丸山隆平 亀梨和也に関するニュース

マツコとジャニーズ「共演NG」から「下半身も触る」友好関係になったワケ

アサジョ / 2017年04月20日18時15分

マツコと亀梨は、6~7年前に番組で一緒になったときに携帯番号を交換して以来親交があり、ジャニーズの中では関ジャニの丸山隆平と同じくらいの古いつき合いだという。というわけで、そこからは“ジャニーズコード”ギリギリのやり取りが展開される。村上「マツコに下半身触られていない?」亀梨「会うとフツーに触られる。廊下で触られて、『元気だった?』って挨拶してくれる」マ [全文を読む]

「佐藤勝利は若手の鏡」現場で愛されるジャニーズアイドル3名を、関係者が熱烈告白!!

サイゾーウーマン / 2017年03月05日08時00分

しかしまぁ、ジャニーズ事務所からの信頼が一番厚い若手は、確実に佐藤でしょうね」(同) 続いて名前が挙がったのは、関ジャニ∞・丸山隆平だ。 「丸山は、仕事に対する姿勢が非常に前向きで、人間的に気持ちがいい。上京当初、関ジャニ∞は、今ほどブレークしていませんでしたが、丸山はメンバーの中で最も“グループを盛り上げて一旗揚げよう”と真剣な様子で、その思いは、メディ [全文を読む]

TOKIO松岡昌宏の豪快おごり伝説!後輩の友人にまで超高級ワインをごちそう!?

アサジョ / 2017年01月01日10時14分

それを上回るエピソードがあるのは関ジャニ∞の丸山隆平。別の席に座っていたにもかかわらず、松岡くんが丸山くんのテーブル分の会計を済ませて、先に退店していたそうです」(前出・ベテラン記者) 関ジャニの横山裕は関西ジャニーズJr.時代、タクシー代で1万円をもらったことも。後輩にとことん出資する松岡は、“第2のヒガシ”といっても過言ではないのかも。男女問わず、幅広 [全文を読む]

10年間の交際相手に「遺言状」!?TOKIO松岡昌宏の男気エピソード

アサ芸プラス / 2015年11月24日17時58分

関ジャニの丸山隆平と偶然飲食店で出会い、別席なのにさりげなくお金を払って帰る。極めつけは、ジャニーズ事務所のリーダー格・東山紀之と食事をした時も自分が払おうとしたという伝説もあります。それ以外に、剛力彩芽や佐々木希など、誕生日を忘れずにプレゼントを送ったなど、男気エピソードは枚挙にいとまがありません」(写真誌記者) ただ単に金払いがいいというわけでもない。 [全文を読む]

日テレが今度は『エンジェル・ハート』を実写化! 伊藤英明、長瀬智也……次なる炎上商法の被害者は誰だ!?

日刊サイゾー / 2015年07月17日00時00分

これまで、亀梨和也主演『妖怪人間ベム』や、昨年放送された関ジャニ∞・丸山隆平主演『地獄先生ぬ~べ~』など、数々の実写化ドラマを放送してきた日本テレビだが、どれもオリジナル要素が多分に含まれているため、放送のたびに原作ファンから批判が殺到。特に『地獄先生ぬ~べ~』は、キャスティング主動の強引な設定変更が元で、炎上騒動に発展。放送中の『デスノート』も、原作と [全文を読む]

櫻井翔司会の音楽特番でジャニーズヒット曲メドレー

Smartザテレビジョン / 2015年07月01日17時40分

1.硝子の少年(KinKi Kids):長瀬智也・滝沢秀明・渋谷すばる・手越祐也・亀梨和也 2.MADE IN JAPAN(V6):櫻井翔・村上信五・小山慶一郎・有岡大貴・伊野尾慧・小瀧望 3.チャンカパーナ(NEWS):松岡昌宏・大野智・横山裕・上田竜也・知念侑李・重岡大毅 4.VENUS(タッキー&翼):坂本昌行・堂本光一・大倉忠義・山田涼介・中間淳 [全文を読む]

『デスノート』『ど根性ガエル』、「主人公&時代設定を改悪」と炎上! 日テレ7月ドラマは爆死!?

サイゾーウーマン / 2015年05月26日13時03分

しかし、昨秋の関ジャニ∞・丸山隆平主演『地獄先生ぬ~べ~』は初回放送後、ドラマの公式サイトの掲示板に縦読みで『原作をこわすな』『ごみどらま』といった酷評が相次ぎ、視聴率も平均10.2%と、大ヒットとはいえない数字で終了。ネット上では7月期の『デスノート』『ど根性ガエル』も『ぬ~べ~コース』と、失敗が予想されています」(同) 現段階で、7月期の日テレドラマで [全文を読む]

日テレ・連ドラ版『デスノート』天才主人公を“平凡な大学生”にキャラ変……『ぬ~べ~』の悪夢再び!?

日刊サイゾー / 2015年05月25日20時30分

特に、昨年放送された関ジャニ∞・丸山隆平主演『地獄先生ぬ~べ~』は、舞台が小学校から高校に変更されたほか、雪女を元KARAの知英がカタコトの日本語で演じるなど、キャスト優先のドラマ作りが目立ち、『やりたい放題』『改悪』と反感を買った。その記憶が新しく、『デスノート』にも不安が過ってしまうようです」(同) ほかのキャストは後日発表。ファンが多い作品なだけに、 [全文を読む]

フォーカス