貴花田 宮沢りえに関するニュース

元祖肉食系!? 宮沢りえの“凄まじき熱愛遍歴”

日刊大衆 / 2016年10月09日19時00分

宮沢の交際相手といえば、まず初めに思い出されるのが、大相撲力士の貴花田(現貴乃花親方・44)だろう。対談をきっかけにつきあい始めた二人は、1992年10月に婚約を発表。“世紀のカップル誕生”と報じられ世間を驚かせたが、幸せも長くは続かなかった。なんと、わずか2カ月で婚約を解消してしまったのだ。貴花田は会見で「もう愛はなくなりました」と語ったが、婚約解消の [全文を読む]

森田剛と交際報道の宮沢りえ 「りえママ」との共通点

NEWSポストセブン / 2016年11月04日16時00分

1992年の貴花田(44才・現・貴乃花親方)との婚約解消以来、りえは故・中村勘三郎さん(享年57)、市川右近(52才)、中田英寿(39才)らと次々に浮名を流した。 2009年には元プロサーファーのAさんとできちゃった婚をするも2012年には離婚協議が明らかになり、その後も12才年下の俳優・小久保寿人(31才)や劇作家・赤堀雅秋(45才)らとの“お泊まり愛” [全文を読む]

ジャニーズも大歓迎!? “事実婚状態”V6・森田剛と宮沢りえ、年内入籍は確実か

日刊サイゾー / 2017年09月13日09時00分

“恋多き女”といわれてきた宮沢は、大相撲の大関だった貴花田との婚約解消スキャンダルや、中村勘三郎(当時、勘九郎)さんとの不倫で世間を騒がせたほか、男のウワサが次々と上がってきたが、筆者の記憶に残っているのは、やはり勘三郎さんとの関係だ。 2人の関係は当時、“やり手マネジャー”といわれた、りえの母親の宮沢光子さんも公認だった。筆者の友人が経営するゲイバーが [全文を読む]

役作り中の宮沢りえに感動!:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載165

ブッチNEWS / 2017年07月27日06時50分

19歳のときには、国民的人気者だった力士・貴花田(現・貴乃花親方)と婚約するも、わずか2か月で解消。その後も、拒食症になって活動休止状態に陥ったり、結婚・出産・離婚を経験したり、「一卵性親子」といわれたりえママを亡くしたり……と、まさに波乱万丈。 実はアタシ、28年前、16歳のりえを間近で見たことがあるの。なんと、アタシが通っていた高校の近くのコインランド [全文を読む]

AKB須藤凜々花だけじゃない!? 芸能人の衝撃“結婚宣言”まとめ

dmenu映画 / 2017年07月24日07時00分

お相手は、こちらも若くして大活躍し、当時の相撲ブームをけん引していた関取・貴花田(後の横綱・貴乃花)。まさに時代の寵児同士のカップルに、ワイドショーでは連日2人の動向を報じるなど、その結婚は全国民の関心事となりました。 婚約会見では手をつなぎながら記者の質問に答え、仲睦まじかった2人ですが、わずか2カ月後の1993年1月27日に破局。彼女は1人で記者会見に [全文を読む]

宮沢りえも? タトゥーを入れている芸能人ベスト5

日刊大衆 / 2017年01月03日15時00分

左肩にシンプルな折り鶴のタトゥーを入れているのだが、思い返せば、貴花田(現貴乃花親方・44)を始めとして、ビートたけし(69)、故中村勘三郎などなど、数々の熱愛報道もあり、今年離婚した元夫は元プロサーファー。「そう驚くことでもないのかも」などの声もあったが、本格派女優のイメージが板についてきた現在、意外度ではブッチギリだ。 どれも意味のあるタトゥーばかりだ [全文を読む]

宮沢りえ他、高齢出産の芸能人が増えている!?

日刊大衆 / 2016年12月28日10時00分

人気絶頂時に大胆な写真集を発売したり、大相撲の貴花田(現在の貴乃花親方)と婚約するも、その2か月後に婚約解消を発表するなど、なにかと大きな話題を提供し続けてきた女優の宮沢りえ(43)は、2009年に妊娠6か月であることを発表。同年に実業家で元プロサーファーの男性と結婚し、36歳で第一子となる女児を出産した。その際には「誕生の瞬間は、我が子からの最高のプレ [全文を読む]

川島なお美だけではない!! 体重30キロ台の激ヤセ女性芸能人4名!

tocana / 2015年09月19日09時00分

■宮沢りえ 宮沢りえが激ヤセした理由は、1993年、貴花田(のちの貴乃花)との婚約解消騒動、そして翌年に起きた中村勘九郎との交際のもつれによる自殺騒動が原因だといわれている。拒食症、摂食障害などの症状を抱えた宮沢は、一時、33キロまで体重が落ち込んだというが、現在では40キロ台にまで回復しているようだ。 ■神田沙也加 今年3月、自身のブログに投稿した自撮 [全文を読む]

“ヨルタモリ”で人気再燃中!宮沢りえの魅力とは?「出演する大物たちもデレデレ」

アサ芸プラス / 2015年06月19日17時57分

93年、当時関脇だった貴花田との婚約発表前日に宮沢に電話したが、つながらなかったことを悔やんだ。そして婚約破棄の一件をネタにしたのだ。「こっちの“貴”にしておけばよかったのに」 宮沢は過去の傷を笑顔で返すのだった。「電話がもっと早かったら、私も婚約していなかったかも」 また、5月31日には松本幸四郎(72)がゲストで登場。珍しいバラエティ出演の理由をこう明 [全文を読む]

宮沢りえが娘に受けさせる“特権的教育“とは? 早くもステージママの片鱗が...

リテラ / 2015年06月19日12時00分

さらに1992年には19歳で貴花田(現・貴乃花親方)との突然の婚約発表そして破棄──。 これら全てをプロデュースし、りえの傍らに常に寄り添い、仕掛けたのが事務所社長でもあった宮沢光子だった。そんな光子が昨年9月に急逝して9カ月。りえが改めて亡き母への思いを語り話題になっている。 「母と私」。女性誌「FRaU」(講談社)2015年7月号ではこんな特集を組んで [全文を読む]

りえママはなぜ、宮沢りえと貴花田を結婚させなかった?

アサ芸プラス / 2014年10月02日09時59分

さらに92年、誰もが驚いた貴花田(現在は貴乃花親方)との婚約騒動。わずか2カ月で解消となった裏には「りえママが泥酔して貴を罵倒したため」と報道された。若貴の母親である藤田紀子の過去をなじったというのだ。 真相はともかく、これを機に「一卵性母娘」と呼ばれたりえと、りえママの間にもすきま風が吹く。一時は自殺未遂報道や拒食症疑惑が飛び交うほどりえの生活は荒れ、 [全文を読む]

【ウラ芸能】宮沢りえ、本当の親離れ

NewsCafe / 2014年09月26日15時00分

合掌…」記者「最近は表舞台に出ないのでどうしたのか…とはウワサになっていましたが、急なことでした」デスク「1990年代、りえがアイドルとして大人気のさなかにふんどしヌードを出したり、とにかくすごかったし、怖かったなぁ…」記者「当時のことは知りませんが、りえとは"一卵性母子"とも言われ、二人三脚で数々のスキャンダルにもつぶれずに芸能界を渡り、娘を大物女優にし [全文を読む]

りえママ伝説!宮沢りえとたけしや勘三郎との不倫まで“プロデュース“

リテラ / 2014年09月26日12時30分

19歳のりえが貴乃花(当時、貴花田)と婚約を発表したのも「りえママ戦略の一環」といわれているが、婚約破棄後のスキャンダルにも、りえママの影がつきまとっていた。その最たる例が、ビートたけしとの"不倫"疑惑だ。 当時、りえはCMや映画でたけしと共演し、1992年に発表したシングル「心から好き」の作詞をたけしが務めたほど。年齢も離れた、意外な組み合わせだっただけ [全文を読む]

いい母親アピール? しかしそれでも衰えない宮沢りえのバラエティ力

メンズサイゾー / 2013年10月08日15時30分

今では女優として大活躍の宮沢さんですが、またバラエティの仕事が増えるかもしれませんね」(業界関係者) かつて、貴花田(現・貴乃花親方)や市川右近、中田英寿など、各界の大物ばかりと交際の噂が流れた宮沢。その魔性ぶりは芸能界随一とも言われているほどだが、今回の放送での宮沢からは、そんな様子は微塵も見られなかった。むしろ目立ったのは、彼女の見事なバラエティ力と手 [全文を読む]

「太地喜和子の影を追い続けて──?」“天下の艶福家”故・中村勘三郎さんを偲ぶ

日刊サイゾー / 2012年12月11日11時00分

2年後、勘三郎さんは貴花田と婚約解消した宮沢りえの相談に乗ったことがキッカケで、彼女と不倫関係に陥った。不倫を清算するために、りえが京都のホテルで自殺未遂を図ったのは芸能史に残っている。2005年に現在の「勘三郎」を襲名した後も、女性関係のウワサは絶えず、女性週刊誌にターゲットにされた。 今にして思えば、勘三郎さんが“艶福家”になったのは、太地さんとの叶 [全文を読む]

離婚協議中の宮沢りえ 21年ぶりヘアヌード写真集出版か

メンズサイゾー / 2012年05月17日18時00分

光子さんとの溝は決定的になり、生活様式や子育てのことで夫との間に亀裂が入っていたりえは、約1年前から離婚を決意していた」(週刊誌記者) りえと母親は“一卵性母子”といわれるほど強固な関係であり、10代の頃に発表した“ふんどしカレンダー”やヌード写真集『Santa Fe』(朝日出版社)、92年に婚約した貴花田(現・貴乃花親方)との破局など、りえの重大な決断の [全文を読む]

貴乃花、海老蔵、勘三郎…宮沢りえの悲恋の裏にりえママあり

NEWSポストセブン / 2012年05月11日07時00分

Aさん以前には、婚約解消した貴乃花親方(39才・当時は貴花田)を筆頭に、市川右近(48才)、市川海老蔵(34才)、ISSA(33才)、中田英寿(35才)、中村勘三郎(56才・当時は勘九郎)らと浮名を流したが、いずれも結婚には至らなかった。 りえの恋がいつも悲恋に終わる背景には、“りえママ”こと母・光子さん(63才)の存在があったとされている。 「光子さんは [全文を読む]

広瀬すず、「性格悪そう」調査で圧倒的1位が波紋…「偽物っぽい」「天狗」

Business Journal / 2017年04月06日20時00分

1990年代、当時の貴花田との婚約破棄が伝えられた宮沢りえが『すったもんだがありました』と言いながらお酒を飲む自虐的なCMが話題になりましたが、スキャンダルをしたたかに利用するというのもプロモーション手法のひとつです。宮沢がその後、沈むことなく日本を代表する女優になったことに異論を挟む人はいないでしょう」 「可愛くない」「性格悪そう」の1位という不名誉な称 [全文を読む]

宮沢りえ、交際のカギ握るあの女優

NewsCafe / 2017年02月24日08時00分

「その娘を伴うこともなく、森田とのデートを楽しんだと聞いて、りえは相変わらず「女」だと思いましたね」 宮沢といえば、1993年に当時大関の貴花田(現・貴乃花親方=44)との婚約を破棄した後、歌舞伎役者の故中村勘三郎さんやビートたけし(70)との関係もウワサされたり、激やせやら自殺未遂騒動やら、若いころには恋愛スキャンダルに事欠かなかった。 「一方、森田の [全文を読む]

宮沢りえ「中村勘三郎オマージュ舞台」演技でにじみ出るある思い

アサ芸プラス / 2017年02月11日17時57分

「92年に当時の貴花田(44)と婚約を発表した宮沢は、その2カ月後に破局。激ヤセして、精神的にも不安定な時期に、勘三郎(当時は五代目勘九郎)が支えになったと言われています。そのことが公になったのは、94年の不倫自殺未遂騒動。別れ話がもつれ、宮沢が手首を切ったと報じられ、2人の関係が取りざたされました。ただ、当時、勘三郎さんは激怒しながら会見を開くほど、本人 [全文を読む]

フォーカス