動を引き起こす始末。補強といえば、ローテの一角を担う逸材としてドラフト1位で獲得した桜井俊貴(22)もファームですら結果を残せず、まったく戦力になっていない。これでは巨人のフロントの責任問題となってもしかたがないでしょう」 [全文を読む]

フォーカス