松嶋菜々子 檀れいに関するニュース

菅野美穂『砂の塔』、“寄せ集め”ドラマ!? 『マザーゲーム』『夜行観覧車』など既視感のワケ

サイゾーウーマン / 2016年10月29日16時00分

あこがれのタワーマンション暮らしを始めた高野亜紀(菅野美穂)一家だったが、見栄とプライドにまみれたセレブ主婦たちとの付き合いや、夫・健一(ココリコ・田中直樹)とのすれ違い、さらには1つ上の階でフラワーアレンジメント教室を開く隣人・佐々木弓子(松嶋菜々子)にも追い詰められていく……。「このタワマンにおけるママ友抗争は、3年前に同局で放送されたドラマ『マザー・ [全文を読む]

松嶋奈々子、佐々木希、「嫌われタレント性悪現場」

アサ芸プラス / 2013年02月07日10時00分

* おしとやかなたたずまいは、まさに“大和撫子”な松嶋菜々子(39)だが“悪女”な一面をテレビ局関係者が小声で明かす。 「本人はとても気性が荒く、言いたいことを言わないと気が済まない性格。何があったのか、スタッフもいる場所で、夫の反町隆史さんに松嶋さんが相当イライラした口調で『ハッキリしてよ!』とスゴむ場面を目撃しましたね」 夫婦喧嘩はともかく、仕事相手 [全文を読む]

女性誌「Grazia(グラツィア)」が4月7日(土)に新装刊! “ワーキングマザーがいちばん楽しい!”

PR TIMES / 2012年04月06日16時50分

表紙&巻頭インタビューには、女優の松嶋菜々子さんが登場。二人の娘の母でもある松嶋さんが、「働いている私」「母である私」、そして「女である私」をテーマに、子育ての試行錯誤、“ワーキングマザー”として女優業に傾ける思い、だからこそ得られた幸福感について、存分に語ります。 ファッション特集では、ワーキングマザーのために、「気分を上げ、働くスイッチを入れてくれる仕 [全文を読む]

北川景子ほか、共演から結婚した芸能人は意外に多い!

日刊大衆 / 2017年02月06日15時00分

そして現在の“相棒”である俳優の反町隆史(43)は、最高視聴率35.7%を記録した大人気ドラマ『GTO』(フジテレビ系)で共演した女優の松嶋菜々子(43)と、撮影終了から約1年後の1999年11月に交際開始。2001年2月にフジテレビのスタジオで二人そろって結婚会見を開いた際には、ビッグカップル誕生として大きな話題を集めた。その後、二人の子どもにも恵まれ [全文を読む]

松嶋菜々子「あのドラマで夫婦共演!?」低迷する視聴率女王の“秘策”

日刊大衆 / 2016年09月26日13時30分

「かつての視聴率クイーンが、正念場を迎えています」 芸能記者がこう話すのは、10月14日にスタートする連続ドラマ『砂の塔』(TBS系)に出演する松嶋菜々子(42)のことだ。 「実は、同ドラマで松嶋は、菅野美穂(39)とのW主演という話だったんですが、“松嶋では数字が取れない”と急遽、脇役に回されたそうなんです。実際、予定されていたより、松嶋の出演シーンがず [全文を読む]

ドラマ「吉良奈津子」で好演!原田泰造が「夫役」として重宝される理由とは?

アサジョ / 2016年08月18日09時59分

放送中のドラマ「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ系)で、松嶋菜々子の夫を演じているネプチューン・原田泰造の意外すぎる趣味が話題になっている。「知る人ぞ知る読書家です。かつて芸能界の読書家といえば、ビートたけし、タモリ、爆笑問題の太田光といったところでした。近年は2000冊の書籍を読破した芥川賞作家のピース・又吉直樹もいますが、その筆頭を飾るのは都立農芸高 [全文を読む]

「性悪でも売れる」女優と「性格重視」のMC芸人

メンズサイゾー / 2013年02月10日08時00分

「嫌われタレント性悪現場」として7日に配信された同サイトの記事によれば、老若男女世代を問わず好感度の高い女優として知られる松嶋菜々子(39)が、関係者いわく「本人はとても気性が荒く、言いたいことを言わないと気が済まない性格」で、「雑誌の撮影後はとにかく『シミを消せ。シワを消せ』とうるさいなんてもんじゃない」というから驚き。また、アラフィフを代表する美貌の [全文を読む]

芸能人ギャラ・ボッタクリ女王大発表、小雪を鈴木京香が猛追

アサ芸プラス / 2013年01月07日10時00分

閉店セールをやっている郊外の紳士服店みたいだが、ぜひ来年も騒動を続けたまま離婚寸止めで過ごしてほしいです」 25位に入っているのは、松嶋菜々子(39)だ。「家政婦のミタ」でテレビドラマ史上、歴代3位となる40%という驚異の最高視聴率を記録した。が、「ミタ」ブランドをひっ提げてのフジ月9ドラマ「ラッキーセブン」は平均15.6%とまったく振るわず、制作サイドは [全文を読む]

『純と愛』の脚本家 武田鉄矢に「悪い役をやって死んでくれ」

NEWSポストセブン / 2012年10月29日16時00分

確かに善行は強烈に悪い父親なのでどうしようかと思ったけど、60才過ぎて新しい役どころも面白いかなと挑戦を決めました」(武田) ※女性セブン2012年11月8日号 【関連ニュース】松嶋菜々子 『家政婦のミタ』のタイトル見て出演を快諾した『家政婦のミタ』 子供役でまず決まったのは忽那汐里だった及川光博と檀れい 初デートは『相棒』撮影後の京都寺巡り視聴率好調『家 [全文を読む]

高視聴率「熟女優」フェロモンの秘密(1)「女王」天海祐希が「知的」沢口靖子に圧勝!「45歳であのスタイルの良さはありえない」

アサ芸プラス / 2012年08月28日10時59分

『BOSS』(フジ系)の刑事役から、理想の上司役パターンですね」 松嶋菜々子(38)にも同じことが言えるという。 「彼女はドラマのセレクションがうまくて、00年の『やまとなでしこ』(フジ系)以来、出る作品、出る作品を当てています。昨年、『家政婦のミタ』(日テレ系)のような変わった役を当てましたが、今後、どうなっていくのかな? と興味深いところです」(黒田氏 [全文を読む]

上川隆也「最近実生活では缶コーヒーの文字が読みづらい…」

NEWSポストセブン / 2012年01月30日16時00分

『八日目の蝉』の小林星蘭ちゃんに檀れい、『マルモのおきて』の芦田愛菜ちゃん、鈴木福君に阿部サダヲ、そしてもちろん『家政婦のミタ』の本田望結ちゃんには松嶋菜々子と、話題になるドラマには必ず子役ありといえる。そして今クール、また注目を集める子役活躍ドラマ『ステップファザー・ステップ』(TBS系月曜夜8時~)に出演する渋谷龍生君、樹生君とがっぷり四つに組むのは今 [全文を読む]

今こそ旬の"抱きたくなるほど魅力的"な四十路美女たち!

メンズサイゾー / 2012年01月22日15時00分

昨年を代表するドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)での松嶋菜々子の人気再燃もあり、にわかに活気づく"熟女市場"。松嶋は38歳だが、さらに熟した40代は今が花ざかり。一昔前の「もうオバさん」というイメージはどこへやら、むしろこちらからお願いしたくなるような顔ぶれが揃っている。 ドラマ『理想の息子』(日本テレビ系)で、マザコン息子を持つシングルマザーを演じて [全文を読む]

フォーカス