新聞 織田信長に関するニュース

叙位最高位「正一位」 最後に贈られたのは1917年の織田信長

NEWSポストセブン / 2016年01月03日07時00分

新聞の社会面などを注意して読むと、〈叙位 正五位○○大学名誉教授〉といった小さな記事を目にすることができる。現在の位階制度では、最高の正一位から従八位まで16段階が存在するが、実際には、どんな人物に位階が与えられているのか。ジャーナリストの武冨薫氏が解説する。 * * * 最高位の「正一位」は歴史的に見ても、生前に与えられたのはわずか6人しかいない。189 [全文を読む]

死んでも「アイツ」に勝ちたかった! 小林興起(1)

アサ芸プラス / 2012年06月08日10時54分

当時、テレビや新聞は独裁者にして暴君だった小泉を「かっこいい」だとか「織田信長のようだ」などと報じていましたが、織田信長だって墓の中で「小泉と一緒にするなんてふざけるな!」と叫んだはずですよ(笑)。 【関連記事】 早世のマドンナたち③ 夏目雅子 死の12年後に公開された幻のヌード秘話(3) 早世のマドンナたち③ 夏目雅子 死の12年後に公開された幻のヌー [全文を読む]

「本能寺の変は満月の夜」…NHK『真田丸』は間違い?明智光秀、闇夜を狙って信長討ちか

Business Journal / 2017年02月26日06時00分

そのため、「業者の多くが大損した」と当時の新聞は伝えている。 [全文を読む]

国に喧嘩を売った電力の鬼・松永安左ヱ衛門の知られざる生涯

まぐまぐニュース! / 2017年02月16日09時00分

財界からも反対されて四面楚歌となった松永は、ひるむどころか、新聞や雑誌のコラムでこう経営者たちを痛罵した。 統制経済の害悪は経営者に耳だけを持たせ、目も口もない人間にしてしまった。まるで自主性がない。つねられても痛いとは言ってはいかんという性格になっており、この石頭を破らなければ世の中は良くならぬ。(同上) しかし昭和25(1950)年5月、法案は審議未 [全文を読む]

2016年を象徴する言葉「ポスト・トゥルース」とは?

プレジデントオンライン / 2017年01月22日11時15分

新聞やテレビが何を報じても、世論形成にはネットのほうが力を持つ時代になった。 明らかに事実ではない、虚偽のニュースがアクセス数を稼ぐために流され、それが拡散されて信じられてしまうという事象も見られるようになった。ポスト・トゥルースの時代には、人々は、情報の真偽を見極める能力を問われる。 ポスト・トゥルースに対する伝統的なメディアを中心とする反応は「世界の底 [全文を読む]

おいしさ、美しさ、ボリュームをかけた、戦めしキャンペーン2016、開幕!!

PR TIMES / 2016年09月01日19時23分

◆マスコミ様向け情報取得サービス「NEXCO中日本SA・PAデータガレージ」では、新聞・雑誌に転載が可能な高画質の写真データを配信しています。 ▼ご利用はこちらから▼ https://sapa.c-exis.jp/dl/企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

朝日誤報騒動、法的責任と罰則は?なぜ謝罪のみで許される?誤報抑止の法的整備を検証

Business Journal / 2014年09月13日11時00分

9月11日、朝日新聞社の木村伊量社長は記者会見を行い、東京電力福島第1原子力発電所事故に関する政府事故調査・検証委員会による吉田昌郎元所長(昨年7月死去)への事情聴取、いわゆる「吉田調書」に基づき「所員が吉田氏の命令に違反し撤退した」などと報じた記事について、「待機命令に背いて職員が撤退したという事実はなかった」として取り消すと発表。「読者や東電関係者に深 [全文を読む]

この夏、怖くても行ってみたい! 最新最恐「オカルトスポット」 西日本編

週プレNEWS / 2014年08月12日23時00分

この怪現象があまりにも頻繁(ひんぱん)に起こったため、新聞にまで掲載されたとか!「周囲は住宅街ですが、遊歩道の奥に入ればうっそうとした林と沼が瘴気(しょうき)を漂わせています」(吉田さん) ■兵庫 夫婦(めおと)岩 西宮市鷲林寺 県道大沢西宮線の中央を占拠する巨大な岩。大きな岩がふたつ寄り添うように並んでいることからこの名前がついたそう。「この岩を撤去しよ [全文を読む]

大河「江口が官兵衛で岡田が信長のほうが適役」と芸能評論家

NEWSポストセブン / 2014年01月14日16時00分

それにしても、映画『永遠の0』の公開時期と重なって、主演の岡田准一が新聞や雑誌を席巻するほどPRしていたにもかかわらず、初回20%超えが当たり前の大河ドラマでなぜこれほどの低視聴率なのか。時代劇に詳しいコラムニストのペリー荻野氏はこう見る。 「まず、黒田官兵衛のネームバリュー自体が低い。さらに『軍師』というタイトルが戦争をイメージさせ、女性視聴者層から敬 [全文を読む]

フォーカス