入山杏奈 生駒里奈に関するニュース

【エンタがビタミン♪】小嶋陽菜が『恋チュン』初センターで緊張。たかみなの応援「にゃんにゃ~ん!」が裏目に。

TechinsightJapan / 2015年01月18日12時55分

この日の選抜メンバーは高橋みなみ、小嶋陽菜、渡辺麻友、柏木由紀、横山由依、宮澤佐江、北原里英、島崎遥香、入山杏奈、川栄李奈、武藤十夢、木崎ゆりあ、川本紗矢、松井玲奈、松井珠理奈、生駒里奈の16人。『恋するフォーチュンクッキー』~『ヘビーローテーション』~『愛の存在』をメドレーでパフォーマンスして、センターは順に小嶋陽菜、渡辺麻友、高橋みなみが務めた。 こ [全文を読む]

乃木坂46生駒里奈 6万人が選ぶ「新成人アワード」でグランプリ

dwango.jp news / 2016年01月11日22時37分

いろんなことに挑戦したので是非よろしくお願いいたします!■大和撫子賞 入山杏奈(AKB48)新成人アワード2016「大和撫子賞」に選んで頂き誠にありがとうございます。大和撫子賞ということで、美しく芯を 持った女性ということで賞をいただけて二十歳を迎え、身を引き締めて頑張らなきゃいけないという思いです。成人式を迎えて大人の第一歩を踏み出しましたがこれからは、 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】AKB48選抜総選挙、来期はどうなる? 指原莉乃・渡辺麻友らメイン不在の影響は…

TechinsightJapan / 2017年04月06日19時52分

ここ数年の選抜総選挙で上位常連の柏木由紀、山本彩をはじめ兒玉遥(昨年9位)や入山杏奈(昨年18位)など不出馬するメンバーが増え、指原莉乃や渡辺麻友のように「今回で出馬は最後」と宣言するケースも出てきた。 後輩へチャンスを与える意向もあるようだが、これでは「ファンによる選抜メンバー」という当初の目的とずれが生じる。たとえば指原莉乃のファンは次の『AKB48選 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】“坂道AKB”の衝撃発表 新ユニットの選抜メンバーに早くも憶測

TechinsightJapan / 2017年02月04日20時31分

■『シュートサイン』選抜メンバー全32名 AKB48:入山杏奈、大西桃香、大家志津香、岡田奈々、小栗有以、柏木由紀、加藤玲奈、川本紗矢、木崎ゆりあ、小嶋陽菜、小嶋真子、込山榛香、高橋朱里、峯岸みなみ、向井地美音、武藤十夢、横山由依、渡辺麻友 SKE48:松井珠理奈、須田亜香里、後藤楽々 NMB48:市川美織、白間美瑠、山本彩加、山本彩、吉田朱里 HKT4 [全文を読む]

橋本愛超え!「期待の新成人」トップを獲得した大原櫻子は「うるさくらこ」!?

アサ芸プラス / 2016年01月15日01時59分

若手演技派の呼び声も高い女優の橋本愛、AKB48の入山杏奈、乃木坂46の生駒里奈らを抑えてのトップに躍り出たのだ。 10~50代の男女1000人によるインターネット調査で、年明け早々に行われたこともあり、大原の「NHK紅白歌合戦」初出場、紅組トップバッター出演の晴れ姿が鮮明だったようだ。「選考理由は、類まれな歌唱力とフレッシュな演技、今後大いに成長が期待さ [全文を読む]

新成人同士で一緒にドライブに行きたい有名人TOP10【女性編】

clicccar / 2016年01月14日14時33分

第10位 森本龍太郎 ・あんなイケメンとドライブできるなんて最高・ドライブ中の横顔とか見惚れちゃう・甘いマスクにドキドキしそう 第9位 小関裕太 ・同い年と思えないくらい大人っぽいからいいデートがきそう・あの笑顔を独り占めしてみたい・女性への気遣いがすごくよくできそう 第8位 入山杏奈 ・道に迷っても助けてくれそう・意外な穴場スポットを知ってそう・女子力 [全文を読む]

AKB48の表紙起用がトドメ!?「CUTiE」休刊に、アイドル起用続くファッション誌業界が戦々恐々

日刊サイゾー / 2015年07月31日20時30分

しかし、今年に入ると1月号はAKB48・渡辺麻友、2月号は乃木坂46・齋藤飛鳥、3月号はAKB48・島崎遥香、4月号は乃木坂46の生駒里奈&星野みなみ&堀未央奈、5月号はAKB48・入山杏奈、7月号はHKT48・宮脇咲良……とAKB48関連グループのメンバーが続くように。さらに、2月には、齋藤が同誌史上初の専属モデルに起用されることが発表されたばかりだっ [全文を読む]

ファンはどっちらけ? 着々と松井珠理奈の“首位固め”が透けて見えるAKB48総選挙の行方

日刊サイゾー / 2015年05月14日09時00分

もともと、総合プロデューサーの秋元康氏の“推しメン”だけに、どのタイミングで“珠理奈政権”を確立するかが、これまでの最大のテーマとなっていた」(芸能デスク) 今回は昨年上位だったメンバーのうち、SKE48の松井玲奈、卒業のウワサがちらつくAKB48の小嶋陽菜、AKBとの兼任から乃木坂46専属に戻った生駒里奈、襲撃事件で負傷しグループ卒業を発表している川栄李 [全文を読む]

AKB48選抜総選挙、辞退者続出の異常事態で「オワコンまっしぐら!?」テレビ中継は惨敗確定か

日刊サイゾー / 2015年03月30日20時30分

「今年は、昨年5位の松井や、8位の小嶋陽菜、16位の川栄李奈、20位の入山杏奈など、人気メンバーの辞退が目立つため、ネット上では『選抜総選挙の面白さが半減する』『こんな総選挙、やっても意味がない』『オワコンへまっしぐら』との声も。メンバーが強制参加させられていた頃は、少女たちが順位付けされる“残酷ショー”的な下世話な面白さがあったが、その要素がすっかり薄 [全文を読む]

AKB48一気に世代交代か?「ヤングメンバー全国ツアー」に大注目

dwango.jp news / 2015年03月04日22時43分

その2人を支えるように川栄李奈、入山杏奈、木﨑ゆりあ、兒玉遥といった実力と人気を兼ね備えたメンバーが控えている。ヤングメンバーと言えど、核となる部分ではAKB48シングル選抜にもひけをとらない豪華布陣だ。また、「マジすか学園4」でチーム火鍋として強烈なインパクトを残す高橋朱里、加藤玲奈、大島涼花、向井地美音、内山奈月や、個性的なキャラで人気を上げている大和 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】“ぱるる”の涙から始まる。AKB48新曲『Green Flash』 Short ver.のMVにファンが疑問。

TechinsightJapan / 2015年02月18日19時25分

さらに松井珠理奈、宮脇咲良、入山杏奈、生駒里奈、小嶋真子、木崎ゆりあと続き、ここまでは宮脇咲良がお風呂で泣くなどそれぞれに場面設定がある。その後は小嶋陽菜、松井玲奈、指原莉乃、渡辺麻友、山本彩、高橋みなみ、横山由依、柏木由紀が涙するカットが映り、ラストシーンは希望に満ちた表情で走る松井珠理奈となっている。 オープニングで島崎遥香が泣くのをこらえながらもつい [全文を読む]

新潟を拠点とするNGT48が10月に誕生!

エンタメNEXT / 2015年01月26日11時00分

<1月25日昼公演 AKB48 リクエストアワー セットリストベスト1035 2015 26~50位> 50位 春色の翼 49位 抱きしめちゃいけない 48位 それでも好きだよ 47位 君の瞳はプラネタリウム 46位 抱きしめられたら 45位 LOVE修行 44位 恋よりもDream 43位 秘密のダイアリー 42位 アイドルの王者 41位 今 君を想う [全文を読む]

NMB48が確率を超えた躍進! じゃんけん大会ベスト16に3人がランクイン

エンタメNEXT / 2014年09月18日07時00分

Dブロックでは、5月の握手会襲撃事件で負傷した入山杏奈が登場し、1回戦は勝利するも、2回戦でHKT48の朝長美桜に敗北した。第3回大会優勝のAKB48の島崎遥香は、魔法の天使クリィミーマミのコスプレを披露。3回戦でHKT48 朝長美桜との対戦に負けると、悔しがるどころか「うれしいです。ホッとしました」と喜びをあらわにし、“らしさ”全開で会場の笑いを誘った [全文を読む]

AKB48単独初の東京ドーム公演、テーマは”学校”

dwango.jp news / 2014年08月19日11時45分

本編最後の曲となる『アリガトウ』では入山杏奈がステージに登場し、“あんにん”コールが巻き起こる中、「今日は最後の1曲だけですけど、みんなと東京ドームのステージに立ててすごく嬉しいです」と挨拶。1曲のみの出演となったが、充実の笑顔でファンの皆様の声援に応えた。最後は高橋みなみ総監督が「ありがとうございましたー!明日のグループコンサートもよろしくお願いします! [全文を読む]

「ゆるすぎて意味がない」の声も…AKB48選抜総選挙、厳戒態勢アピールも実態は“ザル警備”との指摘

メンズサイゾー / 2014年06月08日14時00分

先月、メンバーの川栄李奈(19)や入山杏奈(18)らが握手会で男に切りつけられる事件が発生し、厳重警備がしかれていたことから開票イベントは混乱が予期されたが、特に目立ったトラブルもなく無事に終了。だが、今までとは違ったさまざまな“異変”が散見され、やはり襲撃事件が与えた影響は大きかったようだ。 会場では入場前に金属探知機チェックと荷物検査が行われ、ファン [全文を読む]

Tehuの「残念ながら、アイドルヲタです。」第1回:僕はアイドルがいるから日本にいる

週プレNEWS / 2013年10月04日16時00分

ライブや握手会で何万人もの人々を集める、ももクロの玉井詩織さん、AKB48の入山杏奈さん、乃木坂46の生駒里奈さんといった同い年(1995年生まれ)の人気アイドルには勝てないかもしれませんが、いろいろと良い仕事もしたはずだし、今ではなんとか胸を張って「Tehuです」と名乗ることができるようになりました。 すると、最近のトレンドでしょうか、いろんな人達に「 [全文を読む]

フォーカス