磐梯山 富士山に関するニュース

富士山を消滅させる「山体崩壊」とは?

週プレNEWS / 2012年11月22日13時00分

日本国内では富士山貞観大噴火の約半世紀前に、会津磐梯山(元2千数百メートル)がその運命をたどった。また最近では、1980年5月にアメリカ・ワシントン州のセント・ヘレンズ山頂(元2950メートル)が噴火崩壊し、一夜にして500メートル低い双子山に化けた。 これらふたつの火山よりひと回りもふた回りも大きく育った富士山の場合は、当然ながら山体崩壊の規模もケタ違い [全文を読む]

山の日を前に、山と溪谷社 ヤマケイ登山総合研究所が、『登山白書2016』を刊行

PR TIMES / 2016年07月15日11時00分

/エベレストを舞台にした本格山岳映画が次々と公開2015年山岳遭難事故の発生状況まとめと、山岳遭難事故事例収集北アルプス北部/北アルプス南部/八ヶ岳/中央アルプス、乗鞍・御嶽/南アルプス/奥多摩・奥武蔵/奥秩父・大菩薩/丹沢・道志/富士山、富士山周辺/白山・北陸 /鈴鹿・伊吹/大峰・台高/北海道 /東北 /那須・日光・尾瀬・南会津 /越後・谷川・信越/武尊 [全文を読む]

<2017年春>12星座別☆恋を叶える全国の「パワースポット」【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2017年01月02日10時15分

◆牡牛座のあなたあなたにオススメなのは…磐梯山 !日本百名山の一つである福島県の磐梯山は冬も美しく、毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼など、いくつかの沼で構成された五色沼湖沼群から臨む姿も見どころです。近くの磐椅神社は“えんむすび”の神様として雑誌にも取り上げられるそう。御神木である鳥居杉は樹齢およそ800年なのだとか。美しい場所は、牡牛座の恋 [全文を読む]

好評のNHK「ブラタモリ」番組書籍 待望の続巻(第7~12巻)刊行決定!

PR TIMES / 2017年05月18日12時19分

また同時に発売される第8巻では大都市・横浜を「横浜の秘密は“ハマ”にあり!?」のテーマで歩く回のほか、タモリさんが訪問を心待ちにしていた会津磐梯山など、関東から比較的近い街を収録いたしました。 以後、9月中旬には第9、10巻。12月中旬には第11、12巻を刊行して参ります。 第7巻より、巻末に大型の折り畳み地図をとじ込み、旅のお供にさらに便利になりました [全文を読む]

8月11日は新しい国民の祝日「山の日」 百名山を地図で読み解く本格的地図帳が登場! 『日本百名山登山地図帳』上・下

PR TIMES / 2016年07月07日14時22分

[画像1: http://prtimes.jp/i/5912/867/resize/d5912-867-109983-0.jpg ] ●上巻…北海道の利尻山から北アルプス北部の剱岳・立山まで49座 【北海道・東北】利尻山、羅臼岳、斜里岳、阿寒岳、大雪山、十勝岳、岩木山、八甲田山、八幡平、岩手山、早池峰山、鳥海山、月山、朝日岳、蔵王山、飯豊山、磐梯山、会津 [全文を読む]

神の目線!4Kドローンで空撮した福島「吾妻連峰 」の壮大な景色

まぐまぐニュース! / 2015年10月17日00時00分

吾妻連峰は、磐梯山の北側(裏磐梯)に位置します。磐梯山は1888年(明治21年)に大規模な噴火と山体崩壊を起こしたことで世界的に有名になりました。その特殊な地形や地質から、2007年(平成19年)に日本の地質百選に選定され、2011年(平成23年)には日本ジオパークに認定されました。特に山体崩壊を起こした裏磐梯には、様々な形状のカルデラや湖沼など、面白い地 [全文を読む]

【会津磐梯山】4Kドローンくんが今度は、黄金色に輝く稲穂を空撮!

まぐまぐニュース! / 2015年10月08日03時00分

そんな4Kドローンくんが、今度は会津の磐梯山に遠征。震災から5年が経とうとしている福島県の猪苗代湖のほとりで、これまた息をのむほど美しい田園風景を捉えています。 黄金の稲穂を求めて、会津磐梯山に 会津の磐梯山をバックに、金色に輝く稲穂の撮影をしたいとこの1年ずっと思っていました。昨年は出足が遅く残念ながら稲穂は刈り取られた後でした。今年は早めから計画をたて [全文を読む]

「2015年に大地震は発生する!」 予言者・科学者たちの見解を一挙紹介

tocana / 2015年01月05日09時00分

これらを筆者は「三大災害」と呼んで特別の注意を払っているが、その他にも、千島海溝、伊豆・小笠原海溝、日向灘などで巨大地震の発生が懸念されており、また富士山、蔵王山、磐梯山、十勝岳、箱根山などの火山噴火も警戒されている。 東日本大震災を的中させた予言者の松原照子氏は、2014年は「今年はギリギリセーフ」と言い続けてきたが、その期間も過ぎ去った今、次に待ち受け [全文を読む]

小笠原に“新島”出現! 今後も火山噴火連発で日本の領海が急拡大する?

週プレNEWS / 2013年12月05日10時00分

太平洋プレートと北米プレートの境目に、このままマグマがたまり続ければ、北米プレート上の火山、例えば八甲田山(はっこうださん/青森)や磐梯山(ばんだいさん/福島)などの活動が活発になると考えられます」(高橋教授) 首都圏も危うい。 「首都圏は太平洋プレートの上にフィリピン海プレートが乗り、さらにその上に北米プレートが重なっている場所。こんなプレート状況にある [全文を読む]

パナソニックが2020年東京オリンピックに向け、日本を一つにするプロジェクト「ビューティフルジャパン」を始動!

PR TIMES / 2014年09月25日15時51分

猪苗代湖と磐梯山の雄大な風景も余すところなくお届けします。▼福島篇http://panasonic.jp/olympic/bj2020/fukushima.html静岡県では、浜松河輪アスリートクラブの陸上選手、自転車競技の3兄弟が、家族に支えられながら日々前向きにチャレンジする姿を、富士山の雄大な景色とともに4K映像におさめました。▼静岡篇http:// [全文を読む]

フォーカス