足立梨花 事務所に関するニュース

【エンタがビタミン♪】足立梨花がピーターパン役・唯月ふうかとツーショット。「可愛い」コメントが続々。

TechinsightJapan / 2015年05月05日12時30分

足立梨花が同じホリプロの唯月ふうかと仲良く並ぶ1枚をInstagramに投稿した。春らしい装いの足立とピーターパン姿の唯月というメルヘンチックな構図に「可愛い」と称賛するコメントが続々寄せられている。ただ、月9ドラマにも出演中の足立梨花に対して、唯月ふうかは舞台が中心なので読者も「ホリプロの後輩だっけ」という認識だ。 東京・台場のフジテレビで開催中の『春フ [全文を読む]

足立梨花の「ヌルヌル棒」が“放送事故級“の過激さと話題に! エリート女優が下ネタに果敢に挑む理由

メンズサイゾー / 2015年01月06日18時00分

女優の足立梨花(22)が、5日に放送された深夜バラエティー番組『今夜はパーリナイト!』(日本テレビ系)に出演。あるゲームに挑戦した彼女が"ヌルヌル棒"をつかんでいる姿が「放送事故級のエロさ」だったと話題になっている。 同番組は芸人たちが考案したオリジナルのパーティーゲームをプレゼンし、出演者が実際に遊んでみるという内容。一風変わった新ゲームの数々が紹介され [全文を読む]

足立梨花、貧乳キャラ卒業に「胸はどうでもいい」の声...めげずに尻フェチ画像でサービス

メンズサイゾー / 2015年07月31日15時15分

タレントで女優の足立梨花(22)が発売中の「週刊プレイボーイ」(集英社)で大胆な水着グラビアを披露し、そのセクシーさが好評を博している。 自他ともに認める貧乳キャラの足立だが、自身のTwitterで「奇跡の谷間ができたのには現場が大盛り上がり!笑これは永久保存すべきですぜぇーい!笑」と自画自賛。実際、掲載されたグラビアは胸の谷間がクッキリで貧乳とはまったく [全文を読む]

和田アキ子との接近も?大谷翔平の”ホリプロ入り”が危険視されるワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年12月24日08時05分

ビッグカップルが生まれれば嬉しいですが、現実的なところでいえば、サッカーを中心にアスリートへの理解がある足立梨花(24)、はたまた元アイドルの里田まい(32)と結婚したニューヨーク・ヤンキースの田中将大(28)を例に大島麻衣(29)と交際発展、なんてこともありうる。とにかくこれからの大谷の色恋沙汰は要チェック」(報道関係者) そんな“ホリプロ所属”になった [全文を読む]

足立梨花の“イケメン好き”がガチすぎる!?「握手会の態度が全然違う……」とファン茫然

日刊サイゾー / 2014年10月23日13時00分

NHK『あまちゃん』で人気急上昇、バラエティ番組やドラマなどで大活躍の足立梨花が18日、都内書店で写真集『RIKA2007→2014』(学研パブリッシング)の発売イベントを開催。握手会と撮影会には、300人を超えるファンが集結した。 そんな中、集まったファンの間で「握手のとき、イケメンとそうじゃない人相手で、対応が違った」という声が上がっている。 ファンに [全文を読む]

足立梨花さんが、『熟成肉』の吉野家牛丼を堪能!

PR TIMES / 2014年05月19日12時36分

牛肉の『熟成期間』を拡大! 新牛丼で、小さな胸も熟成!? 株式会社吉野家(本社:東京都北区、代表取締役社長:安部修仁)は、4月から導入している味や品質を高めた牛丼について、タレントの足立梨花さんにご試食いただきました。今回の牛丼における最大の品質向上点は、牛肉の熟成期間を拡大したことです。その結果、肉のうまみが増し、味がまろやかになりました。そこで、吉野家 [全文を読む]

本人よりカワイイ!?「こじるりソックリさん」に大反響!

日刊大衆 / 2017年05月22日17時05分

さらに、同じく審査員の一人で、小島と同じ事務所に所属する足立梨花(24)も、「こじるりよりかわいいと思う」と彼女のルックスに太鼓判を押した。二人のコメントに、柊も「本当ですか?」と満面の笑みを見せていた。 番組を見ていた視聴者にも、柊のルックスは好評だったようだ。ネットには放送中から「こじるりのそっくりさんで出たのに、こじるりよりかわいい!」「こじるりの顔 [全文を読む]

「彼氏よりアニメ」公言の某人気女優、イケメン俳優と熱愛発覚で「偽装キャラ」崩壊

Business Journal / 2017年05月24日20時00分

今月8日発売の「FLASH(フラッシュ)」(光文社)が現在放送中の連続テレビドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)に出演する女優・足立梨花の熱愛報道を報じた。足立にとって今回が初スキャンダルであり、これまで「彼氏より二次元」と公言してきたため、ファンたちは怒りを隠せないようだ。 気になるお相手は同世代の俳優・川隅美慎。身長178cmとモデル [全文を読む]

三村マサカズが再び“鬼”に!「鬼三村」早くも復活

Smartザテレビジョン / 2016年10月11日06時00分

番組の進行を助けるアシスタントガールは、前シーズンでも活躍した足立梨花が登場。熱気あふれる場に華を添えると共に、何かと暴走しがちな芸人たちを変わらぬ広い心で見守っていく。笑いのツボが意外と浅くもある彼女を「これでもか!」と爆笑させられる芸人は誰? [全文を読む]

松岡茉優 「朝ドラ出世魚の法則」で有村架純超えの「脱いでもいい」覚悟宣言

アサ芸プラス / 2016年05月29日09時57分

さらにはCMやお笑い番組の司会など、仕事を一挙に広げています」(芸能デスク) このほか、有村架純(23)、橋本愛(20)、足立梨花(23)などが「あまちゃん」出演を契機に名を売ったが、「確かに最大の出世女優といえば、昨年の映画『ビリギャル』で大ブレイクした有村が筆頭です。しかし、今年1月スタートの主演ドラマがフジの月9史上最低視聴率を記録する大コケとなり、 [全文を読む]

“笑いの鬼”三村マサカズにとっての鬼は「カミさん」

Smartザテレビジョン / 2016年04月13日08時00分

初回は、ホリプロ所属の足立梨花が番組に華を添える。それによって三村が気持ちよく指導できることはもちろん、若手芸人たちも彼女の前でいいところを見せようと張り切る…という効果も期待される。 [全文を読む]

能年玲奈だけが“暗黒面”へ!あまちゃんガールズの活躍に複雑すぎる声が続々

アサ芸プラス / 2016年01月08日17時58分

同じくアイドルグループのメンバー役だった松岡茉優や足立梨花はバラエティ番組で個性を発揮しており、活躍のフィールドを広げています」(週刊誌記者) 脇を固めていた戦友たちの活躍を能年はどういった心境で見守っているのか。世間は「能年ちゃんだけが暗黒面に行ってしまって悲しい」「一番人気があるのに干される理由が酷い」「あまちゃんのおかげでブレイクした仲間の女優が助け [全文を読む]

ボディコン衣装の川島海荷が早く見たい! コント初挑戦で新境地を見出せるか

メンズサイゾー / 2015年05月24日12時00分

基本的に6人の芸人プラス女性タレントという構成で、川島の前にはSHELLY(31)、菊地亜美(24)、足立梨花(22)などが起用され、バラエティタレントとしての才能を見せてきた。川島も、伊達の母親役に挑戦したり、泥まみれになったりとカラダを張った姿を披露しているというから新境地を見出すことになりそうだ。 21歳ながら芸歴10年を数える川島は、数々のドラマや [全文を読む]

ボディコン衣装の川島海荷が早く見たい! コント初挑戦で新境地を見出せるか

メンズサイゾー / 2015年05月24日12時00分

基本的に6人の芸人プラス女性タレントという構成で、川島の前にはSHELLY(31)、菊地亜美(24)、足立梨花(22)などが起用され、バラエティタレントとしての才能を見せてきた。川島も、伊達の母親役に挑戦したり、泥まみれになったりとカラダを張った姿を披露しているというから新境地を見出すことになりそうだ。 21歳ながら芸歴10年を数える川島は、数々のドラマや [全文を読む]

中学生で激痩せ・ほうれい線!? ホリプロ期待の新星・優希美青が“超激務“でダウン

tocana / 2015年02月27日09時00分

また今月からは、同じくホリプロスカウトキャラバン出身の足立梨花(22)とダブル主演を務める映画『でーれーガールズ』が公開され、3月には人気アニメを原作とした映画『暗殺教室』、6月には三池崇史が監督を務める映画『極道大戦争』の公開が予定されていた。 「他の目を引く美貌と卓越した演技力で注目されていた優希ですが、まだ中学生。ホリプロの金の卵で、これからを背負っ [全文を読む]

主演ドラマ続編に新CM…小泉今日子、“あまちゃん効果”をフル活用!?

メンズサイゾー / 2014年02月19日10時00分

「あのドラマでは能年玲奈と橋本愛はもちろん、足立梨花や有村架純など出演女優の注目度が軒並み急上昇しましたが、小泉の再評価も一種の“あまちゃん効果”といえるでしょうね。『最後から二番目の恋』は平均視聴率が12.4%(関東地区/ビデオリサーチ調べ)と大ヒットというわけではないですが、数々の賞に輝くなどその内容は高く評価されています。もちろん、フジとしては『あま [全文を読む]

石原さとみ完全ブレークの裏でホリプロが苦悩する「スカウトキャラバン」の不振ぶり

日刊サイゾー / 2014年01月30日11時00分

「昨年、NHK朝ドラ『あまちゃん』に出演した足立梨花が“ポスト石原さとみ”といわれていますが、まだまだでしょう。最近、知名度の上がってきている小島瑠璃子もドラマや映画というよりは、バラエティをメインにしていますからね。そう考えると、この10年くらいは失敗だったのかもしれません。一説によると、このTSCを開催するだけでも数千万円の費用がかかっているそうです [全文を読む]

フォーカス