宮沢りえ 松田聖子に関するニュース

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、巨大セールスの80年代

アサ芸プラス / 2015年09月09日05時59分

彼女たちの可憐な姿を観たいと劇場は超満員になり、その流れは宮沢りえの「ぼくらの七日間戦争」まで受け継がれていった。 さらに忘れてならないのは「おニャン子クラブ」の登場である。まるで放課後のクラブ活動のような素人ノリは、80年代というライトな時代だからこそ大ブームになりえたのだろう。グループだけでなく、次々とメンバーがソロデビューを飾り、ほとんどが1位を獲得 [全文を読む]

拒食症説も出る神田沙也加“激やせ“騒動 背景に母・松田聖子との歪な親子関係?

リテラ / 2015年05月07日12時00分

女優の遠野なぎこ、フィギアスケートの鈴木明子、アナウンサーの小島慶子も母親との確執やその結果の摂食障害を告白して大きな話題となったし、宮沢りえの激やせ時も、母親との関係が原因で摂食障害ではないかと報じられた。 そして、沙也加もまた、母親の松田聖子とはかなり複雑な関係にある。 聖子は郷ひろみとの破局直後の1985年、神田正輝と結婚。そして翌年に沙也加を出産し [全文を読む]

魔性の女、高岡早紀がセクシーすぎる! 台本読みでも「あぁ~ン!」「もっと欲しい!」と喘ぎまくり(関係者談)

tocana / 2017年05月11日09時00分

松田聖子、宮沢りえ、葉月里緒奈、蒼井優……。“魔性の女”と聞いて名前が挙がる中で、グンを抜いているのが女優の高岡早紀だ。今月3日放送の「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)では、広田レオナが高岡の魔性ぶりを暴露。広田によると、高岡は飲んでいると顔を接近させて話したり、トイレのため立ち上がった際にさりげなくボディータッチをするため、「みんな(高岡を)好きに [全文を読む]

似合う服選びの要「自分の骨格タイプ」3種類のうちあなたはどれ?

WooRis / 2017年03月19日09時00分

有名人では、松田聖子さんや宮沢りえさんのようなタイプ。(3)ナチュラルタイプ骨太な人。全体的に骨張っていて、筋感のある印象。筋肉も脂肪もつきにくい。ラフでカジュアルな服、ゆったりした服が似合う。有名人では、今井美樹さん、天海祐希さんのようなタイプなんとなく、自分のタイプはイメージできるでしょうか?タイプ別に似合う服は? [全文を読む]

「篠山紀信展 写真力」が横浜美術館で開幕、ゆずや草笛光子など新出展作を含む約120点を公開

FASHION HEADLINE / 2016年12月03日12時00分

「BODY」では、18歳の宮沢りえをはじめ、樋口可南子や浅丘ルリ子、舞踏家のウラジーミル・マラーホフ(Vladimir Malakhov)などのヌード写真を展示。単身や集団、女や男、ダンサーやアスリート、スタジオや室内、大都会や大自然など、様々な種類のヌード写真が並べられる。また、「ACCIDENTS」では、東日本大震災で被災された人々の肖像作品を出展。日 [全文を読む]

雨宮塔子、亜希 「シミもしわも隠さない」女の生き方

NEWSポストセブン / 2016年08月07日07時00分

宮沢りえ(43才)や小泉今日子(50才)などもそうだろう。「年を取ることに抗わない彼女たちは、たとえ“劣化した”と言われたとしても、自分の老いを受け入れ、華麗なおばあちゃんでいたいと覚悟しているように思います。整形やアンチエイジングが身近になった分、いつまでも若い頃の自分にしがみつくのもどうなのかなって疑問を持つ人が増えているのかもしれません」(今井さん) [全文を読む]

森高千里 ウェイトレス姿でアイドルと脚の歴史を変えた

NEWSポストセブン / 2016年05月22日16時00分

宮沢りえ、牧瀬里穂と並ぶ「3M」の中でも一番の美脚だった観月ありさは、フジカラーのCMやドラマ『ナースのお仕事』などで特徴を存分に発揮。松嶋菜々子や藤原紀香、米倉涼子という群を抜いたプロポーションを誇る女優も、ドラマの主演や女性誌の表紙を飾った。 1998年には、ドラマ『ショムニ』で江角マキコのタイトスカート姿が話題に。巨乳の代名詞だったイエローキャブか [全文を読む]

なぜか「ここ一番でイケてないことをする」福山雅治

messy / 2015年09月04日16時00分

この日、いつもは架空バー「ホワイトレインボー」のママに扮している宮沢りえが珍しくお休みということで、常連客であるジャズ喫茶のマスター「吉原さん」(タモリ)がママの代わりに“雇われ店長”を任されることに。 吉原さんを囲んだカウンター席には常連客である能町みね子・大友良英・U-zhaanの他に、先日来店したばかりのリリー・フランキーがりえママ目当てで来店して [全文を読む]

山田優の超高額出産費用捻出で、小栗旬が進む“更生”への道

アサ芸プラス / 2014年10月08日09時59分

「古くは山口百恵、松田聖子、工藤静香といった歌手や、松嶋菜々子、広末涼子、宮沢りえら女優らが出産した。中でも山王病院の名前を広めたのは、神田うの。神田の口コミでNHKの青山祐子アナ、ギャル曽根、東尾理子らがこぞって出産。そのままママ友の会として親交を続けている。産後、赤ちゃんは母親と一緒に個室で生活、家族の面会、授乳指導や授乳もすべて個室で行われるため、 [全文を読む]

伝説のプロデューサー・酒井政利が語るアイドル史「日本のアイドル第一号は南沙織さんです」

週プレNEWS / 2013年12月04日12時00分

宮沢りえさんのプロデュースも引き受けたのは、そんな80年代が終わる頃でした。彼女の第一印象は鮮烈で、文句のつけようがない顔立ち、抜群のプロポーション、そこにあどけなさが加わって、ものすごいパワーを感じました。 新時代の新しいスターをつくり出そうと、時代に先駆けて小室哲哉さんにサウンドプロデュースを依頼。そうして出来上がった『ドリームラッシュ』は、たちまち [全文を読む]

フォーカス