分析 セレッソ大阪に関するニュース

カズ弾含む3発で横浜FCに逆転負けのC大阪が謝罪「申し訳ありませんでした」

超ワールドサッカー / 2016年08月08日17時30分

これからも、それは変わりません」「ご質問をいだたいた選手交代などのチームマネージメントに関しては、その試合の課題、反省点を次戦以降に活かすべくチーム統括部、コーチングスタッフで分析、評価を毎試合行っています」「最近の4試合は1分3敗と結果に結びつかず、サポーターの皆さまに満足いただけていない状況ですが、なんとか巻き返せるようチーム一丸、クラブ一丸となって臨 [全文を読む]

クラシコ直前祭開催!名将オシム語録で斬る“伝統の一戦 クラシコ”!・・・本日、夜7:00~WOWOWプライムにて無料放送でお届け!

PR TIMES / 2014年03月21日12時03分

さらにクラシコ直前には、元日本代表監督オシムによる試合分析、そして2度のリーガ得点王に輝いたフォルランが見所を語る特別番組「名将オシムが斬る!レアル×バルサ クラシコ直前祭~フォルラン緊急参戦!」も放送。司会にペナルティのヒデさんを迎え、解説の都並敏史さん他、“リーガ スペシャルサポーター”白石隼也さん、“2013-14 WOWOWリーガール”岩崎名美さん [全文を読む]

C大阪MF清武、不運な失点を別の視点から分析(12枚)

ゲキサカ / 2017年05月07日00時59分

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!! ●2017シーズンJリーグ特集ページ [全文を読む]

4戦白星なしのC大阪が声明文「巻き返せるよう一丸となって臨む所存」

ゲキサカ / 2016年08月08日15時28分

「試合の課題、反省点を次戦以降に活かすべくチーム統括部、コーチングスタッフで分析、評価を毎試合行っています。最近の4試合は1分3敗と結果に結びつかず、サポーターの皆さまに満足いただけていない状況ですが、なんとか巻き返せるようチーム一丸、クラブ一丸となって臨む所存です」 [全文を読む]

ハリル新体制のサッカー日本代表、代表復帰の戦力、協会内に監督など独自のやり方明らかに

AOLニュース / 2015年03月20日12時00分

過去の代表監督は週一程度の協会でのミーティングというスケジュールだったものを、毎日協会内でデスクワークや分析映像の視聴を行い、コーチ陣および選手と話すための応接室などを用意するなど、分析とコミュニケーションの「ハリル流」の一端を覗かせている。 GK 川島永嗣(スタンダール・リエージュ) 東口順昭(ガンバ大阪) 西川周作(浦和レッズ) 権田修一(FC東京) [全文を読む]

アギーレ監督がスペイン紙で日本サッカーを分析「遊び心に欠けている」

ゲキサカ / 2014年11月14日12時06分

日本代表のハビエル・アギーレ監督が、スペイン『マルカ』のインタビューに応じ、様々な質問に答えている。 就任後4試合を1勝1分2敗。「色々なことを学んでいる。すべてが新しいよ。今のところ良い結果は出ていないが、最初の2試合に関しては結果を残すことが難しい試合だったからね」と振り返るアギーレ監督は、日本サッカーについて感じたことを次のように続けている。 「ラテ [全文を読む]

京都4年ぶりJ1昇格か、徳島初昇格か 決勝は実力伯仲の好カード!

アサ芸プラス / 2013年12月04日10時00分

過去にセレッソ大阪やモンテディオ山形で指揮をとり、資金力不足で戦力が揃わないチームを、まず守備力を高めて、対戦相手を徹底的に分析し、『負けない』チームを作って結果を出してきました。 徳島では、1年目はエースの柿谷が移籍して、ケガ人にも悩み15位でしたが、今年は12試合連続負けなしを記録するなど、相手にとって戦いにくいチームに変貌し、プレーオフに進出しました [全文を読む]

俊輔、川又補強もスコアレス発進…名波監督辛口「よく勝ち点1を持って帰れたな」

ゲキサカ / 2017年02月25日22時28分

一方の名波浩監督の分析は辛口だ。昨季の磐田は36得点しか決めることができず、勝ち点制度が導入された1995年以降ではクラブワースト記録だった。俊輔、そしてFW川又堅碁と前線の選手の補強を試みたが、初戦で効果が表れることはなかった。 この結果に関して、名波監督も「満足は一切していない」とキッパリ。「よく勝ち点1を持って帰れたなというゲーム。次節以降、この反 [全文を読む]

京都の猛攻しのいだC大阪…日本代表MFが中盤で安心感、韓国代表GKが最後の壁

ゲキサカ / 2016年11月27日20時15分

この日の試合を「失点するまではうまく出来ていたと思うけど、失点の場面に関してはラインの押し上げのところで上手くいかなかった」と分析した山口は、「2点目を取るチャンスは山ほどあった。決勝は何があるか分からないし、そのへんはしっかりと修正していきたい」と気を引き締めていた。 (取材・文 児玉幸洋)●2016 J1昇格プレーオフ [全文を読む]

【試合後会見】ハリルホジッチ、劇的勝利を評価「勇気の勝利」《ロシアW杯アジア最終予選》

超ワールドサッカー / 2016年10月07日09時00分

▽試合後会見に出席したヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「美しい勝利ではないが、勇気の勝利」とイラク戦を分析。チームに最後まで声援を送ってくれたファン、日本国民、そしてメディアに対して、「ありがとう」と感謝の意を表した。◆ヴァイッド・ハリルホジッチ監督(日本代表) 「手短に話したい。選手は強い気持ちと勇気を持って戦い、勝つことができた。それから、観客のみな [全文を読む]

語っていいとも! 第21回ゲスト・武田修宏「TVの仕事だってサッカーより浮き沈み激しいし…」

週プレNEWS / 2016年04月17日12時00分

その一方で正直、物足りなさ、もっと何か為し得たはずなのに、という思いも? 武田 まぁ自己分析すると、高校卒業して1年目でMVP、新人王獲って、メディアが結構騒ぎ過ぎてしまったと思ってますし。そこで自分の10しかない力をスゴいスゴいって15、16あるように言われて。注目されたことによって、2年目から19、20歳の時は試合に出れなかったり、苦しい時期もありまし [全文を読む]

移籍後初の公式戦で決勝点!C大阪MF山村「結果を出せたことは嬉しく思う」

ゲキサカ / 2016年02月28日23時13分

うちらがつけ込めるところ」と町田のMF森村昂太は試合前に分析していたというが、実際、新加入同士のC大阪ダブルボランチは機能していいたとは言い難い。「試合内容を見ると納得いかない。改善するところはたくさんある。詰め直して、次の試合に活かしたい」。その点は山村自身も痛感しており、課題として挙げていた。 流通経済大から鹿島に加入し、鹿島一筋だった山村にとってはJ [全文を読む]

大宮FW播戸が元チームメイトのMF香川を英語で気遣う「カガワ、ブロークンハート」

ゲキサカ / 2015年02月19日18時53分

後輩を気遣う播戸は、マンチェスター・ユナイテッド時代に試合に出られなかったことに原因があると分析。「どうすれば、自信を回復できるか」という矢継ぎ早の質問に対しも、「ゴール。スコア メニー ゴールズ!」と答えた。 流暢な英語での解答を褒められた播戸は、「今シーズンは、僕もゴールをたくさん決めたい。最低でも11ゴール。そのためにも、まずは試合に出ること」と、引 [全文を読む]

C大阪が2015シーズンのチームスタッフ決定を発表

ゲキサカ / 2015年01月20日10時39分

以下、2015シーズンのチームスタッフ 【チームスタッフ】 監督 パウロ・アウトゥオリ(新任) ヘッドコーチ 村田一弘(新任) フィジカルコーチ ジルヴァン(新任) フィジカルコーチ 藤野英明 コーチ 羽田憲司(新任) GKコーチ 河野和正 分析担当 須和部譲(新任) 通訳 白沢敬典 通訳 渡名喜ようぜんジャキソン(新任) チーフトレーナー 大久保英毅 [全文を読む]

Jリーグは死に体か…金なし、実力なし、人気なし 視聴率も獲れず、広がる無関心

Business Journal / 2014年12月19日06時00分

スポーツライターは、その原因を次のように分析する。 「全体的なレベルが高くなった上で、J1とJ2が拮抗しているとはいえません。以前であれば、J2から昇格したチームはリーグ戦の順位で中位に入れば御の字でした。いくらガンバが力のあるチームとはいえ、昇格即優勝どころか3冠を手に入れたのはJ1のレベルが下がっている証拠です。Jリーグ各クラブの実力が落ちていること [全文を読む]

激減したセレ女が語る、セレッソ大阪“惨敗の原因”

週プレNEWS / 2014年11月20日06時00分

というわけで、以下は真のセレ女が語る今季惨敗の分析。 「フォルランがダメ。あんまり動かへんし、足が痛いとかいって、大事な試合に限ってよう休む。あれで年俸6億円はボッタクリ」(専門学校生・Bさん) 「監督やね。私の周囲は(今季からチームを率いた)ポポビッチ就任にみんな反対してた。案の定、結果が出なくて悪い流れに……(ポポビッチは6月に解任)」(大学生・Cさ [全文を読む]

ザッケローニ監督解任か? 囁かれる次期監督候補たち

tocana / 2014年06月22日09時00分

ワールドカップ開始前では、日本サッカー協会の大仁邦弥会長が監督人事について「大会が終わって分析してから考える」と述べるなど先行きは不明だったが、今回の結果を受けて、次期監督候補の選定に向けての動きが活発化する可能性があり、一部メディアでもすでにそのことについて報じられている。 「週刊新潮」(新潮社)よれば、ザッケローニ監督の後任は、以前から日本からオファー [全文を読む]

セレ女が分析するセレッソ・柿谷が不調の理由「監督とフォルランのせい!」

週プレNEWS / 2014年05月04日06時00分

だが、遠征メンバー以外の練習もしっかりチェックするコアなセレ女だけあって、その分析は鋭かった。 「昨季の曜ちゃんは『がむしゃらボーイ』って感じで、必死にゴールを目指していた。サッカーが楽しくてたまらんという感じ。でも、今季は違う。プレーが妙にオトナになってしまったという印象です」(専門学校生・Aさん) なぜ、そんなことになってしまったのか? セレ女たちが挙 [全文を読む]

フォーカス