女性 長谷川豊に関するニュース

「専業主婦になりたいわけじゃない!」 元フジ長谷川豊アナの少子化対策案に現役ママから反論が殺到

ウートピ / 2014年12月19日12時00分

20代の女性の過半数は、働くよりも専業主婦になって子供や家族と過ごしたい、と思っている」というのが彼の主張。これに対して、ツイッターでは反論が相次ぎました。 家事育児より仕事のほうが楽 なかでも、ある現役ママがツイッターに書き込んだ意見は、さらなる反響を呼びました。 若い女の子に専業主婦志向が増えてるんですよ、という話はよく聞くけど、実際に子育てをしている [全文を読む]

長谷川豊アナは「ガセネタメーカー」!? 親しかったはずのテレビマンが“悪評”吹聴で……

日刊サイゾー / 2016年11月16日18時00分

さらに具体的に、ある女性記者が以前ネット番組(すでに終了)で話した「SMAPメンバーの4人が女性プロデューサーに枕営業をしていた」というトンデモ話も、長谷川アナがネタ元だったという話をA氏は、吹聴していたという。 確かにその女性記者はネット番組内で「司会を長谷川さんに頼んでみようかな」と発言するなど、長谷川アナと親密だった様子だが、これらA氏の話にはまっ [全文を読む]

長谷川豊のブログが大炎上!人工透析は「自業自得」なのか?

しらべぇ / 2016年09月27日06時00分

■大切な人が人工透析患者になっても「自己責任」?まず看護師をしている女性に話を聞いてみると、次のように語ってくれた。感染症や遺伝的なものなど、さまざまな経緯で腎臓の機能が低下し、人工透析が必要になる方がいます。その中で、不規則な生活習慣による糖尿病が原因で、人工透析になる患者さんは確かにいます。しかし、決して自業自得だとは思いません。私は「仕方がない」と思 [全文を読む]

遠野なぎこ、「宣戦布告」の相手

NewsCafe / 2016年09月01日11時56分

先日放送された情報番組「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、女優、遠野なぎこ(36)が女性誌「anan」の恒例企画、セックス特集を読む女性を「モテない女」と言い放つ一場面があった。 「番組では『ananセックス特集に異変!?』と題し、ネットのニュースサイト・サイゾーウーマンの記事を紹介しました。それによると、従来はセックス特集のとき、男性を喜ばせる方 [全文を読む]

遠野なぎこがananの特集に異論 「モテない女が鵜呑みにすると危険」

しらべぇ / 2016年08月17日07時00分

「行為を通じて女性が綺麗になること」をテーマに編成、今年はAKB48の指原莉乃がセミヌードを披露したこともあって、例年以上に大きな話題になった。しかし、この特集に異論を投げかける人も少なくない。たとえば、15日に放送された『バラいろダンディ』(TOKYO MX)では、女優の遠野なぎこがこの企画を一刀両断したのだ。■「モテない女が見る」との意見番組内では、司 [全文を読む]

区分所有オフィスのパイオニア 株式会社ボルテックス制作協力新番組「未来展望~トップリーダーの集い~」BS12にて4月6日より毎週月曜よる6時放送

PR TIMES / 2015年04月06日10時44分

ミニコーナーでは女性経営者を目指す見習いバーテンダーが出演者の会社社員にインタビュー取材を行う企業紹介のミニコーナーもございます。 ボルテックスは本番組を通じて、日本経済や業界を牽引する各界のリーダー達の意見交換の場を提供するとともに、今後の日本経済の中核を担っていく中小企業の更なる振興を目指してまいります。[画像2: http://prtimes.jp/ [全文を読む]

長谷川豊擁立で維新の本質が明らかに!「透析患者は殺せ」、待機児童問題は“親の甘え“、育休とれない女性に「バカ女」

リテラ / 2017年02月06日12時00分

どの面下げて、とはこのことだろう。日本維新の会が、元フジテレビアナウンサー・長谷川豊氏を次期衆院選の千葉一区で擁立することで決定、本日14時より記者会見をおこなうという。 ご存じの通り、長谷川氏といえば昨年9月に自身のブログに「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」というタイ [全文を読む]

検索エンジンを過信するな!「ネット愚民」にならないための“デマ情報の見極め方”

週プレNEWS / 2017年01月06日06時00分

6月15日、舛添前知事の辞任に関して東京でニュース番組の街頭インタビューに応じた女性が、4月に被災地で現場レポートをしていたピースボートの災害ボランティアスタッフに酷似しているとネット上で指摘されていることを報じたものです。 「これはヤラセだ!」とさらに炎上しましたが、ピースボートは「別人である」と抗議。そもそもこのボランティアスタッフは6月15日は被災地 [全文を読む]

長谷川豊、高畑裕太、坂口杏里……出版界が狙う“絶対に売れる暴露本リスト”とは?

日刊サイゾー / 2016年10月20日13時00分

高畑は、ロケ先のホテルで女性従業員を強姦したとして逮捕され、1,500万円ともいわれる示談金で不起訴となったものの、出演がすべてキャンセルになった。故・坂口良子の娘、杏里は二世タレントとしてデビューもブレークせず、ホスト通いで多額の借金を負ったという話が伝えられながら、AV女優に転身。いずれも、暴露本を出してもおかしくはない面々ではある。「ただ、どんなに中 [全文を読む]

【熊本地震】避難所に”取材禁止”の張り紙も?大手メディアに問われるモラル

デイリーニュースオンライン / 2016年04月27日12時05分

当時、被災地周辺ではガソリンを求めて長蛇の列ができており、割り込みを目にした現地の一般女性が17日にTwitter上で怒りの告発をした。 当初は「自分たちで燃料を持ち込んでスタンドに管理をお願いしているらしい」と擁護する意見もあったが……。 「関西テレビは割り込みの事実を認めて謝罪。しかも、関西テレビを擁護する書き込みをしていた人物は同じフジテレビ系列の仙 [全文を読む]

人気女子アナの胸をモロ揉み!?フジテレビ元アナが明かした「凋落の原因」

アサ芸プラス / 2016年01月20日09時58分

さらに長谷川アナは、数年前に日本テレビで巻き起こった女性に対する騒動についても触れ、「フジはあんなもんじゃない。Xという元番組プロデューサーは某現役人気女子アナの胸を僕の目の前でモミまくっていた。退社した人気女子アナも食っていたと思う」と語り、「ある女性スタッフは、スカートの下から手を入れられ胸をもまれた。裁判寸前になり、X氏は別の部署に飛ばされた」と衝 [全文を読む]

上沼恵美子も怒らせた上西小百合議員 TV出演オファー続々と

NEWSポストセブン / 2015年10月06日07時00分

これは、ダメでしょ! 30才超えた女性の顔じゃないですよ!!」と声を張り上げ、上沼が「この時、何を考えていたん? 怒っていた?」と畳みかけても、ずっと苦笑いを浮かべたまま「まぁ、いろいろありますけれども…」。 怒り心頭の上沼は、「当たり前のように自分が正しいと思っています」「あなたは政治家に向いてない」「こんなに嫌われているんだったら、ちょっと1回、辞めた [全文を読む]

日テレ入社が決まった「笹崎里菜」はテレビ業界をどう生き抜くか?

アサ芸プラス / 2015年01月27日09時57分

力不足のまま人気や知名度だけが先行する中で、露出だけが増えていくと、特に女性視聴者から反感を買うことも考えられる」 11年に「ミス東洋英和」に選ばれている笹崎さんは、読者モデルとして女性ファッション誌に登場。芸能界にも強い憧れを持っていた。 銀座とは別に働いていた東京・原宿のカフェ「M」ではこんな姿が目撃されている。彼女の知人が証言する。 「『M』はタレン [全文を読む]

武蔵野大学教授の「100時間を越えたくらいで過労死するのは情けない」発言で大学が謝罪文を掲載

ガジェット通信 / 2016年10月12日10時15分

広告代理店の電通に勤めていた当時24歳の女性が昨年2015年に自殺、今年9月末に過労による労災が認められたという事件。遺族が10月7日に記者会見をしたことで大きく報じられ、ネット上では現在も議論がなされている。 そんな中、武蔵野大学の長谷川秀夫教授がネット上で 月当たり残業時間が100時間を越えたくらいで過労死するのは情けない。会社の業務をこなすというより [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】梅宮アンナ「男に車から突き落とされた」激白 「私は“ドM”」にパパの胸中は?

TechinsightJapan / 2016年07月27日23時21分

恋多き女性の多い芸能界において、特に破滅的な恋愛に傾倒するタイプと言えば真っ先に思い浮かぶのが梅宮アンナ。恋愛の数だけ強烈な修羅場もくぐってきた梅宮アンナが、またしても過去交際していた男性との間に起った仰天エピソードを明かした。 『バラいろダンディ(TOKYO MX)』に出演した梅宮アンナが「オトナが知るべきニュースランキング」で紹介されたある事件にがっつ [全文を読む]

ショーンKの”復帰待望論”がはやくも浮上「MXテレビが動いている」

デイリーニュースオンライン / 2016年03月23日19時06分

もともとコメンテーターとしての評価は高く、ルックスの良さもあって女性層には人気が高かった。迷惑を被ったフジテレビとテレビ朝日は厳しいでしょうが、騒動が落ち着けばすぐにでも出版社やラジオから声はかかるはず。テレビでもバラエティ番組ならイケるでしょうし、芸能界のしがらみとは関係が薄いTOKYO MX TVあたりでは、すでにショーンK復帰に向けて動いている関係者 [全文を読む]

ジャニーズの圧力&隠蔽工作で「SMAP分裂報道」がなかったことになる恐れ

tocana / 2016年02月02日09時00分

今回の騒動では、離脱を画策した女性マネージャーと木村拓哉以外の4人のメンバーを一方的に悪者にしようとしたジャニーズ事務所への批判が高まった。だが一方で、独自の報道をまったくしなかったテレビ業界にも非難が殺到している。 そんな中、業界内部からは、今後この騒動を「なかったこと」にする事態さえ起こりうるのではないかとささやかれている。 「ネット上の意見のみなら [全文を読む]

日テレ・上重アナだけじゃない?アナウンサーの「ズブズブ利益供与」の実態とは?(2)女子アナへの“無償提供”はよくあること

アサ芸プラス / 2015年04月19日09時56分

そこで受ける「オイシイ待遇」について、化粧品会社で広告を担当する女性がこう話す。「シャンプーの宣伝に起用した時、女子アナだった方は不規則な生活を送っているので、髪が傷んでいることがあります。それで、『天使の輪』ができるほど艶を出すため、約3週間前からエステに通ってもらい、VIP待遇のサービスを受けています」 当然、費用は会社が全額負担していたという。 [全文を読む]

過激度MAX番組「バラいろダンディ」SPで放言連発!?

Smartザテレビジョン / 2015年01月05日21時28分

第1位には政界の不正資金流用疑惑や“うちわ騒動”、女子アナ内定取り消し問題、STAP細胞疑惑など、各界の女性が中心となった事件の数々が「世間を騒がせた“ダンディ”なヒロインたち」として選ばれ、他にも元兵庫県議会議員の号泣会見やゴーストライター騒動などが取り上げられた。 また“ダンディ”たちもレギュラー放送と変わらない放言だらけのトークを展開。カルーセル麻紀 [全文を読む]

話題に事欠かない人気美女アナたちのサバイバル競争!(1)人気No1水トアナの体当たりレポート

アサ芸プラス / 2014年12月16日09時54分

“候補者”たちのピンク公約が飛び出す中、改編期に向けた「生き残り肉弾戦」を生実況する! 12月3日、オリコンが発表した「好きな女性アナウンサーランキング」で、2年連続1位に輝いた日本テレビの水卜麻美アナ(27)。絶対女王だったカトパンを完全に抑えた。もはやその人気は全国区と言えよう。 元フジテレビアナウンサーで、現在はフリーとして「バラいろダンディ」(TO [全文を読む]

フォーカス