出身 電通に関するニュース

電通「鬼十則」生みの親・吉田秀雄氏の素顔とは

NEWSポストセブン / 2016年11月27日16時00分

終戦直後の混迷期にも、通信部門の出身で広告業に通暁していなかった上田社長を補佐し、事実上電通をリードしてきたのは吉田であった》(「電通100年史」) 吉田が社長就任で語ったのは、当時社会的評価が低く見られていた「広告業の文化水準を新聞と同じまでに引き上げたい」ということだった。吉田を囲む早朝ミーティングが始まり、社長以下全幹部が毎日、業務開始の9時より1時 [全文を読む]

嵐・櫻井翔の弟、「電通入社」報道! 元電通幹部が語る「兄のコネ入社」疑惑の真相

サイゾーウーマン / 2016年12月23日11時45分

櫻井の弟は、「慶應ラグビー部出身」のため、「電通的には、こちらの方が評価ポイントとなる」(同)そうだ。来年4月からは新社会人として、兄や姉に負けぬよう活躍してもらいたいものだ。 [全文を読む]

SNS疲れ、エゴサは不眠の原因。ネットとのつき合い方とは(中川淳一郎)

Fuminners / 2017年05月24日21時00分

実は、広告代理店に就職したのは、その程度の理由しかなかったんです」(中川さん) 1997年に博報堂へ入社したものの、激務に加えて有名私大出身者たちのオシャレなノリについていけず、さらには出世するのは無理だと悟り2001年に退社した中川さん。その後、無職の期間を経てフリーライターとして活動を開始します。ルーティンを厳守! 「早寝早起き+午後2時15分からお酒 [全文を読む]

日本の労働規制はザル法ばかり… “違法残業の撲滅”が日本の成長のためにも必要だ!

週プレNEWS / 2016年11月19日06時00分

●古賀茂明(こが・しげあき) 1955年生まれ、長崎県出身。経済産業省の元幹部官僚。霞が関の改革派のリーダーだったが、民主党政権と対立して2011年退官。著書『日本中枢の崩壊』(講談社)がベストセラーに。近著に『国家の暴走』(角川oneテーマ21) [全文を読む]

東京五輪の裏金=賄賂疑惑はやはり「電通」が仕掛人だった! マスコミが沈黙する中、電通側キーマンの実名が

リテラ / 2016年05月18日21時00分

そして、ガーディアンによれば、ハン氏は、国際陸連前会長のラミン・ディアク氏(セネガル出身)の息子であるパパマッサタ・ディアク氏の親友だという。ディアク親子は五輪開催地の選考及び投票に強い影響力をもっており、国際オリンピック委員会(IOC)委員を兼任していたラミン氏は「アフリカ票」の取りまとめ役。つまり、招致委員会→BT社のハン氏(電通の紹介)→パパマッサ [全文を読む]

東京五輪公式エンブレム問題はやはり電通主導だった! 社員2名“更迭“だけで、電通の責任は追及されないのか?

リテラ / 2015年10月03日19時00分

2人は、ともに東京五輪のマーケティング専任代理店である電通の出身で、組織委員会は2人の電通からの出向を解除した。表向き退任とはなっているが、もちろん事実上の更迭である。 槙氏は、公式エンブレムの公募開始前に佐野研二郎氏をふくむ8名のデザイナーに応募を要請していたことや、画像の無断転用に関与していたことが、先日明らかになり、戒告処分が発表されたばかりだった。 [全文を読む]

<巨額の資金を持って黒船がやってきた>又吉直樹「火花」の動画配信権をネットフリックスが独占

メディアゴン / 2015年08月31日07時00分

民放側も数字の取れる連ドラに困っている最中だから飛びつきやすいおいしいえさであろうが、テレビ出身の筆者としてはできればそういうみっともないことはして欲しくない。ネットフリックスが、制作費の一部を新会社に払うと言う仕組みも吉本・電通には魅力だろう。そのお陰で資金力がなくてもネットフリックスと組めば大きな映像作品や映画も作れるようになるということだ。DVDにし [全文を読む]

高給与なら長時間労働でも黙るのが日本人

プレジデントオンライン / 2017年05月26日09時15分

「若いうちは定時に帰れるし、給与も世間並みに出るが、課長、部長ポストはほとんど銀行出身者で占められる。仕事の裁量も少なく、30歳を過ぎると上のポストに就かないと給与も上がらない。結果的に『これ以上、自分の能力を発揮できない』という理由で退職する人が多かった」 こういう会社に限ってキャリアやスキル獲得が難しく、転職するにしても苦労することになる。 ■社風が [全文を読む]

日本人の「長時間労働」改善を阻む壁とは…労働者の権利に手厚いフランスとの「文化の違い」

週プレNEWS / 2017年01月19日10時00分

歴史的に労働者の権利保護に手厚いフランス出身の記者は、この問題をどう見ているのか? 「週プレ外国人記者クラブ」第62回は、「ル・モンド」紙東京特派員、フィリップ・メスメール氏に話を聞いた――。 *** ─高橋まつりさんの過労自殺をきっかけに表面化した大手広告代理店、電通の「長時間労働問題」は昨年末、電通が労働基準法違反の疑いで書類送検され、石井直(ただし [全文を読む]

電通の企業文化を体現する石井社長、社員過労死連発への責任感ゼロ…頑なに社内組織優先

Business Journal / 2016年12月28日21時00分

社長就任は2011年、同社としては営業畑出身の初めての社長である。 [全文を読む]

電通東大卒女性社員自殺 一般家庭出身社員へのしわ寄せ

NEWSポストセブン / 2016年10月20日07時00分

“オレが新入社員の頃はもっと酷かった”と言って、さらに追い込むのです」 [全文を読む]

世界のトヨタを上回る2兆4千億円。原発再稼働の流れに沿って息を吹き返す「原発広告」の特殊すぎる実態

週プレNEWS / 2016年06月07日06時00分

世界有数の地震大国である日本がなぜ54基もの原子力発電所を抱える原発大国となり、多くの日本人が40年以上も「原発の安全神話」を信じ続けてきたのか? 電力会社を中心とした「原子力ムラ」と大手広告代理店が一体となり、巨額の広告費を通じて「安全神話」の刷り込みやメディアの「支配」を続けてきた実態を、広告業界出身の本間龍(ほんま・りゅう)氏が著書『原発プロパガンダ [全文を読む]

TPPは東京・パーティ・ピーポーの略? 巨乳グラドルが振り返る2016年“10大ニュース”は珍回答続出!

週プレNEWS / 2016年12月29日15時00分

それが日本の大統領に? 西岡 アメリカ! 日本に大統領いないよ! ★後編はこちらから! ●篠原冴美(SHINOHARA SAEMI) 1992年8月29日生まれ 京都府出身 身長165cm B90 W57 H90 ●西岡葉月(NISHIOKA HAZUKI) 1989年10月4日生まれ 北海道出身 身長170cm B93 W62 H88 ●葉月あや(HAZ [全文を読む]

吉田豪インタビュー企画:安齋肇「ショックだけど、みうらじゅんから見ると俺は営業友達」(3)

デイリーニュースオンライン / 2016年10月03日17時08分

1953年、東京都出身。桑沢デザイン研究所デザイン科を修了してデザイナーに。JALのキャンペーン「リゾッチャ」のキャラクターデザインなどを手がける。また、テレビ朝日系『タモリ倶楽部』の人気コーナー「空耳アワー」にレギュラー出演し“ソラミミスト”の肩書きも持つ。漫画家・イラストレーターのみうらじゅんとの“勝手に観光協会”などの活動や、“OBANDOS”、“フ [全文を読む]

キヤノンEOS Kiss X8i 新TV-CM 2人のママ写真家がカメラと子育てについて語る「私にカメラがくれたもの。」篇

PR TIMES / 2015年06月19日15時55分

■ 主題歌 「100 年先もそばにいる」 作詞 ティーナ・カリーナ/ 松井五郎 作曲 ティーナ・カリーナ/nakaokaan 唄 ティーナ・カリーナ 【ティーナ・カリーナ プロフィール】 1986 年1 月16 日生 大阪府池田市出身。 元阪急百貨店サービス優秀販売員(金バッチ受賞)という 異色の経歴を持つシンガーソングライター ■ スタッフリスト ディ [全文を読む]

第35回やまとごころ勉強会~世界に誇る”マンガデザイン”に学ぶインバウンドプロモーション戦略~開催のお知らせ

DreamNews / 2015年05月20日18時00分

ウィスコンシン大学マディソン校出身。在学中、異文化交流に強い関心を持ち、20カ国以上を旅行。大学卒業後、インドにて半年間のインターンシップを経験。2000年アクセンチュアに入社。地域活性化プロジェクト、グローバルマーケティング戦略等のさまざまなプロジェクトに従事。2006年同社を退社。2007年にインバウンド観光に特化したBtoBサイト「やまとごころ.JP [全文を読む]

Webマーケティング支援のクラウドソーシング「Draft」の専門家登録が500名突破~業界最大手企業出身者や注目ベンチャーのインハウスマーケターが多数登録~

PR TIMES / 2017年04月27日10時13分

■ 株式会社テクロコについて 会社名:株式会社テクロコ 所在地:東京都千代田区神田駿河台三丁目4番地 龍名館本店ビル4・6階 代表者:林 康頼 設立日:2013年4月2日 事業内容:中堅・中小企業および成長企業向けマーケティングテクノロジーの提供 URL:http://www.techloco.co.jp/企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

天龍と長州が今明かす『WJプロレス』6連戦中断の真相「源ちゃんがぼくに塩を送ってくれたんです」

週プレNEWS / 2016年12月22日10時00分

●長州力(ちょうしゅう・りき) 1951年生まれ、山口県出身。72年ミュンヘン五輪にレスリング韓国代表として出場。74年、新日本プロレスでデビュー。82年に始まった藤波辰爾との“名勝負数え歌”でブレイクし“革命戦士”の異名で時代の寵児となった。その後、全日本プロレス参戦を経て、新日本に復帰。90年代には「現場監督」として団体を牽引した 『長州力DVD-B [全文を読む]

「滑舌悪いキャラ」もブッ飛ぶ! 天龍源一郎と長州力が語る「男の友情秘話」

週プレNEWS / 2016年12月21日06時00分

あの頃は、もうバブルでしたね」 ●後編⇒天龍と長州が今明かす『WJプロレス』6連戦中断の真相「源ちゃんがぼくに塩を送ってくれたんです」 ●長州力(ちょうしゅう・りき) 1951年生まれ、山口県出身。72年ミュンヘン五輪にレスリング韓国代表として出場。74年、新日本プロレスでデビュー。82年に始まった藤波辰爾との“名勝負数え歌”でブレイクし“革命戦士”の異名 [全文を読む]

フジ『バイキング』で金美齢が部落差別発言! フジは謝罪したが金は謝罪せず...解放同盟はどう対応するのか

リテラ / 2016年08月03日13時00分

これは、賎民身分を強いられた「穢多、非人」の比喩的表現であり、被差別部落出身者への蔑視を表す。実際、金は問題の差別発言を口にしながら、わざわざ指で上から下へ、順に示す手振りをしていた。 事実、「士農工商◯◯」という表現は70年代以降、何度も抗議や糾弾の対象になってきた。 たとえば1996年には、大手広告代理店・電通が、自社発行の広告専門紙「電通報」の連載の [全文を読む]

フォーカス