宮沢りえ 川島なお美に関するニュース

川島なお美だけではない!! 体重30キロ台の激ヤセ女性芸能人4名!

tocana / 2015年09月19日09時00分

宮沢りえ 宮沢りえが激ヤセした理由は、1993年、貴花田(のちの貴乃花)との婚約解消騒動、そして翌年に起きた中村勘九郎との交際のもつれによる自殺騒動が原因だといわれている。拒食症、摂食障害などの症状を抱えた宮沢は、一時、33キロまで体重が落ち込んだというが、現在では40キロ台にまで回復しているようだ。 ■神田沙也加 今年3月、自身のブログに投稿した自撮 [全文を読む]

1990年代 なぜ大物女優たちは次々に脱いだのか

NEWSポストセブン / 2016年06月19日16時00分

1991年10月13日、当時18歳で人気絶頂のアイドルだった宮沢りえが、写真集『Santa Fe』で脱いだ影響で、若くて売れている時に脱ごうという雰囲気もできた。 1993年には杉本彩が24歳、1994年には武田久美子が25歳、1995年には高岡早紀が22歳でヘアを露わにし、さらなる飛躍のきっかけとした。女優として伸び悩んでいた川島なお美は32歳の時に出版 [全文を読む]

1000人アンケート!もう一度見たい美女の一糸まとわぬ姿(2)「菅野美穂のあの会見の裏側」

アサ芸プラス / 2016年01月17日09時57分

先にK点超えを達成した宮沢りえに対抗したかったからでしょう」 このハメ撮り風のカットも話題を呼んだが、さらに話題となったのが、20歳の誕生日の発売日に行った、記者会見での菅野の涙だ。「『ヌード写真集を友人はどう思っている?』と質問が飛ぶと、菅野は顔を伏せて、10分ほど号泣してしまった。菅野をとがめるような会見だっただけに、こらえ切れなかったようです」(ベテ [全文を読む]

安達祐実や元オセロ中島も脱いだけど…、最近のヌード写真集事情

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月22日07時20分

「そもそも、ヌード写真集、特にヘアヌード写真集が市民権を得たのは、宮沢りえの『Santa Fe』(朝日出版社)。91年に出版されるや否や150万部を売り上げた、篠山紀信撮影の言わずと知れたベストセラーです。当時は、ヌード写真集が本屋の目立つ位置に堂々と平積みされ、だれもが手に取れる場所にあったんですよね…」 『Santa Fe』以降、タレントや女優たちは [全文を読む]

TV美女50人「女優力」最新ランキング(6)オフレコ楽屋現場

アサ芸プラス / 2012年01月29日11時00分

楽屋で呼ばれた時も、『はいはいっ』とスケスケのババシャツのまま出てくることも多い」(芸能記者) 若手では、宮沢りえ(38)が“裸族”の筆頭格だ。 「最近、大河ドラマ『江』の控え室で、急にりえが脱ぎだしたのを共演した水川あさみ(28)が暴露しましたが、基本的に彼女は時代劇の衣装や着物が苦手で、撮影が終わるとすぐに裸になる癖がある(笑)。かつて、ドラマの女性A [全文を読む]

フォーカス