幼少期 織田信長に関するニュース

ドナルド・トランプ、柳井正、孫正義……お金がバンバン貯まる「実践!大富豪の言葉」

プレジデントオンライン / 2017年03月07日09時15分

---------- データファイル▼孫 正義 ソフトバンクグループ社長 【名言】志を持て(孫正義LIVE2011での発言) 【総資産】1兆1700億円(117億ドル)* 【年齢】59歳(1957年生まれ) 【出身地】佐賀県鳥栖市 【父親】父・三憲は在日韓国人の実業家だったが、幼少期は貧困に喘ぐ 【学歴】カリフォルニア大学 バークレー校卒業 【起業まで】 [全文を読む]

織田信長は論理的思考と解析に優れた“システマイザー脳”

NEWSポストセブン / 2012年05月30日07時02分

また、幼少期に奇異な、つまり他の子供と明らかに異なる振る舞いが目立つタイプでもあります。 織田信長は、幼少期から青年期にかけて奇妙な行動が多く、周囲から「尾張の大うつけ(愚か者)」と称されていたといいます。 ただ、彼について残された逸話やデータをみると、“大うつけ”ではあっても、整理整頓を好み、身の回りは常に整理され清潔だったとあります。 比叡山の焼き討ち [全文を読む]

『信長の忍び』作者による新戦国ギャグ4コマ『真田魂』!人間臭くて笑えるキャラ設定にも注目!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月28日17時30分

一方、真田郷の忍び衆に囲まれて大自然の中で幼少期を過ごした次男の信繁(幸村)はトラブルメーカーだが、さまざまな知識や経験を真綿のように吸収する好奇心旺盛で陽気な少年へと成長する。生真面目で努力家な兄と、自由奔放で天才肌な弟、実に対象的で個性的な兄弟だ。 真田家の仕える武田家は、信玄によって一時代を築くが、やがて織田信長によって次々と城と領土を奪われ、味方の [全文を読む]

上杉謙信は女だった!東村アキコ最新作「雪花の虎」全力最速レビュー

Woman Insight / 2015年09月11日11時00分

ラストは謙信が幼少期を過ごしたお寺のお坊さん、宗謙(しゅうけん)。 女ながらに武将となるべく育てられた謙信が戦の勉強をするべく預けられたお寺で、なにかと謙信を気にかけてくれる存在。泣きぼくろがセクシーすぎます。 第1集でこのイケメンパラダイスっぷり。これからもイケメンは増えそうな予感ですね! 『雪花の虎』注目ポイント・その3 【ときめきの連続! 王道の少 [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】世界が久能山東照宮に目を向けた理由

GOTRIP! / 2017年03月06日05時30分

現在NHKで放映されている大河ドラマ『おんな城主直虎』でも、幼少期の家康が登場します。東海道の太守である今川義元は、三河の小規模豪族松平氏を配下に組み込みます。その際に今川へ人質に出されたのが竹千代、のちの徳川家康です。 人質といっても、奴隷のように扱われていたわけではありません。それどころか義元は、竹千代の能力に期待をかけていた節もあります。だからこそ [全文を読む]

昼ドラ的展開に1話を費やす、ある意味ぜいたくな「おんな城主 直虎」第8回

デイリーニュースオンライン / 2017年02月28日20時00分

でもこれ、名案らしきものを思い付きはするものの、後のことをあまり考えていなかったおかげで苦労するという次郎法師の性格が幼少期から根本的には変わっていなかったことの証拠。しのにジャコウを贈ろうとしたのも、彼女のためというよりも井伊のお家と人々を守る竜宮小僧であろとうしたゆえの行動。だからこそ、しのという1人の女が自分に嫉妬心や憎しみを抱いていることに気付く [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】おんな城主を育てた「幼年学校」龍潭寺

GOTRIP! / 2017年02月05日05時30分

ドラマでも、この龍潭寺で幼少期の直虎が学問に打ち込むシーンが出てきます。ヨーロッパの王侯貴族の子息は、家に毎日やって来る家庭教師から授業を受けていましたが、日本の場合は寺に通います。戦国期に来日した宣教師ルイス・フロイスも、教育機関としての寺の役割を記録しています。 寺で学ぶことは、多岐に渡ります。読み書きは当然ですが、そのための参考書として歴史書を使い [全文を読む]

“戦国アクション”2大ゲーム『戦国無双』&『戦国BASARA』が、“真田幸村”を題材に対決!?

おたぽる / 2016年07月17日14時00分

もちろん、『戦国BASARA』シリーズの主人公格であり、真田幸村のライバル・伊達政宗も全身真っ白なスタイリッシュ衣装&六爪のスタイルも健在だし、本作では幸村、政宗の幼少期も別キャラとして登場する。 同じ時代、武将を中心に据えたアクションゲームでも、その特色が全然異なる『戦国無双』と『戦国BASARA』。うれしいことに発売日はかぶらないようだし、あわせて楽 [全文を読む]

徳川家康 驚きの長寿のカギは「漢方茶」と「だいだい」

WEB女性自身 / 2016年03月27日06時00分

そして、家康が幼少期を過ごした駿府(静岡市)の名産であるみかんやだいだいも、調味料として活躍していた。家康の事跡を記した歴史書『武徳編年集成』には、だいだいを使ったレシピが多数、載っているそう。 「(お膳にある)このなますも、普通はお酢であえますが、当時を再現して、だいだいを使っています。私もお酢を買わず、果物で代用しているんですよ」 お膳にはなかったが、 [全文を読む]

ムムッ…家康や孫さん、三木谷さんも!「アゴ」で見抜く晩年安泰男性の特徴

WooRis / 2015年04月21日22時00分

家康は幼少期のころから苦労の連続の人生でしたが、江戸幕府を開いたあとの晩年は安泰だったといっても差し支えないでしょう。同著によれば、家康は大器晩成の相、良い人相のお手本としてよく取り上げられるとのこと。ちなみに、現代に当てはめてみると、豊かな丸いアゴをお持ちの経営者といえば、日本の富豪である孫正義さんや三木谷浩史さんなどがいらっしゃいます。■3:下アゴが発 [全文を読む]

フォーカス