政策 織田信長に関するニュース

戦国武将の経営術。信長は「マネジメント力」でも日本を変えた

まぐまぐニュース! / 2016年10月24日04時30分

信長が行ったイノベーション(改革)である関所撤廃や兵農分離政策が、今でかってなかった平農民の出現を促しました。 強く強調したいのは、経営者の行う革新的なマネジメントは今までなかった「人の幸せ」を実現できるというそのことです。ドラッカーはマネジメント(経営)の正統性について、このように言っています「正統性の根拠は一つしかない。人の強みを生産的にすることである [全文を読む]

もし本能寺の変がなかったら…信長は天下を取っていた?

しらべぇ / 2016年12月19日10時00分

彼の政策の基本は「自由貿易・市場原理主義」で、楽市楽座や関所の廃止もその一環。だが、それに反対する一派があった。そのひとつが比叡山の仏教勢力。室町時代の関所とは寺社仏閣が勝手に設ける料金所のようなものだったから、それを排除しようとする信長と対立するのは当然だ。だからこそ、信長は比叡山焼き討ちに踏み切った。この事件は彼の残酷性を示すものと言われてきたが、冷徹 [全文を読む]

安部龍太郎が書きたかった「徳川家康」という男

プレジデントオンライン / 2017年01月02日11時15分

徳川幕府は鎖国政策を採っていたから、戦国時代の記述を国内だけの覇権争いの物語にしてしまった。しかし、あの時代は日本が初めてヨーロッパと出会った大航海時代なのである。だから、信長の活躍も世界史的な視野で見なければわからない。 室町時代までの日本は、農業を国の基とし、各地の守護大名が領地と農民を支配する体制だった。だが、戦国末期には石見銀山の産出量が最盛期を迎 [全文を読む]

岐阜市信長公450プロジェクト「信長楽市」のシンボルマークを募集します。

DreamNews / 2016年08月02日17時00分

織田信長公は、岐阜城に入城して間もなく、楽市楽座政策を打ち出し、経済の活性化を図りました。来年は入城から450年という節目の年を迎え、さまざまな周年記念事業を実施します。その中で、岐阜市には数多くの商店街が存在し、市内各地で多くの楽市イベントも開催されており、それらを一体感を持って「ぎふ信長楽市」としてブランド発信するためのツールとしてのシンボルマークを募 [全文を読む]

田中角栄 日本が酔いしれた親分力(1)40までにやるだけやって死にたい!

アサ芸プラス / 2016年06月21日05時55分

時代を大きく動かした「男の器」を、長年に亘り取材を重ねたジャーナリストが浮き彫りにしていく! リーマン・ショックをはじめ、日本に危機が訪れる度に、「もし角さんがいたら、どのような大胆な政策を打ち出すだろうか」という田中角栄待望論が強まる。東日本大震災に続き、今回、熊本大地震にも見舞われ、いっそう田中角栄待望論が出てきた。 不思議なことに、「吉田茂が生きてい [全文を読む]

大前研一氏「日本変えるには独裁者と言われるリーダー必要」

NEWSポストセブン / 2012年02月14日07時00分

橋下徹大阪市長が唱える「大阪都構想」――その原点は、経営コンサルタントの大前研一氏がかつて立ち上げた「平成維新の会」の政策にある。大阪の統治・行政システムを1から作り直そうという壮大な橋下構想には、太いバックボーンがあるのだ。維新の会の“生みの親”である大前氏が、橋下政治の本質を説く。 * * * 私は、今から20年ほど前の1992年に「平成維新の会」を立 [全文を読む]

今年も『ぎふ長良川鵜飼』が開幕!

DreamNews / 2017年05月15日10時00分

こ・うかい(鵜飼&後悔)させません!問合せ/岐阜市商工観光部 商工観光政策課 電話:058-265-3980 [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】徳川大御所政治の拠点・静岡県静岡市

GOTRIP! / 2016年10月26日08時00分

そしてその15年間の間、駿府城で練られた江戸幕府の基本政策は、その後2世紀半に及ぶ盤石な体制の基礎になりました。 また、江戸幕府の外交姿勢も駿府大御所時代に決定づけられています。 そう、静岡市はまさに、世界史上稀に見る太平の世を築き上げた土地なのです。 ・「ケチ爺さん」の政治手腕 戦国時代を終わらせ、日本を平定した江戸幕府の基本政策は「財権分離」。 財力 [全文を読む]

岐阜市をお得に観光しませんか?岐阜市内施設共通入場券「うーたん手形」を販売します!!

DreamNews / 2015年07月17日17時30分

◆有効期限 平成27年7月17日(金)~平成28年1月11日(月・祝)◆販売場所 正法寺、長良川鵜飼ミュージアム(岐阜市長良川鵜飼伝承館)、岐阜市歴史博物館、岐阜市歴史博物館分館 加藤栄一・東一記念美術館、岐阜城、岐阜グランドホテル、鵜匠の家 すぎ山、長良川観光ホテル 石金、岐阜都ホテル、ホテルパーク、十八楼、名鉄岐阜駅サービスコーナー、岐阜公園総合案内所 [全文を読む]

岐阜市が仕掛ける『信長公450プロジェクト』第1弾! 岐阜市×徳間書店×ムシカゴグラフィクス特別コラボ企画 史実には残らなかった、「もう一つの信長像の物語」制作・連載決定!

DreamNews / 2015年05月19日13時00分

◆参考URL・歴史行路 http://www.rekishikouro.jp/ (6月1日創刊)・信長公450プロジェクト http://www.city.gifu.lg.jp/3607.htm (岐阜市公式ホームページ内)【問い合わせ】 ・岐阜市 企画部政策調整課 小森康博 (058)265-4141 (内2614) ・徳間書店 第一制作局 永田勝久 ( [全文を読む]

織田信長公ゆかりのまち、岐阜市が仕掛ける「信長公450プロジェクト」ロゴマーク・キャッチフレーズ募集!

DreamNews / 2015年05月13日09時00分

(持参の場合は、9時から17時まで)6 必要記載事項 (1)応募作品の意図又はアピールポイント(概ね100字以内) (2)郵便番号 (3)住所(4)氏名(ふりがな)(5)電話番号 (6)年齢 (7)性別 (8)職業7 応募・問合せ先 〒500-8701 岐阜県岐阜市今沢町18番地 岐阜市企画部 政策調整課(信長公450プロジェクト事務局) 電話番号 058 [全文を読む]

【全470タイトル・95円~】大人気歴史ムックから話題の記事をセレクトした『歴史群像デジタルアーカイブス』がついに完結!!

PR TIMES / 2015年04月21日11時45分

[画像: http://prtimes.jp/i/9949/163/resize/d9949-163-628279-0.jpg ]『村上海賊の娘』関連史実を堪能できる7タイトル<村上水軍と毛利>村上水軍 系譜と毛利氏との関係(森本繁)95円(税抜)毛利水軍のすごさ(森本繁)95円(税抜)<戦国時代>信長を苦しめた猛将・鈴木孫一(鈴木眞哉)95円(税抜)<戦 [全文を読む]

【歴史群像デジタルアーカイブス】「大坂の陣」関連はじめ39タイトルを新電子書籍ストア「BookBeyond」にて先行独占販売

PR TIMES / 2014年04月07日11時00分

【タイトル一覧】『黒田官兵衛の臣下「黒田二十四騎」随一、黒田節のモデル「母里太兵衛」・「豊臣秀頼」天下人の後継者』(渡辺誠 著)『上杉謙信の生涯「1越後統一・2関東管領・3川中島、対織田」』(安西篤子 著)◆『常勝の秀吉軍の戦略』(大山格 著)『織田信長の上洛戦・桶狭間合戦』(大山格 著)『豊臣秀吉の評価と実像』(宮本義己 著)『「小牧・長久手合戦」両雄の [全文を読む]

明智光秀 「本能寺」はカツラの恨みで決意したという説

NEWSポストセブン / 2017年04月03日16時00分

さらに信長の政策転換により、友好関係から対立関係となった四国の長宗我部氏との問題では、取次役であった光秀が板挟みとなるなど、67歳という高齢の身には堪える出来事が続いていた。信長に折檻されカツラを打ち落とされたその時、光秀は「本能寺」を決意したのかもしれない。 【PROFILE】桐野作人/1954年鹿児島県生まれ。歴史作家、武蔵野大学政治経済研究所客員研 [全文を読む]

日ハム栗山英樹監督が戦国武将・大谷吉継を好きな理由

NEWSポストセブン / 2017年02月01日16時00分

それを見ていた徳川家康は天海僧正(家康の側近だった僧)に政策を任せるんです。適材適所で。それで家康は成功したんです。 栗山:天海僧正は長生きだったそうですね。 井沢:108歳まで生きたと言われています。ちなみに、家康も当時としては長命の74歳まで生きた。家康は健康オタクで、鷹狩りをスポーツとしてやっていた。汗をかくことが体にいいと分かっていたんですね。 栗 [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】浜松城が「徳川の時代」をもたらした

GOTRIP! / 2016年11月25日02時00分

秀吉は信長の志した路線を継承する一方、自身は大坂に拠点を置きつつ家康を関東に移封するという政策を実行します。 これは結果的に「東国VS西国」の構図を明確化し、関ヶ原の合戦に連結するのです。 家康が関東に去ったあとの浜松城は、秀吉の家臣である堀尾吉晴・忠氏親子が城主になります。つまりこの時点で豊臣方が浜松を抑えたということで、家康の関西侵攻を牽制するという意 [全文を読む]

三角大福中にYKK。「派閥政治」全盛の懐かしき昭和を振り返る

まぐまぐニュース! / 2016年10月11日16時00分

こうした個性の違いが政策論争となり、自民党を非常に活気づけ、バランスを保っていた。しかしながら、今はそういうものが無くなったと、皆感じているのだと思う。この5人は皆、総理大臣になられた方々でもある。 この後、「安竹宮」という時代もあった。 安=安倍晋太郎氏(いまの安倍晋三総理の父) 竹=竹下登氏 宮=宮沢喜一氏 安倍晋太郎氏は病気で亡くなられたが、竹下氏、 [全文を読む]

【真田丸】徳川家康が参考にした「豊臣の善政」とは?

しらべぇ / 2016年09月18日05時30分

このように、豊臣政権下で実行された政策は戦国の気風を消し去るためのもの。そして我々現代人も、秀吉が舗装した道の上を歩いている。・合わせて読みたい→【真田丸】大砲を活用...徳川と豊臣の「金属生産戦争」とは(取材・文/しらべぇ編集部・澤田真一) [全文を読む]

茶道の異端児、秀吉の素顔 冗談連発の愉快な茶会、ド派手な衣装や高価な茶器で客を幻惑

Business Journal / 2015年08月22日06時00分

京都に足を運んだ信長は「御茶湯御政道」という政策を始め、自分が認めた家臣のみに茶の湯を許可した。これにより、茶の湯は武家の儀礼として認知されていくことになる。 秀吉も、信長から茶の湯を許された1人だった。茶室は、血生ぐさい戦場を離れた精神修練の場として使われるほか、密談の場でもあった。そこでは、武器の売買から謀略の密議まで行われていたという。 秀吉の茶には [全文を読む]

大阪都よりも堺県の独立再興!/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2015年04月11日17時20分

しかし、このように斬新な積極政策は、下級武士出身ばかりの明治政府には理解できるものではなかった。小河は罷免され、経済破綻している大阪救済のために、堺県はわずか12年で廃止、1881年に「大阪府」に飲み込まれてしまう。ところが、この「大阪府」は巨大になりすぎ、1887年に奈良県を分離。このせいで、堺は、竹内街道を介した古代以来の奈良との重要な繋がりも断ち切ら [全文を読む]

フォーカス