神無月 出雲大社に関するニュース

【11.22(ハート)いい夫婦の日 Happy Sunrise Flight】開催のお知らせ~世界「最高」の思い出をつくりたいカップル・ご夫婦33組募集~

PR TIMES / 2015年10月08日14時02分

※“11月22日”って何の日?11月(旧暦10月)は全国の八百万の神々が出雲の国に集まる月とされ、他の土地では神様が留守になるので神無月といいますが、出雲では神在月と呼ばれています。神々が集う出雲の各神社では「神迎祭(かみむかえさい)」に始まり、「神在祭(かみありさい)」、そして全国に神々をお見送りする「神等去出祭(からさでさい)」が行われます。今回、Ha [全文を読む]

神話の国とのご縁を結ぶ「にほんばし島根館」

MYLOHAS / 2017年08月25日12時15分

日本で旧暦10月を"神無月"と称するのに対し、出雲地方には全国から八百万の神が集まるという伝説があり"神在月"と呼ばれることはよく知られています。こんなふうに、日本国のルーツとなる神話や、『古事記』や『日本書紀』にまつわる名所が点在する島根県。特に、「因幡の白兎」の神話で有名な大国主命を祀り、古の時代より信仰を集めた「出雲大社」は、縁結びのパワースポットと [全文を読む]

合田道人 著『全然、知らずにお参りしてた 神社の謎』を9月9日に発売

@Press / 2013年09月09日16時00分

年に一度、全国の神様が旧暦10月に集まります(ゆえに神無月、出雲では神在月)。出雲周辺のパワスポ神社も丹念に取材した、「第3章 出雲大社編」 さらに世界文化遺産に登録された富士山の神社パワーを集めた、「第4章 富士山編」 合田氏が「全く信じていなかった私」が体験したパワー。「だからこそあなたにもしっかりと体験してほしい」パワスポ神社からこの一年間で回った神 [全文を読む]

ジョブズも虜に。日本の「禅」が導くシンプルで深い人生の道標

まぐまぐニュース! / 2017年03月09日17時30分

旧暦で10月は神無月(かんなづき)と呼びますよね。これは日本全国の神社の神様達が一同に出雲大社に集まる月だとされているからです。その月は、出雲地方以外は神様がいなくなる(無くなる)から神無月というのです。逆に、出雲地方はこの月に各地から沢山の神様を迎えるので、神在月(かみありづき)といいます。 仏教、特に禅は唯心論的な教えではありません。仏教は、崇拝の対象 [全文を読む]

八百万の神々が年に一度旧暦10月に出雲に集まる理由とは何か

NEWSポストセブン / 2014年11月24日07時00分

「十月神無月、天の下のもろもろの神 出雲国にゆきてこと国に神なきがゆゑにかみなし月といふをあやまれり」 こうして、古から日本人が抱き続ける見えぬものへの深い畏敬の念は、今もなお「神在祭」の中に生き続けている。 撮影■中野晴生 ※週刊ポスト2014年11月28日号 [全文を読む]

フォーカス