子孫 織田信長に関するニュース

史上初!武田家の秘宝「清光」を『武将の末裔 伝家の宝刀』が誌上公開。高倉健さんの秘話も必読

PR TIMES / 2017年03月15日12時38分

刀剣本は数多あれど、子孫が語るシリーズは本誌のみです。さらに武田家の秘宝「清光」を独占取材し初公開。刀コレクターとして知られた高倉健さんの(秘)エピソードも必見の価値ありです。 [画像: https://prtimes.jp/i/4702/177/resize/d4702-177-149533-0.jpg ] 「武将の末裔」シリーズの第一弾は「子孫52人の [全文を読む]

本能寺の変の真実に迫れ! 37万部のベストセラー歴史書とソーシャル・シミュレーションゲームがコラボ!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月06日15時00分

光秀の子・於寉丸(おづるまる)の子孫といわれる明智が手掛けた『本能寺の変 431年目の真実』と、「100万人の信長の野望」の両方から、日本史最大のクーデターともいわれる“本能寺の変”の真実に迫ることができる新しい試みだ。 開催期間:2016年2月10日(水)~2016年2月17日(水) ■「100万人の信長の野望」 ジャンル:ソーシャル・シミュレーション [全文を読む]

日本一ひどい悪人に選ばれた「明智光秀」 裏切り者と呼ぶのは「名誉毀損」でないか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年08月13日14時35分

また、今年1月の報道によると、明智光秀の子孫が講演で「謀反人のレッテルが嫌でしかたなかった」と述べているが、子孫に対して「光秀は謀反人」と言うことはどうなのか。西口竜司弁護士に聞いた。 ●死者に対する「名誉毀損罪」はあるが・・・ 「歴史上の人物に関する評価には様々なものがあります。とりわけ、本能寺の変の実行者である明智光秀については、日本史上最悪の『裏切り [全文を読む]

京都の風物詩「祇園祭」。氏子らが7月にキュウリを食べない理由

まぐまぐニュース! / 2016年07月09日23時00分

厄除粽(ちまき)と蘇民将来子孫也 八坂神社の御祭神、スサノヲノミコトが南海に旅をされた時、蘇民将来(そみんしょうらい)という人に一夜の宿を願い出ました。蘇民将来はスサノヲノミコトを粟で作った食事で厚くもてなしました。蘇民将来の真心をスサノヲノミコトはとても喜びました。スサノオノミコトは疫病流行の際「蘇民将来子孫也(しそんなり)」と記した護符を持つ者は疫病 [全文を読む]

今日の『真田丸』で滅亡する北条氏 でもその後どうなったの?

しらべぇ / 2016年06月19日06時00分

勝頼の異母兄で、盲目のため出家していた海野信親(竜芳) の子孫が、徳川綱吉の時代になって高家旗本に取り立てられた。また、信玄の五男、仁科盛信の子孫も徳川家に仕えて旗本となっている。(4)豊臣(木下)家→足守藩・日出藩大坂の陣で徳川軍に包囲され、淀君と豊臣秀頼が自刃した豊臣家。秀頼の庶子・国松もわずか8歳で斬首され、秀吉系の豊臣氏は断絶した。しかし、秀吉の正 [全文を読む]

いつの時代も夫婦の関係は千差万別―― 戦国武将とその妻の恋物語

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月25日06時30分

乱世の中、少しでも多く子孫を残さなければならない状況であっても、妻一筋で側室を置かなかった毛利元就、山内一豊などの戦国大名もちらほら見受けられる。また江戸幕府二代将軍・徳川秀忠や豊臣秀吉の家臣、福島正則は恐妻家として有名だ。 女性はなにも、一方的に虐げられ、弱々しく男性に従っていたわけではない。戦国時代には、生き生きした女性も多い。 さて、話がそれてしまっ [全文を読む]

明智光秀の子孫が新解明する「間違いだらけの織田信長」

アサ芸プラス / 2015年08月13日17時55分

「戦国武将の逸話には、創作である軍記物の記述に引きずられ、それが定説となってしまうことが多い」──そう語るのは戦国武将・明智光秀の子孫で、先頃「織田信長 四三三年目の真実 信長脳を歴史捜査せよ!」(幻冬舎)を上梓した明智憲三郎氏。実は光秀の主君・織田信長にまつわる定説は、間違いだらけなのだという。独自に解明した信長の「真の姿」を明かしてもらった。 信長とい [全文を読む]

“明智光秀”子孫が語る「本能寺の変」(1)信長による家康討ちが発端

アサ芸プラス / 2014年09月24日09時56分

その動機について、「信長を恨んだ末の謀反だった」というのが定説だったが、光秀の子孫がこれまでの議論に一石を投じたのだ。はたして431年目の新事実とは!? 「私が祖先の明智光秀の研究を始めたのは、20歳頃のことで、一冊の歴史本を読んでからです。それまで私の心の中には、『上司(織田信長)にイジメられて殺すなんて、そんな浅はかなことをする祖先だったのか』という疑 [全文を読む]

デジタルコミックサイト・Manga Samurai Style発のコミックス3作品、電子版で先行配信!!

PR TIMES / 2014年08月18日18時24分

明智光秀の子孫がこの世を支配するという未来の世界。明智コンツェルンは、歴史上の偉人をクローニングし見世物にするという、サーカス展示を行っていた。助手を務める蘭丸は明智をそそのかし、織田信長のクローニングを提案する。全身再生をしないということで、サーカスはついにコンツェルンの掟を破って、禁断の織田信長を再生するが、蘭丸の計略により織田信長のクローンがついに未 [全文を読む]

サンド伊達は正宗の末裔!? 実は戦国武将の子孫だった有名人

日刊大衆 / 2017年01月10日11時00分

先祖に戦国武将がいる芸能人ならではの逸話ですが、今後も制作側が面白がって、有名武将の子孫を戦国モノの時代劇にキャスティングする、なんてことがあるかもしれません」(芸能誌記者)――近いうちに、戦国武将を演じる伊達みきおの姿も見られるかも!? [全文を読む]

織田信長を殺したのは、明智光秀ではなかった?黒幕は宣教師?新説・本能寺の変

Business Journal / 2015年07月03日06時00分

明智憲三郎氏は、『本能寺の変 431年目の真実』(文芸社)において、光秀の子孫の立場から、独自の説を展開して注目を集めている。 藤本正行氏と鈴木眞哉氏は、『信長は謀略で殺されたのか―本能寺の変・謀略説を嗤う』(洋泉社)などの中で、立花説や明智説をはじめ本能寺の変にまつわる新説に対し、否定的見解を提起した。立花説については、信頼性の高い文献の分析を基盤とし [全文を読む]

信長、家康、光秀の「歴史」は、すべて秀吉の捏造だった!嘘だらけの「本能寺の変」

Business Journal / 2015年05月14日06時00分

明智光秀の子孫が書いた『本能寺の変431年目の真実』(文芸社文庫)が、発売から1年4カ月が経過してもなお売れ続け、27万部を突破する驚異的な売れ行きを見せている。 著者は明智憲三郎氏。もともとは三菱電機のシステムエンジニアで、いわゆるプロの学者ではないが、先祖の名誉回復を願う子孫が感情論で書いた本ではなく、国内のみならず海外も含めた膨大な数の文献に当たり、 [全文を読む]

明智光秀 「本能寺」はカツラの恨みで決意したという説

NEWSポストセブン / 2017年04月03日16時00分

信長の家臣・稲葉一鉄の子孫らが書き残した『稲葉家譜』。そこには光秀を「本能寺の変」へと駆り立てた動機が明記されている。その現代語訳は次の通り。 「……信長は光秀が法に背いたのを怒って呼びつけると、譴責してみずから光秀の頭を二、三度叩いた。光秀は髪が薄かったのでいつも附髪を用いていたが、このときそれが打ち落とされたので、光秀は信長の仕打ちを深く恨んだ。謀叛 [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】小田原城から見る日本戦争史の「転換点」

GOTRIP! / 2017年03月03日05時30分

新九郎の子孫たちは、その後僅かな期間で日本一の穀倉地帯をほぼ制圧してしまったのです。 関東には鎌倉公方や関東管領といった室町幕府制定の役職が存在しましたが、15世紀末にはそれが形骸化していました。後北条氏の台頭は、室町幕府の弱体化を象徴する事態でもあります。そもそも室町幕府とは中央政権が異常に弱かった体制なのですが、後北条氏の躍進はそれに拍車をかけてしまい [全文を読む]

鎌倉幕府も日露戦争も、「仇討ち」で動いてきた日本の歴史

NEWSポストセブン / 2016年12月28日07時00分

平将門に父・平国香を殺され、何度も戦った末に、執念で打倒した平貞盛(生没年不詳)の仇討ちは、子孫の平清盛による平家政権を生み出すきっかけとなった。 平治の乱で敗北した父・義朝の無念を晴らして、平家を滅亡させた源頼朝(1147~1199)は、鎌倉に幕府を開設し、史上初の武家政権を樹立した。本能寺の変で主君・織田信長を葬った明智光秀を、山崎の戦いで討って、天下 [全文を読む]

「謙信は女性」「信玄は病人」説 両家当主はどう見る?

NEWSポストセブン / 2016年07月20日07時00分

今回、両家の直系子孫である上杉家第17代当主・上杉邦憲氏(73)と武田家第16代当主・武田邦信氏(68)の初対談が実現。世に飛び交う謙信・信玄に関する俗説について、現当主の見解を尋ねた。 〈両雄ともにまことしやかに囁かれる俗説がある。「実は謙信は女性だった」という説に「信玄は病人で今に残る絵姿などは、すべて影武者のものだった」というものだ〉 上杉:『女性説 [全文を読む]

【真田丸】板部岡江雪斎って何て読む?戦国武将の珍名6選

しらべぇ / 2016年06月05日16時15分

子孫は、加賀前田家の家老(加賀八家)として栄えた。(4)改名した後の名は超有名戸次鑑連(べっき・あきつら 1513〜1585年)立花氏の名跡を継いで出家した「立花道雪」という名なら、戦国ファンで知らぬ者はない大友家の宿老。半身不随で、その理由は「雷を斬ったため」という勇猛な逸話も伝わる。(5)暴走族の落書き?怒留湯融泉(ぬるゆ・ゆうせん 生没年不詳)戸次鑑 [全文を読む]

応援団長・織田信成が日本愛の強い外国人を涙で応援?

Smartザテレビジョン / 2016年04月14日00時00分

そして、「情熱を持つ外国人の方を見て、あらためて日本の文化で学んでみたいと思ったものはありますか?」と質問されると、織田は「僕は織田信長の子孫と言ってますけど、正直全然詳しくないんですよね…信長のことに関して。全然知らないんですよ…。本能寺で死んだっていうのは知っているんですけど。 [全文を読む]

尊氏はこんなにムチャクチャだった。学校で教えてくれない南北朝時代

まぐまぐニュース! / 2016年02月17日08時00分

その子孫も、応永16(1409)年頃まで何度か足利氏に反逆して討死にした記録が残っている。 足利一族の内紛、謀略、裏切り 南朝方が1つの志で全国的に結ばれ、かつ何代にもわたって戦い続けたのに対し、足利方は内紛、謀略、裏切りの連続であった。 尊氏の重臣・高師直(こうのもろなお)・師泰(もろやす)兄弟は専横を極め、尊氏の弟・直義(ただよし)と対立した。直義は正 [全文を読む]

林修先生が解説。知られざる「本能寺の変」の“真実”とは!?

@Press / 2015年06月03日14時30分

誰もが知るこの事件の真相について、林氏は「当時は裏切ったり、裏切られたりは日常茶飯事だった」と解説しながらも、明智光秀の子孫にあたる明智憲三郎氏が主張する「本能寺の変後、光秀を討った豊臣秀吉が自身の行為を正当化するために作り上げた」との新説を紹介。「歴史というのは基本的に権力を握った者が自分の都合のいいように書き換えるものです」と締めくくっていた。 また、 [全文を読む]

フォーカス