演技 板野友美に関するニュース

板野友美「いつもの私を捨てた」映画初主演作『のぞきめ』 本人コメント到着

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月06日17時30分

映画初主演作となることから、板野の演技にも注目したい。 ■映画「のぞきめ」あらすじ テレビ局のADをしている三嶋彩乃(板野友美)は、ある青年の謎めいた怪死事件を取材する。その死に様とは、腹がよじれ、口から泥を吐き出した異様なものだった。青年の恋人は狂ったように「“のぞきめ”の仕業だ!」と顔を歪める。実は彼らは大学のサークルで一緒に山奥の合宿に行って以来、ず [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】板野友美が“艶やかな水着ファッション”。海の家オープニングは忘れられない夏に。

TechinsightJapan / 2015年07月02日18時55分

彼女が、大人になる抱負として「演技などいろんなことにチャレンジしてみたい」「プライベートではヨーロッパに行きたい」と笑顔で語ると、会場が華やぎ大荒れの天候もしばし忘れることができた。 ちなみに、板野友美のイチオシ『MILK CAFÉ』メニューはふわふわのカキ氷「スノーアイス」だという。これから訪れる夏の本番は、ニューシングル『Gimme Gimme Luv [全文を読む]

主演ドラマ『毒島ゆり子』好評の前田敦子に暗雲?「大成しない」の声

しらべぇ / 2016年04月30日17時30分

演技も好評の様子だ。ところで、川栄李奈さんはあれ、かなり素質あるって言うか、演技の才能あるね。なにより真摯に向き合ってる。他の卒業生も色んな人居るし表面上の知名度ではアレかもだけど、映画やドラマ好きはちゃんと「いい演技」する俳優さんは見逃さないから、これからも精進して行ってほしい。— 洞窟の偶像 (@creamzone621) April 27, 2016 [全文を読む]

前田敦子、板野友美は酷評続きでも「女優」松井玲奈はここが違う!?

アサ芸プラス / 2016年02月25日09時59分

「深夜ドラマのレギュラーは、視聴率を気にすることなく演技の経験を積める貴重な場。とくに『ランドリー茅ヶ崎』ではベテランで実力派の滝藤賢一が相手役ですから、演技の勉強には最高の環境でしょうね。女優としてはまだヒヨっ子の松井ですが、もともと女優志望ですし、芸能界入りのステップとしてSKE48を選んだという周到な面もあります。おそらくは事務所としても松井をじっく [全文を読む]

元乃木坂46永島聖羅がSNS解禁で「誤爆しないよう気をつけます」

dwango.jp news / 2016年12月05日22時00分

演技のお仕事と、番組出演といろいろと出させて頂いています。一人になって、頂いた仕事を一つ一つ一生懸命に頑張っていきたいなと更に思っています。次も一緒にやりたいと呼んで頂けるようにしていきたいです。今回のニコ生も、乃木坂46の頃にご一緒させて頂いていて、また呼んで頂いて嬉しいです。-イジリー岡田さんと舞台を一緒に出演されましたね。永島実は、ホリプロに入ってか [全文を読む]

板野友美の怖がる演技が酷すぎた!?主演映画の千秋楽が観客2人の大惨事

アサ芸プラス / 2016年04月27日09時59分

板野友美の映画「のぞきめ」での演技が酷すぎると、失笑の声が漏れている。「『のぞきめ』はヒットしたホラー小説をモチーフにした作品で、板野はテレビ局で働く女性を演じています。怪死事件を取材していくうちに不思議な出来事に巻き込まれていくストーリーですが、板野の怖がる演技があまりに下手で、そればかりが話題になりました」(映画ライター) 映画の感想を語り合うサイトで [全文を読む]

鈴木梨央はじめ注目株が続々 新たに“子役ブーム”が訪れるか!?

日本タレント名鑑 / 2016年04月21日10時55分

同ドラマでの、演技が得意でない役柄とは裏腹に、その高い演技力で定評があります。 愛らしいキャラでバラエティでも注目の寺田心くん その下の世代では、バラエティなどにも登場する寺田心くん(7歳)。この心くんも芦田愛菜さんに憧れてこの世界を志したとのこと。TOTO、サッポロ一番などのCMで注目され、月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』にも出演し、話題になり [全文を読む]

川栄李奈の「デスノート」出演で本当に命運が絶たれる元AKBとは?

アサ芸プラス / 2016年02月26日09時59分

「舞台や朝ドラで演技のキャリアを積んでいる川栄は、本作品で女優としての評価がさらに高まるはず。それで割を食うのが女優落第の烙印を押されつつある板野友美でしょうね。アイドル時代の知名度では板野よりはるかに下だった川栄ですが、最近は『AKB出身なのに演技が上手い』との評価もあり、グループ卒業後に下剋上を果たした形です」 AKB48出身者では前田敦子や大島優子も [全文を読む]

板野友美、中国映画で主演! 活発化する女優業と並行するアーティスト活動で定まらない方向性

メンズサイゾー / 2015年09月30日00時00分

しかし、カメオ出演した公開中の話題作『映画 みんな!エスパーだよ!』での演技ですらも、「セリフが棒読み」「表情が乏しい」との声が上がるなど、女優としての評判がいいとは言い難い板野。そのため、彼女の映画初主演のニュースには、「主演は厳しいのでは」「女優には向かない気がする」と否定的な声が多かった。そうした背景もあり、今回の中国映画主演にも「棒演技なのにまた [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】板野友美がホラー映画で初主演。血まみれのポスターにファンも葛藤「観たいけど怖い」

TechinsightJapan / 2015年08月06日14時25分

最近は同じく元AKB48の篠田麻里子がホラー映画『リアル鬼ごっこ』でトリプルヒロインを務め話題となったが、果たして板野友美はどんな“恐怖の演技”を見せてくれるのだろうか。 ※画像は『板野友美 tomo.i_0703 Instagram』のスクリーンショット。 (TechinsightJapan編集部 根岸奈央) [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】板野友美が「ニュースになった妹」とのツーショットを公開。美人姉妹と評判。

TechinsightJapan / 2015年03月30日13時15分

成美は幼い頃から、人を楽しませることが好きだったことから役者を目指し、演技のトレーニングを積み今回CMに抜擢された。板野友美も妹について、「妹がニュースになったみたいで。姉として応援しています。」と、芸能人の先輩としてエールを送っている。爽やか笑顔が魅力で存在感光るCMで注目を集めているが、今後は姉妹共演も期待したい。 ※画像は『板野友美 tomo.i_ [全文を読む]

「ワガママで時間にルーズ」 二度と仕事したくない女優3人を関係者が暴露

tocana / 2017年01月04日09時00分

【問題の女優の画像はコチラから→http://tocana.jp/2016/12/post_11804.html】「尾野真千子さんですが、ご存じのように演技などの面では申し分ありません。むしろ、今後もさまざまな映画にドラマと重宝されるはずです。しかし、個人的にいえば現場での面倒臭さがあるので、お仕事は遠慮したいですね」(映画関係者) 現場での面倒臭さとはい [全文を読む]

板野友美「いろんな私を見せていきたい」、初主演映画『のぞきめ』で女優というフィールドへ

Entame Plex / 2016年04月08日21時00分

すごく目まぐるしいというか、たくさんのことがギュッと詰まった10年だったんじゃないかなぁと」――今回映画初主演ということでどんな気持ちで撮影に臨みましたか?「ソロでアーティスト活動をするようになってからも、いつか演技の仕事をしてみたいという気持ちがあったのですごく嬉しかったです。ホラー映画がすごく苦手だったので、私に主演が務まるのかなという不安はありました [全文を読む]

板野友美「いろんな私を見せていきたい」、初主演映画『のぞきめ』で女優というフィールドへ

Entame Plex / 2016年04月08日21時00分

すごく目まぐるしいというか、たくさんのことがギュッと詰まった10年だったんじゃないかなぁと」――今回映画初主演ということでどんな気持ちで撮影に臨みましたか?「ソロでアーティスト活動をするようになってからも、いつか演技の仕事をしてみたいという気持ちがあったのですごく嬉しかったです。ホラー映画がすごく苦手だったので、私に主演が務まるのかなという不安はありました [全文を読む]

板野友美「…硬直してました(笑)」 初主演映画にため息のワケ

anan NEWS / 2016年03月24日22時00分

演技をがっつりやらせてもらうのも初めてなら、自分とはまったく違う人を演じるのも初めて」という板野さん。役作りのための黒髪がまた新たな魅力を発見させてくれる。恋人の信二も巻き込んでいく物語は、ただのホラー映画じゃない。 「怖いだけで終わるんじゃなくて、お化けにも呪っている意味がちゃんとある。彩乃はお化けをちゃんと一人の人間として受けとめて、その悲しみを拭 [全文を読む]

板野友美、妹の初記者会見でアドバイスに「そんな力量あった?」

アサ芸プラス / 2015年12月04日09時59分

早口ではないものの、それは言葉をポンポンと矢継ぎ早に繰り出すことができないだけでしょう」 一方で妹の成美は、本格的な芸能活動は今年に入ってからだが、トレーニングスタジオでは長年演技を学んでおり、それがサブウェイのテレビCMや今回の記者会見にも活かされていたようだ。前出の芸能ライターが続ける。「語尾を“なのにぃ”と伸ばすしゃべり方は姉譲りですが、新人とは思え [全文を読む]

川栄李奈「元AKB一番の勝ち組」に名乗り...NHK朝ドラ抜擢で先輩たちをゴボウ抜き!?

メンズサイゾー / 2015年11月06日18時00分

また、10月にバラエティー番組『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)のショートドラマで悪女を演じた際にも、視聴者から「演技上手すぎ」「小悪魔っぷりがすごい」「こんな演技ができるとは」「AKBは嫌いだけどこの子は認める」などと称賛を浴びた。 意外な演技力の高さを発揮し、それが朝ドラ抜擢につながったといえる。さらに女優としてだけでなく、10月2日から [全文を読む]

板野友美、中国映画で主演決定も「演技できたっけ?」

tocana / 2015年10月03日07時00分

一方、日本でもドラマなどに出演している板野だが、かねてより演技力に対して、疑問符を掲げるネットユーザーたちも多く、今回の中国映画初主演に対しても、 「外国でも笑い物になるのか」 「思い出づくり頑張ってね」 「この人の全てがギャグ」 「っていうかこの人、演技できたっけ?」 と、批判的なコメントが散見された。 「もとより板野はあまり演技に定評はなく、かつ特別 [全文を読む]

板野友美は嫌でも比較される!?妹・成美は演技もアレも「姉よりかなり上」

アサ芸プラス / 2015年05月01日09時59分

現在はトレーニングスタジオで演技の基礎を学んでいるそうです。2人は一緒に住んでいるそうですし、姉と同じホリプロに入る可能性は高そうですね」(芸能ライター) そんな妹・成美は現在19歳。アイドルを目指すにはやや遅い年齢だ。AKB48を目指していれば、“ともちんの妹”という話題性で人気も得られそうなものだが、アイドルになる気はなかったのだろうか。前出の芸能ライ [全文を読む]

姉妹タレントの売り出しは難しい!? ともちんの妹・板野成美がCMデビューもネットで酷評相次ぐ

メンズサイゾー / 2015年03月28日12時00分

幼少期からダンスを習っていた彼女は「人に夢を与える仕事がしたい」と演技のトレーニングに励み、大手スポンサーのCMに抜擢された。成美は同店のアテンダント(店員)に扮し、お客を演じるモデル・片桐ゆたか(24)とともにメインキャスト扱い。CMデビュー作としては相当な好待遇といえるだろう。 これまで彼女は昨年放送されたWOWWOWの連続ドラマ『平成猿蟹合戦図』に [全文を読む]

フォーカス