怒り 最新作に関するニュース

人気再燃!? iPhone 5で盛り上がりを見せるMAD『総統閣下シリーズ』まとめ

ガジェット通信 / 2012年10月15日21時30分

映像はヒトラーを囲んで作戦会議が行われている中、陸軍大将から伝えられる現状にヒトラーが激高、一部の部下を部屋に残した後さらに怒りを爆発させ、最後は背中を丸めたヒトラーの独白で幕を閉じるという流れ。この映像に、その時々のネットで話題になったテーマで字幕を合成、オリジナルのセリフが日本語に聞こえる“空耳”を交えつつネタにするMADが数多く公開されています。 ● [全文を読む]

映画『ONE PIECE FILM GOLD』主題歌「怒りをくれよ」収録、GLIM SPANKYニューアルバム「Next One」発売!

PR TIMES / 2016年07月19日19時40分

2枚目のアルバムとなる本作「Next One」には、国内累計発行部数3億2,000万部を突破しギネス世界記録にも認定された人気漫画「ONE PIECE」(作:尾田栄一郎)の映画最新作、7月23日(土)公開の『ONE PIECE FILM GOLD』の主題歌に起用された「怒りをくれよ」ほか、ブラインドサッカー日本代表公式ソングとして書き下ろされ、アルバムタ [全文を読む]

2015年はハリウッドSF映画大豊作の年!徹底的に楽しむための保存版の1冊誕生!『男泣き!傑作SF映画2015 FLIX special』映画雑誌『FLIX編集部』が厳選の新作を総力を上げて徹底紹介!

DreamNews / 2015年06月08日09時00分

注目は、この夏に先陣を切る『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』。かつてメル・ギブソンを大スターにした近未来アクション映画『マッドマックス』をジョージ・ミラー監督が自ら30年ぶりに復活させました。また、10年振りにシリーズが復活し、年末に公開される超話題の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』まで、話題の超大作が目白押しです。SFファンにはたまらない待望の [全文を読む]

北川景子「浜村淳を激怒させた無愛想な裏の顔」

アサ芸プラス / 2013年11月27日10時00分

その浜村が突然、怒りを爆発させたのだ。 「今までインタビューした人でいちばん困ったのは北川景子(27)。こちらが何を質問しても答えてくれなかった。ムスッとした態度のまま、質問にはロクに答えない。今後、映画会社から(インタビュー要請の)話が来ても、二度と受けません」 なんと北川を名指しで猛批判し、絶縁宣言をブチかましたのである。気さくな性格で、映画の共演者か [全文を読む]

ブルース・スプリングスティーンの新作が14カ国で1位を獲得

リッスンジャパン / 2012年03月19日22時00分

過去の作品の中でも最も「怒り」が込められたという本作『レッキング・ボール』。アルバム内ではブルースの故郷ニュージャージーなどアメリカ国内の問題を主に庶民の困窮ぶり、そして銀行や資本家そしてブルースが長年支持を表明してきた現民主党政権への怒りのメッセージが歌詞の節々から感じられる、その一方で人々へ各々の自立、絶望の中から再び夢や希望への再び挑戦する気持ちなど [全文を読む]

チソン主演『被告人』6月KNTVにて日本初放送決定!

スポーツソウルメディアジャパン / 2017年04月12日20時26分

女性が美人局だったと確信したキョヌは怒りが収まらない。後日、再び顔を合わせることになり、謝罪させようとするが、ひょんなことから指輪を一緒に探す羽目になり、またしても凶暴な彼女に振り回されてしまう……。そんな頃、王の命を受け世子の師匠となったキョヌ。意気揚々と王室に出入りし始めた彼の前に、なんと二度と会いたくないと願った彼女の姿が。実は彼女は世子の姉、ヘミョ [全文を読む]

なぜ沖縄ヘイトデマが生み出されるのか? 『標的の島』監督が問う『ニュース女子』問題、「土人」発言

リテラ / 2017年03月25日19時30分

アメリカ軍に対する怒りや日本政府に対する怒りではなくて、自分に対する怒りを、みなさんもって集まっていたと思う。1995年に米軍人による少女暴行事件があって、あのとき沖縄県民は「もう二度と同じような事件はごめんだ」と立ち上がった。けれども、また同じことが起こった。なぜ守れなかったんだろう、私は何を報道してきたんだろう、と。 県民大会では、古謝美佐子さんが「童 [全文を読む]

映画は”音”でもっと楽しめる!ーー作品の持つ“音”の世界や可能性を極限まで探求した映画祭

NeoL / 2017年03月15日09時40分

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』では、エンジン音を“爆音”で轟かせ砂漠を爆走する戦車群。そして無限の宇宙を彷徨う『ゼロ・グラビティ』では、一体、樋口氏が無音の宇宙を“爆音”でどう表現するのか、それもこの映画祭の大きな見所である。迫力のあるシーンは、よりダイナミックに、緊張感のあるシーンは、よりきめ細やかになるよう、作品、シーンそれぞれに合わせ、繊細に [全文を読む]

グザヴィエ・ドラン監督最新作『たかが世界の終わり』来年2月公開 ギャスパー・ウリエル、レア・セドゥら豪華フランス人俳優集結 愛しているのに傷つけ合うある家族の1日

AOLニュース / 2016年11月01日12時00分

彼らが全力でぶつけ合う感情──怒りも憎しみも悲しみも、そのすべてが愛だと気付く時、私たちは絶望の中にこそ希望があると知る。目覚しい進化を遂げたドランがたどり着いた答え、それはあなたを導く愛の物語なのだ。愛が終わることに比べたら、たかが世界の終わりなんて-- 「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。 [全文を読む]

ボードゲームでも“死にゲー”? ボードゲーム版『DARK SOULS』制作発表【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2016年04月12日11時00分

本作はシルベスタ・スタローン主演の大人気映画『RAMBO』シリーズより『ランボー』、『ランボー 怒りの脱出』そして、『ランボー3 怒りのアフガン』をゲーム化したリニアアクションシューティングだ。プレイヤーはランボーになり、映画内で実際に使用する銃や弓を使用して次々と現れる敵を倒していくというもの。そして、ゲームが進みランボーのレベルが上がっていくと「怒り[全文を読む]

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は前3部作のオマージュだった?新たに発見された共通シーン比較映像がスゴすぎる【動画】

AOLニュース / 2015年11月27日21時00分

年末に向け、『007 スペクター』、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、「ロッキー」新章 『クリード チャンプを継ぐ男』など名シリーズの新作が目白押しの2015年だが、やはり今年を代表する作品として挙げられるのが『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。そんな『マッドマックス』最新作と過去3部作のシーンの中に共通点を見出すまとめ映像集が登場し、話題となって [全文を読む]

DREAMS COME TRUE、ピクサー最新作に書き下ろした新曲が5月27日より先行配信スタート

okmusic UP's / 2015年05月25日18時30分

住み慣れた土地を離れ、慣れない新生活を始める11歳の少女ライリーの中にいる5つの感情たち「楽しい気分にする“ヨロコビ"、悲しい気分の時に現れる“カナシミ"、怒りを爆発させる“イカリ"、嫌いなものから守る“ムカムカ"危険から身を守る“ビビリ"」を主人公に、誰も見たことがない無限に広がる“頭の中"で繰り広げられる感動冒険ファンタジー。 デビューから26年間、多 [全文を読む]

ホフディラン、最新作に志磨遼平(ex.毛皮のマリーズ)との共作曲を収録

リッスンジャパン / 2012年02月07日13時00分

共作曲「怒りの弱者」はワタナベイビーと志磨がメールや電話でやりとりしながら、最終的には志磨の家で2人で製作した共作曲で「俺は俺だ 誰にも似てないぞ バカヤロー!」と世間の意見を逆手に取ったユーモア溢れる歌詞でアルバムを盛り上げている。【リリース情報】ホフディラン『2PLATOONS』収録曲:1.ドライブ2.ブライド3.キミに会いに行こう4.ねえ清志郎さん5 [全文を読む]

山﨑賢人『ジョジョ』”キムタク方式”の世界進出に大ブーイング

デイリーニュースオンライン / 2017年06月01日08時05分

「日本でも批判の嵐で既に海外でもボロクソに言われてるのに」「痛々しい」「恥は日本だけでかいてくれ」と怒りを露わにしている。 三池監督の最新作『無限の住人』は、木村が主演をつとめて話題になるも、下馬評通りの爆死。興行収入ランキング(興行通信社調べ)ではあっという間にベスト10圏外に沈み、ライバル視された菅田将暉(24)主演の『帝一の國』に完敗した。 「『無限 [全文を読む]

“顔面力”No.1は誰!?あの親父スターたちがまだまだアツい!

Movie Walker / 2017年04月26日15時03分

トラボルタは数々の殺人を請け負ってきた特殊工作員を熱演、豪快なアクションと怒りを携えた表情で魅せる演技はまさに“スター復活”と呼ぶにふさわしいキレキレっぷり! ■ ウィリスが還暦を迎えて新境地開拓! 最後に紹介したいのが『ダイ・ハード』シリーズなどの人気作を中心に、出演作が途切れることなく今なお現役で大活躍しているブルース・ウィリス主演の『マローダーズ/襲 [全文を読む]

キングコングが大暴れ! 最新作の予告編が解禁

Entame Plex / 2017年01月12日08時00分

だが、燃え上がる炎の中から姿を現すのは、人間への怒りをみなぎらせた巨神:キングコング。もはや誰も止めることは出来ない……巨神と巨獣が生息する神秘の島“髑髏島”に侵入してしまった人間たちは果たして、そこから脱出できるのか? 映画『キングコング:髑髏島の巨神』は、3月25日(土)より丸の内ピカデリー・新宿ピカデリーほか全国ロードショー。 ©2016 WARNE [全文を読む]

巨匠リドリー・スコットが描く!全世界待望の『エイリアン』最新作、9月の日本公開が決定

ハリウッドニュース / 2016年12月26日09時00分

■『エイリアン:コヴェナント』2017年9月 全国公開!(c) 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved 関連記事 トップレス画像流出のルーシー・ヘイル、犯人への怒り爆発「ふざけるな」>Facebookのマーク・ザッカーバーグが「ニッケルバック」をディス?元妻アヴリルが [全文を読む]

人はなぜ罪を犯すのか?『怒り』『悪人』で知られる芥川賞作家・吉田修一が『犯罪小説集』で“加害者の歪んだ心”を描く!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月14日06時30分

『さよなら渓谷』、『悪人』、『怒り』。芥川賞作家・吉田修一はこれまで、犯罪事件によって広がった波紋を描く長編を継続して発表してきた。最新作『犯罪小説集』は5編からなる作品集であり、それら事件小説の系譜に連なるものである。だが、なぜ今回は短編集なのか。「もちろん『怒り』などの流れに含まれる1冊なんですけど根本的には少し違っていて、流れの先に出てきたものという [全文を読む]

『君の名は。』『聲の形』『怒り』と話題の日本映画が上位を独占!

Movie Walker / 2016年09月21日15時12分

また、僅差で3位にランクインとなったのが、李相日監督の最新作『怒り』だ。上位2作品に負けず劣らず、メディアから高い注目を浴びていた同作は、土日2日間で動員17万人、興収2億3300万円を記録。渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡…といった主役級スターの各々が、李監督の妥協なき演出によって新境地を見せており、映画ファンから [全文を読む]

綾野剛、優しい佇まいの秘密は「妻夫木聡との出会い」

Movie Walker / 2016年09月11日11時13分

その後に撮影に入ったという李相日監督最新作『怒り』(9月17日公開)では一転、凪の海のような、優しく静かな佇まいを見せる。激しいギャップに驚くが、綾野は「妻夫木聡さんとの関係が重要だった」と相手役となった妻夫木の存在が、役作りにおいてすべての鍵となったという。吉田修一の同名小説を、『悪人』に続いて李監督が映画化した本作。東京・千葉・沖縄を舞台に、正体不明の [全文を読む]

フォーカス