島崎遥香 篠田麻里子に関するニュース

「半分あきらめてた」AKB48新センター、ぱるること島崎遥香の素顔とは?【楽天エンタメナビ】

インフォシーク / 2012年11月30日14時00分

アイドルグループ・AKB48で3代目じゃんけん女王となった、“ぱるる”こと島崎遥香(18)の勢いが止まらない。10月に公開された、劇場版『私立バカレア高校』では主役を演じ、12月1日放送のフジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!2時間SP』の人気企画「矢部浩之のオファーしちゃいました!!」では、初の単独握手会とステージイベントに挑戦。さらには、じゃんけん女王と [全文を読む]

増田有華ラストステージ、河西智美まさかの卒業発表。第2回「AKB48紅白対抗歌合戦」は紅組の勝利!

週プレNEWS / 2012年12月20日17時00分

紅組の島崎遥香が指原莉乃のソロデビュー曲『それでも好きだよ』をキュートに歌うと、白組の渡辺麻友は前田敦子の『君は僕だ』で対抗した。 特に盛り上がったのは、チームA3rd公演で歌われた『小池』を替え歌にした『清原』。審査員として参加した清原和博に向かって、峯岸みなみが「188センチ、110キロ、丸刈りで番長と呼ばれた女たらしの清原!」叫ぶと、会場は爆笑と歓声 [全文を読む]

大島優子の後継者!激化する渡辺、松井、島崎、山本のセンター争い

dwango.jp news / 2014年05月12日21時44分

現在、AKB本隊のセンター候補は、渡辺麻友、松井珠理奈、島崎遥香が挙げられるが、果たして世界最大級の人気を誇るガールズグループを誰が率いるのか?まずは松井珠理奈。今回の大組閣でAKB本隊への加入がファンの間でも囁かれた中で、SKE48との兼任は変わらないままだ。「松井珠理奈はダンス力も高く、SKE48のメンバーながらAKB48の楽曲での選抜経験も抱負。更 [全文を読む]

【続報】トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜、初●●に「痛かった」「痛くなかった」「気持よかった」!?

Woman Insight / 2015年07月12日21時07分

(平山正子) 公式HP http://realonigokko.com/ FB http://facebook.com/onigokkoeiga twitter https://twitter.com/onigokkoeiga (C)2015「リアル鬼ごっこ」学級委員会 【あわせて読みたい】 ※監獄でリアル鬼ごっこ!?「ザ・ロックアップ」でコラボメニュー [全文を読む]

AKBじゃんけん大会大予想!本命は渡辺麻友、対抗はHKT宮脇咲良&朝長美桜!?

ハピズム / 2013年09月18日16時30分

昨年優勝した島崎遥香のような、ニューヒロインは誕生するのか? 顔相から大予想してみよう。 今年も昨年同様『AKB48 じゃんけん大会公式ガイドブック2013』(光文社)の写真を元に「運のよし悪し」「無心かどうか」の2つを顔から読みとって予想するが、今年は「AKB総選挙」で1位になった指原莉乃がHKT48の予備選で敗退したため不参加。また、篠田麻里子や板野友 [全文を読む]

AKB48メンバーのOL姿が好評の「WONDA」CM。7月7日(日)、テレビドラマ化決定!

週プレNEWS / 2013年06月21日04時00分

メインキャストは、大島優子、渡辺麻友、島崎遥香、小嶋陽菜、柏木由紀、篠田麻里子の6人。そして、先日の総選挙で17位に躍進し「ジャンプアップ賞」を獲得したSKE48の柴田阿弥も、何らかの役で登場するらしい。 脇を固める共演者には、CMでおなじみの大和田伸也、大杉漣、柄本佑などの実力派俳優たち。AKB48メンバーが初めて挑戦する本格オフィスドラマで、いったい [全文を読む]

AKB48、「第2回紅白対抗歌合戦」は篠田率いる紅組の勝利

リッスンジャパン / 2012年12月18日01時00分

■第2回AKB48 紅白対抗歌合戦セットリスト○白組「ワッショイ白!」 板野・内田・柏木・大場・菊地・高橋・藤江・仲谷・石田晴・峯岸・宮崎・横山・田名部・岩田・前田亜・宮澤「君は僕だ」 渡辺麻友 「となりのバナナ」 横山由依・渡辺美優紀「清原( 小池・替え歌)」峯岸・仲谷・石田晴・宮崎・小林香・小嶋菜・小森・小林茉・森川・大島涼・名取・片山・内田・永尾・田 [全文を読む]

AKB48、じゃんけん新王者は島崎遥香、前回・前々回の王者を従えセンターに

リッスンジャパン / 2012年09月19日03時00分

AKB48が18日、東京・日本武道館にて「AKB48 29thシングル選抜 じゃんけん大会」を開催し、島崎遥香が見事センターの座を勝ち取った。29thシングルの楽曲タイトルを「『下からぱるる』か『ポンコツ』がいい」と語る次世代エースは、前回・前々回のじゃんけん王者を従えて、新生AKB48の顔として今後活動していく。今年で3回目を迎えた じゃんけん大会。この [全文を読む]

ぱるるも卒業! AKB48次世代の注目株は、いったい誰!?

日刊大衆 / 2017年01月06日10時00分

“ぱるる”こと島崎遥香(22)が2016年12月31日、“こじはる”こと小嶋陽菜(28)が2017年2月22日のコンサートで卒業と、人気メンバーが続々と卒業を発表しているAKB48。知っているメンバーがドンドン減っていく中、注目すべき次世代のエースは一体誰なのか? 注目株を紹介していこう。 まずは2016年の『第8回AKB48 45thシングル選抜総選挙』 [全文を読む]

たかみなのメッセージが意味深?AKB48で”卒業ラッシュ”が止まらないワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年03月28日19時07分

また、明らかにやる気のない島崎遥香(21)が猛プッシュされていたり、バラエティ班の指原莉乃(23)が無条件に推されている現状に不満も多い。いつしか、自分の将来について真剣な子ほど『ここにいても輝けない』と考えるようになり、自ら卒業を選ぶという悪い流れが続いています」(レコード会社関係者) 高橋もそんな思いからか、2011年の選抜総選挙から「努力は必ず報われ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】AKB48新曲取材で宮脇咲良が感涙 OG・ベテランに囲まれ「皆さん優しくて」

TechinsightJapan / 2016年02月02日14時35分

その日、『君はメロディー』をお披露目した現役メンバーは宮脇咲良、指原莉乃、渡辺麻友、柏木由紀、小嶋陽菜、島崎遥香、横山由依、峯岸みなみ、北原里英、松井珠理奈、山本彩、入山杏奈、加藤玲奈、木崎ゆりあ、宮澤佐江、向井地美音だった。 このなかの多くが10周年記念シングルの選抜メンバーになると思われる。OGドリームチームとして前田敦子、大島優子、篠田麻里子、板野友 [全文を読む]

AKB48・島崎遥香が「記念祭」欠席…“体調不良商法”にファン「卒業・休養しろ」

デイリーニュースオンライン / 2015年12月07日16時00分

AKB48・島崎遥香(21)が、12月6日に開催された「AKB48劇場オープン10周年記念祭」を“体調不良”で欠席した。持病のぜんそくや左足火傷、急性胃腸炎といった体調不良を理由に仕事を休むことが続く一方、海外での仕事には大喜びで出掛ける島崎に対し、ネット上からは「もう誰も体調不良だとは思わない」と冷めた視線が送られている。 同イベントは、東京・秋葉原のA [全文を読む]

AKB48じゃんけん大会、ヤラセなしに「優勝者がかわいそう」の声! 運営が“ガチ”にした理由とは?

おたぽる / 2015年09月20日09時00分

篠田麻里子、島崎遥香、松井珠理奈、渡辺美優紀ら人気メンバーがセンターとなった過去の選抜に比べて断トツに地味な存在であり、今回は運営からの“調整”が加えられていないと見る向きが圧倒的に多そうだ。しかし、そんな“無調整”のじゃんけん大会に、ファンからなんとも“微妙”な不満の声があがっているという。 「第1回の内田眞由美の時は、前田敦子や小嶋陽菜、河西智美とい [全文を読む]

じゃんけん大会はAKB48に必要なのか?

dwango.jp news / 2015年09月17日20時02分

また、そもそも八百長が叫ばれたのは、過去の優勝者が内田真由美、篠田麻里子、島崎遥香、松井珠理奈、渡辺美優紀となり、内田以降は当時の人気メンバーや活躍を期待された若手メンバーだったことにも関係する。運営が推したいメンバーなんじゃないかと。 しかし、公式ガイドブックを作成した光文社・青木編集長が当サイトのインタビューで話したとおりに「錚々たるメンバーが勝てる [全文を読む]

篠田麻里子、「バーニングに見限られた」!? CM契約恐喝事件の“闇が深い”舞台裏

サイゾーウーマン / 2015年09月12日12時45分

「もはやバーニング幹部の興味は、篠田ではなく、AKB48・島崎遥香やNMB48・山本彩ら若手メンバーに移ってしまっている。篠田はデザイナー活動も廃業同然だし、本気で挑んだという主演映画『リアル鬼ごっこ』でも、トリプル主演の1人である・トリンドル玲奈に、カナダ・モントリオール映画祭で最優秀女優賞をかっさらわれてしまいました」(同) 12月開催の「AKB48 [全文を読む]

【速報】トリンドル玲奈、主演映画舞台あいさつでの涙の理由(ワケ)は!?

Woman Insight / 2015年07月11日19時56分

(平山正子) 公式HP http://realonigokko.com/ FB http://facebook.com/onigokkoeiga twitter https://twitter.com/onigokkoeiga (C)2015「リアル鬼ごっこ」学級委員会 【あわせて読みたい】 ※監獄でリアル鬼ごっこ!?「ザ・ロックアップ」でコラボメニュース [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】渡辺美優紀、AKBじゃんけん大会優勝に「てっぺんとったでー!」 2位のこじはるは前田、篠田と悔し涙。

TechinsightJapan / 2014年09月18日11時55分

じゃんけん大会を振り返ると、第1回は選抜メンバーの経験が無い内田眞由美が1位となり意外性があったが、第2回は選抜常連の篠田麻里子、第3回はじゃんけん大会の前から“ぽんこつ”、“塩対応”と話題になっていた島崎遥香が“全てチョキ”を出して優勝となり、シナリオどおりのイメージがあった。そして昨年は、松井珠理奈が“全てパー”を出して優勝している。今回の渡辺美優紀は [全文を読む]

篠田麻里子、「ファッションリーダーランキング」圏外に日テレ関係者が「恐怖」と漏らすワケ

サイゾーウーマン / 2014年09月11日13時00分

同ランキングの常連だった篠田の惨状は、今年7月、自身のプロデュースブランド「ricori」の全店閉店に際して、本家・島崎遥香も真っ青の“塩対応”を行ったことが原因とされているが……。 「篠田はricori閉店に際して、Twitterで『私も去年までアドバイザーとしてお手伝いしていただけに残念です』と、まるで他人事のようなつぶやきをしました。その後ブログでは [全文を読む]

広告業界の“AKB48離れ”明るみに……「20位中、1人だけ」は“脱法ハーブ騒動”の余波か

日刊サイゾー / 2014年08月06日00時00分

なお、前年は、7位に篠田麻里子、10位に大島優子、12位に小嶋陽菜、16位に島崎遥香、17位に渡辺、20位に柏木由紀と、7人がランクイン。12年にも、3位の前田敦子をはじめ8人がランクインしていた。 「NTTドコモとの契約が切れたことが、大きな要因でしょう。また昨年、ソフトバンクモバイルのCMに教師役で出演していた前田も、今は登場していない。AKB48グ [全文を読む]

名作「ぱちんこAKB48」アプリが、なんと無料配信中!

週プレNEWS / 2014年07月15日18時00分

あれから2年、新メンバーで生まれかわったチームサプライズのメンバーが、最新作「ぱちんこAKB48 バラの儀式」を引っさげて帰ってきた!! 新生チームサプライズメンバーは、板野友美、大島優子、柏木由紀、北原里英、小嶋陽菜、指原莉乃、篠田麻里子、島崎遥香、高城亜樹、高橋みなみ、松井玲奈、峯岸みなみ、山本彩、横山由依、渡辺麻友、渡辺美優紀(五十音順)の16人だ [全文を読む]

フォーカス