熊田曜子 原幹恵に関するニュース

魅惑のFカップ今野杏南 VS G乳原幹恵「抱きたい」のはどっち?

dwango.jp news / 2017年03月17日23時20分

スタジオには、池田美優、磯山さやか、稲村亜美、熊田曜子、今野杏南、重盛さと美、祥子、スザンヌ、中村静香、原幹恵、藤田ニコル、misono、道端アンジェリカ、矢口真里の個性派芸能人が集結。「ロンドンハーツ」ではおなじみのグラビアアイドル熊田曜子、磯山さやかに混じり、「有吉チーム」として”あんちょ”こと今野杏南がひな壇に座った。 3回戦の原幹恵との対戦で指名 [全文を読む]

三四郎・小宮にドッキリ再び!ボヤく小宮にお仕置きが

Smartザテレビジョン / 2017年05月19日12時00分

“有吉プロダクション”には有村藍里、磯山さやか、稲村亜美、熊田曜子、中村静香、藤田ニコル、道端アンジェリカ、そして“プロダクション矢作舎”には池田美優、筧美和子、岸明日香、紅蘭、ダレノガレ明美、原幹恵、堀田茜が入り、「この人よりは順位が高そう」「この人には勝てそう」などを予想しながら、全5回戦を戦う。 果たして両チームはどのような戦いを繰り広げるのか? そ [全文を読む]

「抱きたい女-1GP」放送、矢口真理29位、misono30位、磯山さやか2位

Smartザテレビジョン / 2017年03月17日10時10分

男子大学生200人にアンケートを実施した結果から、バラエティー番組で活躍する30人の女性芸人のうち、熊田曜子、磯山さやか、スザンヌ、中村静香ら14人がスタジオに登場。有吉弘行がリーダーを務める「有吉プロダクション」と矢作兼がリーダーを務める「プロダクション矢作舎」に抽選で各7人に分かれ、どちらがランキングが上かを競い合う。 第1回戦、矢作舎のスザンヌに対 [全文を読む]

グラドル「神水着」総選挙(17~32位)女子アナ、女優、あのレジェンドも!

アサ芸プラス / 2016年07月18日17時58分

26位 杉原杏璃(157センチ B89・W59・H80) ほしのあきや熊田曜子がリタイアしても「最年長グラドル」の領域で孤軍奮闘。いや、むしろ年々、若返っているようにも思える。27位 染谷有香(175センチ B92・W60・H88) これだけ長身で高スペックのプロポーションでありながら、何と「男性経験はありません」と告白。プラス要素がまた1つ増えたようだ。 [全文を読む]

グラビアを飾る美女たちのスキャンダル真相「高部あい逮捕でおびえる“グラドル”仲間とは?」

アサ芸プラス / 2015年11月14日17時57分

ほしのあきや熊田曜子を誘った詐欺行為を謝罪し、芸能活動を休止しているが──。「表舞台にこそ出ていないが、新しい会社を作って社長業に励んでいますよ」(グラビアカメラマン) おっぱい番長こと相澤仁美(33)は、デビュー前のソフトAV出演疑惑が報じられて活動をフェードアウト。引退こそしていないが、復帰の気配はまったくない。 00年に三田佳子次男の「地下室薬物パー [全文を読む]

高部あい、自宅でコカイン所持...「国民的美少女」出身者の逮捕に業界とファンは大きな衝撃

メンズサイゾー / 2015年10月27日17時45分

当時は安田美沙子(33)や熊田曜子(33)らトップグラドルと肩を並べる存在として活躍していた。翌年には女優デビューを果たし、人気番組『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系)の準レギュラーを3年間務めるなどバラエティーでも活動した。 09年には声優業に乗り出し、深夜アニメ『青い花 Sweet Blue Flowers』(フジテレビ系)でいきなり主演デビュ [全文を読む]

ダウンタウン・浜田雅功“裏切り3年不倫”だけじゃない……旨味を求め、大物芸人に群がるグラドルたち

日刊サイゾー / 2014年06月13日17時30分

中でも、熊田曜子とは不倫密会現場が報じられたほか、ハメ撮り映像の存在もささやかれていた。また、当時TBSアナウンサーだった小林麻耶も、紳助の“都合のいい女”だったと報じられました」(同) また、志村けん率いる“志村ファミリー”も同様だ。 「“志村ファミリー”は、志村を団長とするコント集団という位置づけ。優香や磯山さやか、原幹恵をはじめ巨乳美女が多いことから [全文を読む]

高部あいをエロ番組に出演させる、オスカーのシビアな戦略

メンズサイゾー / 2013年03月24日12時00分

2005年には『ミス週プレ』となり、愛くるしい笑顔とスレンダーなボディのグラビアアイドルとして、当時は「週刊プレイボーイ」(集英社)や青年誌を中心に安田美沙子、熊田曜子らと並ぶトップクラスのグラビアアイドルとして活動していた。トーク番組で処女宣言するなど、まさに清純派として活動をしてきた。しかし、2009年夏頃を境に徐々にメディアから姿を消していった。「グ [全文を読む]

フォーカス