一生 織田信長に関するニュース

上司が好きな偉人は織田信長orジョブス、それとも?…で付きあい方が驚くほどわかる!

週プレNEWS / 2015年01月09日06時00分

ペプシコーラからジョン・スカリーを引き抜くときに「このまま一生、砂糖水を売り続けたいか? それとも世界を変えたいか?」と名言を吐いたことはあまりにも有名。ジョブズ好きの上司もまた、心の中で「世界を変える男だと思われたい」と願っている。 だから、彼のしたことがコピー機の移動といったささいな仕事であっても「斬新なレイアウトだ!」「オフィスのイノベーションだ!」 [全文を読む]

鈴木一郎、夏目漱石、織田信長……表札の見本に使われがちな有名人の名前って?

日刊サイゾー / 2014年12月05日21時30分

立派な邸宅や表札に一生縁がないことがハッキリしている筆者だが、以前から“表札のサンプルに使用されがちな有名人”については気になっていた(何それ? 見たことないという方は、「表札 開運」というワードで画像検索してみてほしい!)。 歴史上の偉人の名がよく使われているイメージだが……、実際のところどうなんだろう? 今回、インターネットの力と少しの脚力を駆使して [全文を読む]

【おんな城主直虎】「故人」は白黒に 公式サイトの人物相関図に大きな変化

しらべぇ / 2017年03月12日10時00分

当然だが、その人物の一生をドラマ化する上で「周囲の人物が亡くなる」事態は避けられない。それが戦国ドラマなら尚更だ。だからこそ去年の作品『真田丸』では「◯◯ロス」という現象が発生したのだが、今年はNHK自らがそれに拍車をかけようとしているらしい。■この方はすでにお亡くなりにまずは、『おんな城主直虎』公式サイトの人物相関図を見てみよう。以前とどこか違うことにお [全文を読む]

安部龍太郎が書きたかった「徳川家康」という男

プレジデントオンライン / 2017年01月02日11時15分

穢い世間を離れ、清らか国を求めるという浄土宗の教えだが、家康にしてみれば「どうやったら戦争のない世の中を作れるのか」という一生のテーマを掲げた本陣旗だったろうと思う。それからの合戦は、自分のためではなく、この志を実現するためだった気がしてならない。 ■天下獲りのはじまりだった三方ヶ原 さて「自立編」のハイライトは、なんといっても三方ヶ原の戦いである。姉川の [全文を読む]

謎の前半生、信長との関係、本能寺の変…。明智光秀の一生を記した唯一無二の書 『明智軍記』をプリント・オン・デマンド書籍で復刊!

PR TIMES / 2015年02月26日09時31分

明智光秀の一生を記した唯一の書であるために独自の存在感を放つ『明智軍記』。その全文翻刻に詳細な注を加え、系図・年譜・人名索引を付した貴重な1冊です。 [画像: http://prtimes.jp/i/7006/1321/resize/d7006-1321-986840-0.jpg ] 『明智軍記』とは、明智光秀の一生を記した唯一無二の書ですが、作者不詳、成 [全文を読む]

元アイドリング!!!の伊藤祐奈が再始動!1年半ぶりの復帰で彼女は何をしたいのか?

エンタメNEXT / 2017年01月24日16時00分

本当にやりきったので、4月5日のことは一生忘れないと思います。 ――日本武道館でのラストライブ(10月5日)に出られなかったことも悔いはない? 伊藤 もちろん武道館のステージにはみんなで立ちたかったですけど、観る側に回る機会に恵まれたんだと思っています。そこで得られたものもたくさんありましたし、武道館でのアイドリング!!!を自分の目で観られたことは良かった [全文を読む]

会社帰りに出陣じゃ~!“甲冑女子会”を楽しむ撮影プラン 『戦国フォトスタジオSAMURAI』でスタート

@Press / 2016年11月25日09時30分

戦国武将好きの歴女さんも、そうでない方も、一生忘れられない女子会になること間違いなしのプランです。 【女子会プラン】 http://samurai-pictures.jp/service/plan/jyoshikai/ 【店舗概要】 店舗名 : 戦国フォトスタジオSAMURAI 所在地 : 東京都渋谷区代々木3-35-10 代々木オーシャンビル3F 定休 [全文を読む]

セクハラ騒動で再び注目の善光寺 本尊の「苦難の歴史」とは

しらべぇ / 2016年07月01日05時30分

・合わせて読みたい→【御開帳】7年に1度! 700万人が参加! 「一生に一度は」と言われる長野・善光寺(取材・文/しらべぇ編集部・澤田真一) [全文を読む]

奇習!黒人の子供たちの干した遺体を秘薬に ― 明治期に隆盛を極めた密貿易の闇

tocana / 2016年03月12日17時00分

ましてや黒人ともなるとその数はさらに少なく、一生のうちで一度も黒人を見たことがないまま、その生涯を終えていた日本人も多かったと考えられます」 今回、我々の取材に応じてくれたのは、現在、某県の郷土資料館に勤務している学芸員・Kさん(47)。Kさんによると、黒人と日常的に接することがほとんどなかった頃の日本人の一部の層においては、彼らの存在を巡って、なんとも奇 [全文を読む]

~「あなたも、無料で窓口体験。」~速水もこみちさん×織田信成さん起用の新CM 11月1日(日)より全国で放映開始

DreamNews / 2015年10月23日10時00分

」篇(30秒・15秒) “窓口体験者”の速水さんに連れられて来店したのは、プロフィギュアスケーターで2児の父でもある織田信成さん!「現役は引退しても、パパは、一生現役ですから。」という織田さんが、“窓口体験”をした感想は…? 「ほけんの窓口」経験者の速水さんが穏やかに温かく織田さんを見守る表情と、「ほけんの窓口」初体験の織田さんの感情表現豊かな表情が惜しみ [全文を読む]

徳川家康は系図を捏造していた?名家乗っ取りを画策、無関係の人物を「直系」に…

Business Journal / 2015年09月25日06時00分

●謎が多い直虎の生涯とは では、直政の一生を振り返りながら、謎多き直虎の生涯を追ってみよう。 直政の幼少時代は、苦難の連続だったといわれている。誕生の翌年にあたる永禄5(1562)年、父の井伊直親が主家の今川家に対する謀反の疑いをかけられ、今川氏親によって殺害されてしまう。さらに、遠江国有数の名家だった井伊氏の領地は没収されたため、直政は親族によって養育さ [全文を読む]

ムムッ…家康や孫さん、三木谷さんも!「アゴ」で見抜く晩年安泰男性の特徴

WooRis / 2015年04月21日22時00分

大企業に勤めているからといって、一生安泰というわけではない近年。時折、大企業でリストラが行われるといったことが話題になりますが、いつ何時何が起こるか、ほんとうに誰にもわかりませんよね……。でも、できれば晩年まで安定的に過ごしたいと誰しもが願うことでしょう。それはさておき、生涯をともにするパートナーが果たして晩年安泰なのかどうか、気になりませんか?そこで今回 [全文を読む]

犬・猫の次は… 小ボケ動物たちによる人生のエール!【大人気シリーズ第3弾】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月16日12時00分

今後一生、脱力クールで行こう、と決めた夜にテレビで熱いドキュメントを観てハチマキとふんどしで猛筋トレを開始することもある。いったいどれが本当の自分なのか。自分を探しに出かけた結果、見失って帰ってくるという「格言ノイローゼ」に陥ることもあるのだが、そこで大切なのは「本当に心をゆさぶるものだけ」を残すことではないか。 そんな「お気に入り格言」を探したいあなたに [全文を読む]

フォーカス