タブー 電通に関するニュース

洗脳広告代理店「電通」が画策するオリンピックと人類奴隷化計画! さらに宇宙人の存在を苫米地英人が語る!(康芳夫対談)

tocana / 2016年12月26日07時00分

《洗脳》をテーマにタブーというタブーを語り尽くす《暗黒対談》。康氏はかつて「ロス五輪の放映権を奪われた」という因縁の相手を最後のカードとして切り出した。東京オリンピック絡みでスキャンダルが漏れかけている《洗脳広告代理店》は、どこからきた、何者なのか。メディアを牛耳るタブーを前に、苫米地氏の言葉はまだまだ加速してゆく!【その他の画像はコチラ→http://t [全文を読む]

電通社長の「電通否定」方針で内部崩壊の兆候…経営陣と社員の「断絶」深まる

Business Journal / 2016年11月24日06時00分

電通批判は、マスコミ、特にテレビ業界の最大のタブーだ。その聖域にカトクが切り込んだ。 関係者を驚かせたのは、菅義偉官房長官が10月14日の記者会見で、電通への東京労働局の立ち入り調査について「結果を踏まえ、過重労働防止に厳しく対応する」と述べたことだ。一企業に対する労働基準法違反の立ち入り調査について官房長官がコメントするのは極めて異例。 働き方改革は、安 [全文を読む]

サッカーW杯公式グッズ、ライセンスビジネスの裏側と電通タブーに迫る

Business Journal / 2013年10月16日14時00分

2014年FIFAワールドカップブラジル大会の日本国内における公式グッズのライセンスを獲得している、マッスという企業がある。世界的なビッグイベントにおけるライセンスを取得するほどの企業にもかかわらず、一般的にはほとんどその存在は知られていない。 いったい、マッスはどのようにしてFIFAのライセンスを獲得したのだろうか? そして、なかなか知られることのないラ [全文を読む]

東京五輪公式エンブレム問題はやはり電通主導だった! 社員2名“更迭“だけで、電通の責任は追及されないのか?

リテラ / 2015年10月03日19時00分

電通タブーを抱えたマスメディアには報じることのできないこの記事を、以下に再録するのでぜひご一読いただきたい。(編集部) **********************************▽エンブレム問題、森喜朗の"共犯"は組織委にいる「電通」社員!? 背後に五輪利権を支配する巨大広告代理店の思惑が [全文を読む]

これが「おもてなし」か......東京五輪招致「裏金疑惑」の背後に見える電通の権力と、利権だけで進む状況に「もう辞退しろ」の声殺到!

Business Journal / 2016年05月13日14時00分

マスコミ最大のタブーである「電通」。新聞、テレビ、雑誌などメディアの収益源はいわずもがなの「広告収入」であり、それを強烈にグリップしている電通にとって都合の悪い情報を垂れ流せるわけがないのだ。国内全紙での報道にも「電通」の名前は出ていないという徹底ぶりがもはや痛々しい。 この報道が事実であれば、日本の招致委員会は五輪開催を「買った」ということになる。現状 [全文を読む]

電通よりブラック企業?新垣結衣の事務所が”ジャニーズ批判”で騒然

デイリーニュースオンライン / 2016年11月22日11時36分

週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

電通の広告料不正請求は今に始まったことではない! 圧力でもみ消し続けてきた過去の不正事件

リテラ / 2016年10月01日00時10分

ご存じの通り、世界一の巨大広告代理店である電通は日本のメディアにとって最大のタブーとなっている。現に、東京五輪招致委員会が2020年五輪の東京招致のために2億3千万円もの裏金をばらまいていた件も最初に報じたのはイギリスのガーディアン紙だったが、同紙は裏金疑惑に電通が関与しているのではないかと実名をあげて言及していたにもかかわらず、当初、国内メディアは一切 [全文を読む]

「AKB48、トヨタ並みのタブー」武豊の不倫スキャンダルを新聞・テレビが完全スルーするワケ

日刊サイゾー / 2015年10月26日13時00分

その理由についてスポーツ紙デスクは「ジョッキーのスキャンダルはタブー中のタブー。JRAは最も大事なクライアントで、毎年莫大な広告費を落としてくれる。何気なく見ている出走馬の載った馬柱も、実は広告料が発生している。新聞、テレビはおろか、男性誌やゴシップ誌もJRAの広告なくしては成り立たない。スキャンダルをやれるとしたら、競馬と無縁の女性誌しかありません」と [全文を読む]

エンブレム問題、森喜朗の“共犯“は組織委にいる「電通」社員!? 背後に五輪利権を支配する巨大広告代理店の思惑が

リテラ / 2015年09月10日23時31分

それは、高崎氏の所属する電通が絶対的なマスコミタブーだからだ。 だが、本日発売の「週刊新潮」9月17日号(新潮社)が『「エンブレム」審査を「佐野研」出来レースにした電通のワル』というタイトルで、この問題を特集記事にしている。 記事では、審査委員のひとりが「高崎氏が(審査委員の)人選を行った」と証言。しかも、森喜朗会長と武藤事務総長が無断で修正を指示したとし [全文を読む]

復活する原発推進広告、巨額広告費欲しさに自社記事を装うメディアの醜態

Business Journal / 2013年12月27日14時00分

誰も原発広告の検証をしないのなら、広告業界に18年間身を置いていた自分がやろう、と始めたのです」 このように語るのは、原発事故以前にあった原発報道をタブー視する風潮は、その醸成に広告代理店が大きな影響を与えていたとの事実を明らかにした『電通と原発報道』(亜紀書房刊)の著者である本間龍氏。本間氏が危険だと指摘するのは、青森県ローカル3紙に掲載された「『はやぶ [全文を読む]

清水富美加のレプロどころじゃない!? 現役女子アナが暴露するテレビ局の“ブラック事情”

日刊サイゾー / 2017年03月01日18時00分

若手女優が事務所にケンカ売ったと思ったら、背後には有名宗教団体、“守護霊本”出版、その直後に「性をウリにすることを強要されてた」と告発する自伝も発表ってもうフミカ! どんだけタブー犯しちゃうの!? でもってこの騒動、ネット見てるとフミカバッシングもあるっちゃありますが、レプロさんへのブラック企業批判が多いこと! そりゃレプロは嫌われてますよ、私もある所属タ [全文を読む]

目指すはべビメタ?YOSHIKIプロデュース「Lady's X」が閑古鳥の惨状

デイリーニュースオンライン / 2016年06月21日07時05分

週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

ノリピー化の懸念?高橋みなみの三連泊愛に潜む“アイドルの罠”

デイリーニュースオンライン / 2016年05月22日09時04分

また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。 [全文を読む]

嵐、『スマスマ』枠で新番組スタート!? SMAP冠番組終了でテレビ界大激変

サイゾーウーマン / 2016年01月15日12時45分

各グループは「飯島派」「ジュリー派」に分けられ、双方の共演はおろか、同時間帯に別の番組に出ることさえもタブーとされていた。 「テレビ界では常識ですが、ジャニーズ事務所の所属タレントが出演する番組のプロデューサーは、それぞれ必ず飯島派かジュリー派かに分けられていました。ジュリー派は『J1』、飯島派は『J2』と呼ばれ、例えば同じプロデューサーがSMAPと嵐の番 [全文を読む]

マツコ・デラックスは昔、もっと過激だった! 朝日新聞に「闘う意志がない」と説教も

リテラ / 2015年03月01日12時00分

「お金を儲けようとする電通や博報堂が周りを固めて、そこに利権が発生したりするから、まあ、分かりやすい言い方しちゃうと根腐れするのよね」と、マスコミタブーである大手広告代理店の批判を気負うようすもなく語る。 ......まあ、ここまでは現在に通じるマツコらしさがあるが、このあとがすごい。マツコの矛先は、このインタビューが掲載される雑誌の親玉である朝日新聞に移 [全文を読む]

フォーカス