監督 セレッソ大阪に関するニュース

Jリーグプレスカンファレンスの参加監督・選手決定!

ゲキサカ / 2015年02月12日18時53分

Jリーグは12日、今月19日に都内で開催される「2015Jリーグプレスカンファレンス」に参加する監督および選手を発表した。浦和レッズのペトロヴィッチ監督はチーム事情により欠席するとしている。 毎年、開幕前に開催している「Jリーグプレスカンファレンス」では、監督とチーム代表選手が一堂に集い、開幕するシーズンへの抱負を語る。 以下、参加監督・選手 ■明治安田生 [全文を読む]

セレッソ大阪、まさかのJ2降格! 今季だけで監督交代3回の異常事態は「明らかに経営側の判断ミス」

日刊サイゾー / 2014年12月02日15時00分

昨シーズン限りで退任したレヴィー・クルピ前監督は多くを語らなかったが、「明らかに経営側との軋轢があった」とサッカー関係者は話す。 「多くのメディアが、『クルピ監督がセレッソ大阪の若手育成に寄与している』と評価しました。監督自身もそういった評価を喜んでいましたが、セレッソ大阪側からすれば、選手を育て、スカウトしてきたのは自分たちだという自負がある。育成がう [全文を読む]

W杯“最強”ジンクスを発見! 「白髪+メガネ→ハゲ」の法則を知っているか?

週プレNEWS / 2014年06月21日06時00分

優勝国の監督にもジンクスがある。なぜか「外国人監督の下では優勝できない」のだ。確かに、前回南アフリカ大会王者スペインのデル・ボスケ監督以下、06年ドイツ大会優勝国イタリアのリッピ監督、02年日韓大会優勝国ブラジルのスコラリ監督、98 年フランス大会優勝国フランスのジャケ監督などなど、これまですべての大会で自国の監督が母国を優勝に導いている。今大会、前述の [全文を読む]

語っていいとも! 第22回ゲスト・松木安太郎「紆余曲折あったけれども、サッカーの時代が松木に追いついてきた(笑)」

週プレNEWS / 2016年05月08日12時00分

前回、元Jリーガー・日本代表の武田修宏さんからご紹介いただいた第22回ゲストは元ヴェルディ監督でサッカー解説者の松木安太郎さん。 Jリーグ創設時に35歳の若さで初代ヴェルディ監督就任。現在は試合解説での“松木節”もすっかり定着したが、前編では幼少時の頃から読売クラブ(現東京ヴェルディ)に所属するまで、その熱いキャラのルーツを語っていただいたがーー。(聞き [全文を読む]

元日本代表選手の不満爆発で広がる、チーム内の不協和音 セレッソ大阪J1昇格に黄色信号?

日刊サイゾー / 2015年11月10日19時30分

身長183㎝というパワー、さらにスピードとテクニックも兼ね備えているので、パウロ・アウトゥオリ監督は重宝しているようですが、本調子にはほど遠い。“旬”が過ぎた選手にも見えてしまい、実際に12試合出場で2得点と振るわない。玉田や関口の怒りも、もっともです」(サッカーライター) アウトゥオリ監督はサンパウロFC監督時にFIFAクラブワールドカップを制し、200 [全文を読む]

昨季は弟、今季は兄…C大阪、大熊兄弟で2年連続“代打指揮”

ゲキサカ / 2015年11月17日17時17分

セレッソ大阪は17日、パウロ・アウトゥオリ監督が退任し、強化部長の大熊清氏が新監督に就任する人事を発表した。J2リーグ戦残り1節となったこの時期の異例の監督交代劇。J1昇格プレーオフ圏内の4位に付けながら、ここ2か月でわずか1勝と最悪にあるチーム状態を表す人事発表となった。 残りシーズンを指揮する大熊氏は1964年6月21日生まれ、埼玉県出身の51歳。世代 [全文を読む]

MF香川真司の天敵! ネット上で「モイーズ氏がセレッソ大阪の監督就任か」説浮上

AOLニュース / 2014年06月10日17時00分

J1のセレッソ大阪のポポヴィッチ監督が、6月8日までに解任されていたことが明らかになった。現在リーグ暫定13位のセレッソ大阪。成績の不審や選手に対する批判ともとれる言動があったことなどが、解任の理由だという。 そして気になるのは後任だが、現時点では公表されておらず、練習も監督不在のまま再開するとのこと。そんななか、ネット上では前シーズンマンチェスター・ユナ [全文を読む]

語っていいとも! 第21回ゲスト・武田修宏「TVの仕事だってサッカーより浮き沈み激しいし…」

週プレNEWS / 2016年04月17日12時00分

前回、元Jリーガー・現FC岐阜監督のラモス瑠偉さんからご紹介いただいた第21回ゲストは、元Jリーガー・日本代表の武田修宏さん。 サッカー解説者にとどまらずバラエティ番組などでも活躍、モテ男キャラとして知られるが、いまだ未婚の独身貴族。しかし、意外や?本人は準備と努力が大切と語る几帳面な苦労人で、幼少時からのストイックな出自や熱いサッカー魂を吐露(とろ)し [全文を読む]

キプロス戦勝利も……サッカー日本代表・柿谷不調の原因は、ポポヴィッチ監督にあり!?

日刊サイゾー / 2014年05月28日21時30分

もちろん、ザッケローニ監督からすれば、これは想定の範囲内である。 「指宿合宿でフィジカルトレーニングをやっていたので、当然ながらキレや輝きを求めることはできなかった。今回は体が重かったので、その分、頭がどう機能するかを見たかった」 試合後、ザッケローニ監督はそう振り返ったが、これは決して言い訳ではない。今回の試合は紅白戦のような試合を埼玉スタジアムで行った [全文を読む]

カンファレンス出席者で変更、キャプテン予定となっていたC大阪は…

ゲキサカ / 2016年02月18日11時50分

Jリーグ全53クラブの選手と一部監督が出席し、今季にかける意気込みを語る。 発表になっていた出席者に変更があり、「キャプテンを予定」としていたセレッソ大阪は、FW柿谷曜一朗に決定。横浜FCがDF永田拓也、ツエーゲン金沢がDF阿渡真也に変更されている。 仙台:奥埜博亮 鹿島:植田直通 浦和:柏木陽介、ペトロヴィッチ監督 大宮:金澤慎、渋谷洋樹監督 柏:大谷秀 [全文を読む]

残り1試合の監督交代劇…C大阪社長は反省「本当はもう少し早く」

ゲキサカ / 2015年11月17日18時00分

セレッソ大阪は17日、パウロ・アウトゥオリ監督が退任し、強化部長の大熊清氏が新監督に就任する人事を発表した。新監督就任会見には、大熊新監督とともに玉田稔社長が出席。公式サイトによると、玉田社長は「本当はもう少し早く代えればよかったかもしれません」と、残り1節となったこの時期の監督交代劇を謝罪した。 また社長は、監督交代を決断するに至った経緯を説明。「ここ数 [全文を読む]

第一印象は「友達の弟」「お兄ちゃんの友達」 扇原×南野特別インタビュー

ゲキサカ / 2014年09月26日12時42分

―扇原選手はハビエル・アギーレ監督を迎えた新生日本代表の初陣メンバーに選出されました。扇原(以下、扇)「初めて一緒にやる選手も多くて、刺激は大きかったですね。試合に出れなかったことは悔しかったですけど、自分にとってはプラスになりました。アギーレ監督の練習はメリハリもしっかりしていて、やっていて楽しかった。また次選ばれるように、頑張っていきたいという気持ちは [全文を読む]

C大阪が大熊清監督の続投を発表「J1昇格を必ずや成し遂げたい」

超ワールドサッカー / 2015年12月25日16時52分

▽C大阪は25日、今シーズン途中にパウロ・アウトゥオリ監督の後任として監督に就任していた大熊清監督(51)が2016シーズンも指揮を執ることを発表した。▽大熊監督は2014年12月にC大阪の強化部長に就任すると、2015年11月に監督に就任。J2で1試合、J1昇格プレーオフで2試合を指揮していた。大熊監督はクラブを通じてコメントしている。「伝統と歴史あるセ [全文を読む]

壁と大砲…“ほこたて”対決制した井原福岡が決勝へ「ぜひ昇格を」

ゲキサカ / 2015年11月29日18時02分

[11.29 J1昇格プレーオフ準決勝 福岡1-0長崎 レベスタ] 井原正巳監督率いるアビスパ福岡が、5年ぶりのJ1復帰まであと1勝に迫った。 29日、シーズン3位の福岡は本拠地レベルファイブスタジアムで同6位のV・ファーレン長崎と対戦し、1-0で勝利した。得点は後半3分にFWウェリントンが挙げたゴールのみだったが、終始圧倒した。 “ほこたて”対決でもあっ [全文を読む]

「ドイツに行って良かった」C大阪復帰の丸岡満が語るドルトムント、香川真司、そしてリオ五輪

ゲキサカ / 2016年01月14日11時57分

―ドイツでの2年間はどんな経験になりましたか? 昨年10月にはそれまでU-23の監督を務めていたダービト・ワグナー氏が退任する監督交代もありました。「ワグナー監督はどちらかというと技術より当たりの部分や激しさ、熱さを大事にする監督でした。試合の中でもボール回しはほとんどなくて、ロングボールや空中戦の戦いが多かったですね。監督が代わってからはサッカーのスタイ [全文を読む]

シュミット解任のレバークーゼン、コルクト新監督を招へい! ハノーファー時代に清武&酒井宏を指導

超ワールドサッカー / 2017年03月07日02時58分

▽レバークーゼンは6日、タイフン・コルクト氏(42)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 ▽今シーズンここまで苦戦が続き、23節終了時点で勝ち点30の9位に低迷するレバークーゼンは、4日に行われたドルトムント戦では、2-6と大敗を喫していた。この状況を受けてクラブは5日、ロジャー・シュミット前監督(49)の解任に踏み切っ [全文を読む]

J1昇格のC大阪、新監督に尹晶煥氏が就任「今までセレッソを忘れた事はない」…大熊監督は退任

ゲキサカ / 2016年12月05日17時33分

セレッソ大阪は5日、2017シーズンの新監督として尹晶煥氏が就任すると発表した。なお、今季チームを率いた大熊清監督兼チーム統括部フットボールオペレーショングループ部長は、今季限りで監督を退任することが同日に併せて発表されている。 現役時代にC大阪でプレー経験のある尹氏は、鳥栖に在籍していた07年に現役を引退。その後、指導者の道を歩み始めると11年から14年 [全文を読む]

<サッカー>韓国人監督が日本でも大人気に!中国リーグの「まね」を始めたJリーグ―韓国メディア

Record China / 2016年11月22日15時00分

2016年11月21日、韓国・毎日経済は「中国スーパーリーグに学び、日本のJリーグでも韓国人監督ブームが起きている」と報じた。 記事は、「資金力が増した中国のクラブは、欧州のトップリーグから選手や監督を引き抜いているが、今シーズンに中国スーパーリーグで韓国人が監督を務めたクラブは5チームもあった」と紹介。崔龍洙(チェ・ヨンス)監督が率いた江蘇蘇寧はリーグ2 [全文を読む]

カズ弾含む3発で横浜FCに逆転負けのC大阪が謝罪「申し訳ありませんでした」

超ワールドサッカー / 2016年08月08日17時30分

ファンの期待に応えられていない状況を詫びつつ、大熊清監督が引き続き指揮することを強調し、今後も目標とするJ1昇格へまい進していくと説明した。「いつもセレッソ大阪をサポートいただき、ありがとうございます」「昨日の2016明治安田生命J2リーグ第27節・セレッソ大阪vs横浜FCの試合は、2-0から逆転負けを喫するという非常に残念な結果に終わりました」「最後まで [全文を読む]

J2降格C大阪、大熊清氏の強化部長就任を発表「大変光栄」

ゲキサカ / 2014年12月10日15時06分

セレッソ大阪は10日、前大宮アルディージャ監督の大熊清氏を強化部長に迎えると発表した。勝矢寿延強化部長は退任する。 大熊氏は1964年6月21日生まれ、埼玉県出身の50歳。過去にはFC東京、大宮で監督を経験。FC東京では強化部長代理やテクニカルディレクターも歴任した。2002年から10年までは日本サッカー協会技術委員としても活動。年代別代表の監督やA代表コ [全文を読む]

フォーカス