赤西仁 近藤真彦に関するニュース

ソロ展開中の山下智久や赤西仁が目指すべきジャニーズの先輩像を考察

東京ブレイキングニュース / 2014年01月04日10時00分

この場合、「グループに属したまま」または、「属したグループが消滅してから」のソロリリースと、山下智久や赤西仁のように「(自らの意思で)脱退してソロデビュー」と3パターンあるが、後者は異例で過去にも例がない。昔はそんなワガママが通用するジャニーズ事務所ではなかったのでこの2人は相当の特別扱いである。 SMAPや嵐でさえ誰ひとりソロデビューはいない。したくて [全文を読む]

SMAP、嵐の二大勢力が大健闘!! 好き・嫌いなジャニーズランキング

messy / 2014年02月25日17時00分

◆好きなジャニーズ 1位:櫻井翔 2位:木村拓哉 3位:中居正広 4位:松本潤 5位:大野智 6位:岡田准一 7位:亀梨和也・相葉雅紀 9位:井ノ原快彦 10位:山下智久 ◆嫌いなジャニーズ 1位:木村拓哉 2位:赤西仁 3位:中居正広 4位:近藤真彦 5位:草なぎ剛 6位:森田剛 7位:二宮和也 9位:長瀬智也・亀梨和也 10位:稲垣吾郎 「好き」部門 [全文を読む]

「気持ち悪いからテレビ消して!」ジャニーさん絶叫...ジャニーズからソロデビューが消えた理由

東京ブレイキングニュース / 2013年11月18日11時00分

グループからソロ活動に移行した赤西仁や山下智久などは例外で、純粋にジャニーズのソロ枠でデビューした最後は、なんと「ひかる一平」だ。81年5月のことだから33年以上もの長期間、ジャニーズからのソロデビューは実現していない。 それは何故なのか。おそらくジャニー喜多川さんには、ひかる一平がトラウマとなっているのではないか。男性アイドルのソロ歌手はひかる一平にも [全文を読む]

黒木メイサもスペオキだった!? ジャニー喜多川の知られざる親心

サイゾーウーマン / 2012年09月30日09時00分

27日、ギネス認定を記念した舞台『ジャニーズ・ワールド』製作発表の場で、でジャニー喜多川社長が、久々に赤西仁についてコメントした。スペオキ(スペシャルお気に入り)だった赤西に対するジャニー喜多川社長の思いは、メディアやファンが想像する以上に、複雑なものだったようだ。(画像はこちら)「ジャニーさんは、『復帰の前に、ファミリーとしてやっていってくれないと』と、 [全文を読む]

「マーチングJの義援金はパンダに一切使用しない」仙台市議会が明言

サイゾーウーマン / 2012年03月01日08時00分

【関連記事】・ジャニーズボランティアの化けの皮......「仙台市が資金難というのは誤報」・「何でいまさら?」近藤真彦の不自然な「最優秀歌唱賞」受賞のウラ側・赤西仁の嫁・黒木メイサのマンションはジャニーズ御用達だった! [全文を読む]

ジャニーズはなぜ不倫や淫行騒動と無縁?ジャニー喜多川の決意|平本淳也のジャニーズ社会学

デイリーニュースオンライン / 2017年08月02日21時10分

元KAT-TUNの赤西仁はその点において、ジャニーさんに許されなかったわけだ。 その一方で、結婚やそれに繋がるような真剣交際には興味がないが、やっぱり男の子だし、モテるし、それなりに遊びたい……と羽目を外す若いジャニーズが増えた気がするのは気のせいだろうか。それも芸能界を飛び越えてビクシー女優方面との交流も珍しくなくなっているが、実際はほんの一部しか表に出 [全文を読む]

男はSMAP、女は嵐? 「好きなジャニーズ・嫌いなジャニーズ」に明らかな差

messy / 2017年04月29日18時00分

ちなみに13年は赤西仁(32)が1位で木村は2位につけていた。 [全文を読む]

熱愛報道の櫻井翔、嵐の結婚突破口開くに適任との声も

NEWSポストセブン / 2017年03月05日07時00分

「木村拓哉(44才)や赤西仁(32才)は20代という若い頃だったのでファンの動揺も大きかった」(芸能関係者) しかし、近藤真彦(52才)は29才で、東山紀之(50才)は44才で結婚している。2015年には国分太一(42才)が41才で結婚した。結婚はマイナスの面ばかりではない。活躍の場をさらに広げるケースもある。 V6・井ノ原快彦(40才)は人気絶頂の31才 [全文を読む]

小栗、松潤、亀梨…イケメンだらけな「伝説の学園ドラマ」

日刊大衆 / 2016年10月03日13時30分

そして05年の『ごくせん』第2シリーズでは、KAT-TUN亀梨和也と後に同グループを脱退した赤西仁が登場。KAT-TUNの2トップである“赤亀”コンビは、この共演を機に、さらに上昇気流に乗った。亀梨が歌った『絆』はドラマの挿入歌として起用され、大きな話題に。他にも、現在芸能界の一線で活躍している速水もこみち、小池徹平、小出恵介、水嶋ヒロなどがこのシリーズ [全文を読む]

『ジャニーズカウントダウン』に山下智久なしで「干された疑惑」噴出 ドラマ不発に謎CM、その“素行”に絶句

日刊サイゾー / 2015年12月03日17時00分

ただ何より、現在は事務所を退所している赤西仁や、関ジャニ∞の錦戸亮などがいる夜遊びグループ『赤西軍団』での乱痴気騒ぎや、昨年、六本木の路上で口論になった相手の携帯電話を持ち去っての書類送検を問題視された可能性は大きい。この件に関して、事務所は飲酒や深夜外出を控えるよう厳重注意していました。にもかかわらず、その後すぐにモデルの大森美知との『飲食店ハシゴ』デー [全文を読む]

山Pが赤西ら悪友と決別を決意「ジャニーズに誇りを持ちたい」

デイリーニュースオンライン / 2015年11月22日12時00分

山下は昨年6月、元ジャニーズの赤西仁(31)、関ジャニ∞・錦戸亮(31)とともに六本木の路上で一般人の男女と口論になり、女性の携帯電話を奪ったとして、器物損壊の疑いで警視庁に書類送検された。 この一件が伝えられると、10月には主演映画『近キョリ恋愛』の舞台あいさつの場で「この度は僕の行動でたくさんの方にご迷惑、ご心配をおかけしたことをこの場を借りてお詫び申 [全文を読む]

SMAPだけじゃない、嵐も関ジャニ∞も気づけば全員30代! ジャニーズ高齢化問題が深刻

リテラ / 2015年07月11日12時00分

現在の手越祐也や亀梨和也あたりの年齢で結婚したことになるが、赤西仁のようにジャニーズを飛び出す覚悟がなければ結婚などは難しそうに見えてならない。 [全文を読む]

山下智久らの「スマホ窃盗」騒動、ジャニーズ“スキャンダル潰し”で大手マスコミは沈黙中

日刊サイゾー / 2014年07月24日11時00分

東京スポーツや「フライデー」(講談社)では、今年2月にジャニーズをクビになった赤西仁、ソロ活動中の山下智久、関ジャニ∞の錦戸亮のいわゆる「赤西軍団」の面々が酒に酔い、東京・六本木の路上でカップルとトラブルを起こして、山下が自分たちを撮影したカップル女性のスマホを強奪し逃走。警察に被害届を出され、現在捜査中であることを報じた。 またこの事件を報じた「フライ [全文を読む]

売り上げ5,003枚! ジャニーズ・近藤真彦、新曲PRも大コケで“重鎮”危うし

サイゾーウーマン / 2014年03月06日23時45分

ソロ活動だと山下智久の『SUMMER NUDE '13』が初日4万9,761枚、赤西仁の『HEY WHAT 'S UP?』が7.4万枚と、現在の人気を差し引いても、やはり近藤の“週間で5,003枚”というインパクトは大きいですね。しかし、同曲は往年のファンからは『アンダルシアに憧れて』の系譜にある良曲だと支持されています。よっちゃんこと野村義男が編曲したア [全文を読む]

いつの間にか“地味”に!? ジャニーズ「好きな」「嫌いな」ランキング双方圏外だった香取慎吾の現在

日刊サイゾー / 2014年02月26日09時30分

以下の順位は、2位が元KAT-TUNの赤西仁、3位が中居正広、4位が近藤真彦、5位が草なぎ剛、6位がV6の森田剛、7位が嵐の二宮和也、8位が同率でTOKIOの長瀬智也と亀梨和也、10位がSMAPの稲垣吾郎という結果だった。 「嫌いな~」の年代別ランキングにおいても、30代を除くすべての年代で1位となってしまった木村。回答者の中には、木村に対し「あの年でロン [全文を読む]

キスマイは暗号、A.B.C-Zは都市伝説? ジャニーズ独特のネーミングセンスの謎に迫る

東京ブレイキングニュース / 2013年12月31日08時00分

Aの赤西仁とTの田中聖がいなくなり、もはやKTUN(カツン)である。響きの由来として漫画やアニメを意味する「Cartoon」がモチーフになっているが、亀梨のKをKAにしてTはまだ田口がいるのでそのままKATUNと言い張れるが、やはり読み方は「カツン」である。メンバー脱退に合わせて、ジャニーさんの思いが崩れていくように感じてしまう。 こういった頭文字命名のは [全文を読む]

「ブサイクすぎるジャニーズ」Kis-My-Ft2の出演に見る"王道アイドル"の衰退

日刊サイゾー / 2012年09月20日08時00分

【関連記事】・「来年秋まで予定は白紙!?」相次ぐ出演映画の公開延期で赤西仁が妻・黒木メイサの付き人になっちゃう!・『LOVE まさお君が行く!』大コケで主演作3連敗の香取慎吾 もう賞味期限切れ?・「早くも"エロP"も"ちくP"も封印?」CD売り上げ不調で迷走する、山下智久のイメージ戦略 [全文を読む]

過激化するジャニーズ派閥争い、SMAP育ての親・I女史は近藤真彦に急接近!?

サイゾーウーマン / 2012年07月08日08時00分

その手腕を買われて、一時期は素行不良だった赤西仁の立て直しをジャニー氏から依頼されたこともあった。現在では、昨年夏にデビューしたKis-My-Ft2のマネジメントに取り掛かっているという。「飯島氏は芽が出なかったSMAPをバラエティーに出演させてブレイクへと導くなど、とにかくプロデュース能力が優れている。一時期は周囲やマスコミも誰一人盾突くことができなかっ [全文を読む]

フォーカス