牛丼 なか卯に関するニュース

安心できない!なか卯で「全裸」の男が入店しSNSで拡散する

秒刊SUNDAY / 2015年07月22日11時51分

・ 全裸でなか卯食べてるの?・ なか卯全裸中年事件はそれに失敗した末路なのかw・ なか卯に全裸の客だと・ なか卯全裸おじさんはちゃんと牛丼食べてから連行されたのかが気になる(秒刊ライター:Take) [全文を読む]

「吉野家」5人のクレージーが会社を成長させる

プレジデントオンライン / 2017年04月26日09時15分

■「牛丼=吉野家」その原点に立ち返る 【弘兼】先ほど通ってきたエントランスには、吉野家と並んで讃岐うどん店「はなまる」のロゴが見えました。同じグループだと初めて知りました。うどんやそばに嗜好がある僕ら団塊の世代が年を取るにつれ、そのニーズも高まるのではないでしょうか。 【安部】ええ、まさに。基本的には人口数の多い層の嗜好がマーケットをつくります。団塊の世代 [全文を読む]

ゼンショー小川社長が語った「M&Aで一番重視していること」 外食チェーン「国盗り物語」最新勢力図 #2

文春オンライン / 2017年09月15日11時00分

ファミレスが誕生した黎明期、居酒屋御三家が入れ替わったデフレ期( #1 参照)に続き、牛丼、回転寿司、激安焼き鳥居酒屋など、近年の主戦場の実態に迫る(文中敬称略)。 出典:「文藝春秋」2017年9月号(全2回) 牛丼戦争の勝者―M&A期 牛丼戦争。それは2000年代の外食チェーン業界における最重要事項だ。デフレ期を勝ち抜いた牛丼チェーンは、2000年代の外 [全文を読む]

【最強】牛丼屋「なか卯」史上最高金額1,190円のローストビーフ重が激ウマすぎる件

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年11月11日06時00分

吉野家、松屋、サンボ、すき家、牛丼太郎(現:丼太郎)、東京チカラめし、あらゆる牛丼屋が日本に存在するが、なか卯の存在を忘れてはならない。1969年にうどん屋としてオープンし、1974年に牛丼屋もオープン。その後店舗を拡大し、日本各地で愛される人気店となった。 良心的かつ激ウマ店 牛丼というと吉野家や松屋といった多店舗チェーンが頭に浮かぶが、なか卯のメニュー [全文を読む]

すき家で1080円の『黒毛和牛弁当』はアリかナシか

NEWSポストセブン / 2016年11月27日07時00分

回転寿司の「くら寿司」が、“牛丼を超えた『牛丼』(税込み399円)”を販売して話題を呼んでいる。 ネット上では、〈魚介類を使ったダシで牛丼の甘みが増し、クセになりそう〉との声があがるなど評判は上々だが、本家の牛丼専門店では、定番メニューの脇で1000円を超える高価格商品にも力を入れ、新たな顧客ニーズを満たそうという動きが広がっている。 11月17日より10 [全文を読む]

牛丼戦線異状あり「牛肉信仰崩壊が客数減の原因」と識者指摘

NEWSポストセブン / 2013年12月17日07時00分

2000年以降、度重なる値下げ合戦で顧客を囲い込んできた牛丼チェーン。現在、「吉野家」と「松屋」の280円(並盛り)が標準価格になっているが、「すき家」が12月20日から期間限定で240円に値下げすると発表したことで、業界内に激震が走っている。 「240円という最安値は、もはや他社が追随できないギリギリの価格。牛丼単品の儲けは出なくてもいいという捨て身の作 [全文を読む]

吉野家も嫉妬。実は松屋の株価は、1年で60%近くも高騰している

まぐまぐニュース! / 2017年03月23日04時45分

牛丼チェーン「松屋」などを運営する松屋フーズですが、無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんによると、この1年で株価が5~6割も上昇しているそうです。吉野家やすき家といったライバル店と熾烈な競争を繰り広げていると伝えられる中、なぜ松屋だけがこれほど大きく伸びているのでしょう。その答えは「 [全文を読む]

店舗数減少の「東京チカラめし」 再編背景を運営会社が解説

NEWSポストセブン / 2014年03月02日07時00分

いま牛丼業界では、メニューに「牛丼依存」から脱しようとする動きが目立つ。さらにここにきて、瞬く間に勢力を広げて牛丼業界に衝撃を与えていた『東京チカラめし』に、急ブレーキがかかっていることも、“牛丼依存見直し”の遠因になったとされている。 『東京チカラめし』は、個室式居酒屋の『東方見聞録』や、低価格居酒屋『金の蔵Jr.』を展開する居酒屋チェーン「三光マーケテ [全文を読む]

復調の吉野家、低迷脱出見えないマック、何が明暗分けた?チグハグ戦略で店舗力低下

Business Journal / 2014年03月03日01時00分

少し前まで業績低迷に苦しんでいた牛丼チェーン最大手の吉野家と、ハンバーガーチェーン最大手の日本マクドナルド。扱う商品は違えど「安くて、早くて、そこそこ美味しい」という点では共通点の多い両社だが、吉野家が現在復活の兆しを見せ始めているのとは対象的に、マクドナルドはなぜ依然として業績低迷脱出の突破口を見いだせないでいるのか。今回はその差異を生じさせている要因を [全文を読む]

なぜ吉野家は券売機を置かないのか? 吉野家のうんちくを語ろう

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月15日11時30分

ここは吉野家、味の吉野家、牛丼一筋80年~♪ 街を歩いていてオレンジの看板を見かけると、このCMソングが心に聞こえる。近所に吉野家なんてなかった田舎の子どもにとって、牛丼は「キン肉マンが好きな食べ物」でしかなかった。あれから35年以上が過ぎ、吉野家は牛丼一筋115年を越え、牛丼屋はどの街にもあって当たり前の存在となった。いや、一筋ではなくなってしまったか… [全文を読む]

なか卯、吉野家、すき家 牛丼依存脱却で好調ぶりをアピール

NEWSポストセブン / 2014年03月01日07時00分

2月12日、牛丼業界4位の「なか卯」が新たに発売した「牛すき丼」が、それまで好評だった「和風牛丼」を超える売れ行きを見せているという。実は『なか卯』だけではない。いま、牛丼業界では、こうした「牛丼依存」から脱しようとする動きが目立つ。その象徴として選ばれているメニューが「すき焼き」なのだ。 先陣を切ったのは、老舗の『吉野家』だった。昨年12月5日、「牛すき [全文を読む]

好調の吉野家、「女性向け牛丼」で追い上げなるか

プレジデントオンライン / 2017年01月04日09時15分

牛丼御三家といえば吉野家を運営する「吉野家ホールディングス」、松屋の「松屋フーズ」、すき家となか卯の「ゼンショー」の3社が挙げられる。それぞれの2016年10月の既存店売上高は、吉野家が前年同月比15.1%増と伸ばし、松屋が4.1%増、すき家は4.7%減だった。 吉野家が好調に見えるが、もともと2015年は牛すき鍋膳などの新メニューが不発で、売り上げはよく [全文を読む]

【極上】生うに丼が890円なのに激ウマすぎて笑った! なか卯に食べに行ってみた結果

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年12月02日06時00分

牛丼やうどんが美味しいファストフード店して知られている人気チェーン店「なか卯」が、期間限定で生うに丼を販売し、多くの人たちから絶賛されている。 とにかく量が多いしウマイ! 絶賛されている理由はいくつかあるが、大きく分けてふたつある。ひとつは「うにとイクラが大盛りすぎる」という点、もうひとつは「しかもハイクオリティで激ウマ」という点である。そう、量がケチケチ [全文を読む]

なか卯の「牛すき丼」 割安感あり和風牛丼を超える売れ行き

NEWSポストセブン / 2014年02月24日11時00分

牛丼業界に衝撃が走った。2月12日、業界4位の『なか卯』が、主力商品「和風牛丼」の販売を中止し、新たに「牛すき丼」を導入すると発表したのだ。 『なか卯』が牛丼の販売を開始したのは1974年。歴史は業界1位の『すき家』よりも古く、これまで『なか卯』の丼メニュー販売の3割を占めていた主力商品だった。 そんな“目玉”を捨ててまで、今回、「牛すき丼」の導入に踏み切 [全文を読む]

牛丼業界、加速する“脱牛丼依存”で低価格競争に終焉?高価格&スローフードへ舵切り

Business Journal / 2014年03月04日01時00分

ゼンショーホールディングス(HD)傘下の丼物・うどんチェーン「なか卯」は、2月12日で牛丼販売を終了した。なか卯は1974年から牛丼を扱っており、これまで主力商品だった。なか卯が2010年から展開していた「和風牛丼」の並盛りは290円。牛丼大手3社の値段(並盛)は吉野家、すき家、松屋が280円。低価格競争が激しい牛丼の安売り競争から離脱して、牛丼は同じゼン [全文を読む]

【真の贅沢?】吉野家、なか卯…チェーン店で1000円分食べると超絶楽しい!

しらべぇ / 2015年01月01日11時00分

■吉野家 近頃、牛丼の値上げを実施した吉野家。“デフレの象徴”とも言われていましたが、それだけ庶民の財布に優しい吉野家で1000円分使ってみると…。 メニューは、「牛ねぎ玉丼・大盛り」(650円)、「お新香・味噌汁セット」(130円)、「ポテトサラダ」(130円)、「のり」(60円)で、計970円です。マヨネーズもプラスしました。ネギや生玉子、紅ショウガ [全文を読む]

「なか卯」の100円引きキャンペーンにネット上からは牛丼復活の待望論も

AOLニュース / 2014年12月17日12時00分

同社では1974年から牛丼を販売してきたが、今年2月に撤退。以後、その他の丼モノやうどんなどのメニューに注力してきたが、今なお根強い人気を誇っている。 この牛丼撤退組のなか卯が展開する値引きキャンペーンに対し、ネット上からは、「高いけど旨いよな」「牛丼高くなってきたしいいよね」「牛丼も復活してくれねえかな」「久々に行きたくなってきたわ」「近所にないけどなか [全文を読む]

牛丼価格 乱高下の末にいよいよ「一杯500円時代」が到来か

NEWSポストセブン / 2014年12月07日16時00分

第一位は「牛丼価格乱高下。来るか!? 一杯500円時代!!」。 牛丼店の周辺は今年、とりわけにぎやかでした。2月になか卯が牛丼の販売を終了し、4月の消費税増税時には吉野家、松屋、すき家3社とも一杯280円だった並盛を吉野家は300円、松屋は290円に値上げ、すき家は270円に値下げを。価格戦略の違いが鮮明になった……ところが夏場に松屋が380円でプレミアム [全文を読む]

【コスパ高】なか卯の新作「黒毛和牛重」がプレミアムなおいしさ!とろける温玉付きの贅沢メニュー

えん食べ / 2017年09月18日11時20分

牛丼よりも甘みが際立つ、まろやかな味わいだ。 肝心の黒毛和牛(バラ・モモ)は柔らかな肉質で、旨みと脂の甘みが好バランス。ほどよく濃厚なタレの味わいも相まってご飯が進む。厚さもあり、ひと切れひと切れが食べごたえ十分。 中央にのせられた「こだわり温たま」を割り合わせると、とろとろ食感とまろやかさがプラスされまた違ったおいしさが楽しめる。 牛丼や親子丼と違ってワ [全文を読む]

5つの視点で比較する「牛丼御三家」 平均年収、店舗数……

ZUU online / 2017年08月03日17時50分

駅前やビジネス街でよく目にする牛丼チェーンだが、御三家を中心に激しいシェア争いが繰り広げられている。しかし、実際のところ、その競争がどのような展開になっているのかは、牛丼チェーン常連客の中でも詳細まで把握しきれないだろう。そこで、「すき家」「吉野家」「松屋」の各社をさまざまな角度から比較してみる。■(1)売上高:ゼンショー(すき家)に軍配すき家を運営するゼ [全文を読む]

フォーカス