グッズ 長渕剛に関するニュース

~東日本大震災で被災した児童達の自立を支援~ デレク・ジーター氏、松井秀喜氏、長渕剛氏など各界を代表するヒーロー達が出演 Support Our Kidsの3月開催イベント

PR TIMES / 2015年03月02日14時34分

東日本大震災の被災児童自立支援プロジェクトであるSupport Our Kids実行委員会(所在地:東京都千代田区、事務局長:秋沢志篤)は、2015年3月、各界のヒーローにまつわるプレミアムグッズが多数出品される「Support Our Kids チャリティオークションディナー」、デレク・ジーター氏と松井秀喜氏が参加するチャリティベースボールイベント「トモ [全文を読む]

レキシの稲穂、Perfumeのハイヒール……“キャラ立ち”アーティストグッズが増加している理由は?

リアルサウンド / 2015年08月17日07時00分

思わずツッコみたくなるようなものから、実用性の高い日用品まで、最近のアーティストグッズはとにかく品揃えが豊富だ。今回の「長フチ剛」のように自身のキャラクターを生かし、なおかつインパクトのあるグッズを展開している事例に注目してみたい。 まず、レキシが先日販売を開始した稲穂のレプリカ「INAHO」は、まさにレキシらしいグッズだ。ライブ定番曲「狩りから稲作へ」 [全文を読む]

「2段構えのハゲ封じとは厳しいな」水樹奈々の公開収録ライブ・ドレスコードが“ハゲNG”で話題に!!

おたぽる / 2016年06月20日13時00分

詳細にはその他にも「アーティストグッズやペンライトなどの光るグッズの着用・持ち込みは禁止いたします」という文があり、「帽子無いと光る奴どうするんだよ」「帽子駄目ならワイの頭光るし、光らないようにすれば帽子着用になるしどうしたら良いの?」「2段構えのハゲ封じとは厳しいな。策が思いつかん」と“常時太陽拳の人”たちは大混乱。「MTV Unplugged」の水樹 [全文を読む]

コミケの次期開催地は『富士山』説も?長渕剛ライブと同時開催か

しらべぇ / 2015年12月28日17時00分

富士山で開催することで、コミケは単なる同人誌やグッズを買うイベントではなく、勇者が生まれる聖なる催しに変わるのです。ぜひ準備会には富士山コミケを検討してほしいと思います。以上が再度コミケ常連の男性に聞いた『富士山』が次期コミケ開催地に有力な理由である。夏ならまだ涼しくて良さそうだが、冬にやるのはさすがにヤバすぎる気も...。(取材・文/しらべぇ編集部・雨間 [全文を読む]

長渕剛 “自称”10万人ライブを「ろくなもんじゃねえ~」ウラ実況「LIVE集客のためテレビに出まくった」

アサ芸プラス / 2015年09月04日09時57分

何せトイレに行くのも、食事をとるのも、グッズを買うのも、家に帰るのも、とにかく莫大な時間がかかる。ファンの年齢層も高めだから、夜通しイベントでフラフラになってる状況は想像つくでしょう」 長渕剛(58)といえば、過去にも大規模なスタジアムライブをいくつも開催し、04年には故郷・鹿児島の桜島で7万5000人を集めたオールナイト・ライブも成功させている。ところが [全文を読む]

「夫のヒョロヒョロVTRはNGだった!?」長渕剛の妻・志穂美悦子が突如テレビ復帰した裏事情

日刊サイゾー / 2013年12月21日12時00分

ライブツアーは毎回ソールドアウトでグッズも飛ぶように売れるが、年々収入が落ち込んでいるのは明らか。となると、減った収入を埋められるのは悦子さんしかいないわけで、今後は女性誌などにどんどん露出を増やしていくようだ。週刊誌ではスタッフとの不倫疑惑も報じられた長渕だが、またまた悦子さんが“内助の功”を見せることになりそう」(音楽関係者) 往年のファンとしては悦子 [全文を読む]

プロ野球選手のレコード 音痴ぶりで話題となったアノ助っ人

NEWSポストセブン / 2017年02月08日07時00分

音楽目的ではなく、スポーツグッズとして取引されるケースが多数。 ●トーマス・オマリー『オマリーのダイナミック・イングリッシュ』(1994年・ポリスター) 歌、DJ、英語レッスンなどを楽しめるアルバム。『六甲おろし』の音痴ぶりは話題に。阪神愛をアピールも翌年ヤクルトに移籍。 ■協力/スージー鈴木、えとせとらレコード ※週刊ポスト2017年2月10日号 [全文を読む]

長渕剛、薬物疑惑よりヤバい“金銭トラブル”!? 数億円の赤字をトンズラ寸前の“泥沼”

サイゾーウーマン / 2016年02月17日13時00分

しかしもともと長渕は、今後も単独公演を定期的に行い、グッズの製作やチケット販売など全て同一の製作会社に委託する、という取り決めを交わしていたことから、赤字は全額、製作側がかぶるという話になっていたんです。ところが、満足いく集客がかなわなかったことにへそを曲げたのか、長渕は『もうライブはやらない』と言い出した。それでは話が違うと、製作側は赤字分の支払いを長渕 [全文を読む]

サザン桑田佳祐と長渕剛の“30年戦争”よりヤバい!? 『紅白』で椎名林檎が新たな火種に

日刊サイゾー / 2014年12月03日11時00分

「椎名さんは過去のライブでも旭日旗のようなデザインの旗グッズを配ったり、展示会で軍歌の一節を手書きした色紙を飾っていた。今年6月に発売されたNHKのサッカーW杯テーマ曲『NIPPON』は、その歌詞が特攻隊や純血思想を思わせると議論を呼んだ。紅白でも同曲を歌うことが予想され、ステージの内容によっては韓国や中国が猛反発する可能性もあります」とは音楽関係者。 [全文を読む]

フォーカス