部署 電通に関するニュース

電通社員、「殺人的」長時間残業&パワハラ蔓延を告発…入院者続出、部下を平手打ち

Business Journal / 2016年10月21日06時00分

「私が以前在籍していた部署では、終電前に帰宅できたことはほとんどありませんでした。その部署では、私も土日含めて毎日朝4~5時頃まで働く日が2週間ほど続くこともしばしばありました。こうした長時間労働は新入社員も同様で、電通内では常態化しており、ある種の文化となっています」 高橋さんの部署も、そのような過酷な環境だったのであろうか。「高橋さんがいたダイレクトマ [全文を読む]

電通社長の「電通否定」方針で内部崩壊の兆候…経営陣と社員の「断絶」深まる

Business Journal / 2016年11月24日06時00分

重大で悪質性の高い労働基準法違反を取り締まる部署である。2015年にベテランの労働基準署の監督官を集めて、東京、大阪の労働局に新設された。 厚生労働省の薬物犯罪の捜査を行う麻薬取締官を「マトリ」と呼ぶ。一方、企業の過重労働の撲滅を担うGメンが「カトク」なのである。 カトクが立件したのは昨年7月、靴販売チェーンのABCマートを運営するエービーシーマート。都内 [全文を読む]

「クライアントからの無理難題は断れ!」 元電通コピーライター・前田さん

弁護士ドットコムニュース / 2016年10月25日10時00分

――電通をはじめとした広告業界の労働時間が長くなるのはなぜか?電通と一口に言っても、部署ごとチームごとに業務内容がまったく違うため、高橋さんの部署が具体的に何をしていたのかは、私は知りません。しかし、一般にイメージされる広告制作の現場なら、以下のように言えるでしょう。「広告主企業が物事を朝に決める(例:制作中のポスターに急遽変更が必要など)→昼に電通の営業 [全文を読む]

2020年東京五輪開催で電通への就職志望者増加が確実と専門家

NEWSポストセブン / 2013年09月15日16時00分

スポーツ局という部署で、スポーツ競技に関するビジネスを仕切るというパターン、そして、オリンピックのスポンサーをする企業に営業やクリエイティブ担当という立場で関わるパターンです。 [全文を読む]

電通、社員を死に追いやる恐怖の「責任三カ条」…「十を誤るごとき者は削除せらるべき」

Business Journal / 2016年11月22日20時00分

「電通に関する報道を見ると、長時間労働が常態化している部署があることは間違いないと思います。そのため、具体的に『その部署における業務量をどうするか』を問題にしなければなりません。 労働時間を減らすには、1人当たりの業務量を減らすことが必要であり、そのためには業務自体を減らすか人を増やすかといった対策をとらなくてはなりません。また、納期や締め切りの期間を長く [全文を読む]

繰り返される電通の激務・過労死事件~なぜ「過重労働」はなくならないのか?

ヘルスプレス / 2016年10月14日21時00分

インターネット広告を扱う部署に配属されたが、時間外労働は1カ月約105時間にのぼった。社内の飲み会の幹事をすることもプレゼンテーションや接待の訓練と位置づけられ、飲み会後は「反省会」と称して深夜までダメ出し――。 さらに「君の残業時間は会社にとって無駄」「女子力がない」などと上司に否定されていたという。 高橋さんのSNSへの書き込みには、「休日返上で作っ [全文を読む]

AKB48小嶋陽菜の弟が電通マンに…コネ入社が蔓延る広告&放送業界

メンズサイゾー / 2012年09月02日08時00分

さすがに容姿があまりにも女子アナのイメージとかけ離れていると採用は厳しいので、別の部署に回ってもらうことになりますが……」(在京テレビ局社員) 歌舞伎の世界などは世襲制度がはっきり存在しており、俳優やタレントでも親の七光りで活動している二世、三世は少なくないが、これがまかりとおるのは芸能界だけではないようだ。※イメージ画像:『AKB48公式生写真 真夏のS [全文を読む]

電通と博報堂はいったい何をしているのか 超エリート集団の実態とは

東洋経済オンライン / 2017年04月23日17時00分

たとえば今のように話題の動画を作りたいというニーズが膨らめば、部署は増えていく。電通はテレビや新聞に強い。博報堂は伝統的に出版広告が得意。出版社の宣伝部と仕事をする出版営業局、これはわかりやすい。ところがある時期に公共ニーズが増え、ある県の役所を担当する部署が第13局として分化した。そのセクションも時代とともに名前は「テーマ何とか局」に変わる。こうして日々 [全文を読む]

オタク文化輸出するTokyo Otaku Mode

プレジデントオンライン / 2017年05月23日09時15分

僕がやっていたのは電源の部署。電源はケーブルがあるから、会場に最初に入って最後に出ます。イベントの始まりから終わりまですべて見ることができたのは楽しかったし、拘束時間が長いので稼げたのもよかった。友達に話したら「紹介して」と言われて、みんなでバイトしていました。 【田原】何がそんなにおもしろかったんだろう。 【亀井】自分たちがゼロから携わらせてもらって、ス [全文を読む]

電通東大卒女性社員自殺 一般家庭出身社員へのしわ寄せ

NEWSポストセブン / 2016年10月20日07時00分

《死にたいと思いながらこんなストレスフルな毎日を乗り越えた先に何が残るんだろうか》(12月16日) 高橋さんが所属していたのはインターネット関連の広告を扱う部署で、人手不足のうえに厳しいノルマが課されていた。加えて、電通では社員同士の酒宴の準備も新入社員が担当し、司会や余興に先輩社員がダメ出しをしていたという。「それらは高橋さんにとってとても“嫌な仕事”だ [全文を読む]

若手社員自殺は電通だけじゃない! TBS「トイレ自殺」のウワサと、新人研修が“激アマ”になった裏事情

日刊サイゾー / 2017年04月16日19時00分

できるだけ希望の部署に配属できるようにもしていて、まるで腫れ物に触るよう。これは逆にやりにくくてしょうがないです」(同) 特にその傾向に拍車がかかったのが今年度の新入社員だというから、テレビと密接に関係する電通の問題を横目にしたTBSが「明日は我が身」と気を引き締めた可能性はある。 「局のそんな対応のせいか、調子に乗った“モンスター新人”もいて、いきなり番 [全文を読む]

「アイルトン・セナを“音”で蘇らせる」“現代の魔法使い”落合陽一×電通クリエーティブ・テクノロジスト・菅野薫

週プレNEWS / 2017年01月30日06時00分

最先端の異才が集う最強講義を独占公開! Dentsu Lab Tokyoは、電通内でもクリエーティブ部門の研究・企画・開発に特化した新設の部署だ。スタジオの一画には、これまでに獲得したクリエイター垂涎(すいえん)のトロフィーの数々がズラリと並び、ビジネスやエンターテインメントの領域でテクノロジーを使った表現を行なうチームの実力をうかがわせる。 この制作集団 [全文を読む]

電通で繰り返された「過労自殺」、25年前にも起きた悲劇の過酷な実態

弁護士ドットコムニュース / 2016年10月13日10時34分

ラジオ広告の企画と営業を担当する部署に配属された。男性は素直で責任感があり、ものごとには粘り強く取り組み、完璧主義の傾向があった。・当時の電通では、従業員の長時間に渡る残業が常態化していた。また、実際の残業時間より少ない時間を申告することも行われていた。・男性は、1990年11月末ころまで、遅いときは出勤した翌日の午前4時、5時ころ帰宅する状況だった。それ [全文を読む]

五輪招致活動の顔はJOCや招致委だが頭脳と手足は電通

NEWSポストセブン / 2016年05月24日07時00分

しかも社員4万7000人の巨大組織における最大の「花形部署」はいわゆる「広告」を扱う部署ではなく、「スポーツ局」といわれる。ジャーナリストの伊藤博敏氏が解説する。「約150人の局員はそれぞれ得意のスポーツ分野を持つ精鋭で、テレビ放映権を扱い、有名選手をサポートする。イベントやスター選手を招致してスポンサーを探し、グッズ販売も企画して収益化するなど、あらゆ [全文を読む]

【外資系・金融・総合商社・大手企業】インターンシップ面接通過のための極意

楽天みんなの就職活動日記 / 2015年08月27日12時00分

http://www.nikki.ne.jp/rd/148132/http://www.nikki.ne.jp/rd/148133/【ボストン・コンサルティング・グループ】体験職種:コンサルティング体験種類:グループディスカション・グループワーク・プレゼンテーション・ビジネスプラン実施時期:2015年3月≪感想≫インターンシップを通じて社員の方がディスカッ [全文を読む]

「モノづくりの世界で最後に残るのはストーリー」“現代の魔法使い”落合陽一×電通クリエーティブ・テクノロジスト・菅野 薫

週プレNEWS / 2017年01月31日15時00分

最先端の異才が集う最強講義を独占公開! Dentsu Lab Tokyoは、電通内でもクリエーティブ部門の研究・企画・開発に特化した新設の部署だ。スタジオの一画には、これまでに獲得したクリエイター垂涎(すいえん)のトロフィーの数々がズラリと並び、ビジネスやエンターテインメントの領域でテクノロジーを使った表現を行なうチームの実力をうかがわせる。 この制作集団 [全文を読む]

電通だけじゃない!帰宅は毎日早くて深夜3時…某広告代理店の「殺人的」労働実態

Business Journal / 2016年11月10日06時00分

「私が配属されたのは、取引先との接待も行う営業部署でした。定時を終えると上司とともに酒席に急行していました。その場で求められるのは、とにかく飲んでその場を盛り上げることです。しかし、当然酔って自分を忘れるといったヘマはできないので、常に緊張を強いられました。二次会、三次会、四次会と、何があっても途中で帰ることはできません。帰宅は早くて日付が回った午前3時 [全文を読む]

電通、靴でビール飲み強制…「社員過労死」文化は20年以上前から、東京五輪の発注停止すべき

Business Journal / 2016年11月09日06時00分

また、裁判を通じて、終業後の部署ぐるみの飲み会や「反省会」など、法律では労働時間と認定されにくい拘束時間が多くあることも明らかになり、上司からのパワハラ体質も問題になった。上司は、大嶋さんに対して靴に注いだビールを飲むように強要したとされている。●問われる電通のセクハラ体質と労働実態 今回の高橋さんのケースも、過労自死に至る構造は1991年の電通事件とほ [全文を読む]

電通が新人女性社員の「過労自殺」で隠蔽工作の事実が! 過去にもパワハラによる社員の自殺で責任逃れ

リテラ / 2016年10月10日22時30分

高橋さんは入社後、デジタル・アカウント部に所属し、インターネット広告を担当していたが、本採用となった昨年10月以降、部署の人数が14人から6人に減り、仕事量が激増。月に80時間といわれる過労死ラインを超え、100時間以上の時間外労働を行うこともあった。また睡眠も1日2時間ほどしかとれなかった状態が続いたという。 高橋さんのツイッターには「休日返上で作った [全文を読む]

高畑裕太レイプ事件に日産から電通まで大手企業が大激怒! 母・淳子もTVから消える可能性

tocana / 2016年08月25日07時00分

現在、他の部署や24時間テレビに関係のない制作会社まで総動員で高畑裕太のVTR出演部分の削除を進めています。24時間テレビに数億円の広告費を投入していると言われる日産の担当者は『少しでも映っていたら始末書では済まない』と激怒しているという」(日テレ関係者談) 生放送だったからまだ良かったものの、高畑裕太が犯した犯罪はとんでもない代償を払いそうだ。 「CM契 [全文を読む]

フォーカス