逸話 織田信長に関するニュース

11/25(金)eラーニング『戦国武将に学ぶ相続(遺言)事業承継シリーズ「戦国武将に学ぶ相続、遺言」 「戦国武将に学ぶ事業承継」』開講!

DreamNews / 2016年11月25日15時00分

戦国武将の遺言や相続に関する逸話を紹介し、その中から現代の相続への教訓やヒントを会得できる講座です。株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区・代表取締役 中村央理雄)は、11/25(金)、eラーニング『戦国武将に学ぶ相続(遺言)事業承継シリーズ 「戦国武将に学ぶ相続、遺言」 「戦国武将に学ぶ事業承継」』を開講しました。 戦国武将の遺言や相続に関する [全文を読む]

お土地柄は人柄から。郷土愛の遺伝子が歴史上の偉人を生み出している

まぐまぐニュース! / 2016年09月14日00時50分

報恩の美しい逸話かずかず 幕末の戊辰戦争では、酒井家は徳川恩顧の譜代大名として、会津藩とともに奥羽越列藩同盟を結んで、新政府軍と戦う。会津藩は見事な武士道を見せたが、悲惨な戦いの末に降伏する。 しかし、庄内藩は連戦連勝、新政府軍を領内に一歩も入れなかった。これは酒田の豪商・本間家が庄内藩を全力をあげて支援して、世界の最新兵器を供給していたからだ。 本間家 [全文を読む]

『真田丸』で評価が高い父・昌幸は家康が最も恐れた男だった

週プレNEWS / 2016年02月15日18時00分

そこで真田家に詳しい歴ドルの小日向えりさんにドラマをより楽しむため、見ていなくても居酒屋トークなどで盛り上がるため、今からでも知っておきたい真田家の逸話を教えてもらった。 今回は、まず父の真田昌幸について紹介しよう。 「真田昌幸は天才的な策略家です。その知略によって逆境を乗り切っていきます。信長の死後は北条、徳川、上杉の三者間をうまく立ち回り、家康からも [全文を読む]

サンド伊達は正宗の末裔!? 実は戦国武将の子孫だった有名人

日刊大衆 / 2017年01月10日11時00分

毛利元就といえば「三本の矢」の逸話で知られ、1997年にNHK大河ドラマの主役になったほどの有名武将。合理的な策略と大胆な駆け引きを駆使する策略家として名を馳せた。吉川もまた、中学時代から水球の選手として活躍し、高校では世界ジュニア水球選手権大会の日本代表に選ばれるなど、抜群の身体能力と運動センスの持ち主。さらに「ケンカが強い芸能人」などの雑誌やテレビの特 [全文を読む]

織田信長は論理的思考と解析に優れた“システマイザー脳”

NEWSポストセブン / 2012年05月30日07時02分

歴史上の偉人の脳を実際に調べることはもうできませんが、脳科学の視点から、その人物像や逸話などを分析すると、脳の特殊性を推測することはできます。 例えば、戦国大名の「織田信長」は、脳科学的に見ても、特殊脳を持つ真の卓越者であったと思われます。彼は、前回お話しした「システマイザー脳」(傑出した理系脳)と「極端な男性脳」が合わさっていた人物です。 まず、「シス [全文を読む]

東出昌大が語る司馬遼太郎の魅力――人生を変えた司馬文学

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

こんな逸話を盛り込みながら物語が進んでいきますから、人物がたくさん出てきても頭の中で整理がしやすいのです。 最近、『坂の上の雲』で描かれた人物像とまったく違う、新資料が発見されたというニュースを目にしました。日本海海戦で日本海軍の前に立ちはだかったロシア海軍のロジェストウェンスキー中将は、癇癪持ちとされていますが、実際の彼は、家族にも部下にも愛されていた人 [全文を読む]

【世界遺産】ふだんは見ることもできない、非公開の京都の寺院に泊まる旅5軒

TABIZINE / 2017年02月12日12時00分

歴史を重ねてきた寺は、過去の逸話をあなたに語りかけてくるかもしれません。門戸を開いた5つの寺では、座禅や読経、茶礼を行い、日本の文化「礼節」を改めて学ぶことでしょう。 織田信長の姉の安養院が創建 大慈院(大本山大徳寺) (C) PR Times/ ENYSi 臨済宗大徳寺派の大本山大徳寺は、京都の五山の一つ。大徳寺のほぼ中央にある非公開の寺が「大慈院(大慈 [全文を読む]

「綺麗な甘み」が際立つ酒!池田屋酒造『謙信 純米吟醸・五百万石』【今宵の一献 第14回】

サライ.jp / 2016年10月22日17時00分

この塩の道をめぐる有名な戦国時代の逸話が伝えられています。 永禄10年(1567)、甲斐の武田信玄、相模の北条氏康、駿河の今川義元の三者によって結ばれていた和平協定が崩壊します。義元が桶狭間で織田信長に討たれたことで三国の勢力バランスが崩れたのがきっかけでした。 義元亡き後、天下の覇権をねらって動き出した信玄に対して、今川氏真は太平洋側からの塩の輸送をと [全文を読む]

『ドリフターズ』最新刊発売決定!!「今から待ち遠しくて夜も眠れん」とファン大興奮!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月13日17時30分

歴史上の人物の多数の史実や逸話なども盛り込まれているため、話の面白さをさらに引き立たせ、「このマンガ読んでると歴史の勉強がすっごくしやすい」「『ドリフターズ』読んでるから、歴史の内容がスッと頭に入る」「このマンガ読むようになってから歴史が好きになった」といった声も聞かれる。 [全文を読む]

明智光秀の子孫が新解明する「間違いだらけの織田信長」

アサ芸プラス / 2015年08月13日17時55分

「戦国武将の逸話には、創作である軍記物の記述に引きずられ、それが定説となってしまうことが多い」──そう語るのは戦国武将・明智光秀の子孫で、先頃「織田信長 四三三年目の真実 信長脳を歴史捜査せよ!」(幻冬舎)を上梓した明智憲三郎氏。実は光秀の主君・織田信長にまつわる定説は、間違いだらけなのだという。独自に解明した信長の「真の姿」を明かしてもらった。 信長とい [全文を読む]

【独占インタビュー】東村アキコの新境地…待望の新作は3/6創刊の『ヒバナ』にて連載決定!

Woman Insight / 2015年02月27日17時45分

頼られたら助けちゃう、母性本能丸出しの逸話も多かったですね。他にも、死因がどうみても婦人病とか、生理痛を思わせるエピソードとかもあったり。あとは、これは作品の中でも言っていますが、肖像画が象徴的でした。 WI そちらに関しては、マンガを読んでいただくとして。 東 当時は女の城主ってたくさんいたので、女であっても全然不思議はないんです。ただ歴史って、死後の領 [全文を読む]

大河がまさかのBL展開!? 黒田官兵衛の知られざる男色秘話

ダ・ヴィンチニュース / 2014年01月14日11時40分

そんな黒田官兵衛にも、実は男色の逸話があるのだ。その逸話が紹介されているのは、12月7日に発売された『戦国武将と男色―知られざる「武家衆道」の盛衰史』(乃至政彦/洋泉社)。関連情報を含む記事はこちら この本に登場する『陰徳太平記』によると、安芸毛利家の重臣である吉川家当主元長が亡くなったとき、誰が跡を継ぐのかの話し合いが行われたそう。元長には息子がいなかっ [全文を読む]

NHK大河の黒田官兵衛ほか8武将の知略と生き様を描いた書

NEWSポストセブン / 2014年01月05日07時00分

本能寺の変で織田信長が死んだとき、茫然自失となった秀吉に「あなた様が天下を取るべきです」と官兵衛が叱咤した話など、本書には官兵衛の軍師ぶりを示す逸話がふんだんに盛り込まれている。 軍師といってもただ軍略を練るだけではない。小田原城攻めにおいて官兵衛は、独りで城に乗り込んで敵の北条氏を説得し降伏させたという。さまざまなエピソードから読みとれるのは、官兵衛は敵 [全文を読む]

織田信長 秀吉を「禿ねずみ」と読んだ手紙が存在

NEWSポストセブン / 2017年05月02日16時00分

織田信長が豊臣秀吉を「猿」と呼んだことは有名な逸話だが、実は記録には残っていない。しかし「禿ねずみ」と呼んでいる手紙が残っている。 秀吉の妻・おねが信長の元を訪れた際に、夫の度重なる浮気について愚痴をこぼしたようだ。訪問に対する礼状の中で、信長はおねが以前より美しくなったと褒めた後、秀吉の行ないは言語道断とし、「あの禿ねずみが、そなたのような女房を二度と見 [全文を読む]

ネチネチしつこい豊臣秀吉は中小企業のワンマン社長的だった

NEWSポストセブン / 2017年03月14日16時00分

信長の草履を懐で暖めたという逸話にはじまり、竹中半兵衛ら有能な武将たちを魅了した、気配りと人たらしの魅力的な人物像が一般に伝えられる秀吉のイメージだろう。 しかし、2014年に33通もの秀吉ゆかりの書状が兵庫県たつの市で発見され、これまで知られていなかった秀吉の性格が見えてきた。そこには気配りで人を魅了する秀吉はおらず、ネチネチとしつこい、偏執的な秀吉の姿 [全文を読む]

日ハム栗山英樹監督が戦国武将・大谷吉継を好きな理由

NEWSポストセブン / 2017年02月01日16時00分

あの時代の大名や武将って英雄扱いされている人でも陰で悪いことをしてるとか、女好きだったとか、何かしら悪い逸話も残っている。ところが大谷に限ってはそうした話を聞かない。 栗山:大谷吉継のように義があってブレない人って、出世する前に潰されたりしちゃうじゃないですか。でも義を貫いたままで後世に名を残せたという生き様に憧れるんですよね。 井沢:名字も「大谷」ですし [全文を読む]

日本刀に関する疑問や悩みを徹底的に解決 『超・日本刀入門』展

太田出版ケトルニュース / 2017年01月11日11時15分

織田四天王のひとり・滝川一益が織田信長から賜った「滝川高綱」、直江兼続が豊臣秀吉から賜った「後家兼光」、加賀藩主前田家伝来の「日置安吉」など選りすぐりの名刀約30振が展示され、日本刀の見方や、歴史、産地、戦国武将が所持した刀の逸話などにより、日本刀について学ぶことができる。 『超・日本刀入門~名刀でわかる・名刀で知る~』は、2017年1月14日(土)~3月 [全文を読む]

綾瀬はるかの“おっぱいお触りゲーム”が行われた!? 推定Gカップ爆乳が“利用”されている!

tocana / 2016年12月21日08時00分

あまりに露骨だったため、某スポーツ紙がそのことを記事にしたところ、口コミで広がり興行成績がハネ上がった逸話もあるくらいです」と話す。 前作で綾瀬の胸は計80回ほど大揺れしたが「本能寺――」はそれ以上。綾瀬本人もうっすら制作サイドの狙いは理解しているものの、気に留めることなくニコニコしているという。劇場で“はるパイ”が何回大揺れしたかカウントしてみるのもいい [全文を読む]

【写真たっぷり】戦国系イケメンにときめく♡舞台「天下統一恋の乱LoveBallad~序章~」ゲネプロレポ

Woman Insight / 2016年10月14日20時10分

それぞれの戦国武将の個性や逸話に合わせた殺陣の演出も、見逃せません! 見所いっぱい、何度見てもまた見たくなる、夢のようなこの舞台。あなたもぜひ、劇場で体感してみてくださいね! ★舞台公式サイトはこちら→ http://www.banchoboys5-stage.com 【あわせて読みたい】 ※イケメン16人大集結!熱すぎる「イケメン付箋」開発裏話を直撃 [全文を読む]

10月4日からテレビ放送開始のアニメ『信長の忍び』 U-NEXTにて同日最速配信スタート

@Press / 2016年10月04日11時00分

ストーリーラインは史実をほぼ忠実に押さえており、細かな戦国時代の逸話・蘊蓄も盛り込む等、原作者・重野なおきの知識が存分に活かされた作品です。U-NEXTでは、平成28年10月4日 21時55分のテレビ放送開始時間と同時に、見放題にて配信を開始いたします。最速での先行配信となります。▼『信長の忍び』【配信期間】平成28年10月4日〜平成29年10月3日(*毎 [全文を読む]

フォーカス