東京ドーム 氷室京介に関するニュース

氷室京介、ソロデビューの記念日7月21日にWOWOWで25周年スペシャル番組を放送!

PR TIMES / 2013年07月20日10時50分

89年のソロ初となる伝説の東京ドーム公演の「ANGEL」から、昨年のカウントダウンライブでの最新曲「WARRIORS」まで、2時間たっぷり50曲以上をフルコーラスの楽曲も交えて構成。93年の代々木競技場公演からミリオンヒット曲「KISS ME」、04年のZEPP TOKYOからDVD未収録の「ROXY」「TASTE OF MONEY」、未DVD化の05年武 [全文を読む]

氷室京介、ファイナルライブ4大ドームツアーの最終公演が映像化

okmusic UP's / 2016年12月22日14時30分

その東京ドームファイナル公演の映像作品が、2017年3月1日に発売される事が決定した。この映像作品にはファイナル公演で演奏された全35曲、約200分を超えるステージが完全収録されている。 【その他の画像】氷室京介耳の不調を理由にライブ活動無期限休止を発表していた氷室京介。そのファイナルライブ4大ドームツアー『KYOSUKE HIMURO LAST GIGS [全文を読む]

氷室京介、超満員の東京ドーム公演で35年に及ぶライブ活動に幕

okmusic UP's / 2016年05月24日01時00分

公演発表後から各地激しいチケット争奪戦が繰広げられたが、特に東京ドーム公演は3日間で16万5000枚のチケットに対し、40万以上の応募数があった事から、急遽ステージ裏席を解放するなどの対応が取られていた。 最後のステージとなる東京ドーム公演3日目。ステージ裏席までびっしりと埋め尽くされた5万5000人を超す観客。開演前から客席では氷室コールが鳴りやまず、会 [全文を読む]

氷室京介、4大ドームツアー「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」全7公演の配信が決定

okmusic UP's / 2016年10月15日15時00分

ライブ活動休止宣言をした2014年7月の横浜スタジアムから1年9ヶ月、長い沈黙を破った4大ドームツアー初日の大阪ドームから、5万5千人のオーディエンスの想いがイノセントに共有されたツアー最終日の東京ドームまでの全7公演を10月13日から隔週で1公演ずつ、ランダムな順でリリースされる予定だ。“サンクチュアリ”と表現された東京ドームでのツアーファイナルへ向けて [全文を読む]

氷室京介ファイナルライブ“LAST GIGS”の「まま音」登場!

PR TIMES / 2017年03月08日19時31分

昨年4月から始まった4大ドームツアー「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」は、京セラドーム大阪を皮切りに、ナゴヤドーム、福岡ヤフオクドーム、東京ドームで計7公演行われ、30万人を動員しました。ファンからのリクエストを考慮した演奏曲で構成された同ツアーをもって、35年におよぶライブ活動に幕を下ろしました。 LIVE DAM STADIUMでは、 [全文を読む]

KYOSUKE HIMURO×LIVE DAM STADIUMキャンペーン 「LAST GIGS」特別ご招待&サイン入りアイテムプレゼント 3/15~5/1

PR TIMES / 2016年03月15日11時30分

「KYOSUKE HIMURO×LIVE DAM STADIUMキャンペーン」概要 ■応募期間 2016年3月15日(火)~5月1日(日) ■対象店舗 SmartDAM/L、デンモクiDS/2のあるLIVE DAM STADIUM設置店舗 ■応募方法 (1) LIVE DAM STADIUM設置店舗のデンモクから、氷室京介にまつわるクイズに挑戦 (2)正 [全文を読む]

氷室京介、4大ドームを回る「LAST GIGS」が決定!

okmusic UP's / 2015年12月18日13時30分

来年4月23日(土)、24日(日)の京セラドーム大阪を皮切りに、4月29日(金)のナゴヤドーム、5月14日(土)の福岡ヤフオクドーム、5月21日(土)、22日(日)、23日(月)の東京ドームの計7公演が決定! 30万人の動員を予定している。チケットの一般発売は来年3月26日(土)。1981年にBOφWYを結成し、1988年のソロデビューを経て、来年35周年 [全文を読む]

氷室京介LAST GIGS 遂に映像作品の発売が決定

dwango.jp news / 2016年12月22日12時29分

2016年4月23日京セラドーム大阪2Daysを皮切りに、ナゴヤドーム、福岡ヤフオクドーム、東京ドーム3Daysの計7公演を行い、30万人を動員し35年に及ぶライブ活動に1つの幕が降ろされた。 最後のステージとなった5月23日の東京ドーム公演では、ソロ楽曲とBOØWY楽曲を織り交ぜた全35曲に、ステージ裏側の席までびっしりと埋め尽くされた5万5000人の [全文を読む]

氷室京介、伝説の「LAST GIGS」が遂に映像化決定!

Entame Plex / 2016年12月22日12時00分

4月23日京セラドーム大阪2Daysを皮切りに、ナゴヤドーム、福岡ヤフオクドーム、東京ドーム3Daysの計7公演を行い、30万人を動員し、35年に及ぶライブ活動に1つの幕が降ろされた。最後のステージとなった5月23日の東京ドーム公演では、ソロ楽曲とBOØWY楽曲を織り交ぜた全35曲に、ステージ裏側の席までびっしりと埋め尽くされた5万5000人の観客から、 [全文を読む]

氷室京介“激動の6年間”に密着した映像を配信!

Smartザテレビジョン / 2016年05月21日21時41分

だが、ことし5月23日(月)に東京ドームで行われる「LAST GIGS」を最後に、氷室はライブ活動の無期限休止を宣言している。'10年からの激動の6年間、さまざまな決断の裏で、1台のカメラがその姿を捉え続けていた。 氷室の知られざる苦悩や葛藤を目撃し続けた監督の「自分が目撃してきたものを、ファンにも伝えるべきだ」という思いから、「DOCUMENT OF [全文を読む]

氷室京介“LAST GIGS”東京ドーム公演を放送!

Smartザテレビジョン / 2016年07月19日13時50分

ことし4~5月にかけて行われた氷室京介のファイナルツアーの中から最終日、歴史に残るライブ=“GIG”となった5月23日の東京ドーム公演の模様を放送する。デビュー以来、圧倒的な存在感で音楽シーンに多大な影響を与えてきた氷室京介。社会現象を巻き起こしたBOOWYでの活動、新たな音楽表現に挑み続けたソロ活動。デビューから35年間、彼は常に時代の先駆者だった。そん [全文を読む]

今週末6月26日(日)オンエア!氷室京介 WOWOW SPECIAL~DOCUMENT OF LAST GIGS~ 番組の語りは古舘伊知郎

PR TIMES / 2016年06月23日13時47分

WOWOWは、ツアー初日の京セラドーム大阪から最終日の東京ドームまで、 30万人以上を動員した熱狂の“LAST GIGS” に完全密着。リハーサルやバックステージまで、ラストステージに臨む氷室の姿を追った。 この貴重なドキュメンタリーの語りは、古舘伊知郎。 稀代のアーティスト・氷室京介が、ラストステージで何を思い、どのような生き様を示したのか。古舘伊知郎の [全文を読む]

氷室京介「今日が一番最高!」35年に及ぶライブ活動に終止符

Entame Plex / 2016年05月24日18時36分

3日間の東京ドーム公演のチケットは、16万5000枚に対し40万以上の応募があったほどに人気が加熱。それもあってか、最後のステージとなる東京ドーム公演3日目は5万5000人を越す観客が詰めかけ、開演前から氷室コールが鳴りやまず、会場はとてつもない熱気に包まれていた。 そんな熱気の中、氷室が1曲目に披露したのはBOØWYの代表曲でもある「DREAMIN’」 [全文を読む]

引退「氷室京介」天才詩人・山田かまちとセッション

WEB女性自身 / 2016年04月08日06時00分

東京ドームのステージに、氷室はかまちの魂とともに立つ。 (週刊FLASH2016年4月19日号) [全文を読む]

氷室京介、ファイナルライブ決定! 全7公演4大ドームツアー開催

Entame Plex / 2015年12月18日16時07分

本ツアーは「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」と題され、2016年4月23、24日大阪・京セラドーム大阪公演を皮切りに、4月29日愛知・ナゴヤドーム、5月14日福岡・福岡ヤフオクドーム、5月21、22、23日東京・東京ドームの計7公演、30万人の動員を予定している。 1981年にBOØWYを結成し、1988年のソロデビューを経て来年35周 [全文を読む]

氷室京介の真の姿が、WOWOW特番で明かされる!

PR TIMES / 2014年06月26日14時38分

その絶頂を前にした88年、東京ドーム二日間を最後に解散。88年7月21日、記念すべきシングル「ANGEL」でソロ活動をスタートした。“裸の俺を見つめなよANGEL”という歌詞は、彼の決意と覚悟の表れのようだった。 それから25年。今年の3月11日の仙台での震災復興チャリテイライブを前哨戦に3月15日の市原市文化会館からスタートしたツアー「25th ANNI [全文を読む]

氷室京介、NEWS ZEROテーマ曲「IF YOU WANT」シングルリリース決定 著作権料の全額を復興支援金に

リッスンジャパン / 2012年02月15日19時00分

さらにスペシャルトラックとして、昨年6月に東京ドームで行われた「東日本大震災復興支援チャリティライブ KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME "We Are Down But Never Give Up!!」より、「ON MY BEAT」のライブ音源を収録。「心まで潰されちゃたまんねーぞ!!」という力強いメッセージから始まるこのラ [全文を読む]

氷室京介、大晦日武道館ライブ密着映像を<NEWS ZERO>で放送

リッスンジャパン / 2012年01月04日15時00分

2011年は全編BOφWY楽曲による東日本大震災復興支援チャリティーライヴを東京ドームで2日間に渡り開催、後日同番組を通じ放送されたライブ&ドキュメンタリーも大きな反響を呼んでいただけに、今回も注目を集めそうだ。【番組概要】2012年1月4日(水)23:24~24:28日本テレビ系「NEWS ZERO」「氷室京介に完全密着…大晦日武道館ライブ舞台裏」(*放 [全文を読む]

布袋寅泰、35周年のラストライブとなる日本武道館公演が大盛況

okmusic UP's / 2017年01月02日14時00分

2016年春、BOØWY時代の盟友 氷室京介の最後のライブが東京ドームでおこなわれた。「B. Blue」がラストナンバーだったのだ。“乾いた風にかき消されて”という歌詞が、群馬時代を描いたヒストリカルな最新ビート・チューン「8 BEATのシルエット」(2016年)ともシンクロする。 [全文を読む]

BOØWYのプレミアムオフ会イベントに高橋まことがSPゲストとして参加

okmusic UP's / 2016年09月13日12時00分

たしかに会場に集まったファンは当時小中学生であった30代〜40代がメインで、最後のライヴとなった東京ドームでの『LAST GIGS』を目撃したのは会場ではたった3人だった。「BOØWYを生で観れてないからこそ、強い渇望が生まれているんじゃないか?」という推理。解散後も、それぞれソロ活動での活躍、そしてBOØWYのベスト盤やライブ盤、映像を定期的にリリースし [全文を読む]

フォーカス