放射線治療 松方弘樹に関するニュース

松方弘樹に梅宮辰夫、昭和の大スターが直面する体調問題……本当の病状は?

日刊サイゾー / 2016年03月03日09時00分

おそらく今後は腫瘍を切除するのではなく、放射線治療を行うのでしょう」。 放射線治療は体の負担が大きく、それが原因で一気に病状が悪化するケースもあるだけに心配だ。 “辰兄”の愛称で親しまれる梅宮もインフルエンザをこじらせ、弱りきっている。 梅宮は2月28日、昨年12月に死去した元「安藤組」組長で俳優の安藤昇さんのお別れの会に出席。献酒の挨拶に立ち「昭和のスタ [全文を読む]

松方弘樹さん死去『遠山の金さん』『元気が出るテレビ』に出演 74歳

しらべぇ / 2017年01月23日18時30分

治療法には、化学療法(抗がん剤投与)、放射線治療、造血幹細胞移植などがあります。リンパ腫のタイプと進行度などにより予後は異なりますが、完治するケースも少なくない病気です。・合わせて読みたい→永六輔さんが死去 ネットでは哀しみの声が広がる(取材・文/しらべぇ編集部・小河 貴洋 取材協力/内科医・青木マダガスカル) [全文を読む]

松方弘樹さん、最近は「ほとんど言葉も出ない」状態だった

NEWSポストセブン / 2017年01月12日07時00分

「腫瘍が脳内にあるため手術で病巣を取り除くことは難しいらしく、松方さんは放射線治療と抗がん剤治療を中心に取り組んでいました。ところが昨年秋頃、ちょうど抗がん剤を投与しているときに脳梗塞を起こしてしまったそうです」 脳リンパ腫によって脳にストレスがかかったり、抗がん剤を使う“副作用”で脳梗塞を併発する例は少なくないとされる。松方さんの場合はそれが抗がん剤を [全文を読む]

松方弘樹、昭和スターの「意外な素顔」

日刊大衆 / 2017年02月05日15時00分

腫瘍が脳幹に近かったため、摘出手術も難しく、抗がん剤と放射線治療で病気と闘っていました。入院当初は仕事に復帰する気満々で、“退院したら、沖縄の与那国島でリハビリをしたい”と周囲の人たちに話していたそうです」(映画関係者) しかし、秋に3度目の脳梗塞を発症し、抗がん剤が投与できなくなると、次第に意識が混濁するようになってきたという。「先輩であり大親友である梅 [全文を読む]

松方弘樹を苦しめた「希少がん(脳リンパ腫)」との「仁義なき戦い」! 希少がんは100種類以上も

ヘルスプレス / 2017年01月29日19時03分

悪性腫瘍が脳内にあり、手術で病巣を摘出するのは困難なため、松方さんは放射線治療と抗がん剤治療を続けていた。しかし、昨年秋頃、抗がん剤の投与中に脳梗塞を突発したことから、一時的に抗がん剤治療が中断され、病状の回復には至らなかった(同前)。発症率10万人当たり6例未満の悪性腫瘍、希少がん! 松方さんを死に追いやった脳リンパ腫はどのような希少がんだろう? 最先端 [全文を読む]

松方弘樹さんの事実婚妻 自分で納骨希望、財産分与は難航か

NEWSポストセブン / 2017年01月25日16時00分

放射線治療と抗がん剤治療を中心に取り組んでいたが、昨年秋頃、抗がん剤を投与している時に、脳梗塞を起こす。 「松方さんは一時的に脳リンパ腫の治療を中止せざるを得なくなりました。その後もさらに小さな脳梗塞を2度起こしたため、腫瘍の治療は思うように進まなかった。この年末年始には言葉がほとんど出なくなり、意識も混濁することが多かった」(前出・松方さんの知人) その [全文を読む]

病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第3回・渡瀬恒彦」(3)アクションに代役は不要だ

アサ芸プラス / 2016年11月02日05時57分

現在、渡瀬は手術をせず、放射線治療や抗ガン剤で回復を目指すと報じられた。何度も死線を乗り越えた野獣の魂に、復活の日は必ず訪れるはずだ──。 [全文を読む]

深刻病状の松方弘樹 パートナーは「誰にも会わせない」

NEWSポストセブン / 2016年06月09日07時00分

腫瘍が脳内にあるため手術が難しいこともあり、抗がん剤の投薬や放射線治療が一般的ですが、治療法はまだ充分に確立されていません。 脳は体のさまざまな神経を司っています。腫瘍の場所によっては、体の麻痺や失語症、視力視野障害や認知能力の低下が起こることもあります。また、腫瘍によって脳が圧迫されることで激しい頭痛、嘔吐に襲われます。進行も速く、適切な治療を行わないと [全文を読む]

フォーカス