松屋 なか卯に関するニュース

【最強】牛丼屋「なか卯」史上最高金額1,190円のローストビーフ重が激ウマすぎる件

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年11月11日06時00分

吉野家、松屋、サンボ、すき家、牛丼太郎(現:丼太郎)、東京チカラめし、あらゆる牛丼屋が日本に存在するが、なか卯の存在を忘れてはならない。1969年にうどん屋としてオープンし、1974年に牛丼屋もオープン。その後店舗を拡大し、日本各地で愛される人気店となった。 良心的かつ激ウマ店 牛丼というと吉野家や松屋といった多店舗チェーンが頭に浮かぶが、なか卯のメニュー [全文を読む]

吉野家も嫉妬。実は松屋の株価は、1年で60%近くも高騰している

まぐまぐニュース! / 2017年03月23日04時45分

牛丼チェーン「松屋」などを運営する松屋フーズですが、無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんによると、この1年で株価が5~6割も上昇しているそうです。吉野家やすき家といったライバル店と熾烈な競争を繰り広げていると伝えられる中、なぜ松屋だけがこれほど大きく伸びているのでしょう。その答えは「 [全文を読む]

好調の吉野家、「女性向け牛丼」で追い上げなるか

プレジデントオンライン / 2017年01月04日09時15分

牛丼御三家といえば吉野家を運営する「吉野家ホールディングス」、松屋の「松屋フーズ」、すき家となか卯の「ゼンショー」の3社が挙げられる。それぞれの2016年10月の既存店売上高は、吉野家が前年同月比15.1%増と伸ばし、松屋が4.1%増、すき家は4.7%減だった。 吉野家が好調に見えるが、もともと2015年は牛すき鍋膳などの新メニューが不発で、売り上げはよく [全文を読む]

【真の贅沢?】吉野家、なか卯…チェーン店で1000円分食べると超絶楽しい!

しらべぇ / 2015年01月01日11時00分

松屋 続いて松屋。こちらでは、定食を注文しました。 松屋には各種定食に“Wサイズ”があり、定食に付く肉が倍になることで、値段が800円台~900円台になります。つまり、1000円程度のメニューは既にあるというわけですね。 それらWサイズ定食がオススメなのはもちろんですが、今回は“シングル”でサイドメニューやトッピングメニューと合わせてみました。 メニュ [全文を読む]

牛丼業界、加速する“脱牛丼依存”で低価格競争に終焉?高価格&スローフードへ舵切り

Business Journal / 2014年03月04日01時00分

牛丼大手3社の値段(並盛)は吉野家、すき家、松屋が280円。低価格競争が激しい牛丼の安売り競争から離脱して、牛丼は同じゼンショーグループの「すき家」に一本化する。 なか卯は牛丼以外の丼物やうどんに集中。牛丼に代わり、新たに「牛すき丼」を全店で売り出した。価格は並盛で350円とこれまでの牛丼より60円高く、高価格設定で収益力を高める。 ゼンショーHDの14年 [全文を読む]

ポイントは語呂合わせ? 意外と知らない飲食チェーンのサービスデー

週プレNEWS / 2015年09月07日06時00分

毎月サービス内容は替わる 【カルビの王様】(毎月13日)松屋グループの焼き肉チェーン。毎月13日は「王様の日」で全品10%オフ 【なか卯】(毎月14~16日)毎月3日間は「なか卯の日」。メルマガ会員限定でお得なクーポンを配信 【牛たん・ねぎし】(毎月16日)毎月16日は「と(10)ろ(6)」とかけて「麦とろの日」。各店先着20名はとろろ一杯のおかわりが無料 [全文を読む]

牛丼価格 乱高下の末にいよいよ「一杯500円時代」が到来か

NEWSポストセブン / 2014年12月07日16時00分

2月になか卯が牛丼の販売を終了し、4月の消費税増税時には吉野家、松屋、すき家3社とも一杯280円だった並盛を吉野家は300円、松屋は290円に値上げ、すき家は270円に値下げを。価格戦略の違いが鮮明になった……ところが夏場に松屋が380円でプレミアム牛めしを発売。店舗の来客傾向などによってノーマルとプレミアム、ふたつの牛めしを店ごとに使い分けるようになり、 [全文を読む]

牛丼店が牛丼離れする背景 値下げの過熱で業界全体が限界に

NEWSポストセブン / 2014年02月26日16時00分

これに対して『松屋』も2012年1月、牛めしを280円にプライスダウン。遅れること1年3か月、2013年4月に『吉野家』も牛丼を280円に引き下げ、泥沼の消耗戦に突入していた。 こうした値下げは、当初はもちろん顧客の関心を引いた。しかし、その“反動”も大きい。客はすぐにその値段に慣れてしまい、目新しさを失ってしまう。 一方で店側は、一度下げてしまった値段は [全文を読む]

~牛丼チェーンの5000人アンケート~ よく行く牛丼チェーンは1位すき家、2位吉野家、3位松屋! 一方、牛丼チェーンに行かない人は女性50%、男性25%!

PR TIMES / 2013年07月24日17時31分

◆男性に人気の「吉野家」、男女ともに選ばれる「すき家」、一方「行かない」人は41% よく行く牛丼チェーンについて聞いたところ、1位「すき家」37%、2位「吉野家」35%、3位「松屋」19%となり、「行かない」も41%を占めました。男女別にみると、女性は、1位「すき家」34%、2位「吉野家」27%、3位「松屋」13%となり、「行かない」も50%となりましたが [全文を読む]

牛丼第3極狙う「東京チカラめし」は値下げより炒飯で勝負か

NEWSポストセブン / 2012年12月04日07時00分

「値引きキャンペーンを仕掛けるのはいつも新興勢力の『すき家』と『松屋』で、老舗の『吉野家』は『ウチはいたちごっこには加わらない』と静観する立場だったのに、今年は逆の展開になった。でも、牛丼を300円未満で食べるのに慣れ切った消費者にとっては、10円や20円の違いでは響かない。品質保持と企業体力からいっても250円は限界を超えている」(業界関係者) 捨て身の [全文を読む]

「吉野家」5人のクレージーが会社を成長させる

プレジデントオンライン / 2017年04月26日09時15分

※「吉野家」の吉野家ホールディングス、「松屋」の松屋フーズ、「すき家」「なか卯」のゼンショーホールディングス ■弘兼憲史の着眼点 ▼「優秀な奴は安い」非学歴主義の底力 1949年生まれの安部さんは、僕と2つ違いの同年代です。僕たちの世代にとって、牛肉は高級品でした。牛丼を初めて食べたときは、世の中にこんなに美味いものがあるのかと思ったほどです。 それ以来 [全文を読む]

なぜ吉野家は券売機を置かないのか? 吉野家のうんちくを語ろう

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月15日11時30分

現在の東京都の人口・約1300万人に対し、吉野家+松屋・すき家・なか卯の店舗数の合計が約900店―約1万5000人に1軒。明治時代は現在の20倍の割合で牛鍋屋があった計算となる(筆者調べ・各店の公式サイトなどを参照)。牛鍋の人気が伺い知れる数だ。 当初の牛鍋は「ネギ味噌」が主流だったが、関西から醤油ベースの甘辛味が広まり、その牛鍋の残り汁をご飯にかけて食べ [全文を読む]

【贅沢】うどん、中華、かつ…チェーン店で1000円分食べると楽しく美味しい!

しらべぇ / 2015年01月10日21時00分

吉野家 松屋 名代 富士そば なか卯 今回は、うどん・とんかつ・中華のチェーン店で約1000円食べるとどうなるか、実際に食べて確かめてきました。 ●讃岐釜揚げうどん丸亀製麺 人気の讃岐うどんチェーン、「丸亀製麺」です。日本ではもちろん、ハワイでも大人気なことで知られています。そんな丸亀製麺で約1000円分注文すると… メニューは、「おろし醤油うどん」(3 [全文を読む]

店舗数減少の「東京チカラめし」 再編背景を運営会社が解説

NEWSポストセブン / 2014年03月02日07時00分

松屋』は「カルビ焼牛めし」、「ネギ塩豚カルビ丼」などをメニューに並べた。 ところが今月、「三光」は第2四半期累計(2013年7~12月)が30.9億円の赤字に転落し、通期の損益を0.2億円の黒字から44億円の赤字に下方修正することを発表した。 実際、全国では『東京チカラめし』の店舗の閉鎖が相次いでおり、昨年8月の時点で140店舗あったものが、年末には98 [全文を読む]

牛丼戦線異状あり「牛肉信仰崩壊が客数減の原因」と識者指摘

NEWSポストセブン / 2013年12月17日07時00分

現在、「吉野家」と「松屋」の280円(並盛り)が標準価格になっているが、「すき家」が12月20日から期間限定で240円に値下げすると発表したことで、業界内に激震が走っている。 「240円という最安値は、もはや他社が追随できないギリギリの価格。牛丼単品の儲けは出なくてもいいという捨て身の作戦を取ったのだろうが、逆に牛丼1杯の値段はその程度のレベルだと売る側が [全文を読む]

未経験の男子が好きなジブリキャラNo.1は?

週プレNEWS / 2013年02月21日18時00分

「アウトドアは嫌いだけど、チャムスとかアウトドア系ブランドは大好きです」(イラストレーター・34歳)というこだわりを持つ者もいるが、「女性からどう見えるか」といった視点はあまりなさそうだ Q3:好きな牛丼チェーンは? 1位…吉野家 86票 2位…すき家 74票 3位…松屋 32票 4位…なか卯 5票 5位…東京チカラ飯 2票 「吉野家の『焼味豚丼 十勝仕立 [全文を読む]

フォーカス