仕事 電通に関するニュース

プロフェッショナルインタビュー:岸 勇希(後編)

ガジェット通信 / 2012年09月20日18時00分

いわば革命者であり開拓者でもある彼が手がける仕事は、企業広告はもとより、商品開発や事業デザイン、アーティストのプロデュースなど多岐にわたります。旧来の“広告”に対する考え方に一石を投じた“コミュニケーションをデザインする”という発想の源泉や、異端児とも称される所以を探ります。 ●プロフィール 岸 勇希(きし ゆうき) 1977年 名古屋生まれ。東海大学海洋 [全文を読む]

SNS疲れ、エゴサは不眠の原因。ネットとのつき合い方とは(中川淳一郎)

Fuminners / 2017年05月24日21時00分

目次1.残業200時間! 広告代理店時代に経験した眠れない日々2.ルーティンを厳守! 「早寝早起き+午後2時15分からお酒」で仕事が進む3.中川家はパジャマNG!? 普段着のまま万年床でぐっすり4.SNS疲れによる不眠を防ぐ! “ネット炎上”の回避術残業200時間! 広告代理店時代に経験した眠れない日々──話題となった近著『電通と博報堂は何をしているのか』 [全文を読む]

広告業界の企業研究、圧倒的な実力の電通が展開する、グローバル化、デジタル領域、東京五輪

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年02月25日12時00分

大手企業の広告を扱える仕事のやりがいに加えて、平均年収が1,271万円(『会社四季報 業界地図 2016年版』)と高いことが理由と考えらえます。まず、広告業界のビジネスについて簡単に解説します。広告代理店の収益は、広告を出稿する企業と、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・インターネットなどのメディアを仲介し、その広告料金による取引手数料と企画・製作費です。その収益 [全文を読む]

エイベックス松浦社長が労基法で是正勧告も「時代にあわない」と反論して物議|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2016年12月25日19時13分

仕事での出張に家族旅行を無理やり組み込むと、難儀なトランジットが間に挟まることしばしです。某国トランジットで職員に賄賂を渡して全館禁煙の空港内でタバコを吸おうとした中国人グループが警備員に囲まれていたり、待合で居眠りしていた客の荷物を取った取らないで殴り合いが発生するなど、いろんな国の民度というものがあるもんだなと思うわけです。 ところで、先日労働基準監督 [全文を読む]

残業減らせば残業代、子連れ出勤OK…「働き方改革」を始めた2社

まぐまぐニュース! / 2017年01月31日11時40分

あなたの会社は子どもを入れたい会社ですか? 西垣和哉さんは23歳で念願のシステムエンジニアの仕事に就いた。だがその4年後、わずか27歳で人生を終えた。過労死だった。 2002年、大手電機メーカー系列の情報システム会社に就職。入社後すぐその力量を買われ、国や企業のシステムを開発する大型案件を任された。 システムエンジニアは、企業活動や私たちの生活に関わるさ [全文を読む]

電通「鬼十則」生みの親・吉田秀雄氏の素顔とは

NEWSポストセブン / 2016年11月27日16時00分

仕事は毎月1回電通と会合して、昼食のもてなしを受けることだったという。《要するに吉田は戦後の混迷期に不遇をかこっていた先輩新聞人たちにいわば雨宿りの場所を提供した》(「同」) 興味深いことに吉田の人柄は、電通のライバルである博報堂の社史「HAKUHODO 120」でもうかがい知ることができる。第Ⅱ部第1章《「広告の鬼」VS.「広告の隼」》では、《1956( [全文を読む]

"働き方改革"という絶対無理な"死にゲー"

プレジデントオンライン / 2017年06月07日09時15分

なかでも、「長時間労働の是正」に関して、心の中で疑問を持っている人も多いのではないだろうか? 「仕事の絶対量も多く、顧客からの急なオーダーもある。残業は減らせないのではないか」と。 この感覚は極めて正しい。なぜ、残業はなくならないのか? それは残業が合理的だからだ。残業は日本的雇用の副産物だ。日本の労働社会では、「仕事に人をつける」のではなく、「人に仕事 [全文を読む]

電通、夜一斉消灯でも朝5時点灯?朝残業説を電通は否定…社員は「面倒で迷惑」と不満

Business Journal / 2016年10月28日06時00分

「私も残業をすることがありますが、その理由は、突発的にお客さんから急ぎの依頼を受けたり、大量の社内会議用資料を作成しなければならなかったりして、規定の勤務時間内では終わらない量の仕事を抱えることがあるからです。そこで単に『早く帰れ』と言われても、社員にとってデメリットのほうが大きくなってしまう懸念があります。実際に私の会社でも夜9時以降の残業が禁止になっ [全文を読む]

高給与なら長時間労働でも黙るのが日本人

プレジデントオンライン / 2017年05月26日09時15分

日本生産性本部は、今年春に入社した新入社員に「残業は多いが、仕事を通じて自分のキャリア、専門能力が高められる職場」と「残業が少なく、平日でも自分の時間が持て、趣味などに使える職場」のどちらがよいか、アンケート調査を行っている。この結果、74.0%が後者の「残業が少なく――」という後者を選んだという。 にもかかわらず、給与は高いが労働時間も長い企業の評価が [全文を読む]

「モノづくりの世界で最後に残るのはストーリー」“現代の魔法使い”落合陽一×電通クリエーティブ・テクノロジスト・菅野 薫

週プレNEWS / 2017年01月31日15時00分

クリエーティブというのが新しさを扱う仕事である以上、サーベイは必須です。新しさというのは相対的な概念なので。まずは歴史とかコンテクストとか、過去にどこまで達成されたかとか、そういったことをしっかり把握していないと、新しさには挑戦できません。それに、サーベイの中には刺激だとか嫉妬だとか、いろんな感情が紛れているので。 落合 菅野さん、そこはすごくエモーショナ [全文を読む]

日本人の「長時間労働」改善を阻む壁とは…労働者の権利に手厚いフランスとの「文化の違い」

週プレNEWS / 2017年01月19日10時00分

もちろん、改善は良いことですが、問題は肝心の「仕事の総量」が変わらず、新たな雇用も増やさないのならば、これまでと同じ仕事量をどうやって「残業をせず」にこなせるのかということでしょう。企業側には残業が減り、「残業手当」の人件費がマイナスになる分、コスト削減のメリットがありますが、労働者の側からすれば結局、正規の勤務時間内に終わらなかった仕事を家に持って帰れ [全文を読む]

過労死なんてありえない。日本も「在宅勤務」先進国の欧米に続け

まぐまぐニュース! / 2016年11月28日20時20分

在宅勤務などのテレワークがアメリカでも増加中!? (1)仕事とプライベートのバランス 広告代理店の電通に勤めていた高橋まつりさん(24歳)の自殺が過労死であると労災認定されたニュースは皆さんも各種ニュースでご存じのことと思う。 日本の国立大トップの東大を出て電通に入社。わずか1年足らずで自殺するまで追い込まれてしまった痛ましい事件だ。 その原因は様々伝え [全文を読む]

電通、過労自殺事件に「とても迷惑」「仕事やりづらい」と語る社員も

Business Journal / 2017年01月31日06時00分

大手広告会社、電通は2016年12月9日、従業員の行動規範とされてきた「鬼十則」の社員向け手帳への掲載をやめると発表した。 16年11月、労働基準法違反の疑いで厚生労働省の強制捜査を受けた。過去にも過労自殺があったが、その後もたびたび長時間労働で労働基準監督署から是正勧告を受けていた。16年9月には、15年12月に過労が原因で自殺した新入社員、高橋まつりさ [全文を読む]

プロフェッショナルインタビュー:岸 勇希(前編)

ガジェット通信 / 2012年09月17日18時00分

いわば革命者であり開拓者でもある彼が手がける仕事は、企業広告はもとより、商品開発や事業デザイン、アーティストのプロデュースなど多岐にわたります。旧来の“広告”に対する考え方に一石を投じた“コミュニケーションをデザインする”という発想の源泉や、異端児とも称される所以を探ります。 ●プロフィール 岸 勇希(きし ゆうき) 1977年 名古屋生まれ。東海大学海洋 [全文を読む]

オタク文化輸出するTokyo Otaku Mode

プレジデントオンライン / 2017年05月23日09時15分

■人の心を動かす仕事がしたい 【田原総一朗】生まれはどこですか。 【亀井智英】生まれは愛知県で、育ちは東京です。 【田原】高校を卒業して、家業の空調設備を手伝われたそうですね。大学に行く気はなかった? 【亀井】いずれ家業を継ぐ気で手伝っていました。大勢の従業員がいる会社ではなく、自分が入れば少しでも役に立つかなと思って、高校卒業後すぐ飛び込みました。 【 [全文を読む]

電通はあちゅう炎上事件と正論の言い方問題|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2017年02月02日11時40分

■根っからの炎上体質? で、そういう電通で働いている先輩も、偉大な企業の一員であるという自負もあれば、情報を扱う仕事だという責務も感じているでしょうから、自分たちのような人間が見聞きして理解しているレベルのことをそのまま世間に投げても、イマイチな感じでピンとこない反応しか返ってこないだろう、だから目線を下げて多くの人たちに理解してもらえるような仕事を心が [全文を読む]

「アイルトン・セナを“音”で蘇らせる」“現代の魔法使い”落合陽一×電通クリエーティブ・テクノロジスト・菅野薫

週プレNEWS / 2017年01月30日06時00分

* * * 菅野 広告の仕事って、CMの制作以外にもスポーツビジネスの仕事もあり、ライブイベントの仕事もあり、ことのほか広い領域でクリエイターとして関わることができるんです。この業界は裏方的な仕事なので、表立って「誰々が作者だ」と全面に押し出すことは少ないんですが、不思議な職人的な魅力を持った先輩たちがいろいろな場で活躍していたのに憧れて電通に入りました [全文を読む]

25年前と変わらぬ体質。電通が学ぶべきだったハインリッヒの法則

まぐまぐニュース! / 2016年12月08日18時00分

仕事において必ず存在するであろう、「ヒヤリとするようなこと」や「軽微な事故」を事前に予知し、回避する方法を立てることで、労働災害は確実に減らすことができるのです。重大な労働災害をゼロにするには、日々の地道な活動が必要です。 小さな事故や事件を、このくらいのこと、この程度のことと甘くみていると、結局、取り返しのつかない事故・事件が発生してしまうことになりま [全文を読む]

【例文あり】先輩の実例を紹介!大手広告代理店に受かるための志望動機の書き方と具体例

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年11月24日12時00分

広告の仕事とは?広告と一口に言っても、仕事内容は多岐に渡ります。・プランニングマーケティング分析に基づいて、広告のプランニングを行う人です。自分なりの仮説を立て、検証していくマーケチング能力に長けていることが必要です。・クリエイティブクリエイティブは、コピー系とデザイン系の二つに分けることができます。コピーは、消費者の購買意欲を高めるキャッチーなフレーズを [全文を読む]

「クライアントからの無理難題は断れ!」 元電通コピーライター・前田さん

弁護士ドットコムニュース / 2016年10月25日10時00分

現場で働いていた人間としては、それでは解決にならないことがハッキリとわかっていたため、その仕事の構造、問題点を明らかにしようと思いました。――電通をはじめとした広告業界の労働時間が長くなるのはなぜか?電通と一口に言っても、部署ごとチームごとに業務内容がまったく違うため、高橋さんの部署が具体的に何をしていたのかは、私は知りません。しかし、一般にイメージされる [全文を読む]

フォーカス