2軍 読売ジャイアンツに関するニュース

【プロ野球】SB・バンデンハークが負けた日…昨季不敗の男が唯一黒星を献上した意外な相手

デイリーニュースオンライン / 2016年02月01日16時00分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■6月デビューで9勝0敗 2015年、ソフトバンクに入団したバンデンハークは、先発の柱と期待されるも、外国人枠の関係で前半は2軍暮らし。昨年6月14日の広島東洋カープ戦でNPB初登板初勝利を飾ると、先発ローテーション入りし15試合に登板で9勝0敗。 貯金が41あるのでありがたみを忘れがちに [全文を読む]

【プロ野球】キャンプ・テーマパーク化! 各球団が集客に力を注ぐ春季キャンプ、今年の日程・場所は?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月04日17時05分

ぜひ一度、贔屓球団の春季キャンプに足を運んでみてはいかがだろうか? ※詳細日程、休日などは各球団HPなどを参照のこと ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■パ・リーグのキャンプ日程/開催地 北海道日本ハムファイターズ 【1軍】 アメリカ合衆国アリゾナ州ピオリア パドレス・ピオリアスポーツコンプレックス 2月1日(水)~10日( [全文を読む]

なぜ長身プロ野球“野手”は大成難しい?運も左右…何が生き残りの命運を分ける?

Business Journal / 2014年10月08日14時00分

それでも、彼らは2軍において一塁や三塁、外野を守らされ、一発を期待される。そして、よほど打たない限り1軍のレギュラーになることは難しく、例えば2軍では一塁を守っていても1軍では不慣れな外野を守るなどのケースもあり、生き残りは困難を極めている。 [全文を読む]

【覚醒剤】野村貴仁の姿に衝撃!プロ野球選手の引退後って?

しらべぇ / 2016年02月17日16時00分

(1)ジャイアント馬場(読売ジャイアンツ) プロレスラー高校中退で巨人に入団するものの、気の優しい性格もあり2軍ぐらしが続き、故障をきっかけに引退。その後力道山率いる日本プロレスに入団し、猛烈な練習に耐え日本を代表するプロレスラーとして君臨。(2)八名信夫(東映フライヤーズ) 俳優悪役商会の親分としてドラマで数限りない「ワル」ぶりを見せていた八名信夫は、 [全文を読む]

同時FA加入の3選手が大不振のプロ野球・巨人で内紛勃発!? ナベツネ激怒で編成部門に大粛清が下る日

日刊サイゾー / 2017年05月18日21時00分

陽は2月のキャンプは1軍でスタートしたものの、すぐに下半身の故障のため3軍送りになり、シーズンが始まってからは2軍でくすぶっている。 唯一、開幕を1軍でスタートした森福は、4月9日の阪神戦、11日の広島戦と2戦連続で敗戦投手となるなど、7試合に登板して0勝2敗、防御率5.40とファンを裏切り、ついに4月24日に2軍行きを命じられてしまった。 この3人の不 [全文を読む]

中日、谷繁監督「解任」で歴史的暗黒時代に突入…勝手に選手解雇する落合GMの横暴

Business Journal / 2016年08月13日07時00分

現在、後任の人選は小笠原道大2軍監督を軸に進められているというが、「それが、今の中日の闇を表している」と語るのは、前出のスポーツライターだ。●立浪和義が中日の監督になれないワケ「小笠原といえば北海道日本ハムファイターズや読売ジャイアンツで活躍していた印象が強く、中日には現役最後の2年間所属していただけで、いわゆる“外様”です。さらにいえば、今年2軍監督に就 [全文を読む]

2軍落ちの巨人・阿部慎之助、イビり倒した代役・小林が大活躍で引退濃厚か…体もボロボロ

Business Journal / 2016年03月30日07時00分

阿部は、開幕直前に「コンディション不良」を理由に2軍に降格され、復帰のメドは立っていない。阿部の代役として、開幕3連戦すべてにスタメン出場したのは、3年目の小林誠司捕手だ。 小林は開幕戦で決勝の2点タイムリーヒットを打ち、2戦目は3安打2打点、3戦目でもヒットを放つ活躍を見せている。開幕カードの成績は11打数5安打で打率.455、4打点と絶好調だ。打撃面 [全文を読む]

【プロ野球】阪神・福留&西岡…復活にかける男たちのキャンプ事情

デイリーニュースオンライン / 2015年02月11日08時50分

翌2014年シーズンも、思うような活躍ができず自身初の不振による2軍落ちも経験。2年続けて悔しいシーズンとなってしまった。 高額年俸で入団しながら期待を大きく裏切った福留に対し、熱しやすいタイガースファンからの風当たりも強い。同年にメジャーから入団した西岡と共に不良債権とバッシング受けているのだ。 しかし、数字的には物足りなかった福留だが、シーズン後半には [全文を読む]

甲子園で進撃、天理は「選手任せ」野球で強い プロ経験者・中村監督の「自由主義」指導法

東洋経済オンライン / 2017年08月19日17時30分

2軍のウエスタン・リーグで史上2人目の通算100本塁打を達成した強打者だったが、1軍の壁は厚く、わずか41試合の出場、5安打、0本塁打に終わった。1997年に阪神タイガースで現役を引退。2008年に天理大学野球部監督に就任した。2014年2月に天理高校のコーチになり、2015年8月から母校野球部の監督を務めている。中村監督は高校生の指導についてこう語る。「 [全文を読む]

JUMP伊野尾慧と二股交際疑惑のフジ・三上真奈アナ 小川投手との熱愛発覚にヤクルトファン激怒!?

日刊サイゾー / 2017年08月19日11時00分

控え選手や2軍選手となれば年俸も低く、いつクビを切られてもおかしくない不安定な職業だ。 その点、小川はルーキーイヤーの2013年には16勝(4敗)を挙げて、最多勝、新人王のタイトルをW受賞。15年にも11勝(8敗)をマークするなど、押しも押されもせぬヤクルトのエース格。今季は左足の故障やチーム事情で抑えに回った時期もあり、17日現在、17試合登板で5勝6敗 [全文を読む]

打率1割台の異常な不振…巨人・長野久義、ことごとくチャンス潰し完全にチームのお荷物に

Business Journal / 2017年04月18日17時00分

昨シーズンは4番を任せるなど、長野を信頼する姿勢を見せていた高橋由伸監督のこの決断に、巨人ファンからも『打つ気がしない』『一度、2軍に落としたほうがいい』という声が出ています」(スポーツライター) 走・攻・守の三拍子そろった外野手として2009年のドラフト1位で巨人入りした長野選手は、デビューした10年にレギュラーに定着し、新人王を獲得。翌11年には2年目 [全文を読む]

デーブ大久保が暴行事件の真相初告白!菊池雄星と涙の和解

しらべぇ / 2017年04月14日11時00分

2010年プロ野球ファンに衝撃を与えた、当時西武ライオンズ2軍打撃コーチのデーブ大久保(大久保博元・50)による菊池雄星への暴行事件。13日放送の日本テレビ系『ナカイの窓』に出演した大久保は、事件の真相とその後の顛末について初告白。野球ファンからはさまざまな意見が出ている。(画像はDBA公式YouTubeからのスクリーンショット)■デーブ大久保の野球人生1 [全文を読む]

【プロ野球】積極的? 消極的? 12球団盗塁数&盗塁成功率とチーム内盗塁トップ3選手をまとめてみた!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月09日17時05分

今季、オコエは4盗塁4盗塁刺だったが、2軍では14盗塁3盗塁刺。バットが1軍レベルになれば、球団一の韋駄天になれる素質は十分だ。 ロッテも近年はそこそこ。伊東勤監督は現役時代、捕手歴代ナンバーワンの134盗塁をマークしているが、盗塁への采配は慎重傾向。ここぞの場面、ここぞの試合で一気に機動力にシフトするタイプだ。現有戦力で盗塁名人は見当たらないが、イケイケ [全文を読む]

町田が11・3岡山戦でプロ野球ファンを無料招待!

ゲキサカ / 2016年11月01日16時11分

偶然にも一部報道で、町田の練習場拠点となっている小野路公園内にある野球場を読売ジャイアンツの2軍・3軍が使用することが明るみに出たが、巨人ファンや横浜のファンは、ホームタウンが近いので、本企画を利用してみてはどうだろうか。詳細はFC町田ゼルビア後援会公式サイトまで。 [全文を読む]

巨人と日ハムとホークス好きの女子に、「驚きの共通点」があった!

Business Journal / 2016年08月30日06時00分

Cタイプの女性は、2軍の試合にも足を運ぶアクティブ派。東京ヤクルトスワローズ、千葉ロッテマリーンズ、埼玉西武ライオンズ、オリックス・バファローズのファンに多い。遠征好きで、いろいろな球場で観戦回数も増えると、好きになる選手もどんどん増えていく。 [全文を読む]

【プロ野球】帰ってきた左腕・和田毅は輝きを取り戻せるか?

デイリーニュースオンライン / 2016年02月26日16時00分

1999年ダイエー初Vを福岡ドームで観戦するなど、全国を飛び回りながら、1軍、2軍問わずプロ野球を追いかけている。 【関連記事】 [全文を読む]

年俸10分の1の巨人・杉内、巨額税金で破産?超高額所得のスポーツ選手のトンデモ金銭事情

Business Journal / 2015年12月24日06時00分

これまでの最高減額は、2012年の巨人・小笠原道大内野手(現:中日ドラゴンズ2軍監督)の3億6000万円だったが、今回の杉内投手は、それを9000万円も上回る。 このような大幅な収入の変化があった場合、支払う税金はどうなるのだろうか。「もしサラリーマンだった場合は、来年、所得税と住民税を合わせて、収入(5000万円)を上回る6390万円の税金を支払う可能性 [全文を読む]

枡田絵理奈アナの参戦で「カープ妻」の開幕戦も目が離せない

NEWSポストセブン / 2015年03月21日07時00分

3月13日付けの『デイリースポーツ』では、「堂林2軍危機」「不振に緒方監督言及!」「チャンスは残り1戦」という見出しがあった。言われた堂林本人も「出番が減っているのは間違いない。少ないところで結果を残さないと(1軍に)残れない」と厳しい表情だったという。 野球選手に限らず、新婚のアスリートは、自身よりも新妻が注目され、成績いかんでは、妻に対し「さげまん」 [全文を読む]

新山千春 離婚決断を後押しした「シンママ」が持つ商品価値

NEWSポストセブン / 2015年01月10日16時00分

その後、西武ライオンズの用具係や2軍コーチを務めている。 「黒田さんが現役を引退したことで収入が激減したため、新山さんは2才になる長女に“小春”という芸名をつけてデビューさせ、母娘で雑誌のインタビューに登場するなど“ママタレ”として精力的に活動し始めました」(芸能関係者) そもそもママタレは、夫とかわいい子供に囲まれ円満な家庭を築きながら、女性としての美し [全文を読む]

新山千春、元プロ野球選手との離婚で大炎上! 「娘を第一に」の別れが叩かれる理由

メンズサイゾー / 2014年12月31日15時00分

タレントの新山千春(33)が29日、プロ野球・西武ライオンズ2軍コーチの黒田哲史氏(39)と離婚したことを自身のブログで報告した。 新山は「私事で恐縮ではありますがこの度、私は夫と10年間の結婚生活にピリオドを打つことになりました事をご報告させていただきます」などと記し、別居報道などでファンに心配をかけたことを謝罪。さらに「「私達はお互いの仕事の都合上すれ [全文を読む]

フォーカス