事務所 堀ちえみに関するニュース

夢への道も時代で変わる!?女優のオーディション事情を変遷と共に追ってみた!

日本タレント名鑑 / 2015年05月27日15時55分

そのオーディションを経てから、番組ごとのオーディションを受けてやっと役に辿りつく・・・というのは、今の「事務所所属のオーディション」「番組ごとのオーディション」と同じ流れですね。ただ違うのは、製作するのが社内ということで、実質は社内オーディションです。 公開オーディションで事務所選びその後、タレントが所属し、その所属タレントをマネージメントする事務所が出て [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】堀ちえみ、40代のスチュワーデス姿を披露。「どじでのろまな亀」は健在!? 「次は婦人警官を」

TechinsightJapan / 2014年08月25日14時45分

同じ事務所の後輩オジンオズボーンも制服姿の堀に「違和感なし」「相変わらず綺麗ですね、歳をとっても」と少々辛口に褒めた。 オジンオズボーンが10代の頃からの付き合いだと明かした堀は、2人の姉というよりはお母さんのようである。2人がまだ売れていない頃、高松がコロッケを好きだと聞いた堀は、コロッケを100個揚げて自宅で振る舞ったそうだ。2人が『フライト・ゲーム』 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「松本伊代」(2)アイドルは恋よりお金の話がNG!?

アサ芸プラス / 2017年02月08日12時57分

テリー でも、そんなことが続くと、事務所から「トシちゃんとは、あんまり話さないように」とか言われないの?松本 全然そういうのはなかったです。うちの事務所は、けっこう自由だったので。ただし「芸能人同士でお金の話はするな」とだけ言われました(笑)。テリー ハハハ、誰がどれだけギャラをもらっているか、みたいな話ね。松本 そうです(笑)。テリー タレント同士の恋愛 [全文を読む]

松本伊代×早見優が振り返る80年代アイドルのプライベート 「今だったらネットですぐ炎上しちゃうかも…」

週プレNEWS / 2016年11月03日06時00分

早見 私は事務所の方針もあって、健康的なグラビアが多かったんで、撮り方とかそこまで気にならなかったかな。いつも撮影は外だったし。 ―早見さんは太陽やビーチのイメージが強かったです。 早見 水着姿のまま部屋で撮ったカットはほぼないんじゃないかな。でもそのおかげで日焼けで大変でしたけどね。ただでさえ肌が黒いのにもっと黒くなっちゃって。「どうしてそんなに黒いん [全文を読む]

“中堅女子アナ”のフリー転向に勝算はあるのか? 日テレ『PON!』でおなじみだった上田まりえアナがお笑い事務所入りへ

おたぽる / 2015年11月25日12時00分

退社後は、お笑い芸人が数多く所属する大手事務所・松竹芸能に入る予定だという。 日テレといえば、水ト麻美アナ、鈴江奈々アナといった人気女子アナを抱えているが、上田アナは正直、地味で目立たぬ存在で、典型的な“中堅女子アナ”。その上田アナがフリーに転向するというのだから、ある意味驚きだ。 上田アナは鳥取県出身で、専修大学文学部日本語日本文学科を卒業し、2009年 [全文を読む]

フリーアイドル歴23年の宍戸留美が明かす「事務所に所属しない」という芸能界サバイブ術とは

おたぽる / 2015年08月22日14時00分

その後、業界初の事務所に所属しないまま活動するフリーアイドルとして活躍し、アニメ声優としても『ご近所物語』の幸田実果子役、『おジャ魔女どれみ』の瀬川おんぷ役などで人気を得てきた“ルンルン”こと宍戸留美。 そんなルンルンも今年で歌手デビュー25周年ということで、クラウドファンディングを利用して25周年記念のCD&写真集を制作するプロジェクトを始動させたとい [全文を読む]

【ウラ芸能】決定! ママタレ、勝ち組と負け組

NewsCafe / 2015年02月15日15時00分

セレブ陣は神田うの(39)、バツイチ組では千秋(43)あたりが日替わりで出てます」デスク「最近、女優の新山千春(34)がバラエティーに出まくって離婚ネタを繰り返してるのがウザくて、ママタレの立ち位置がいちいち気に障るんだよね」記者「新山は大手のホリプロ所属ですが、事務所の先輩タレント、榊原郁恵(55)は俳優、渡辺徹(53)とのおしどり夫婦ネタで知られ、雲泥 [全文を読む]

中森明菜 孤高の歌姫の「光と影」(4)この子はスターになるよ!

アサ芸プラス / 2014年08月26日09時58分

何度か予選落ちしたことで『新鮮さがない』と敬遠する番組スタッフもいたけど、ちょうど決戦大会のあたりで最高の旬がやって来ていた」 実に11社という熾烈な争奪戦を制し、レコード会社はワーナーに、事務所は研音に決まった。明菜はデビュー前から事務所に対しては意見をはっきりと言い、そのため、わずかな期間にマネジャーが何人か交代させられている。 「研音が言えないことも [全文を読む]

TV美女目撃スクープ60連発!「アサ芸はミタ!」リターンズ(6)大島優子 朝までカラオケ

アサ芸プラス / 2012年03月18日11時00分

「今年に入って、『酔っ払いのイメージがつかないように 』と吉高は事務所からこっぴどく叱られた」(事務所関係者) 本誌報道がキッカケでないことを祈るばかりだ。 一方、“ポスト吉高”として本誌が注目したいのが、朝の情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)で爽やかな笑顔を振りまくお天気お姉さんの佐々木もよこ(25)である。番組スタッフが明かす。 「番組が終わると、い [全文を読む]

松本伊代・早見優の“線路侵入”で、主婦アイドルユニット「キューティー★マミー」大ピンチ!

日刊サイゾー / 2017年02月17日13時00分

私が事務所の人間なら、ユニットでの仕事はやめさせるでしょう」(広告代理店関係者) 2月10日、京都府警右京署は鉄道営業法違反の疑いで2人を書類送検。ロケ中だった番組『クチコミ新発見!旅ぷら』(読売テレビ)は、スポンサーが当のJR西日本で、2人の出演回がお蔵入りする事態になった。 キューティー★マミーはテレビでの仕事が多かったようには見えないが「そのテレビよ [全文を読む]

森口博子ニコニコ本社初降臨!「帰ってきたガンダムの女神」にファン感動

dwango.jp news / 2016年11月18日17時30分

森口といえば、1985年のデビュー曲が「機動戦士Zガンダム」主題歌『水の星へ愛をこめて』、そこから一気にブレイクするかと思いきや続かず、事務所を解雇させられそうになる。その時「なんでもやりますから(実家に)帰さないで!」と懇願し、そこから森口の“バラドル”人生が始まる。「動物の仕事が入って、それが “オスのロバを口説いてこい”というものだったんです。同期は [全文を読む]

聖子・明菜・キョンキョン…あの<黄金アイドル>の蔵出し秘話をプレイバック!(2)

アサ芸プラス / 2016年03月30日09時57分

「5曲目の『まっ赤な女の子』で事務所にも相談せず、髪を刈り上げた。アイドルがあまりやらなかったことを次々とやって、サブカル寄りの人たちにも支持されるようになった。ただし、アイドルとしてのファンを裏切ることもしなかった。今の『ももいろクローバーZ』の源流と言えるかもしれません」 同じ82年組の「シブがき隊」の一員だった布川敏和は、自分たちにとっても格別の存在 [全文を読む]

50才でも自然体の小泉今日子「加齢は劣化ではなく変化」

NEWSポストセブン / 2016年02月26日07時00分

“聖子ちゃんカット”が大流行した当時、同期の面々と同じく小泉も聖子ちゃんカットをしてみるが、ある日事務所にも内緒でショートカットにイメチェン。「アイドル=かわいい」の図式を「アイドルなのにカッコいい」へ塗り替えた。「女性アイドルのメインターゲットは若い男性」なる不文律を、いとも軽やかに乗り越えてみせた。「小泉さんは、人からどう思われるかということに重点を置 [全文を読む]

「声優アニメ出演本数ランキング!」11本増の細谷佳正を抑え、堂々の首位に輝いたのは2年連続のあの人!! では、女性は!?

おたぽる / 2015年12月29日11時00分

なおこのときは、まだ事務所もマウスだった。ほか、特筆すべき点は、大原さやか、能登麻美子、釘宮理恵ら、98年デビュー組の活躍ぶり。椎名林檎、宇多田ヒカル、浜崎あゆみなども同年デビューのようだし、98年は女性の当たり年だったのかもしれない。堀ちえみ、小泉今日子、中森明菜などを送り出した“花の82年組”の再来なのか。 [全文を読む]

語っていいとも! 第10回ゲスト・三田寛子「その夏の『セブンティーン』の応募から人生が180度、パン!って」

週プレNEWS / 2015年08月30日12時00分

三田 それで同じ事務所の沖田浩之さんが『金八先生(3年B組金八先生)』にちょうど入られてて、シリーズが人気だったので、来年、さとう宗幸さんがやる『仙八先生』のオーディション受けてみないかって。秋口に受ける話になって。それが当時3千人くらい、すごい人気で自分が受かるなんて思わない。まだ青春の1ページ状態ですよね、それも。 でも、そのオーディションの1次が書 [全文を読む]

鈴木杏だけじゃない、「芸能界ピンチヒッター物語」(6)金八先生、カンチ…あの名作は代役だった!

アサ芸プラス / 2015年03月18日17時59分

それならばと名乗りをあげたのが、同じ事務所の先輩で教員資格も持っている武田でした」(業界関係者) それが生涯の大出世作となったのだから、役が役者を選んだのだろうか。「スチュワーデス物語」(83年・TBS系)での「お前はドジでノロマな亀だ!」の名セリフは、堀ちえみのイメージにピッタリ。「最初、彼女が演じた松本千秋は、同じ82年組の小泉今日子にオファーされまし [全文を読む]

ザ・ベストテン「視聴率40%の伝説」(8)「歌の前にぶどうの一気食い」

アサ芸プラス / 2013年04月09日10時00分

「ニューミュージック系だったので、事務所の意向でなるべくほかの歌手の方たちと交流しない。だから中継がほとんどでしたね。山梨ではぶどう園から中継が入って、僕が歌う前に早食い王者の人が一房のぶどうを食べるんです。たった一口で飲みこんでしまって、あれは衝撃でしたね」 歌のイメージと直結しないのは、いかにもベストテンらしい“異色の演出”であろうか。さて同曲は9週 [全文を読む]

フォーカス