赤西仁 岡田准一に関するニュース

結婚報道が出ても許せるジャニーズは誰?第1位は熱愛で噂の…

しらべぇ / 2016年05月01日08時00分

KAT-TUNの赤西仁くんを見ても、わかりますよね。つまり、ジャニーズ活動以外の才能に余程の自信がない限り、彼らは結婚は無理。イノッチ(V6井ノ原快彦)は朝の顔としての強固なポジションを獲得してるし、キムタクは彼自身がブランドみたいなもんなので。彼らは、結婚してもうまくいってるパターンです」さらに彼は、SMAPやTOKIO、V6などキャリアの長いジャニタレ [全文を読む]

SMAP、嵐の二大勢力が大健闘!! 好き・嫌いなジャニーズランキング

messy / 2014年02月25日17時00分

◆好きなジャニーズ 1位:櫻井翔 2位:木村拓哉 3位:中居正広 4位:松本潤 5位:大野智 6位:岡田准一 7位:亀梨和也・相葉雅紀 9位:井ノ原快彦 10位:山下智久 ◆嫌いなジャニーズ 1位:木村拓哉 2位:赤西仁 3位:中居正広 4位:近藤真彦 5位:草なぎ剛 6位:森田剛 7位:二宮和也 9位:長瀬智也・亀梨和也 10位:稲垣吾郎 「好き」部門 [全文を読む]

男はSMAP、女は嵐? 「好きなジャニーズ・嫌いなジャニーズ」に明らかな差

messy / 2017年04月29日18時00分

ちなみに13年は赤西仁(32)が1位で木村は2位につけていた。 [全文を読む]

岡田准一、宮崎あおいとの新居購入を検討…「不倫からの交際開始」の重い代償

Business Journal / 2016年04月23日17時00分

かつて元KAT-TUNの赤西仁が事務所の承諾を得ることなく女優・黒木メイサと結婚し退社に追いやられるなど、本人の意思だけで結婚できないのはジャニーズタレントの宿命。宮崎とゴールまで行きつくには、まだ時間が必要かもしれない。 (文=編集部) [全文を読む]

山Pが赤西ら悪友と決別を決意「ジャニーズに誇りを持ちたい」

デイリーニュースオンライン / 2015年11月22日12時00分

山下は昨年6月、元ジャニーズの赤西仁(31)、関ジャニ∞・錦戸亮(31)とともに六本木の路上で一般人の男女と口論になり、女性の携帯電話を奪ったとして、器物損壊の疑いで警視庁に書類送検された。 この一件が伝えられると、10月には主演映画『近キョリ恋愛』の舞台あいさつの場で「この度は僕の行動でたくさんの方にご迷惑、ご心配をおかけしたことをこの場を借りてお詫び申 [全文を読む]

亀梨和也もドラマで晒した「ジャニーズの肉体美」が女性ウケする理由

アサ芸プラス / 2015年02月17日17時58分

その特集号では、ジャニーズのタレントが表紙やグラビアを飾っていることが多いんです」(出版関係者) 過去にさかのぼれば藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、大倉忠義(関ジャニ∞)、生田斗真、赤西仁(元KAT-TUN)、山下智久(元NEWS)、岡田准一(V6)、木村拓哉(SMAP)など、そうそうたるメンバーが顔をそろえる。 「アスリートのような鍛え抜かれたカラダ [全文を読む]

いつの間にか“地味”に!? ジャニーズ「好きな」「嫌いな」ランキング双方圏外だった香取慎吾の現在

日刊サイゾー / 2014年02月26日09時30分

以下の順位は、2位が元KAT-TUNの赤西仁、3位が中居正広、4位が近藤真彦、5位が草なぎ剛、6位がV6の森田剛、7位が嵐の二宮和也、8位が同率でTOKIOの長瀬智也と亀梨和也、10位がSMAPの稲垣吾郎という結果だった。 「嫌いな~」の年代別ランキングにおいても、30代を除くすべての年代で1位となってしまった木村。回答者の中には、木村に対し「あの年でロン [全文を読む]

おっぱいでメンバーを誘惑? ジャニオタ女子の怖すぎるアピール力

メンズサイゾー / 2012年09月16日15時00分

KAT-TUNは2010年に赤西仁(28=現在は脱退)不在でツアーを敢行したが、コンサート中にメンバーの悪口を書いたウチワを持参したり、レーザーポインターでメンバーの目などを狙うなどの迷惑行為が多発した。これは赤西がいない状態でメンバーたちが「結束が強まった」などとコメントしたことに対し、赤西ファンが激怒したためといわれている。別の公演では、田中聖(26 [全文を読む]

塩谷も高岡もエリカ様も!配給会社は倒産、出演者にはトラブル続発──映画『パッチギ!』の呪いとは!?

日刊サイゾー / 2012年05月10日08時00分

ここまでくればもはや"『パッチギ!』の呪い"と言われ兼ねない状況だが、ここまでトラブルに巻き込まれていないほかの出演者らは「次は自分の番かも......」と戦々恐々としているに違いない!?【関連記事】・「モテ本を書かせたい!」合コンから高級クラブまで......モテまくる塩谷瞬に出版業界が興味津々・相当額の"被害"も──無名の役者から一躍時の人になった塩 [全文を読む]

フォーカス