独立 電通に関するニュース

独立騒動『あさイチ』有働アナが狙うはフリーよりNHK会長!? 局内政治力で不倫略奪スキャンダルも不問に

リテラ / 2015年11月06日08時00分

『あさイチ』でおなじみのNHKアナウンサー有働由美子に独立騒動が巻き起こっている。発端は後輩でもある元NHKアナウンサーの掘潤が『ワイドナショー』(フジテレビ系)で語ったある憶測からだった。「有働さんは今年の紅白が終わったら、来年フリーになるかも。(有働さんは)この間本を出したでしょ。NHKは本を出した人は辞めるんです。実際過去には久保純子と住吉美紀は本を [全文を読む]

能年玲奈の前所属事務所が「ブラック企業大賞はジャニーズ」とツイートし炎上! 一方、能年は林真理子に本音を

リテラ / 2016年11月23日20時00分

能年玲奈改めのんが主演声優を務めた映画『この世界の片隅に』が高い評判を呼んでいるが、その一方で、その能年の前の所属事務所で、独立した能年にさんざん嫌がらせをしてきたレプロエンタテインメントがツイッターを通じて炎上騒動を起こした。 といっても、能年がらみではない。同社は「レプロ採用担当」という、主にレプロに入社を希望する志望者へ向けて情報発信をするツイッター [全文を読む]

新聞各紙は「五輪買収」疑惑をどう報じたか? そこに電通の名は?

まぐまぐニュース! / 2016年05月17日20時00分

さらに、世界反ドーピング機関独立委員会の第2回報告書は、「東京の招致委側が国際陸連に協賛金400万~500万ドルを支払った」という関係者の証言を紹介していて、ただし、この問題は反ドーピング機関の調査対象外とし、フランス当局やIOCに調査を委ねていた。 《朝日》に成り代わって、事件の構図を判りやすく読み解けば、こうなるだろう。 東京の招致委は、招致を勝ち取る [全文を読む]

広告界の鬼才。トップクリエイターの思考術! 新刊『思考のスイッチ ~人生を切り替える11の公式』

PR TIMES / 2016年02月08日10時27分

独立後も世界の広告賞を受賞した広告界の鬼才とも言える人物。ネット広告、JINS「見つめているすべてが、人生だ。」は、240万PVを超える秀逸な広告として、ネット広告の新たな分野を切り開きました。そんな著者が「面白くて、誰でも使える思考本」を書き上げました。紹介する思考術は11個。そのいずれかに当てはめるだけで、独自のアイデアが生まれます。さらに実用性を重視 [全文を読む]

「龍馬伝」『るろうに剣心』の大友啓史監督と 「NURO DEVILMAN」「行くぜ、東北。」の高崎卓馬が語る制作現場からの熱いセッション 『物語と格闘せよ! DENTSU DESIGN TALK』

PR TIMES / 2014年02月14日09時26分

第二弾は、NHK時代に「ハゲタカ」や「龍馬伝」でブームを巻き起こし、独立後の初の映画『るろうに剣心』でも注目されている大友啓史氏(映画監督)と、その大友氏が注目した「dビデオ」のCMや「オランジーナ」「行くぜ、東北。」等を手がける電通の高崎卓馬(CMプランナー)による『物語と格闘せよ! DENTSU DESIGN TALK』です。映画では当たり前とされてい [全文を読む]

レベニューシェアを収益の中心に置いた新しいビジネスモデルの広告・PR会社 The Breakthrough Company GO設立(株式会社GO)

PR TIMES / 2017年01月10日13時31分

共同代表の二人はそれぞれ博報堂・電通から独立 クリエイティブ×PRの統合プランニングでクライアントの事業変革・挑戦をサポート株式会社GO(東京都港区 代表取締役 三浦崇宏・福本龍馬)の設立をお知らせいたします。株式会社GOはマーケティング・広告・PRを主事業とする新会社であり、共同代表制をとります。新会社GOはクライアントの変化、挑戦を後押しし、社会の停滞 [全文を読む]

過労死なんてありえない。日本も「在宅勤務」先進国の欧米に続け

まぐまぐニュース! / 2016年11月28日20時20分

例えば、職場環境がブラックだとかホワイトだとか、育児や介護との両立をどうするかという諸問題についても、より知的労働がしやすい、よりクリエイティブになるにはどうしたら良いのかというアメリカで中心になっている考え方を参考にいろいろ考えてみるといいのかもしれない image by: Shutterstock 『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』より一部抜粋 著 [全文を読む]

電通よりブラック企業?新垣結衣の事務所が”ジャニーズ批判”で騒然

デイリーニュースオンライン / 2016年11月22日11時36分

同事務所は“能年玲奈”として活動していた、のん(23)の独立騒動が勃発したこともあり、「本名使えなくなるなんてことがまかりとおってる芸能界自体がブラック」という皮肉も。 思わぬ形で業界筋から名指しされてしまったジャニーズ事務所だが、果たして大賞の結果は……? 文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライタ [全文を読む]

広告業界の人間が広告会社と広告業界の実態を話すトークイベント

太田出版ケトルニュース / 2016年11月11日11時12分

登壇するのは、小藥元さん(meet&meet コピーライター、2005年博報堂入社、2014年独立)と、小串良輔さん(2006年ADK退職、現IT企業勤務)と司会の原カントくん。 「リアルな広告会社の人の生活ってどうなの?」 「広告会社のビジネスは今後どこに向かうの?」 「広告会社ってどんな人が向いているの?」 など、業界の方も、業界への就職希望の方も、 [全文を読む]

小倉優子の移籍裁判「タレントは労働者」という判決

NEWSポストセブン / 2017年03月17日11時00分

また、井上真央(30才)、水川あさみ(33才)ら人気女優らが相次いで古巣の所属事務所から独立したことも芸能ニュースを賑わせた。 引退した人も、独立した人も、出家した人も、その理由はそれぞれ異なるが、芸能人の働き方に大きな注目が集まっている。それは私たち、一般社会でも同じ。数年前から「パワハラ」「ブラック企業」への問題意識が高まり、昨年『電通』の女性社員が自 [全文を読む]

五輪とFIFA、「ふたつの裏金」に絡む電通のキーマン

まぐまぐニュース! / 2016年06月02日20時00分

世界反ドーピング機関(WADA)は今年1月27日、汚職疑惑の独立調査委員会の報告書を発表したが、この中にも、オリンピック招致に関する次のような記述が見られる。 トルコは国際陸連に協賛金400万ドル~500万ドルを支払えと求められたが断ったためラミン・ディアク会長の支持を得られなかった。日本側はこの額を支払ったので、2020年の五輪は東京に決まった…。 息子 [全文を読む]

エスピーアイ取材記事が月刊「企業と広告」10月号に掲載

@Press / 2015年10月14日10時30分

記事の中で当社代表取締役の道端が、電通グループから2014年12月に独立を果たした背景、今後の当社の事業展開、そして当社の職場環境等について、インタビューに答えています。 詳しくは月刊「企業と広告」10月号「~特集・広告会社~ P.62<記者の目>電通から独立し中立性を維持 適切な配分提案で業界発展へ」をご覧ください。 【株式会社エスピーアイについて】 [全文を読む]

【5/21(日)】ビジネスモデルの未来を語る議論を、ご一緒に。

PR TIMES / 2017年05月16日09時21分

2000 年にフリー編集者として独立し、以後、『Esquire 日本版』『TITLE』『LIVING DESIGN』『BRUTUS』『GQ JAPAN』などの雑誌、企業や大使館などのためのフリーペーパー、企業広報誌の編集制作などを行ってきたほか、展覧会の図録や書籍の編集も数多く手がけている。また、音楽ジャーナリストとして『intoxicate』『MUSIC [全文を読む]

賢人のノート術「モヤモヤ→解決を1ページで完結させるワザ」

プレジデントオンライン / 2017年02月24日15時15分

花王でのビジネスマン経験を経て独立。著書『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』(Nanaブックス、2009年)はビジネス書大賞1位に輝く。2013年からビジネス手帳の監修も手がけている。 村井瑞枝 戦略コンサルタント。調理師免許取得後、米国とイタリアの大学、Rhode Island School of Designでアートを学ぶ。JPモルガン、ボ [全文を読む]

電通「買われた記事」問題をスクープ ワセダクロニクルとは

NEWSポストセブン / 2017年02月19日16時00分

利害関係から独立するために、広告を取らず、調査報道を支える人たちからの寄付金で運営しようと考えているからです」 ホームページでは、〈政府や大企業といった大きな権力を持つ組織の不正や腐敗を自力で取材し公表する〉とし、〈取材にあたっては、公益性(公共の利益)があると判断した場合はあらゆる手段を排除しません〉と宣言している。 発足から約1年、約10か月の取材期間 [全文を読む]

エイベックス松浦社長が労基法で是正勧告も「時代にあわない」と反論して物議|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2016年12月25日19時13分

会社の将来に見切りをつけて転職したり、搾取を恐れて独立したりする人が出るほどに、その企業は競争力を徐々に失っていくことになるのでしょう。 いまのスキルで少しでも多くのサラリーが欲しいとか、ほかに転職できるほどの実力もない人ほど、土日残業どんとこいで組織のために働いてくれるのは間違いありません。企業にとっては、そういう人はそれなりに大事です。でも、そういう人 [全文を読む]

「Jリーグの功労者」今西和男はなぜ、不当な仕打ちで排除されたか?

週プレNEWS / 2016年08月09日06時00分

例えば、今年6月にアブハジア共和国(ジョージアから事実上独立状態も、日本など多くの国が今も未承認)でConIFA(独立サッカー連盟)主催の世界大会が開催されました。FIFA(国際サッカー連盟)に加盟していない国や民族の大会です。北キプロスなど12チームが参加しました。 アブハジアは外務省から退避勧告が出されている国ですが、アブハジアで開催されるからこそ意味 [全文を読む]

【電通ワンダーマンNEWS RELEASE】3月14日セミナー開催 / 徹底解剖!「売れる理由」と「売れない理由」

PR TIMES / 2016年02月24日09時23分

その後、2005年2月に独立。企業のマーケティングに関するコンサルティングと社員育成・教育研修を展開。グロービス経営大学院客員准教授、青山学院大学経済学部非常勤講師も兼務。一貫してマーケティングにおける「顧客視点」の重要性を説く。2nd.セッション 成功率を高めるダイレクトマーケティングの定石、そして昨今の潮流とは?株式会社 ジェイ・ビーム 代表取締役 鈴 [全文を読む]

きっかけは競馬CM? キムタクと交流・武豊も衝撃の、SMAP分裂の“火種”とは

日刊サイゾー / 2016年01月19日23時30分

このときは現在と逆の形、つまり木村拓哉がジャニーズ事務所から独立して個人事務所を設立するとの報道が相次ぎ、98年9月の東京ドーム公演初日に5人揃って会見、解散説を否定した。 それまで、JRAのイメージキャラクターは2~3人で務めるのが定番。94年は高倉健と裕木奈江、95~96年は中井貴一、時任三郎、真田広之が務めた。それだけにSMAP全員ではなくキムタク単 [全文を読む]

こんなに怖いCMちょっとない。子どもたちを震え上がらせた衝撃の名作

まぐまぐニュース! / 2015年11月13日04時00分

その後、電通常務執行役員となり独立、現在は株式会社ライトパブリシティの社長を務めている。 image by: Shutterstock メルマガ『ジャーナリスティックなやさしい未来』より一部抜粋 著者/引地達也記者として、事業家として、社会活動家として、国内外の現場を歩いてきた視点で、世の中をやさしい視点で描きます。誰もが気持よくなれるやさしいジャーナリス [全文を読む]

フォーカス