帰国 金正恩に関するニュース

北朝鮮・金正恩の唯一の友人、藤本氏が極秘訪朝!秘められた目的は?寿司握ったのか?

Business Journal / 2016年04月24日10時00分

今回も金正恩氏の家族に寿司を握ったりしたのではないでしょうか」(同) ●高額な謝礼をふっかけ 藤本氏を知るテレビ局関係者によれば、同氏は週明けにも帰国する見通しだという。 「藤本氏は前回訪朝から帰国した時、金正恩氏との記念写真は1枚10万円、テレビの出演料は数十万円と、かなり高額な謝礼をふっかけて、メディア関係者に悪印象を残しました。そのため、訪朝ネタが枯 [全文を読む]

飯島勲参与「これが“電撃訪朝”拉致会談の全貌だ!」(1)十数人が帰国候補に入った

アサ芸プラス / 2013年05月31日09時58分

電撃的な「飯島訪朝」で話し合われたのはもちろん、拉致被害者の帰国問題。そこに至る下交渉の過程では、北朝鮮サイドからの驚愕提案があったという。急展開必至の内情をスッパ抜きレポート! 5月14日、中国経由で平壌入り。北朝鮮NO.2の金永南〈キム・ヨンナム〉最高人民会議常任委員長、金永日〈キム・ヨンイル〉朝鮮労働党書記と会談。宋日昊〈ソン・イルホ〉日朝国交正常化 [全文を読む]

北朝鮮危機は回避されていた。犬猿の米中が分かり合えた複雑な事情

まぐまぐニュース! / 2017年05月02日04時45分

習近平が金正恩に突きつけた条件とは 平和協定への道筋 北京からの情報では、帰国した習近平は早速、金正恩との水面下での協議を始めているという。その内容は恐らく、 北が早急に(3カ月以内に)核放棄の意思を表明せよ そうすれば、米国は北に対する軍事攻撃も体制転覆も行わない(従ってまた中国による宮廷クーデターも執行されない)ので、金正恩の命は保証される 経済制裁 [全文を読む]

拉致被害者 安倍官邸の判断ミスで「帰国者激減」の可能性

WEB女性自身 / 2014年09月04日16時00分

早ければ10月にも拉致被害者の帰国が始まるでしょう」(「インサイドライン」編集長・歳川隆雄氏) いよいよ拉致被害者の帰国が現実的になってきた。北朝鮮による拉致再調査の結果は、9月10日からジュネーブで始まる日朝外務省局長級会議で判明するという。実際、政府は来年度の予算要求で、拉致被害者の支援金を現在の10倍、3億5千400万円計上しているのだ。このことも、 [全文を読む]

北朝鮮テロ支援国家指定に拉致問題明記を

Japan In-depth / 2017年02月28日19時00分

そのような米国と日本からの安全保障を取り付けるには、日本人拉致被害者の即時全員帰国が必須だと、金正恩に教えておく必要がある。 こうした展開をにらみ、日本人拉致被害者を「テロ支援国家」再指定理由に加えるよう、トランプ政権へ働きかけることこそ、官邸の最優先の課題である。 [全文を読む]

なぜ米国務長官は、同盟国でもない中国に「平身低頭」なのか?

まぐまぐニュース! / 2017年04月04日16時40分

3月1日に王毅外相との会談が終わってから、彼はさらに数日間北京に滞在して、帰国したのは3月4日である。その間、李次官の動静はいっさい伝えられていない。もちろん、単に北京で遊んでいるわけもない。つまりこの数日間、北朝鮮の李次官は、中国側とさらに突き込んだ話し合いをしたのか、王毅外相以外の中国高官とも秘密会談したのか、との可能性は大であろう。 そして李次官が帰 [全文を読む]

北朝鮮核実験と中国のジレンマ──中国は事前に予感していた

ニューズウィーク日本版 / 2016年01月07日19時36分

それを知った金正恩は激怒し、モランボン楽団を急きょ北朝鮮に帰国させている。 このたびの北朝鮮の「水爆実験」の報道を受けて、筆者は中国政府関係者を取材したが、中国側は、実はこのときから北朝鮮が近いうちに水爆実験を行うであろうことは予測していたとのことだ。 劉雲山が昨年10月に金正恩に会ったときに、実は劉雲山は習近平国家主席の親書を携えていて、そこには核実験 [全文を読む]

加藤嘉一「対北交渉を通して、日本は東アジアの“ゲームメーカー”になるべきです!」

週プレNEWS / 2014年11月17日11時00分

外務省の伊原純一アジア太平洋局長から帰国後に報告を受けた安倍首相は、「北朝鮮側から、過去の調査結果にこだわらず、新しい角度から調査を深めていくという方針が示された」とコメント。今後も北朝鮮とは協議を継続し、調査結果を求めていくとのことです。 これまでかたくなだった北朝鮮側が、どこか譲歩しているようにも感じられる動き。果たしてこの態度は何を意味しているので [全文を読む]

安倍政権 日朝交渉空振りなら朝鮮総連を解体に追い込む姿勢

NEWSポストセブン / 2014年06月04日07時00分

「安倍首相は拉致被害者の『全員生存、全員帰国』まで国交正常化はないといってきた。今回、北が何人かを帰国させても、まだ多くの行方不明者が残っている。最終的に何人で決着をつけるかは安倍首相の政治判断になるが、いずれにせよ、国民から“その程度で決着させるのか”と批判があがるのは覚悟しなければならない。現実問題として、被害者が本当に死亡していたとしても、遺族や国 [全文を読む]

人間・金正恩 歌手略奪とスイス留学時代の『恥』成績(1)

アサ芸プラス / 2012年05月29日10時57分

その時の印象が強かったらしく、帰国後、藤本氏に対して、 「日本は世界一の電気製品がズラリと並んでいてすごい。自国に帰れば何もない。技術も産業も劣る」 と話していたという。 北朝鮮にある別荘には、ゲームセンターのようにズラリとゲーム機が並び、正恩氏は「スーパーマリオ」や「テトリス」といったゲームにハマッていたという。幼い頃からリーダーシップがあり、バスケット [全文を読む]

金正恩、揺らぐ国内指導体制

Japan In-depth / 2017年04月10日11時00分

■金正男氏遺体帰国、北朝鮮作戦勝ち朝鮮半島は現在非常に不安定な状態にある。北朝鮮では金正男氏が殺害されたり、ミサイル発射が頻繁に行われたりしている。韓国では朴槿恵氏が逮捕される事態になった。今、朝鮮半島で何が起きているのか、政治ジャーナリストの細川氏が、朝鮮半島情勢に詳しい早稲田大学名誉教授重村智計氏に話を聞いた。「マレーシアで殺害された金正男氏の遺体と [全文を読む]

<コラム>金正恩氏の誕生日は「銀河節」に?北朝鮮の新しい祝日を大予想!

Record China / 2016年11月19日16時00分

昨年の朝鮮労働党創建記念日がまさに私の帰国日で、顔なじみの接待員に「ぼくの帰国に合わせて着てくれたの?」と朝鮮語でふざけて絡むと「今日は名節ですから」とすまして返しながら「先生!今日帰るのですか!信じられない!」と笑う。私が突然おなかを押さえて「は、腹が痛い。帰国延期だ!」と訴えると「それは大変!案内員同志を呼ばないと!」と軽妙に返してきて、ふたりで大笑い [全文を読む]

北朝鮮が外国人記者を追放、理由は金第1書記に対する不敬?=韓国ネット「追放でよかった」「記者にも問題がある」

Record China / 2016年05月09日17時30分

理由もなく拘束される覚悟がないのなら…」 「取材も許されないのに、なぜ北朝鮮に居続ける?すぐに帰国するべきでは?記者らにも問題があった」 「韓国で生きるのがつらいなどと文句を言っているが、北朝鮮に生まれなかったことだけでも感謝するべきだ」 「金正恩の体型に関する悪口を言ったのだろう」 「追放されるべき人は金正恩なのに。金正恩さえ追い出せばアジアに平和がやっ [全文を読む]

横田夫妻の感動対面 北朝鮮と日本の思惑一致、安倍氏打算も

NEWSポストセブン / 2014年03月25日16時00分

都知事選で小泉―細川連合を打ち破ったとはいえ、やはり2度の訪朝で金正日と渡り合い、拉致被害者を帰国させたという実績は大きい。安倍総理が金正恩に拉致解決を直接求めることを考えていても不思議ではない」 だが、拉致解決どころか「安倍を呼びつけた」という事実が金正恩の功績を飾り立てることになりかねない。民主党政権時代に拉致問題担当大臣を務めた松原仁代議士はこう話す [全文を読む]

北朝鮮 中国軍事パレードをTVで視聴した市民を連行した背景

NEWSポストセブン / 2015年10月10日07時00分

他の国々の代表団はパレードの後、歓迎晩餐会などに出席したものの、北朝鮮代表団はパレードが終わるとそそくさと帰国しており、各国の中でも、北京滞在時間が最も短かっただけに、金第一書記の怒りがどれほど大きかったかは想像に難くない。 ネット上では「北朝鮮が習近平に無視されたことで、今後ますます中朝関係は悪化することが予想される。近い将来、国境で紛争が起こったり、 [全文を読む]

落合信彦氏 北朝鮮に関し、金日成の正体など嘘まみれと指摘

NEWSポストセブン / 2014年11月04日16時00分

この国は、若い頃から満州で抗日パルチザンを組織していた金日成が、日本軍を打ち破って1945年8月に凱旋帰国したという神話の上に成り立っている。しかし、実際にはこの頃、金日成はソ連のハバロフスクでソ連軍の偵察旅団大尉として働いており、しかも名前は金聖柱という本名を名乗っていた。 実は金日成という人物は当時別にいて、確かに満州で日本軍相手に戦っていたのだが、終 [全文を読む]

官邸 北朝鮮が返す拉致被害者は有本恵子さんとの感触を掴む

NEWSポストセブン / 2014年07月14日07時00分

有本さんの帰国情報には2つの理由が考えられる。特定失踪者問題調査会代表の荒木和博・拓殖大学教授はこう語る。 「2002年の小泉訪朝前に有本さん帰国の情報が盛んに流れたことがありました。これは推測ですが、有本さんの名前が出ているのは北にとって入国の経緯を誤魔化しやすいからではないか。 有本さんの場合、実態は拉致だったとしても、暴力的な手段で連れ去られたわけ [全文を読む]

参議院議員・アントニオ猪木を直撃「あなたはなぜ、北朝鮮にこだわるのですか?」

週プレNEWS / 2013年11月21日06時00分

17歳のときにプロレス興行でブラジルを訪れていた力道山氏の目に留まりスカウトされ、そのまま帰国してプロレスラーとなる。1989年、スポーツ平和党を結成して参議院議員選挙で初当選して政界入り。現在は日本維新の会所属の参議院議員 [全文を読む]

人間・金正恩 歌手略奪とスイス留学時代の『恥』成績(3)

アサ芸プラス / 2012年05月31日10時57分

正恩氏がスイスでの留学を終えて帰国後、恋愛関係になったという。報道によれば、「彼女は06年に突然、活動を中断していなくなった」とし、「将軍様(金総書記)が正恩氏から彼女を引き離すために、活動の中断指示を下したようだ」。先の脱北女性によれば、 「玄松月は他の男性と交際していたが、正恩氏がしつこく求めてきたので、しかたなくつきあった」 しかし、大学の卒業を間近 [全文を読む]

アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のインドネシア人女性の運命は

ニューズウィーク日本版 / 2017年06月05日14時30分

一時はマレーシアと北朝鮮の間も緊張したが、結局、北朝鮮国籍の容疑者や重要参考人は無事帰国。実行犯として残った女性2人の裁判で幕引きになるのか>北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏の暗殺事件で実行犯としてマレーシアで逮捕、殺人罪で起訴されているインドネシア国籍とベトナム国籍の2人の女性に対する裁判手続きが5月30日にマレーシアの首都クアラルンプ [全文を読む]

フォーカス